• 締切
  • 暇なときにでも

迷彩服? 自衛隊は災害派遣でも?

  • 質問No.8786590
  • 閲覧数379
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 41% (58/141)

御岳山の救助をみていて、2時災害の身の危険を守るには
 派手な色の方が良いと思うのですが、消防、警察のように

 迷彩服にこだわるのでしょうか?

回答 (全9件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 52% (2343/4488)

迷彩服というより「制服」にこだわっている、と言うのが正解なのではないでしょうか。

そもそも自衛隊は軍隊として世界中で認識されています。世界の軍隊と違って、越境した交戦は行わない、という前提はありますが、敵が攻めてくれば自衛のために交戦する日本で唯一の集団であることは間違いありません。

となると、自衛隊はハーグ陸戦条約や交戦規定(ROE)に対応した規定を設ける必要があり、当然服装もその中に含まれることになります。そうしないとテロ兵士や便衣兵などの問題が生じることになるからです。

自衛隊の服装規定を見てみると、仕事中(公務中)の服装について具体的に規定されています。特に迷彩服を用いる部分についていえば「自衛隊法施行規則  附 則 (平成二六年七月二四日防衛省令第一〇号) 別表第二」に規定された作業服がそれに当たります。

つまり災害派遣だろうが、本当の戦争だろうが、海外派遣だろうが、これとは別の規則を作らない限り、公務中の自衛隊員は迷彩服以外着ることができない、ということです。

ですから、今の法律では迷彩服しかありません。

じゃあ、災害派遣のときは迷彩服じゃない、もっと機能的で目立つ色の服装を別に規定すればいいんじゃないか、ということになります。

まあ、たしかにその通りではありますが、そうなると自衛隊全員に災害派遣用の作業着を配る必要が出てきてしまいます。これはコスト的に無駄なような気がします。
ちなみに阪神大震災で派遣された自衛官は1万7千人、東日本は最大10万人、自衛隊にはやく23万人いますので、最大でも半分の人しか災害派遣の服を着ない、ということになります。

また、先ほどの条約のからみでいうと、災害派遣用の服は問題があります。そのままでは交戦できない可能性と、目立ちすぎて交戦が可能でも危険が伴う可能性がある、ということです。

もし、日本が深刻な脅威に晒されているときに災害が起これば、敵国はチャンスとみて侵略行為を企てる可能性があります。このときに災害派遣用の作業服と戦闘用の作業服を分けているなら、それだけ遅れをとる可能性があるといえます。

迷彩服はたしかに山岳地帯で目立つものではなく、消防のレスキューのようなオレンジのほうが便利であるかもしれません。しかし、自衛隊の本質を考えれば迷彩服のほうが作業服として適正ですし、また他国の軍隊の災害派遣を見ても、軍隊の災害対応は迷彩服が多いです。

たとえば四川大地震のときの中国軍とか、各地で救助に当たる米軍なんかもすべて迷彩服ですね。
補足コメント
keimasakaz

お礼率 41% (58/141)

検索したら、似た様な質問に以下の回答がベストになってました

 自衛隊が災害派遣や民生協力などでも戦闘服を着てるのは、
 予算がないという理由ではなく、
 復興しているのが軍隊であるという証のためです。

この見解は如何でしょうかね
投稿日時:2014/10/12 08:15
お礼コメント
keimasakaz

お礼率 41% (58/141)

5番以降の皆さんにも同じくお礼申し上げます
法的なことがあるんですね

有り難うございました
 かなり納得出来ましたが締め切りはもう少し後にしようとおもいます
投稿日時:2014/10/12 07:18
  • 回答No.8

ベストアンサー率 25% (830/3281)

他カテゴリのカテゴリマスター
あの緑色の迷彩服が、まあ陸上自衛隊の色なんだなと思います。

かつてイラクに自衛隊が派遣された際、他国の軍隊は砂漠で目立たないよう、茶色の迷彩服を着ました。

迷彩服の本来の役割を考えると、自衛隊も茶色の生地の迷彩服にすべきでしたが、自衛隊は自衛隊が戦闘ではなく、平和活動のために来たんだということをイラク国民に示すため、あえて緑色の迷彩服を着たそうです。

国内の災害救助活動ではそういった意図はないかと思いますが、テレビで見て自衛隊の隊員が活動していることを示すのに、わかりやすい視覚効果がありました。

あれが仮にオレンジ色のジャケットなんか着ていたらレスキュー隊と区別がつかず、互いに目立たなくなってしまうのではないかと。

レスキュー隊はレスキュー隊で、国民に活動を示す場でもあるのですから、両方とも目立つことができて、よかったと私は思います。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 11% (171/1438)

> おそらく、迷彩服に誇りと云うか「軍隊だど」と云うなにか伝統的なしばり、こだわりがありそう
ひだりまきならひだりまきといってよ。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 25% (3251/12592)

こだわってんじゃないし。

それしかないんだし。仕方ないじゃん。

作っておけって・・・で、どこで災害があるかわからないのに?備蓄していて駄目になったら?そんなもんのために防衛予算使わせませんよ・・・・・^^;

東日本大震災で、松島基地が水没して、ヘリを使えなくするくらいなんだし。
ブルーインパルスだけ九州にいて助かったけど。。。。。。

制服なんて、なんでもいいよ。仕事してくれればいいんだし。
そもそも災害救助法では自衛隊は最終手段。


最後に突っ込んでいいかな?

2時災害じゃなく・・・・二次ね・・・・・。

しかもだ、あそこまで火山灰に埋もれていると、派手だろうが迷彩色だろうが変わらないよ。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 21% (237/1117)

色で二次災害は防げません


派手な色は捜索救助の時に目立つだけです。

また噴煙を浴びれば、派手な色も地面もグレー一色になって目立ちません。

自衛隊は野外活動用に野戦服しか持っていませんから、迷彩色だらけになります。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 55% (5295/9514)

他の方がコメントしているように、
陸上自衛隊の服装というのは、限られているのですよ。
http://www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/a_fd/1956/ax19570206_00004_000.pdf
http://jsdf-pr.jp/seifuku.html

ようするに、制服着用でなければならないので、
真っ赤なジャージで行くわけにもいかない。
他の救助隊のような服を借りることもできない。
服装を変えるとしたら、まずは、規則を改定しなければならない。
ようするに、現時点では、迷彩服しかないのですよ。

個人的には、これだけ、災害出動が多いのだから、
災害出動用の服や、上から着るベストぐらいは用意しても
良いのではないかと思います。
お礼コメント
keimasakaz

お礼率 41% (58/141)

みなさんに同じお礼をします

災害派遣用の制服を揃える代金がネックだとはとても思えません
 他の装備に比したら微々たるものでしょう

おそらく、迷彩服に誇りと云うか「軍隊だど」と云う
 なにか伝統的なしばり、こだわりがありそう

どの国も軍隊は迷彩服のようですね、これだけ近代戦になっても
 
投稿日時:2014/10/11 13:54
  • 回答No.3

ベストアンサー率 20% (226/1123)

元々日本の軍服は緑色(陸軍)です。
陸上自衛隊が、災害救助に東京レスキューのようなオレンジ色とかの制服に着替えたのでは、コストが膨大です。

戦時でも訓練でも救助でも同じものを着ることに意味があります。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 16% (1959/11666)

そもそも自衛隊は災害救助を目的に作られてるわけじゃない
国防組織なんだから戦いになったとき敵に発見されにくい迷彩服じゃないと…ねぇ?

戦争が無くて暇だから災害救助に借り出されてるだけなので
迷彩服以外は持ってないのですよ
  • 回答No.1

ベストアンサー率 11% (171/1438)

だって、あれしかないんだもん。
災害救助用に別フォームを作ってっていっても、お金なんか無いしぃ。
俺ら自衛隊は、穢多・非人なのさあ。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ