• 締切済み
  • すぐに回答を!

弁護士が懲戒処分を受けたとき

弁護士が懲戒処分を受け業務停止になった場合、仕事を委任中の依頼主に、裁判中ではないときなどは、それを報告する義務はありますか?また、それによって依頼主に不利益があった場合は何か罰則はあるのでしょうか。それによって弁護料を下げてほしい場合は、その弁護士に直接かけ合うしかないのでしょうか。また、業務停止中に依頼主と電話で打ち合わせをすることは違反になるのでしょうか。弁護士法を読んでも、その点は記載されてないようなのですが・・・よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数272
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kuzuhan
  • ベストアンサー率56% (1467/2584)

弁護士の業務停止命令とは、弁護士としての業務一切を停止することですから裁判への出廷はもちろん、弁護士としての仕事をしてはいけないことになります。弁護士法56条が根拠です。 弁護士個人の処分であるため、事務所は稼動している場合があります。 つまり、弁護士として依頼者の代理人として先方と交渉したりというものが一切出来なくなります。依頼主と弁護士として打ち合わせをすることは業務停止命令を履行していないということになります。 業務停止命令はいきなり発令されることは少ないため、事前に弁護士事務所に通達されることがほとんどです。(懲戒請求が来ていることも事前に弁護士本人に通知されます) 処分が決定されたなら、執行日までの数日間のうちに依頼主へ連絡を行って別の弁護士に依頼しなおすなどの措置を取ったりします。 何故振替などをするかと言うと、個々の依頼は事案としては独立していますから、業務停止になったことで、何らかの不利益を依頼主が被った場合は、逆に弁護士が訴えられたり、更なる懲戒処分請求がなされる可能性が高いためです。 弁護料を下げてほしい云々は弁護士との報酬やり取りなので、直接掛け合うしかありません。契約不履行として着手金を含めて預けている証拠物件そのたの返還請求するなりすることも考えられます。 既に業務停止になっているのであれば、事務所へ連絡し、連絡が付かない場合は法テラスかその弁護士の所属している弁護士会に相談されるべきでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

よく理解することができました。丁寧にお答えくださいまして、ありがとうございます。お礼申し上げます。

関連するQ&A

  • 弁護士の懲戒処分と司法審査

    日弁連から業務停止8カ月の懲戒処分を受けた東京弁護士会の弁護士が、日弁連の裁決は違法として処分の取り消しを求めた訴訟がありましたが,そもそも弁護士会の内部処分が司法審査の対象となるのでしょうか。 内部社会の法理の適用はないのでしょうか。 お教えいただければ幸いです。

  • 士業の懲戒処分への対抗策

    少し前に行政書士を主人公にした漫画で、所長の行政書士が行政書士会から業務停止2年の懲戒処分を受ける話があったので、この件で質問します。 不当な懲戒処分がこれから出そうだという段階で、不当な懲戒処分を受けそうになった行政書士が、そのように不当な懲戒処分が出ないようにするための裁判所の手続は、どのようなものがありますか? 不当な懲戒処分が既に出てしまった場合に、不当な懲戒処分を受けた行政書士が、そのような不当な懲戒処分の効力を停止するための裁判所の手続は、どのようなものがありますか? また、不当であるとして、行政書士会への損害賠償訴訟もできますか?

  • お願いしている弁護士が懲戒処分を受けたら

    4年ほど前に債務整理で頼んだ弁護士が懲戒処分1年となりました。 すでに6件中4件は終わっております。 4件目で裁判所から確定の通知が来てしまい弁護士を通して 私が直接金融会社に払いました。 その際に現状の預け金がどうなっているのか明細を出してもらいました。 今、資料がないので正式な金額は書けませんが 後、20万以上残っていました。 もう1社が後、法定金利で計算すると1万とか2万とかしか残ってないので 仮に遅延代全部出せと言われてもたかが知れていると言われ そちらは気にしてませんでしたが、つい最近督促状とか 裁判所からの通知ではありませんが、支払いが滞っているため 困っている払って下さいというお知らせレベルの郵便が届きました。 それで初めて懲戒処分1年ということがわかったのですが その弁護士は先ほどの催促はいつも無視しているが 私が相手側にならないため本人に送ったのでしょうから 無視して下さい、督促状が来たら後任を探しますが 私を通さず直接お願いしてしまったら着手金が取られますとのこと。 これは督促状なり裁判上なりから通達が来なければ 何もしないということですが、督促状等が来るまで お金を余分に払わない限り何もすることができないのでしょうか 何もしないのに預け金は返してもらえないということでしょうか? 結局2社分は最後まで面倒を見てくれなかったことになりますが 着手金は支払わなければならないのでしょうか? いずれにしても懲戒処分受けているぐらいの弁護士ですから 清算をしっかりしてくれない可能性も高いのかと心配です。

  • 依頼中の弁護士が懲戒処分

    依頼中の弁護士が懲戒処分となり所属弁護士会から退会命令を受けた場合、依頼中の案件はどうなりますか? どこかの弁護士会に所属できるまでは、凍結してしまうのでしょうか?あるいは日弁連に処分不服で審査請求している間は、支障なく弁護士活動はできるのでしょうか? 知人がすでに着手金等相当額支払済みのため、心配です。 弁護士からは、処分を受けた等の連絡などは一切ないようです。 ご存知の方、なんでもいいのでお教え願います。

  • 懲戒処分について教えてください

    懲戒処分について教えてください。 昨年末、一緒に仕事をしていた営業担当が不始末を受け、お客様から損害賠償請求をされました。わずかですが、私もこの仕事に1週間ほど関与していたため、(理由を問わず)懲戒処分として減棒処分されることになりました。 この度、その事案とは別に、私が作成し報告した業務の進捗報告資料(財務などに関する記載は一切なし)を、社内の共有サーバから削除したところ、セキュリティ規定違反として新たに処罰を課すを通達されました。 (新規事案に対し、処分を検討する旨を通達されました) 削除した理由は、報告資料の内容を馬の合わない直属の上司から否定・罵倒され、(非公式な)部署異動と役職撤去をされたため、「それであれば上司自らつくるべきだ。私がつくった資料を残しておく必要がない」と一種の気が動転した状態で、削除してしまいました。 ※この上司も会議に毎回出席しております。 ここで教えていただきたいのですが、事案の違う2つの処罰(昨年末、今回)において、処罰のレベル(譴責→減俸→降格→出勤停止→解雇)があがっていくことは想定できますでしょうか? 昨年末のペナルティで減俸処分をもらっている関係で、今回の新規事案(データを削除した)で、出勤停止等や降格処分が発生するか心配です。 どなたか教えていただけると幸いです。 今回の処分がもし、正式な処罰の対象になり、かつ減俸以上の処分(降格、給与カット、転勤など)が課された場合、非公式な処分も含めて、労働基準監督署に相談できますでしょうか? (処罰が重過ぎると考えています)。

  • 大学教員等は軽い懲戒処分でも昇進できないのですか?

    大学教員や国立の研究者は軽い懲戒処分(口頭の厳重注意、訓告、戒告)でも受けるともう昇進できないのですか? 知人の大学教授が「ウチの大学で論文の盗用をした准教授が停職1ヶ月の処分を受けたけど、そういうことやると他の大学に移らない限り昇進できなくなるんだよ。例えば准教授の人はずっと退職まで准教授とかね。」 といっていました。警察官など公務員は口頭の厳重注意など軽い処分でも昇進ができなくなると聞いたことがあります。 処分が不利益にはたらくのはわかりますが、厳重注意や訓告のような懲戒処分でない軽い処分で本当に昇進できなくなるのでしょうか?また、停職1ヶ月のようなある程度重い処分だったら、昇進は無理ですか?

  • 大学教員等は軽い懲戒処分でも昇進できないのですか?

    大学教員や国立の研究者は軽い懲戒処分(口頭の厳重注意、訓告、戒告)でも受けるともう昇進できないのですか? 知人の大学教授が「ウチの大学で論文の盗用をした准教授が停職1ヶ月の処分を受けたけど、そういうことやると他の大学に移らない限り昇進できなくなるんだよ。例えば准教授の人は退職までずっと准教授とかね。」 といっていました。警察官など公務員は口頭の厳重注意など軽い処分でも昇進ができなくなると聞いたことがあります。 処分が不利益にはたらくのはわかりますが、厳重注意や訓告のような懲戒処分でない軽い処分で本当に昇進できなくなるのでしょうか?また、停職1ヶ月のようなある程度重い処分だったら、昇進は無理ですか?

  • 弁護士の懲戒請求事由

    弁護士の懲戒請求事由  みなさん、こんにちは。いつも回答ありがとうございます。以下のように 質問しますのでよろしく教授方お願いします。  弁護士が、犯罪者である被告の弁護人になるとき、犯罪者は、犯罪を犯したことを認めても、自分がかわいいので、どんなうそをついても、どんな不義理、不条理なことをしても、自分の身の潔白を主張します。  しかし、法律的に、どのように言い逃れをすれば、良いかが分からず、このことを弁護士に相談することになります。  弁護士は、被告から、犯罪を犯したことを打ち明けられます。弁護士は、業務上、被告に有利にすることの配慮から、裁判上では、犯罪を犯したことを隠し、無罪を主張します。  また、被告が、原告の主張する事実を知りながら、裁判上では、被告に事実を隠し、  覚えておりません。  と発言するように指導します。  このような事実から、事件事実の究明が遅れ、または、不可能になって、有罪の被告も、無罪になります。  この成果によって、弁護士は、成功報酬を入手することが、できます。  原告は、判決に不服を感じることでしょう。  このような弁護士の活動は、弁護士法上も、正しく、弁護士の懲戒請求事由にならないのでしょうか?  ご教授方よろしくお願いします。 敬具

  • 逮捕または起訴されると懲戒免職等の懲戒処分が認められることについて

    逮捕または起訴されると懲戒免職等の懲戒処分が認められることについて ある刑事事件で無罪判決の確定した元被告人が、捜査に違法があったとして国家賠償請求を起こしたというニュースが流れました。表向きとしては、例えば違法な自白強要がなされた、その精神的苦痛に対する慰藉料料を請求するとかいったことなのでしょう。しかしそれが真の趣旨であれば、有罪も無罪も関係ありませんから、判決確定を待つ必要などないはずです。実際の趣旨は、「自分は無実なのに、違法な捜査のおかげで身体拘束されて刑事裁判につきあわされて、たくさんの経済的不利益を受けた。どうしてくれる?!」といったものなのではないでしょうか。 ところで、少なくとも我が国においては、無罪推定の原則が、憲法上も刑事訴訟法上も確立しています。無罪推定の原則とは、狭義には刑事訴訟における立証責任の問題で、被告人は当初無罪と扱われ、検察官が有罪であることを証明して初めて有罪判決が下されるということです。そして広義には被告人は、有罪判決が確定するまでは、国は被告人を有罪ではなく無罪として扱われなければならない(ましてや起訴されてもいない単なる被疑者についてはなおさら)ということです。 確かに、無罪推定の原則は、本来直接的には国(行政機関や裁判所等)を拘束するものであり、私人を直接拘束するものではありません。 しかし上述の通り、裁判所は無罪という推定から刑事裁判を始めるのですから、当然無罪判決が下される可能性もあります。つまり、逮捕されようと、起訴されようと真実はよく分からないのであり、その人が犯罪を犯したということは全くできません。可能性なら、誰にでもあります。 したがって、企業の従業員が逮捕されたとしても、あるいは起訴されたとしても、企業に懲戒免職等の懲戒処分を認めるのは、おかしいのではないでしょうか?もちろん当該企業が、確かにその従業員はそのような懲戒処分に値する行為を行ったと証明するなら別ですが、このような罪状で逮捕された・起訴されたというだけで懲戒免職を認めるのは問題があるのではないでしょうか?なるほど従業員が殺人で逮捕されたりすれば、その企業に対する信用が低下するかもしれません。しかし逮捕・起訴されただけでは有罪とも無罪ともさっぱり分からない(どちらかと言えば無罪と推定されている)のですから、信用できないと考えるのは早計であり、間違いではないでしょうか。 冒頭述べたような訴訟が起きるのは、無罪判決を得てもそれまでに受けた不利益が不可逆的・致命的で大き過ぎるという背景があると思います。裁判所は逮捕・起訴されたことのみを理由とする懲戒処分を民事訴訟で否定して、無罪との推定を受けているはずの被告人の受ける不利益を、最小化すべきではないでしょうか?

  • 業務禁止と業務停止

    士業での懲戒処分。 業務禁止と業務停止って何が違うんでしょうか?