• ベストアンサー
  • 困ってます

遺留分に関して

遺言がない相続で 遺産分割協議成立のあとに 遺留分相当が侵されている相続人(上記協議で同意している相続人)は 遺留分減殺請求はできますか? 通常、遺留分の話がでてくるのは 遺言が遺留分を侵しているケースばかりですので 上記の場合はどうなのか明確にしたいです。 どうぞよろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数200
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

 これは、難しい問題ですが、可能性はあります。  まず、遺言のない遺留分減殺請求は、遺言による侵害よりも数は少ないですが、現実にあります。  多額の生前贈与がある場合には、当然遺留分侵害が発生します。  遺留分侵害がある場合でも、遺産分割すべき遺産がある場合には、遺産分割を先にしないと、遺留分の侵害額がいくらになるか分かりません。ですから、全部相続遺言がある場合でない限り、遺産分割協議をすることは必要になります。  その遺産分割協議において、遺留分侵害があることを認識している場合には、遺産分割協議書に、遺留分の請求は別途行うと書いておかないと、後でトラブルが起こります。書いていない場合には、遺留分減殺請求権を放棄したと言われかねません。それを打ち破るのは、なかなか難しい話です。  ただ、遺言のない遺留分侵害の場合、多くは、生前贈与の事実を隠して遺産分割協議が行われます。生前贈与をもらっている側は、それを隠して、できるだけ速く遺産分割協議を成立させようとするということが、しばしばあります。生前贈与をもらっていない側が、遺産分割が上手くいってよかったと思って安心していると、よくよく調べると、生前贈与があるではないか、ということになります。  こんな場合には、遺留分減殺請求が許されないと、相続の公平を著しく害しますので、そのような遺留分減殺請求権の行使は、認められなければなりません。遺産分割協議が成立した後で遺留分侵害の事実を知ったという場合には、遺留分減殺の請求は認められます。しかし、こうなった場合には、話合いはなかなか難しく、結局は、良くて調停、多くの場合には訴訟を起こさざるを得ないというのが実情です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21843)

#1さんの回答通りです。 遺産分割協議が成立した後で、遺留分は問題に なりません。 ただ、遺産分割の協議が錯誤や詐欺、脅迫により 無効となったり取り消すことが出来る、という ことはあります。 そういう場合は、専門家に相談した方が良いですね。 相談だけなら数千円です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足ありがとうございました。参考にさせていただきます。

  • 回答No.1

>上記協議で同意している相続人)は遺留分減殺請求はできますか… 相続問題に限らずどんな場面でも、いったん同意したものにあとから文句を言っても無効です。 そもそも、遺留分減殺請求とは、遺言書で排除された、あるいは法定相続分より極端に少なくしか割り当てられなかった、相続人の権利を守るためにある制度です。 >遺言がない相続で… 遺言書がなかったのなら、遺留分などという言葉は無縁です。 分割協議の際に、自分の要望をはっきり主張しないと損をします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 遺留分について

    遺産分割協議書に同意し実印を押印したのちでも、遺留分の請求をされることはありますか? また それは法的に有効で、遺留分を渡さなければならないのでしょうか? 実母が2月に他界しました。 相続人はA.B.C(実子)の3名。 「Aに全財産を相続させる」との遺産分割協議書を作成します。電話での意思確認では全員同意していますので 文書にしようと思っています。が、Cは金銭的にルーズな面があり、且つ友人に弁護士がおりますので いつなんどき遺留分請求をしてくるかわかりません。 諸事情により Cに遺留分すら渡したくありませんので、非常に不安に思っています。 詳しい方 教えていただけませんか?

  • 相続方法を争っているときの遺留分減殺請求の書き方を教えてください。

    相続方法を争っているときの遺留分減殺請求の書き方を教えてください。 現在、遺産分割協議の合意について裁判中です。 被相続人は私の父、相続人はその後妻である配偶者と、子2人です。 遺言書による後妻への指定相続か、遺産分割協議による遺言書を使用しないという法定相続という合意かで裁判で争っています。 そろそろ被相続人が亡くなって一年を迎えますが、法定相続になれば、遺留分減殺請求は必要ないと思いますが、万が一、指定相続になると、遺留分減殺請求をしなければなりません。 しかしながら、こちらとしては遺産分割協議の合意で遺言書を使わないと主張していますので、今、遺留分減殺請求をすると自分たちの主張と相反するところもあります。 かといって、万が一判決で遺言書による指定分割が認められたときには、もう既に遺留分減殺請求の時効を超えてしまっています。 そこで、今遺留分減殺請求を万が一確定判決が指定分割となったときのために、今、遺留分減殺請求をしておくと言うことは可能でしょうか? 又、その場合は内容証明でどのような内容で意思表示をすればいいのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 相続:遺留分減殺請求に関する質問(その2)

    遺留分減殺請求について質問です。 遺言状があっても相続人のうち、その内容を了承できない者がいれば、 遺産分割協議が必要になると聞きました。 そういう協議は、相続人同士が直接行っても、なかなかまとまるのが難しい ので、通常は、遺言執行人(?)が行うか、別途、弁護士などに頼んで行うことに なりますよね? その時、遺言執行人(?)などは、相続財産がどれくらいなのかをどこまで調べるのでしょうか? 相続人全員が納得するまで調べることになるのでしょうか? そして、遺言状に納得できない相続人は、遺言執行人(?)が調べた情報をもとに 遺留分減殺請求額を請求することになるのでしょうか? それとも自ら調べる必要があるのでしょうか? こういった場合の実際の相続の流れがわかりません。 よろしくお願いします。

  • 遺産相続の遺留分について

    遺産相続の遺留分の事でお聞きしたいと思います。質問の当事者は私の母なのですが、母の父(祖父)は3年前に「全財産は長男に・・・」という遺言書を残して亡くなっています。しかし相続人による遺産分割協議などの遺産に関しての話し合いはいまだ何もしていません。ところが最近読んだ本の中に「遺留分減殺請求の行使は、相続開始と減殺すべき遺贈があった事を知ってから1年で時効」という所を読みびっくりしてしまいました。母も私も法律に関しては全くの無知で、もちろん母は遺留分が長男に侵害されているにもかかわらず長男に対して遺留分減殺の意思表示すらしていません。 上記の場合、私の母は祖父が残した財産を全くもらえないという事になってしまうのでしょうか?いくらかでも財産をもらえる方法はないのでしょうか?

  • 遺留分

    兄弟には遺留分請求権はないと聞いていますが、 法定相続人が兄弟しかいない場合では、 誰も、遺留分の主張が出来ない事になるのですか? 遺産分割の協議から抜かされた人は、 ただ受け入れるだけならば、法定相続人全員の署名捺印に 何の意味でしょう? 不公平な協議書には捺印拒否をもって対抗するだけ?

  • 遺産分割と遺留分

    公正証書遺言があり、相続人のうち1人(相続人A)が相続割合0%となっている場合、 遺産分割協議書はその他の相続人で作り、実印を押し、仕上げても良いのでしょうか? それとも相続人Aの署名実印も必要でしょうか? 相続人Aは遺言書を見て自分が相続割合0%だと知っています。 遺留分についても知っています。

  • 遺留分減殺請求と、遺贈以外による遺言処分

    遺言で「甲を相続人Aに相続させる」と書くと、判例によれば「遺産分割方法の指定」となって、遺言者が死亡すると、執行の必要もなく直ちに、甲の所有権がAに移るということです。 ところで、遺留分減殺請求の条文や文献を見るに、対象は「贈与」と「遺贈」のようです。ということは、全財産が不動産甲乙丙のみだという事例で、「甲乙丙を相続人Aに相続させる」と遺言すると、他の相続人は遺留分減殺請求できないのですか?あるいは、こうした遺産分割方法の指定や相続分の指定も、遺留分の条文における「遺贈」に含まれるのでしょうか? ご存知の方、ご説明下さい。

  • 民法で、遺留分の放棄と相続の放棄の違い

    こんばんは。お世話になります。 あるサイトに下記のような記述があったのですが、理解ができずにおります。 「遺留分の放棄をしても、相続の放棄をしたことにはなりません。遺留分を放棄した者も、相続が開始すれば相続人となります。被相続人が遺言をしないまま死亡した場合には、遺留分を放棄した相続人も相続権を失わないし、遺産分割協議の当事者にもなります。」 「遺留分は放棄した相続人」というのは、どのような立場なのでしょうか?分割協議中は相続目的物の共有者の一人になるのでしょうか? 「遺言をしないで死亡した場合」は、遺留分を放棄したことは無意味になり、その者も法定相続分だけ相続できるのでしょうか? お手数ですが、宜しくお願いいたします。

  • 遺言無効確認訴訟中の遺留分分割について

    遺言無効確認訴訟を提起していますが、判決まで1年以上掛かるとの見込みです。 既に減殺請求書を相手方に提示していますので、遺留分割合(1/6)の権利を行使して、まず明確な遺産である不動産について遺留分分割を行い、後は無効確認訴訟の判決後に不明確な遺産と共に遺産分割を行いたいと考えています。 遺留分分割は、調停では相手方が同意しない場合審判を受けられないとのことですが、地裁への提訴が必要となるのでしょうか。 遺留分分割・遺産分割については本人訴訟等で進めて行く予定です。 一旦は、分割協議を申し入れるつもりですが、応じないと考えられますので、その場合の手続と注意点を詳しく教えて下さい。

  • 遺留分減殺請求権と遺産分割について

    「遺留分減殺請求権は、形成権で減殺の意思表示のみにによってその効果を生じ、その権利は、その意思表示が到達した時点から、遺留分権利者に帰属する」ということだと思います。 また、弁護士さんが言うには、「遺言によって割合的包括遺贈がなされる場合、遺留分権利者が遺留分減殺請求権の行使をした時には、遺産共有の状態になり、権利取得の効果発生要件として、遺産分割協議が必要」としています。学説の記されたコピーをもらいました。 一方で、民法第909条では、「遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。」と定めています。 分割的包括遺贈がなされて、遺留分減殺請求権を行使した場合、分割協議を経て分割された遺産の帰属は、いつからなのでしょうか?形成権であれば、意思表示の到達した時点からということになり、分割協議を経た場合は、相続開始時に遡ってだと思いますし、どう解釈すればよいのでしょうか?