• ベストアンサー
  • 困ってます

[Windows10を入手する」サイトについて

  • 質問No.9185029
  • 閲覧数581
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 92% (1244/1351)

マイクロソフトの「Windows10を入手する」と言う下記サイトでWindows10にインストールメディアが入手できますが、このサイトは7月29日以降も継続されるのでしょうか。win10にアップグレードし、将来の必要のためにこのサイトからISOメディアをダウンロード、保存してありますが、もしこのこのサイトが7月29日以降も継続されるようなら、いつでも必要なときにUpdateが進んだ最新のバージョンを入手でることになり、きわめて好都合です。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 40% (2362/5768)

今までに「Windows10を入手する」サイトで提供されてきたISOファィルはBuild が変わる度に更新されていたようです。ファイルサイズももちろん大きくなっています。

7月29日以降も更新されるかどうかは分かりませんが私はその直前にダウンロードして保存しておくつもりです。USB/DVDに展開するのは実際に必要になったときで十分です。

私の希望的観測では7月29日以降も最新のBuildのものが提供されるのではないかと思います。その根拠は現在でもwin7/8.1からのアップグレードだけではなくクリーンインストールにも使える形になっていますから。
お礼コメント
dragon-man

お礼率 92% (1244/1351)

有り難うございます。
今までのWindows10に関するマイクロソフトの戦略を見ると、「7月29日以降も最新のBuildのものが提供される」と考えるのが自然ですね。そうであることを期待します。私もとりあえず7月28日現在のものをダウンロードしておくつもりです。
投稿日時:2016/06/10 23:38

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 24% (33/133)

後一か月半に迫った(此の時期に)M’Sから何んの発表も無いと←言うのはM'Sが如何にいい加減かを実証して見せてくれています。

人は、確たる証拠が得られないと、不安から憶測を呼び、その拡大され憶測が無限に伝播して行き真実が隠れてしまいます。
今此処で回答する(私も)人達は、自分が得られた情報を元に(真実は此れ一つのみ)←のように語りますが←最終的な判断は、質問を立てたご自身が決める以外には無いと思います。
--------
石橋を叩く思考だと、
(https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10)←此処から得られた、MediaCreationTool.exe←は、DLした時期に依って
中身が異なって居る(ISO←に焼いて見た時に) 常に新しいMediaCreationTool.exeを持つ必要性は?

7ps1(8系)から、10にした時点で(元osのプロダクトキー)は、10のみへ移るのか(元osは重複認証)元osに対しても有効なのか。←今の時点では、
別のPCにだって自由にGup出来るので←今を基準に物事を考えて→将来もそうだと、断言して良いのか?

一旦10に(共通化プロダクトキー←誰のPCでも同じキー)を元に戻し元のos←が再度認証された時点でも(使用中断中の10の認証は生き続けて居るのか?)
-------
無償up期間を過ぎてからの、10、再install←無償でMediaCreationTool.exe(ISO)を使わせてくれるのだろうか?
補足コメント
dragon-man

お礼率 92% (1244/1351)

>無償up期間を過ぎてからの、10、再install←無償でMediaCreationTool.exe(ISO)を使わせてくれるのだろうか?

それは出来るそうですよ。基本的なインストールメディアがなければ壊れたときにどうしようもありませんから。

ちなみに、問題にしているのはMediaCreationTool.exeではなくそれを使ってダウンロードするISOファイルです。
投稿日時:2016/06/09 19:35
  • 回答No.4

ベストアンサー率 61% (1046/1710)

他カテゴリのカテゴリマスター
こんにちは。

『いつでも必要なときにUpdateが進んだ最新のバージョンを入手でることになり、きわめて好都合です。』
これは直接最新版へのアップグレードは不可能な様子です。
情報源はこちら
http://tanweb.net/2016/05/12/7839/

期間中にWindows10に一度アップグレードしておけば、7月29日以降のバージョンにアップデート可能です。
期間中にWindows10にアップデートしたものなら、OSを元に戻しても7月29日以降でも同リビジョンのWindows10へ再アップグレード可能です。

従って、7月29日以降に最新のバージョンが手に入っても、一度7月29日以前のWindows10にアップグレードしてから最新版にアップデートという、最低2つのステップを踏む必要があることになります。

このサイトが、最新版の配布をするのか、アップグレード可能版の配布を続けるのかという事は不明です。
$Windows.~WSと$WINDOWS.~BTという余計なディレクトリーは出来ますが、一度アップデートして旧OSに戻した人は今のうちにisoファイルをダウンロードしてインストールDVDなどを作っておいた方が良いでしょう。
お礼コメント
dragon-man

お礼率 92% (1244/1351)

有り難うございます。
>期間中にWindows10に一度アップグレードしておけば、7月29日以降のバージョンにアップデート可能です。

もちろん期間内アップグレード後の(アップグレードではなく)ISOでのクリーンインストールを前提にした質問です。
ISOを提供するそのサイトが期限後も存続されるかを聞いています。
投稿日時:2016/06/14 13:43
  • 回答No.3

ベストアンサー率 43% (3447/7953)

他カテゴリのカテゴリマスター
>マイクロソフトの「Windows10を入手する」と言う下記サイトでWindows10にインストールメディアが入手できますが、このサイトは7月29日以降も継続されるのでしょうか。
それはMicrosoftに聞かないと確かな情報を得られません。

>もしこのこのサイトが7月29日以降も継続されるようなら、いつでも必要なときにUpdateが進んだ最新のバージョンを入手でることになり、きわめて好都合です。
Windows 7以前のSP(サービスパック)に相当するアップデートのことを考えているのでしょうか?
Windows 10はSPの概念が無くなったようです。
新しいBuildが公開されるとアップグレードの形でOSが更新できるようになったと推測します。
現時点では無料でBuild Upになっていますが将来については情報を見たことがありません。
昨年7月に公開の時点ではBuild 10240でしたが現時点ではBuild 10586になっています。
Build 10240から10586に移行するときアップデートのオプションで適用の要否をユーザーが決めるようになっていました。
セットアップの過程でライセンス条項に同意が必要でしたので利用者の任意であることが分かります。
また、ロールバック用のWindows.oldフォルダーが作成されます。
従って、再インストール用メディアをその都度作成する必要はないでしょう。
Windows 10をクリーンインストールで再構築する場合はアップデートの手間を省けますが内臓ストレージの交換のときはWindows 7/8/8.1からの再アップグレードよりシステムイメージからの復元の方が良いと思われます。
お礼コメント
dragon-man

お礼率 92% (1244/1351)

有り難うございます。
Win7sp1の時と同じイメージ(ISOメディア)を想像していました。無印のWin7をインストールした後のWindows Updateがあまりに大変すぎたので。
でもそんな必要はない、常にバックアップを取っておけばクリーンインストールは必要ない言っておられるのですね。それも正論ですが、いざというときクリーンインストールに戻れる手段は残しておくべきではないかと思い。HDDとバックアップが同時に壊れることもあります。実際その経験をして、大変苦労した(インストールに戻った)こともあり。
投稿日時:2016/06/09 15:24
  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (676/2242)

たとえサイトが継続されても7月29日までにアップグレードしてない場合は、無償アップグレードは不可能となります。常に新バージョンを試したいのならアップグレード後に更新とセキュリティで開発者向けオプションをチェックすればいいのです。
またこのサイトのプログラムは初回リリース時とメジャーアップデートが行われたときだけ変更されただけなので、常にupdateは必要です。
お礼コメント
dragon-man

お礼率 92% (1244/1351)

有り難うございます。
当然アップグレードはしています。いざというときために、今までと同じようにインストールメディアがあればいいかなと。
その場合、メジャーアップデートが行われるたびにダウンロードISOが更新されていれば理想です。
投稿日時:2016/06/09 15:29
  • 回答No.1

ベストアンサー率 52% (2241/4280)

7月29日以降もダウンロード可能ではないかと思います。

Windows8.1のダウンロードページがありますし。Windows10も有料無料関係なくダウンロードできるんではないかと。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows8
お礼コメント
dragon-man

お礼率 92% (1244/1351)

有り難うございます。
なるほどWin8にもあるのですか。それなら当然Win10のも残るのでしょうね。安心しました。
投稿日時:2016/06/09 13:03
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ