-PR-
解決済み

データ用CD-Rと音楽用CD-Rの違いについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9243
  • 閲覧数1592
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 88% (8/9)

データ用CD-Rにwavファイルを記録して,CDラジカセ等で再生することは可能でしょうか?
 可能な場合・・・可能だが音質が落ちる,
          安定した再生は期待できない など,
不可能な場合・・ラジカセ等の故障の原因になる,
         メディアの素材等が違うため,認識できない など,
 どなたか教えて下さい,よろしくお願いします。
 
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

御質問にある方法では、残念ながらできません。
なぜかと言いますと、CDラジカセではWAVファイルは再生できないからです。
通常の音楽CDの曲データと言うのは、CD-DAと言うファイル形式になっています。
WAVはWindowsのサウンドフォーマットです。
ちなみに、MacだとAIFF形式となります。

データ用のCD-RにCD-DAのデータを入れて、CDプレイヤーで再生する事は可能です。
が、焼く時に注意が必要です。まず、なるべくなら1倍速で焼く様にする事。
最近はCDプレイヤーでも倍速ドアイブのものが増えていますが、
旧いモデルでは1倍速ドライブだったりします。
CD-Rは焼く時には早い倍速になればなるほど、
記録面の凹凸が甘くなりがちでレーザーで読み取る信号が弱くなります。
再生するドライブよりも早い倍速で焼いたCD-Rは、
それだけ信号の戻りが甘くなりますので、音飛びなどがしやすくなる可能性があります。
データ用CDーRと音楽用CD-Rの違いについては、
私もよく判らないのですが、恐らく、普通のCDーRよりも
より信号のエッジが立っているとか、広い音域に対応できる様にしてあるのだと思います。
お礼コメント
tonkatu

お礼率 88% (8/9)

回答ありがとうございます。つまり、こういうことですね?

ライティングソフトの音楽CDレイアウトタブ(音楽CD作成欄)でwavファイルを焼けば,たとえメディアがデータ用CD-RであってもCD-DA方式に変換されて焼かれるので,オーディオ機器で聞くことは可能である。

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆記録方法についてはkenkenkentさんがおっしゃっておられる通りです。
wavというファイル形式のまま焼いても、再生できません。
ライティングソフトで音楽CD用を選択して焼いてください。

焼く速度については、CD-DAは等倍で焼くのが基本ですが、最近のCD-Rメディアは、高速で焼きこむことに特化した製品が多く、特に裏面が金色をしたフタロシアニン系のメディアでは、倍速以上で焼かないと、今度は「焼け過ぎ」という現象を起こす可能性があります。

音楽専用メディアと、通常のデータ用のメディアの違いは基本的にはありません。
ただ音楽専用のメディアの場合、音楽を録音することを前提としていますから、最初からメディアの代金に著作権料が含まれており、それでその分価格が高くなっています。
民生用のオーディオ機器としてのCD-Rデッキで録音する場合は、その音楽専用メディアでないと使えなくなっています。
また、メーカーによっては、音楽専用メディアは記録層を厚くし、耐光剤の量を増やすことで、記録の安定性や保存性を高めて商品価値を上げているものも見受けられます。
お礼コメント
tonkatu

お礼率 88% (8/9)

回答ありがとうございます。
値段が高い理由は著作権料の分だったんですね。なんでこんなに値段が違うのかなぁ~とすごく疑問に思っていましたが,これで納得しました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

なるほど~、音楽用CD-Rが高いのは著作権料だったんですね!
てっきりスペシャルメイドな高級CD-Rなんだと思ってましたよ。
あ、でも、そう言えば音楽CDマスター作成用CD-Rって言うのがありませんでした?
あれは私の言うところの『高級品』と考えていいんですかね?
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 44% (31/70)

少し補足します。
WAVEでCDに焼こうとする場合
44.1kHz、16bitステレオのデータにして下さい。
そうして、CD-Rのライティングソフトで
AudioCDやCD-DAなどのフォーマットを選択し
ファイルを選択して焼いて下さい。
音楽CD自体の焼き方は、マニュアルを参照した方が早いかも知れませんね。

kenkenkentさんの言う「高級品」と言うのはちゃんと有ります。
ライティング前の状態でエラーが非常に少ないです。
太陽誘電から出ている、プレステのマスター製作用などを利用すると、エラー少ないです。
結局、ライティングした後にどれだけ持つかといった部分が問題だと思います。
お礼コメント
tonkatu

お礼率 88% (8/9)

回答ありがとうございます。
つまり音楽CD作成欄で作成すれば,メディアの種類などは関係なくwavファイルはCD-DA方式に変換されて焼かれるので,それでOK!と言う訳ですね。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.5

保存性ということを書くと、どんな
CD-Rメディアでも記録面を太陽光に
当てていると、データが壊れて
しまいますよ。

実際に失敗したCD-Rをおいておくと
色が変わっていくのがよく分かりますよ。
#半分遊びでコースターを作れる!

ではでは☆
お礼コメント
tonkatu

お礼率 88% (8/9)

回答ありがとうございます。
はい,いつか要らなくなったCD-Rができたら実験してみます(笑)。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ