• 締切済み
  • 困ってます

ZFCの論理式の表す内容について

集合論と形式的な論理式の関係についてです、よろしくお願いします。 ZFCで扱われるのは煎じ詰めれば、有限の文字列(∋などを含んだ論理式)だと思うのですが、そんなZFCにより再帰的でない関数や実数から実数への関数全体などのいろいろな無限構造を表現し議論することが多いと感じます。しかし再帰的ですらない関数全体などを有限にすぎない記号列で表現できるのでしょうか。 つまりZFCはどうして十分な高い表現能力を持っているといえるのだろう、ということなのですが。 もちろん、そのような複雑な無限構造も考えたり、思い描いたりすることはできると思いますし、可能ならば数学的に扱えるようにしておくべきだとも思います。 誤解されるかもしれませんが、哲学的な話をしたいわけではありません。そうではなく、フォーマルな意味で有限の形式的な文字列がきちんと意図した構造を表現している、ということは数学的にはどのようにして保証されているのか、ということを伺いたいのです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数147
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

取り敢えず、 『「実数体から実数体への写像の内、再帰的でないもの全体」というのをきちんとZFCの記号の範囲でかけるのか?』 という問いでよいですか?そうならば順番に構成していけば良い。 *自然数全体の集合 N ZFCの中で「自然数全体の集合」が定義できる事を知るには、「順序数」といわれるものを知らなくてはいけない。その上で無限公理を使って定義しますが、細かいことは公理的集合論の初歩を学習することになります。 *有理整数環 Z N × Nの適当な同値関係による商集合として定義すればよい。ここで使う同値関係とか、同値関係による「商集合」とかいうのは、ZFCの記号で書ける。 *有理数体Q Z× Zの適当な同値関係による商集合として定義すればよい。 *実数体R Qを元に、Dedekindの方法で定義するのが早い。 *実数体から実数体への関数全体 一般に、「集合aから集合bへの写像全体」というのは、どう定義されるかご存知ですよね? *実数体から実数体への写像の中で、再帰的でないもの全体 写像が「再帰的」というのをZFCの記号で書いて、「そうでないもの」全体とすればよい。写像が再帰的というのは、結局写像が「こういった形かこういった形かこういった形で書けるもの」という感じになると思います。 というわけで、やりたくないけど、ZFCの記号だけで書こうと思えば、頑張れば書ける。やろうとは思いませんけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • PAの実装としてのZFC

    以前類似した質問をしており、また再質問になります、ご容赦ください。  1.PAのモデルには標準的なものと非標準的なものがあり、PA上の論理式では区別できないとよく目にします(だからこそ両方ともモデルといえる訳ですが) しかし、これらのモデルもなんらかの実装で再帰的に定義して扱わないと形式の守備範囲でなくなってしまい、「PAでは」区別できないということが何を表しているか分からなくなってしまうと感じます。 そこでZFCを実装として使うものと理解していたのですがこれは正しい理解でしょうか。 つまり標準モデルNも非標準モデルも 実装としてZFCを使って、再帰的に別々のものとして個々に扱えると考えてよいのでしょうか(再帰的とは文字列間の関係として定義して、というような意味で使っています)。 また上の質問とは関係なくて申し訳ないのですが、もう一つ教えていただきたいことがあります。  2.算術の言語における理論Kに対して新たに、個体定数cを加え、次の可算無限個の論理式を公理として加える(sは後者関数) c≠0、c≠s0、c≠ss0、c≠sss0、c≠ssss0・・・ そうして拡大した理論をK+とする などというのを良くみるのですが、 無限個の閉論理式を公理として加えるとは具体的にはどういう意味なのかということです。 理論にいわゆるシェーマというもので実質的に無限個の公理が含まれていることは認められるように感じるのですが、上の書き方では「・・・」の中に何が来るかが記述されてないように見えます(もちろんそれでも何が来るかは分かるのですが、論理式において見る側の類推に任せるというのは問題ではないでしょうか、しかし同時にどのような記述を採ったとしても見る側の類推に一切頼らないなどということはあり得ないのでは?とも感じるのです)。 例えば c≠0、c≠φが公理であるとすればc≠sφも公理である や c≠0、 ∀n(c≠n→c≠s(n)) などとしては意味がかわってしまうのでしょうか。(後者は強すぎる要請になってしまうのでしょうか)  懐疑論のような何を疑問に思ってるのかわかりにくい、そもそも疑問として成り立つのか怪しい質問と思いますが、 この方面に明るい方お時間に余裕があればよろしくお願いします。

  • 述語論理におけるコンパクト性 いくらでも大きい有限

     述語論理のコンパクト性より  「論理式の集合△は、いくらでも大きな有限集合を議論領域とするモデルによって充足可能ならば、△は無限集合を議論領域とするモデルによって充足可能である」 というものが、出てきますが、 そもそも、このいくらでも大きい有限集合と無限集合とは異なるものなのでしょうか(同じ意味ならば上の定理は何もいってないことになりますよね)。無限集合の定義というのがZFCの無限公理からのものなら帰納的に定義されているものなので、それならいくらでも大きい有限(k→k+1をいえる)というのと同じなのではないですかね・・・。  また、上の証明では Anを「すくなくともn個のものがある」 たとえばA2は「∃x1∃x2(x1≠x2)」などとして △∪{A1,A2,A3,A4,A5・・・An・・・} を考えるわけですが・・・の部分はこのままでは無限の論理式を含んだ形になっています、がこれも無限の論理式をそのまま考えることはできないので「無限個の論理式とはどういう意味か」に相当する(おそらくメタ的な)定義があると思うのですが、それはそういったものでしょうか。もしくはそういう定義がないとすると、どう考えればいいのでしょうか。  質問としては、集合のレベルでの無限といくらでも大きい有限とは異なるものなのかということと、論理式の数においてその数が無限とはどういうことを指しているのかということです。  コンパクト性などはモデルと論理式の両方にまたがるメタ的定理なので、その内容に現れる無限という言葉は(「集合における無限」、「論理式の数における無限」として)それぞれの体系での意味としてとらえる必要があるにも関わらず日常語の意味(限りがないというラフな使い方)にひっぱられていることが私の混乱の原因としてあると思うのですが、この分野に明るい方いらっしゃいましたらご回答ください。よろしくお願いします。

  • スコーレムの定理の意味 論理式の表現の可能性

     以前、言葉尻の異なる同じような内容の質問をしております。ご容赦ください。    スコーレムの定理によりべき集合公理をもつ公理系にも可算モデルが存在する  無限体k上のベクトル空間の次元という概念は論理式では表現できない  ペアノ算術において自然数の非標準モデルが存在する  といったものから  モデル側の性質をすべて形式体系で書くことはできないということが結論されているのを見るのですが、自分としてはそのような形式体系で書くことができない性質があるということ、その性質について考えるとことが、なぜ記号を対象とした数学という分野でできるのかということが不思議なのです。  つまり(あくまで建前上ではですが)、イメージや心象を閉め出して形式的な文字列の変形、生成で議論できるはずの数学においては形式体系、公理系のモデルも結局何らかの形式的な文字列の変形、生成で定義される以外無いはずであって(モデルを決めるというのは形式体系側の記号や述語に、新しい記号や述語を対応させた新しい形式体系を実装として定めるということだと考えています) 例えば 実数の公理系の非可算のモデルの更なる可算モデルを考えると、そもそも非可算モデルとはなんだったのだろうか(何をもって非可算といっていたのだろうか もちろん元の体系内で、ある集合が可算無限の集合と1:1対応のつけられないということが証明できるということをもってなのでしょうが、しかしそれも体系の外に出てみると可算モデルになっていることがあるということならどこまで行っても本当に非可算かどうかを確かめることはできないのではないだろうか つまり何をもって非可算となすという基準が作れないように見え、それならば非可算というもの自体がどういうものかわからないのではないか なら最初の非可算モデルとはいったい何だったんだろうといったように) ベクトルの次元という概念も表現できる視点があって初めて、ある論理上では表現できないということが分かるのであってその表現できる視点というのも論理式の集合で書かれるしかないのではないか ならば次元という概念も論理式の集合で表現できることになるのでは 標準的な(N,0,1,+,・,<)のNも数学で考えるために論理式で定義されるものなら標準モデルだけを表す公理系があるのではないだろうか もしないならどうやって数学の議論の台に乗せるのだろうか などといった、おそらく擬似問題に悩んでしまうのです。  認識といってしまうといきなり怪しい話になってしまい恐縮ですが、「モデル側の性質をすべて形式体系で書くことはできない」ということは一見して数学の論理は、人間の心象、意味内容を全て認識することができないと受け取ってしまいそうになりますが、形式とモデルの関係はそのようなことをいっているのではなく、数学上の話である以上、体系間の関係のことをいっていると思うのですが正確にはどういうことを表しているのかわからないのです。 おおざっぱにいうと論理式で表せない性質があるということをいうためにはその性質を表すことが必要であり、数学においてはそれも論理式で書くことになると思うので、結局どういうことをしているのか混乱しているのです。  それとも最初に書いたようなことは人間側の推論と論理式での推論の関係(これは本当にイメージ心象と論理式の関係であって、想像上の集合、モデルと形式体系は1:1には対応しない)を、体系同士の関係で表した、まねさせたことから出てきた成果なので たとえば非可算かどうかを確認する絶対的基準なものがどこにあるかなどと言うことは意味をなさないのでしょうか。つまり実装(モデル)側で、ある論理式(可算性、非可算性に相当する)を証明できるものを可算モデル、非可算モデルという名前を付けているだけであって人間の使う非可算という意味とは(建前上は)関係がないということでしょうか。  もちろん例えば、自然数といわれればその意味するところはわかりますし、その自然数と同型でないモデルというのも色々なところで図などをつかって解説されている限り同型でないということや、どういうものかということは分かります、ただそれは明らかにイメージに頼ったものであって、厳密な意味での数学ではどうするのだろう(というか論旨式で表せないものを表すとは何だろう)と考え質問いたしました。 メタレベルと対象レベルを区別できてないが故の疑問だと感じているのですが、モデル(実装)にたいしても、その実装は?さらにその実装は?といっていくと結局非可算かどうかを区別できる視点などないのではないかということにならないのでしょうか? かなり初歩的な勘違いをしていると思いますが、この方面に明るい方、過去このような疑問を持たれた方、お時間ありましたら解答、解説お願いします

  • 形式化の表す内容について

     再質問になります。  以前、言葉尻の異なる同じような内容の質問をしております。ご容赦ください。    スコーレムの定理によりべき集合公理をもつ公理系にも可算モデルが存在する  無限体k上のベクトル空間の次元という概念は論理式では表現できない  ペアノ算術において自然数の非標準モデルが存在する  といったものから  モデル側の性質をすべて形式体系で書くことはできないということが結論されているのを見るのですが、自分としてはそのような形式体系で書くことができない性質があるということ、その性質について考えるとことが、なぜ記号を対象とした数学という分野でできるのかということが不思議なのです。  つまり(あくまで建前上ではですが)、イメージや心象を閉め出して形式的な文字列の変形、生成で議論できるはずの数学においては形式体系、公理系のモデルも結局何らかの形式的な文字列の変形、生成で定義される以外無いはずであって(モデルを決めるというのは形式体系側の記号や述語に、新しい記号や述語を対応させた新しい形式体系を実装として定めるということだと考えています) 例えば 実数の公理系の非可算のモデルの更なる可算モデルを考えると、そもそも非可算モデルとはなんだったのだろうか(何をもって非可算といっていたのだろうか もちろん元の体系内で、ある集合が可算無限の集合と1:1対応のつけられないということが証明できるということをもってなのでしょうが、しかしそれも体系の外に出てみると可算モデルになっていることがあるということならどこまで行っても本当に非可算かどうかを確かめることはできないのではないだろうか つまり何をもって非可算となすという基準が作れないように見え、それならば非可算というもの自体がどういうものかわからないのではないか なら最初の非可算モデルとはいったい何だったんだろうといったように) ベクトルの次元という概念も表現できる視点があって初めて、ある論理上では表現できないということが分かるのであってその表現できる視点というのも論理式の集合で書かれるしかないのではないか ならば次元という概念も論理式の集合で表現できることになるのでは 標準的な(N,0,1,+,・,<)のNも数学で考えるために論理式で定義されるものなら標準モデルだけを表す公理系があるのではないだろうか もしないならどうやって数学の議論の台に乗せるのだろうか などといった、おそらく擬似問題に悩んでしまうのです。  認識といってしまうといきなり怪しい話になってしまい恐縮ですが、「モデル側の性質をすべて形式体系で書くことはできない」ということは一見して数学の論理は、人間の心象、意味内容を全て認識することができないと受け取ってしまいそうになりますが、形式とモデルの関係はそのようなことをいっているのではなく、数学上の話である以上、体系間の関係のことをいっていると思うのですが正確にはどういうことを表しているのかわからないのです。 おおざっぱにいうと論理式で表せない性質があるということをいうためにはその性質を表すことが必要であり、数学においてはそれも論理式で書くことになると思うので、結局どういうことをしているのか混乱しているのです。  それとも最初に書いたようなことは人間側の推論と論理式での推論の関係(これは本当にイメージ心象と論理式の関係であって、想像上の集合、モデルと形式体系は1:1には対応しない)を、体系同士の関係で表した、まねさせたことから出てきた成果なので たとえば非可算かどうかを確認する絶対的基準なものがどこにあるかなどと言うことは意味をなさないのでしょうか。つまり実装(モデル)側で、ある論理式(可算性、非可算性に相当する)を証明できるものを可算モデル、非可算モデルという名前を付けているだけであって人間の使う非可算という意味とは(建前上は)関係がないということでしょうか。  もちろん例えば、自然数といわれればその意味するところはわかりますし、その自然数と同型でないモデルというのも色々なところで図などをつかって解説されている限り同型でないということや、どういうものかということは分かります、ただそれは明らかにイメージに頼ったものであって、厳密な意味での数学ではどうするのだろう(というか論旨式で表せないものを表すとは何だろう)と考え質問いたしました。 メタレベルと対象レベルを区別できてないが故の疑問だと感じているのですが、モデル(実装)にたいしても、その実装は?さらにその実装は?といっていくと結局非可算かどうかを区別できる視点などないのではないかということにならないのでしょうか? かなり初歩的な勘違いをしていると思いますが、この方面に明るい方、過去このような疑問を持たれた方、お時間ありましたら解答、解説お願いします

  • モデルの正式な立場、記述について

     質問は数理論理学などに登場する「モデル」というものについてです。いろいろな論理や集合を扱った書籍では命題の意味論、真偽判定はこのモデルによってなされるとあります。  これはいかなる数学的構造を形式体系に対応させるかということと思うのですが、 この構造としての集合と要素、関数が各人の持つイメージでしかないように本などには書かれています(集合は丸い囲いのようなもの、要素はいろいろな形を持ったドット、関数はドットをつなぐ矢印もしくは表のようなものとして)。私の理解ではこのモデルは形式体系に内容・内実を与えるものと考えていますが、有限の範囲ならともかく無限モデルではこのイメージ主体のモデルの立場、意味するところがよく分からなくなってしまいます。無限モデルは記述として「以下同様」や「・・・」などと、あとは自然な類推で分かるだろうといった形で書かれており、「ある形式体系の公理が無限モデル上で真になっていることの確認」や「標準モデルと非標準モデルの区別」などが意図していることは人間的な理解としては感じられますが、上に書いたようなモデルの記述では結局無限の行為と判断を想定しているじゃないかと言いたくなる気が抑えられないのです。無限への直観がないと理解できないなどといった怪しげなことは言いたくないですしまた、そういうことを数学で考えるべきではないというのもいろいろなところで聞いています。ですがでは、正式にはどう考えるべきなのでしょうか。  形式体系は一つには意味抜きで無限などを扱うために導入されたものであるはずなので上のようなことは「モデルを新たに体系として翻訳すればどうか」など考えるのですがやはり形式体系とモデルは異なるものなのであり同一視はできないように感じますし(できるとするとモデルもまた記号列の一つというよくも分からないことになってはしまわないでしょうか、しかし「zfcのモデルをzfc内で展開する」などということはよく聞きますし、これは一体どういったことなのかと混乱しております)、またそんなことをしては「公理系を別の公理系に移して議論しているということだろうか」つまり「真とは別の公理系での証明可能性のことを言うのか」など問題が噴出してきます・・・。結局モデルのフォーマルな身分、記述は一体何を以てなされるべきなのかということが一向に明らかになってこないのです。このモデルの正式な、フォーマルな扱いとでもいうべきものが私の伺いたい最大のことと感じます。  加えて上で「真偽判定」という言葉と使いましたが記号列操作による証明と根本的に異なるのでしょうか。どちらもステップを踏んだ何らかな判断にほかならない思われるのです(すなわち記号列変形でたどり着けないところに真偽判定ではたどり着けるということのいっている内容がわからないのです。よく真であるが証明不能といわれるものです、真というものが別の系での証明可能性ということならよくわかるのですが。そしてこれは真偽判定つまりモデルを使った判断というものがどういうものであるかがよくわかっていないためだと感じます・・・。)。  また同じような問題として「無限個の公理を持った体系」(たとえばc≠0,c≠s0,c≠ss0,c≠sss0・・・などを公理として持つ)や「モデル内に無限降下列を持つ」なども意味をとることができません。(後者は常にやろうと思えば一個下の要素の存在をいえるというようなメタ的なものという気もするのですが・・・)  有限のものでなければ扱うのが危険だという懐疑論的なことを言っているつもりはないのですが・・・もしかしたら自分はそういうことを主張しているのでしょうか。もしくはフォーマルな記述、正式な記述ということにこだわりすぎているのでしょうか。 無限の扱いを当然のごとく進めていることが、自分の頭では整理できず、どういった判断が適切であり逆にどういうものが不適切なのかの基準が個々人に任されているように見えるのです。現実の数学としてはまさにそうであって天才はその嗅覚に優れているために他人には見つけられない何かを見つけるのでしょうが、論理学としてはコンセンサスがあるべきと考えます(無限に対するコンセンサスというとどの操作を記号列の操作というのかなど懐疑論レベルも含め様々問題が出てくると感じますがあくまでモデルを正式にどう扱うかのみの話です)。  以上、自分としてもおかしなこと言ってるなと思うところや、勘違い、妄想、妄言の類が入っていると思われ恥ずかしいのですが、助けでくださる方々いらっしゃれば幸いです。

  • Oracleに日付や時刻のリテラルはないのか

    Webで色々検索しているのですが、なかなか「これだ!」という情報に当たらず、お教えいただきたく存じます。 OracleのSQLで、日付や時間を表現するリテラルは存在しないのでしょうか? 必ず to_date(文字列, 'YYYY/MM/DD') と言うように文字列表現と関数の組み合わせでなければならないのでしょうか? to_date(文字列, 表現形式)とto_timestamp(文字列, 表現形式)を見つけたのですが、to_time(文字列, 表現形式)というのが見当たりませんでした。to_time関数は存在しないのでしょうか オラクルのSQLはバージョンによって微妙に違う、というような記述を過去ログに見つけたのですが、8と9について情報をお願いします。

  • 文字列を実数に変換するにはどうしたらいいでしょうか

    本に文字列を整数に変換する「atoi」はあったのですが、文字列を実数に変換する関数はないのでしょうか。教えて下さい。

  • 論理演算について

    Cを勉強中の者です。論理演算についてよくわからいことがあります。 以下のソースコードを実行し結果が真なら0001、偽なら0000が出力されるプログラムを作りました。 #include <stdio.h> int main(void) { unsigned short a = 0x1234; unsigned short b = 0xfafc; unsigned short c = 0xcdef; unsigned short x, y; x = a && b; y = b && c; printf("x=%04x\n", x); printf("y=%04x\n", y); return 0; } 結果はx=0001, y=0001となります。y=0001はbとcの文字列がそれぞれfとcをを持っているので演算による結果は納得できますが、x=0001はaとbの文字列には共通するものがないのになぜx=0000ではないのでしょうか? また0xが頭に付く表現は16進数だと強調するためにあるのですか? 説明に不足があればまた足しますのでよろしくお願いします。

  • 正規表現 TCL regexp関数

    regexp関数を用いて正規表現で文字列を操作したいですが、 上手く正規表現でかけなくて困っております。 変数=第一文字列,第二文字列,第三文字列,第四文字列,第五文字列 regexp --{,,,,$} 変数 match A B C D E と実現し、区切った文字をそれぞれA-Eの変数へ代入。 【操作文字列】 ・CSV形式の”,”カンマ4つで5区分に切ります ・第一文字列は先頭の文字は空白以外の[A-Za-z0-9_]途中空白有(\s) ・第二文字列は空(,,) ・第三文字列は数字 ・第四文字列は文字のみ空白なし数字なし ・第五文字列は数字文字混在 このように実現したいのですが、正規表現を見ながら regexp --{\c\w,^\c,\d+,\w+,\c+$} 変数 match A B C D E のようにやったのですが、無理でした

  • 数学における内容的真理?と構文について

    再質問になります、ご容赦ください。 数学の質問になっていないかもしれません、自分としては真剣なのですが、単なる言葉遊びと見えてしまったら申し訳ありません。 ゲーデルの定理の解釈の文脈などで数学における内容的真理は構文的な公理と推論規則だけでは表現しきれないと言われることがあると思います。 しかし、フォーマル(数理論理の立場)には数学は記号変形のみを対象とするのではないでしょうか? つまり、記号変形のみを対象とするのであれば、どうして内容的真理があるということや内容的真理と構文論間のギャップがあるとわかるのでしょう。 これらはどの視点、観点から言えることなのでしょうか、恐らく、上でいうような内容的真理というものも異なる構文規則によって指定された文字列のことと思っているのですが、ならばどうやってその間の関係を考えることができるのでしょうか?(つまり、ただの文字列で内容は副次的なものとするとそれが表していること同士の関係を考えることなどできないのではないでしょうか) 厳密な数学の議論を日常言語に引っ張られて行ったせいで発生した擬似問題だと思うのですが、結構悩んでいるのでこの分野に詳しい方、教えて頂けるとありがたいです。