• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

エネルギー準位の定義について

高校物理の質問です。 エネルギー準位は定常状態にある電子「1個」のエネルギーと考えていいでしょうか?それとも軌道半径が等しい電子のエネルギーの和ですか?(水素原子しか習っていませんので定義があいまいです) それからいろいろ調べた結果、使い方がいろいろあるようです。 1.電子のエネルギー準位 2.原子のエネルギー準位 →教科書では水素原子のエネルギー準位、と表現しています。 3.原子核のエネルギー準位 なお、こちらのサイトで別の質問をしたところ、2は誤りで、3で表現するようにといわれました。しかし教科書では「水素原子のエネルギー準位」ときっちり書いてあります。1から3の使い方の正誤について教えていただければと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数466
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10

回答が後のものほど難しい説明をしましたが、高校生レベルに噛み砕いて説明してみます。 エネルギー準位というのは入れ物によって決まるもので、中に入れるもののエネルギーの居場所を指しています。 (原子核は核力によって陽子や中性子が閉じ込められていると考えてください。原子核崩壊は、水の蒸発と同じようなものだというイメージを持ってください。(蒸発は水内部の熱運動エネルギーが高い分子(統計的なもの)が液体の水の束縛(表面張力)を振り切って逃げて行くことを言う)) エネルギーは、電子や陽子のような「個」(粒子であったり剛体であったりしても良いが)の持つ物理量。 エネルギー準位は電子だけでは形成されず、原子核などによる「ポテンシャルの箱」が必要。 言い換えると、入れ物(箱)の特徴を表している。 根本的な話をしだすと、No.7みたいに数学的になる。(実は入れ物を決めているのはハミルトニアンで、中を埋めるものの波動関数とを数式で結びつけてエネルギー準位が固有値として出てくる。そもそもエネルギー自体は「力」を作るものと受ける側の2つがないとなし得ない概念だからね。W=-∫Fdxっていう仕事(エネルギー)の定義式に当てはめればわかる) あと、よく考えたら電子のエネルギー準位ってのもおかしな言葉ですね。 「電子が取りうるエネルギー準位」ならわかりますが、「電子のエネルギー準位」と書いたら電子が何かに対してエネルギー準位を形成しているのか、はたまた電子自体が特定のエネルギー準位に収まっているのか不明ですね。 (補足:固体中の自由電子のエネルギー準位ってのも調べてみると理解が深まるかも) エネルギー準位を与えるのは入れ物であり、エネルギー準位を埋めるのは入れ物に閉じ込められたものであるので、何を意味しているかは内容を読むしかしかないのかな? (ネット上の情報は正確に表現されているかはわからないです。私は数式の解釈から説明しただけであって、慣例ということもある「かもしれない」。知らない表現はしない方が無難です。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (9)

  • 回答No.9

注意してもらいたいのが、「○○のエネルギー準位にある電子」は正しいが、「○○のエネルギー準位の電子」は間違い。 エネルギー準位はあくまで(例えば電子の)エネルギーの取りうる座席を表しているだけで、「エネルギー」と「エネルギー準位」は別物として扱わないといけない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

追加 原子核の波動関数として方程式を解けば、当然原子核のエネルギー準位なるものが出てくることは自明。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

あ、定義? 対象とする波動関数を|φ>としたとき、 H|φ>=E|φ>となるEについて、離散化したエネルギーEのことを言う。(Hはハミルトニアン) (これはシュレディンガー方程式について説明しただけの例に過ぎない) つまり、波動関数がなんなのかってだけ。 水素原子(の電子軌道を記述する)波動関数をとれば、Eは水素原子のエネルギー準位と呼んでも問題はない。 そもそも補足のヘリウム原子では、同種の粒子(電子や陽子同士)では粒子を区別できないというフェルミ粒子の立場があるから波動関数の変数を2つにした|φ(x1,x2)>を用い、対称性を考慮しながら解く。 古典的(半古典的)に無理に説明しようとしない方がいい。 物理の方程式は、例えばF=(-e)Eってあるけど、それぞれ全て電子の電荷、電子にかかる力、電子の存在する場所における電場というように、全て特定の"電子"についての物理量の関係式になっている。(クーロンの法則のように遠隔作用的な記述がされている場合があるが、それらは厳密ではない為に近接作用に書き換えられている) エネルギー準位も同じで、波動関数が何を表しているかに則って定義される。 まあ水素原子のエネルギー準位って表現すれば、特定の原子を系とした場合の電子と暗に言えるから使われるんだけど、「原子のエネルギー準位」ってのはおかしい表現。どの原子か特定できて初めて意味を持つ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

応答がないから、説明が難しすぎたのかな? 高校生だったら「準」って漢字は知ってるよね? エネルギーの位と書いたら、エネルギーの値って意味合いがあるイメージはつくよね? エネルギーは元々古典力学(ニュートン力学)でE=(1/2)mv^2って教えられている通り、「連続」なものとして考えられてきた。 でも光はアインシュタインの光電効果によってE=hνという離散的な値を持つとされた。 しかし、以前として光の波としての離散的なエネルギーと、電子などの粒子としての連続的なエネルギーとが分かれていた。 量子力学の導入によって、粒子としてのエネルギーすらも量子状態によって離散化することが示された。 だからエネルギー"準"位。準じているってだけ。 光の準位なんて言葉を聞いたことがないだろ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません、遅くなりました。やはりちょっとわからないのですが、 結局次の3つの意味するものの違い、もしくは使い方の正誤はどうなのでしょうか? 1.電子のエネルギー準位 2.原子のエネルギー準位 3.原子核のエネルギー準位 質問の意図が伝わっていなかったようですので、もう少し詳しく書きます。 水素原子のエネルギー準位は水素原子中の電子の運動エネルギー+電気力による位置エネルギーで計算されますよね? それじゃヘリウムだったらどう計算するのか、ということになります。 ヘリウムは電子が2個まわっていますので、エネルギー順位を計算するときは2個分の電子の運動エネルギー+電気力による位置エネルギーで計算するのでしょうか? 教科書ではあえて「水素」原子のエネルギー準位という風に言っています。そうすると極端な話、原子が水素でなければ、エネルギー準位の概念が全く異なる、ともとれます。 そして、このサイトでいろいろ質問していたところ、原子のエネルギー準位ではなく原子核のエネルギー準位が正しい、という風に指摘されましたが、そもそも高校物理では核力によって変化するエネルギー準位などというものは習いませんので、ますます混乱する一方だったのです。 そういう理由がありまして、では根本的な定義は何なのかということで1~3についての使い方の定義や使い方の誤りについて今回質問させてもらった次第です。本当にわかりにくくてすみません。

  • 回答No.5

核子に関してもさっき消えちゃってたので、それに関しても少し書いておきます。 原子核にもスピンなどの量子状態があるので(実はこの表現が正確かどうかわからない)、原子核のエネルギー準位も存在します。 例えばMRIなどは原子核の励起を利用しています。検索してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

No.3のお礼について 先ほど文章を書いたのですが、消えたので要点だけ書きます。 元々”準位”は量子力学の用語で、あるエネルギーをもつ量子状態のことです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%96%E4%BD%8D 状態を表すパラメータ(状態関数)|φ>などにエネルギー演算子を作用させて出てくる”固有値”を表します。大学数学で学ぶ(今はどうなのかな?)行列の固有値のそれと同じです。 原子の励起は、そもそも原子の構成要素の原子核がポテンシャルを与え、電子との相互作用等を考慮した際の話です。素粒子的な話が出てくるので全部はわかりませんが、要は電子が励起するというのは、何を法とした話であるかということです。 普通電子の準位は原子核のポテンシャルを元に計算しているので、電子単体での準位形成は実質上考えられないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

再び失礼。 >しかし教科書では「水素原子のエネルギー準位」ときっちり書いてあります。 束縛系として水素原子を取り扱った時、束縛されている水素原子に含まれる電子のエネルギー順位という意味です。 電子の質量と陽子の質量を考えてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。すみません、ちょっとよくわからないのですが、原子の励起状態というのは電子の軌道の変化で起こると思っていたのですが、核子が励起する場合もあるということをおっしゃっているのでしょうか?

  • 回答No.2

おっと質問文を無視していました。 >エネルギー準位は定常状態にある電子「1個」のエネルギーと考えていいでしょうか? No.1にある通り、準位は準位です。 電子1個のエネルギーは電子1個のエネルギーです。 準位はエネルギーの取りうる場所を与えているだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

多くの電子物性の本では、原子核のポテンシャルに束縛された電子のエネルギー準位と解されます。 (単にエネルギー順位と言われても何に対するかを考えないといけません。) "普通は"、運動エネルギーと位置エネルギーの和で表されます。 原子核のエネルギー準位は電子のそれと意味が異なります。(内部エネルギーが関わってくる)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電子殻とエネルギー準位

    例えば水素原子について、 電子殻(の半径)とエネルギー準位(からくる半径)は同じものですか? もしそうだとすると、水素原子の電子は通常はK殻の軌道ですが、 外部からエネルギーが与えられた場合は、電子が1つのくせに L殻とかM殻の軌道にいるということもありえるということですか? もうひとつお願いします。 水素の気体を容器か何かを通じて温めて、容器の内側に、水素の吸収スペクトル の位置にある光をすべて通さないフィルターをつけたとすると、水素の 気体を熱しているのに、一切線スペクトルは出ないという現象が起きるのですか? (分子によるスペクトルは無視するとして) 容器の中にいないと確認できないですけど・・・ よろしくお願いします。

  • 各軌道のエネルギー準位

    こんばんは。 現在炎色反応のレポートに取り掛かっている高校生ですが、 炎色反応の生じる理由が、電子が熱運動によりひとつ上の軌道に励起し、その励起した電子が基底状態に戻るときに発せられるエネルギーの違い、という風に理解しました。 そこで実際にエネルギーを計算しようと思うのですが、各軌道のエネルギー準位が分かりません。 一応このサイトやグーグル、理科年表などでも探したのですがなかなか見つかりません。 各軌道のエネルギー準位が掲載されている本、サイト等お教えください。 よろしくお願いします。

  • 静電エネルギーの求め方

    「ボーアの水素原子モデルによると、水素原子内の電子は陽子のまわりの特定の軌道上のみ存在できる。それぞれのボーア軌道の半径がrn(←小さいn)=n^2×5,29×10^-11(n=1,2,・・・)で与えられるとき、 n=1の軌道、n=2の軌道、電子が水素原子内軌道から抜け出した場合(n=∞)について、水素原子の静電エネルギーをeV単位で求めよ」 このような問題なのですが、どのように解いていけばいいのか分かりません。アドバイスおねがいします!

  • エネルギー準位

    光の物理について独学中です。 シュレディンガーの方程式において、当然のことながらポテンシャルエネルギーあるいは境界条件によって固有状態は違ってきます。教科書的には、クーロンポテンシャル、井戸型ポテンシャル、調和振動子ポテンシャルの場合が説明されています。 質問は、実際の原子や分子の電子状態において、これらの異なるポテンシャルがどのように連続的に関わってくるのかという点です。以下、具体的な質問をします。 1.原子や分子のエネルギー準位は基本的にはクーロンポテンシャルによって決められるバンド幅を持つ準位にあり、そこに光の電場による振動あるいは分子の振動による調和振動のエネルギーが加わるという考えかたでよいのでしょうか? 2.クーロンポテンシャルによって決められるエネルギー準位に調和振動子ポテンシャルの準位が加算されることになるのですか?そして調和振動によるエネルギー準位がクーロンポテンシャルの準位間エネルギーギャップを超えるときにクーロンポテンシャルによる準位が一つ上のレベルに達すると考えてよいのでしょうか? 3.価電子が調和振動によるエネルギー準位を加えるとき、価電子の存在するバンド幅は広がるのですか? 4.半導体の場合、クーロンポテンシャルによって束縛されている電子が調和振動によるエネルギー準位を加えて(井戸型ポテンシャルから計算される)自由電子のエネルギー準位になると考えてよいのでしょうか? 上記について教えていただければ幸いです。

  • 原子に束縛された電子が自由電子になる過程について

    2,3日前に「エネルギーE=(h~k)^2/(2m)について」という質問をさせてもらいました。エネルギーEの正負の事とそれに関連する内容で理解できない事があります。 バンド構造では価電子帯から励起された電子が伝導帯へ移る事で電流が流れるという記述で、あまり価電子と自由電子の振る舞いについて書かれていなかったのですが、ただ私はてっきり、全ての元素に対してボーアの水素原子モデルのようにE=-A/n^2 (Aは定数)のように量子数nで不連続な値をとるエネルギーの式があるのかと思っていました。もしかして水素原子にしか無いのでしょうか・・・。 【衝突電離のように原子(電子)を大きく励起させてn→∞でエネルギーE=0になりイオン化して、軌道から離脱した後の電子のエネルギーの大きさがE=(h'k)^2/(2m)のように固体中の自由電子のエネルギーとなるのかと思っていました。つまり束縛電子E(<0)→大きく励起→イオン化E=0→自由電子E(>0)と、光電効果でいう仕事関数を引いた分が自由電子のエネルギーとしてE(>0)だけ残ると考えていました。】 この考えが以前質問した、元は離散的な値をとる電子のエネルギーE=-A/n^2 が固体では原子が密集してエネルギー準位が連続的になり、その値がE=(h~k)^2/(2m)で表せると思っていた理由です。 例えばFe金属固体中のある1つのFe原子Aが大きく励起されて、電子が軌道から離れて自由電子となり、また別のFe原子Bの軌道内に入って安定するか原子核に衝突するかでエネルギーを失う。また再び電子が励起されて…を繰り返して電子が移動する。これが定常電圧を掛け続けても電子が等速で移動し、定常電流が流れる過程だと思うのですがこの考え方はやっぱり変ですか? 電子が原子核によって散乱され運動エネルギーを失い、再び電場で加速されて…と電流が流れる過程については参考書の内容ですので間違ってはないはずですが、原子に束縛された電子が軌道から離れて自由電子となるまでの過程(【 】の内容の事です)は本に載って無くてよく分からず、勝手に思い込んでるだけなので自信がないです。 質問内容 1、E=-A/n^2のような形のエネルギー準位の式は水素原子以外の他の元素にもあるのか 2、上の【 】の考えは間違っているのかどうか 3、束縛された電子が軌道から離脱して自由電子となるまでのメカニズム 以上の点についてどなたか説明や訂正をお願いします。m(__)m またそういった内容が詳しく書かれたサイトがあれば教えてもらえると非常にありがたいです。

  • 水素原子のスペクトルについて、

    ボーアの原子模型を用いて水素原子のスペクトルを証明せよ。 という宿題がでました。(解答無し、テスト範囲) (1)電子はある許された軌道を描いて正電荷の核の周囲を回転している。 (2)電子は正の核の電場の周囲を回転している間はエネルギーを放射も吸収もしない(定常状態)。 (3)これらとびとびの不連続な軌道は原子の、電子の、それぞれ固有のエネルギー状態に対応する。 この条件を満たすのは、電子の周回運動の角運動量(mvr)がh/2πの整数倍があるとき。(量子条件) この条件から、電子の周回運動の軌道はr=n(2)h(2)/4π(2)me(2)となりとびとびの半径を持つ軌道が存在することになる。N=1の状態を基底状態といい、この基底状態の半径を水素原子のボーア半径という(r=0,531×10八)。   ※(2)は二乗、八はマイナス8乗です。 これであってるんでしょうか?? 添削おねがいします。

  • MO法のエネルギー準位について

    MO法のエネルギー準位について水分子などの場合、水素原子のAOのエネルギーが二通りの値を持つみたいなのですが、なぜでしょうか?また、COやN2のように2P軌道と2S軌道の間でエネルギーの干渉みたいなことが起こるのはなぜでしょうか?また、なぜO2とかでは起きないのでしょうか?また、COとN2のMOのエネルギー準位図の2S軌道が2P軌道に破線でつながっている箇所が違うのは何を表すのでしょうか?解答よろしくお願いします。

  • 大きなエネルギーを与えてエネルギー準位をいくつか飛び越えて電子を励起させることはできるのですか?

    大きなエネルギーを与えてエネルギー準位をいくつか飛び越えて電子を励起させることはできるのですか?またできるとしたら励起した電子は一つ一つ軌道を戻ってくるのですか?

  • 原子の励起

     電圧をかけて高エネルギーを持たせた電子が水素原子の電子にぶつかると,水素原子の電子はエネルギーを得て,軌道が外側に遷移しますよね。そして,水素原子が励起状態になって,そのままでは不安定なので,安定な状態に戻る(より内側の軌道に戻る)過程でそのエネルギー差に応じた光子が出ますよね。  この軌道はn=1,n=2,n=3, …ですよね。それと,水素の電子はK殻にありますよね。ということは,n=1, n=2, …, n=∞の軌道はK殻の中にあるいうことですか??  それと,いっぱい電子を持っている原子が励起状態になると,最外電子殻の電子(たち)のみが外側の軌道に遷移するのですか??  教えてください<(__)>

  • ラザフォードの原子模型の矛盾の導出過程

    1:電子は絶えず円運動をすることから、電子の方向は常に変化 2:電子の方向の変化は、電子が加速度運動をしていることと同じ 3:電磁気学によれば、電子が加速度をもち運動するならば、電子は電磁波を放射する。 4:電子が電磁波を放射するため、電子のエネルギーは連続的に減少 5:電子のエネルギー減少により、電子の軌道半径も減少 6:電子は螺旋状に原子に接近し、やがて合体する これはラザフォードの原子模型と矛盾する。 と習いました。 しかし過程5の電子のエネルギー減少により、電子の軌道半径が減少する理由がわかりません。 私は電子の運動エネルギーについて考えました。 電子が軌道上から飛び出したり、原子核に吸い込まれたりしないために遠心力と静電力がつりあうことから導かれる式 mv^2/r=e^2/4πεr^2 を考え、 (電子の運動エネルギー)=mv^2/2=e^2/8πεr と導き、 電子のエネルギーの減少に伴い、軌道半径は大きくなると考えてしまいました。 間違ってるのはわかっていますが、そもそも 「電子が軌道上から飛び出したり、原子核に吸い込まれたりしないため」の条件を導入した時点で矛盾でしょうか? 理由を教えてください。お願いします。