• 締切済み
  • 困ってます

酢酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの中和について

酢酸に水酸化ナトリウムを入れて中和点を超えたあとの pHを計算するときに CH3COOH + NaOH → CH3COONa + H2O これの反応で生成するCH3COONaはなんで計算に考えないのですか よろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数1328
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • nious
  • ベストアンサー率60% (372/610)

(NaOH から生じる[OH^-])>>(CH3COO^-の加水分解から生じる[OH^-]) だからである。 CH3COO^- + H2O ⇔ CH3COOH + OH^- CH3COO^-は Kb=10^(-9.24) と非常に弱い塩基。共通イオンである[OH^-]が多量に存在すれば加水分解は更に進み難くなるために完全に無視出来る。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 中和反応

    (1)酢酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの中和反応は下のであっているでしょうか? CH3COOH+NaOH→CH3COONa+H2O CH3COONa→CH3COO-+Na+ CH3COO-+H2O→CH3COOH+OH- ・・・よって塩基性となる。 (2)また、↑と同様にして、硫酸とアンモニア水の中和反応の式を記していただければありがたいです。どうしても分からなかったので。

  • 酢酸水溶液と水酸化ナトリウム水溶液の混合物 pH

    大学受験範囲です 「0.10mol/Lの酢酸水溶液10mLに0.10mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液5.0mLを加えて 緩衝液を作った。この溶液のpHはいくらか。 ただし酢酸の電離定数をK=2.7×10^-5mol/L log10 2.7=0.43とする」  という問題を、自分はこう考えました。 酢酸と水酸化ナトリウムは反応するわけだから、最初にその反応を考え その反応の結果生じた物質と残った酢酸を考えれば溶液のpHがわかる。 混合直後の水溶液には 酢酸は10×10^-4molある 水酸化ナトリウムは5×10^-4molある これがCH3COOH+NaOH→CH3COONa+H2Oと中和反応する。 よって中和反応後は 酢酸5×10^-4mol  酢酸ナトリウム5×10^-4mol  水 たくさん ということになる。 酢酸          CH3COOH⇔CH3COO- + H+ 酢酸ナトリウム  CH3COONa⇔CH3COO- + Na+ 水               H2O⇔H+ + OH-      と電離している。 CH3COOH⇔CH3COO- + H+ が平衡に達するまでに電離した酢酸の物質量をXmolとすると 平衡時  酢酸(5×10^-4 -X)mol 酢酸由来の酢酸イオンXmol 酢酸由来の水素イオンXmolとなる。 ここで酢酸ナトリウム由来の酢酸イオン、水由来の水素イオンを無視できると仮定する。 そうすると2.7×10^-5=X^2/5×10^-4 -X が成り立つ。 5×10^-4 >> X と仮定すると 2.7×10^-5=X^2/5×10^-4 計算して X^2=2.7×10^-5 × 5×10^-4 X^2=13.0×10^-9 までできたのですが、ここから先解けなくなってしまいました。 どこで間違っているのか教えてください。       

  • 中和の問題

    酢酸CH3COOHと水酸化ナトリウムNaOHを中和したら水と酢酸ナトリウムができますよね それで酢酸ナトリウムの化学式がCH3COONaなのは何でですか? NaCH3COOじゃないんですか? 教えてください

  • 中和の説明

    0.1M(mol/l)の酢酸(CH3COOH 電離度=0.01)溶液10mlと 0.1M(mol/l)の水酸化ナトリウム溶液10mlを混ぜた場合の 中和反応の経過、結果を考え中和点に達するかどうかを 説明しなければならない問題を解いていて、以下のような やり方で説明を書いているのですがどこか考え方がおかしな所や 説明が不十分な点がありましたら助言をいただけると有難いです。 特に「過不足なく中和する事」を反応式・mol数との関係から 詳しく説明することが重要のようなのでその点よろしくお願いいたします。 -------------------------------------------------------------- 「中和点に達する」とは酸と塩基を混合したときの、酸から出た「H+」水素イオンと 塩基から出た「OH-」水酸基イオンが過不足なく反応した (H+の物質量=OH-の物質量で完全に中和した) 時の事を言う。水H2Oを生じる。 酢酸と水酸化ナトリウムの反応式→CH3COOH + NaOH → CH3COONa + H2O グラム当量数が同じ1molなので過不足なく中和できるが 酢酸は弱酸、水酸化ナトリウムは強塩基なので 塩の加水分解が起こってpHは7以上になり 中和点は最終的には弱塩基性となる --------------------------------------------------------------

  • 酢酸緩衝液

    酢酸ーNaOH緩衝液の仕組みについて教えてください。 CH3COOH0.2Mを、NaoH0.2Mで中和する場合(参考書より) 最初、水に酢酸を加えた状態では酢酸はほとんど解離していなく NaOHを加えることによって中和され酢酸とNaOHのモル数が等しくなった状態では、水を除去するとCH3COONaが析出する。 CH3COONa⇔CH3COO- + Na+ Na+は安定に存在するが、CH3COO-の一部は CH3COO- + H2O ⇔CH3COOH + OH- ここまでは読めば理解できるのですが、 「中和点のpHは8前後であり、 0.2MのCH3COOHに0.2MのNaoHを加えていった場合のpH変化であるので CH3COONaの濃度は0.1Mということになる。」 この0.1Mになるという理由がわかりません。 酢酸ーNaOH緩衝液はどのような仕組みになっているのかわからないので 教えてください。お願いします。

  • 化学の質量、物質量、収率を求める計算について

    酢酸と水酸化ナトリウムとの中和反応についての問題です。 CH_3COOH + NaOH → CH_3COONa + H_2O a) 30.0gの酢酸と 20.0gの水酸化ナトリウムとを用いた場合、生成する酢酸ナトリウムおよび水の物質量および質量を計算せよ。 b) a)の条件で反応を行い、実際に33,1gの酢酸ナトリウムを得た。収率を求めよ。 c) 10.0gの酢酸と 20.0gの水酸化ナトリウムとで反応を行うと、生成する酢酸ナトリウムおよび水の物質量を収率100%として求めよ。

  • 酢酸水溶液と水酸化ナトリウム水溶液の混合について

    酢酸水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えて中和反応させる場合、 A・・・もとの酢酸水溶液では、実際には、CH3COO^- と H^+ にわずかに電離していると考えてよろしいでしようか? B・・・生成したCH3COONaは、実際には、CH3COO^- と Na^+ に完全電離していると考えてよろしいでしょうか?

  • 中和反応の滴定曲線【化学基礎】

    濃度不明の酢酸(CH3COOH)10mLを0.020mol/Lの水酸化ナトリウム(NaOH)8.0mLで中和点に達した。 この時の中和反応の滴定曲線の概略を示せ。 という問い で、滴定曲線の図にpH3~pH13まで変化している理由を教えて下さい! ちなみに酢酸の濃度は0.016mol/Lと求めることができました! 明日が試験なので早めによろしくお願いします!

  • 次亜塩素酸ナトリウムと酢酸を混ぜたときのpHを計算したい。

    0.04%の次亜塩素酸ナトリウム1リットルと1%の酢酸1リットルを混合させたとします。 ここから得られるpHはいくつになるでしょうか。 塩素ガスが発生し、一般にはまぜるな危険ですが。 化学反応は以下の通りですか。 2NaClO+2CH3COOH→2CH3COONa+2H2O+Cl2

  • 水溶液中での酸と塩基の反応について 実際は

    水溶液中での酸と塩基の反応についての質問です。 例えば水溶液中での酢酸と水酸化ナトリウムの反応は、普通 CH3COOH+NaOH→CH3COONa+H2O  と表しますよね。 この式は反応の量的関係を表しているわけですが では実際の反応はどういうことが起こっているのでしょう? 酢酸粒子と水酸化ナトリウム粒子が直接反応しているのでしょうか? それとも電離してから反応しているのでしょうか?