-PR-
解決済み

急加速、急減速について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.92239
  • 閲覧数963
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 89% (42/47)

普通、急加速や急減速するとガソリンを多く消費すると
いわれてますけど、それは一体どうしてなんでしょうか?
同じマニュアルに乗ってる友達に「ニュートラルに入れてブレーキ踏む
なら、急減速しても大丈夫」と言われましたけど、それは本当なんで
しょうか?
よければお答えください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

急加速時には、エンジンの回転数がかなり高いところまであがる事になりますが、エンジンには燃費消費率の良い回転域と出力を大きくするため燃費は悪くなる回転域があります。また、スロットルを大きく開けた状態では、空燃比(空気と燃料の混合の割合)も燃料が多い側に移行します。これは、大きな出力を得る場合には論理空燃比よりも燃料の割合が多い状態のほうが出力が大きく取れるためです。このような状態では当然ながら燃費は悪化します。

急減速については、最近の燃料噴射式エンジンではアクセルを離した状態でエンジン回転数が有る程度以上に高い場合は、燃料の噴射がカットされるので、エンジンブレーキを使用している場合は燃料が出ていない状態にはなりますが、急減速すると言うことは、減速する前までにアクセルを踏んで走っている距離が長くなると言うことで、これも当然ながら燃費の悪化につながります。クラッチを踏んで・・・とのことですが、これは、エンジンブレーキを使わないと言うことになり、ブレーキにより多くの負担をかけることになり、ブレーキの寿命に影響しますので決して経済的とはいえませんし、先ほどに書きましたが、エンジンブレーキ時には噴射されないはずの燃料が、クラッチを切りアイドリング状態ではアイドリングを維持するための燃料の噴射が行われるため、燃費が良くなるとは考えにくいです。

いずれにせよ、急加速・急減速は安全面、経済面、車両自体にかける負担など、どれをとっても良いことがないでしょう。止むを得ない危険回避の場合などはいたし方ありませんが、可能な限り避けるべき運転方法です。
お礼コメント
ZTT

お礼率 89% (42/47)

遅れてすみません。詳しく教えてくださって感謝感謝です!
やはり、「急」なのは避けたほうがいいですね。
回答ありがとうございました(^^
投稿日時 - 2001-06-27 01:41:42
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

急加速…
アクセルを踏むとスロットルが開いて、多量のガソリンが気化器に流れ込みます。

急減速…
急制動がかかると、駆動系が負荷を感じて(上り坂にさしかかった時と同じ)自動的にスロットルを開いて、やはり多量のガソリンが流れ込みます。

ニュートラルに入れてブレーキを…
ブレーキパッドに負担がかかるし、走行中にミッションを切るとエンジンブレーキが効かなくなり、車の挙動を制御できなくなって危険なので、やめましょう。
お礼コメント
ZTT

お礼率 89% (42/47)

遅れてすみません。上り坂でも同じように負荷がかかるんですね~。
勉強になりました!
回答ありがとうございました(^^
投稿日時 - 2001-06-27 01:40:01


  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 20% (44/218)

>普通、急加速や急減速するとガソリンを多く消費すると
>いわれてますけど、それは一体どうしてなんでしょうか?
無駄な動きが多くなるんだから当然でしょう。
同じ速度でず~っとはしって、減速、加速はスムーズにやるのが
基本。

>「ニュートラルに入れてブレーキ踏む
>なら、急減速しても大丈夫」
何が大丈夫なんだか?危険だからやめましょう。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ