• ベストアンサー
  • 困ってます

石粉粘土で作った人形の複製の方法について

石粉粘土でつくった人形をコピーし、 それに対して個々に再度手を加えてゆきたいのですが、 どのような方法があるでしょうか? 制作物はシリコンで型を取ろうと思っていますが、 その雌型に石膏を流してコピーできるものでしょうか? また、その石膏を石粉粘土や削りで補修できるものなのでしょうか? 何分この分野での経験が全くなく、ご教授いただければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2317
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#203116
noname#203116

この行程は、経験がありませんが、素材からくる考えられるものをお話します。 石粉粘土でつくった人形のコピーですが、シリコンで型どりするのは正解でしょう。 ただし、雌型が複雑の場合に、石膏を流がせても、取り出しが困難です。 できれば分割してできるように、人形本体に、分割したい部分に、幅広で薄手のマスキングテープを糊しろ部分を残して半分に折り、塀のように貼り付けてから、シリコンを流し込みか貼り付けましょう。 硬化してから、各ピースを取り外し、石膏を鋳込むときは、再度シリコン型を外側から紐等で止めれば可能かなと思います(マスキングテープだと、シリコンの油成分で付かないと思いますので。)。オリジナル人形本体からマスキングテープを外す場合は、傷めないように、ゆっくり丁寧にして下さい。ご存じでしょうけれど、石膏取りは補強にスタップを使って下さいね。 鋳込んだ作った石膏ですが、乾かすのに相当な時間がかかります。乾燥した後は、逆に水分の吸収が激しく、これを止なければ、石粉粘土は食いつきません。補修したい部分に木工ボンドを塗り、吸い込みを止めてから石粉粘土をはりつけましょう。その後成形出来着色もできるでしょう。 小生の経験で、考えられるシュミュレーションは、以上です。何か別のもの、たとえば持ち手付のカップなどで試してみて下さい。成功を祈ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

mtkd-art-schoolさん、ありがとうございます。 また、お礼が遅れ、申し訳ありません。 過去に直接人体からの石膏、シリコンでの型取りは経験はあるのですが、 固形の型取りは行った事がありません。 今回は35%サイズの球体関節人形を半年がかりで製作しており、 (当初予想はしていたとおり、気が遠くなるほど時間が掛かってしまっていますが) ベルメールのような、いくつかの部位を組み替えるような、 人体の再構成実験用に関節部位単位でのコピーを検討しています。 現在、頭部、胴体部、片手片足それぞれ3分割、計14分割で制作しています。 当初、石粉粘土の原型である胴体部の型取りでは、 背面を油粘土等で埋め、湯口を一カ所作り(湯口一カ所ではだめでしょうか?)、 シリコンを直接掛け、石膏で補強、反転し、 粘土を取り去ったところのシリコンにバリアコートして同上作業繰り返し、、、 という計画でした。 ご指摘いただいたとおり、 球体関節部の凸部はいいのですが、凹部にシリコンが入り込む訳ですから 一定方向では抜けなくなるということですよね。 書いていただいたように持ち手付きカップ等で試しに練習してみようと思います。 今の私の能力ではどのように分割すればいいか、皆目見当もつかないので、、、。 また、石膏と石粉粘土の性質についても このような方法は想像もつきませんでしたので、 教えていただき本当に感謝申し上げます。

関連するQ&A

  • 石粉粘土は棺に入れることが出来ますか?

    是非お知恵を拝借したく質問いたします。 我が家ではこれまで、飼っていたペットが亡くなると、紙粘土で小さな人形を作って手元に置き供養しておりました。 飼い主が亡くなった時は一緒に棺桶に入れてもらい、火葬してもらおうと考えております。 この度またペットを失い、次は成形しやすい石粉粘土で人形を作ってみたいと思っております。(紙粘土だと、経年劣化なのか先の方がボロボロになってくるので…) そこでお聞きしたいのですが、石粉粘土製の人形を、棺桶に入れて火葬してもらうことは可能なのでしょうか。 調べてみたところ、自治体によっては石粉粘土は燃えないゴミになるようで、もしいざと言う時に、棺に入れることを断られたらと思うと心配です。 分かる範囲で結構ですので、教えて頂きたく思います。 宜しくお願いいたします。

  • 石粉粘土の乾燥時間はどのくらい?

    石粉粘土で直径5センチ程度のまんまるっこい人形を作りました。 ほぼ球です。 芯材は入れず中まで石粉粘土です。 外側から急激に乾くとひび割れすると聞いたので布巾を1枚かぶせています。 どのくらいの日数乾燥させれば中まで乾くのでしょうか? しっかり乾いてから研磨と塗装をしようと思っています。 アドバイスお願いいたします。

  • ラドール(石粉粘土)を、素体(発泡スチロール)に、巻きつけられません。

    ラドール(石粉粘土)を、素体(発泡スチロール)に、うまく、巻きつけられません。 巻きつけても、ゆるんだり、余計に、ねんどが、くっついたりします。 水で、粘土の接合部分を隠したりするのですが、割れがでたりします。 素体(発泡スチロール)を、抜くときも割れます。 球体関節人形を、製作しようと思うのですが、いくら本をよんでも分からないし、近くに、教室もないからわかりません。 どなたか、ご教示ください。お願い致します。敬具。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#203116
noname#203116

返信を拝見して、これは大変と思いました。 カップの切り方(すみません見取り図面がわかりにくいかと思います。)を考えてみました。 多分このようにカットし、雌型をとれば何とかなるかなと思います。 複雑な形の型取りは頭が痛いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

また、お礼が遅れてしまいました。すみません。 私の漠然とした質問に、図解までしていただき、お手数をおかけして申し訳ありません。 また、失礼とは存じましたが、自身の解釈の確認のため、 図に書き込んでみました。 緑は粘土で埋めた部分、薄茶の部分がマスキング等で立ち上げるところ、 赤線のところにシリコンを流し込むということでいいでしょうか? (お礼のところで画像がアップできないようですので、 別の方法で送ってみます。 アドバイスいただいた点に気を付けながら、 大きくえぐれた凹部については、面状に蓋をして 型取ろうとその後、思いつきました。 また、この質問が閉じられない間に、経緯がご報告できれば 書き込ませていただきます。 本当に参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 油粘土原型の造形物を、ポリパテに置換したいのですが

    タイトルの通り、油粘土で作った原型をポリパテに置換し仕上げをしようと思っているのですが、どのような方法でやろうか迷っています。 モノは本物の人間の頭部より一回り小さいくらいの頭像で、中身を中空にして仕上げたく、またシリコンを使う予算の余裕がないので、石膏型を使っての方法を考えています。 石膏像の制作の経験はそれなりにあり、それに近いイメージでできればいいなと思っているのですが、ポリエステルパテは脆いという話も良く聞き、割り出す際にぶち抜いてしまうのではないかと心配で・・・また、離型剤も、パテと石膏に使えるかどうか大変不安です。 パテが無理そうであれば、石粉粘土を利用しようと思っていますが、なるべく耐水性でかつ、硬化の早い素材を使いたいんです。(水をつけた方が研磨が楽そうで・・・) こういった場合の置換方法、また素材に関して詳しい方、ご教授願います!

  • 大阪の創作人形教室

    石粉粘土創作人形の教室に通いたいと思っています。 オススメの御教室がありましたら ぜひ教えて頂けませんでしょうか? 当方大阪在住ですので出来れば大阪の教室が 良いと考えています。

  • 石粉粘土で作った人形の複製の方法について2

    えぐれた部分の分割方法として 緑は粘土で埋めた部分、薄茶の部分がマスキング等で立ち上げるところ、 赤線のところにシリコンを流し込むということでいいでしょうか?

  • ゾウの仮面の作り方

    ゾウの立体的な仮面を作ろうと思っています。 段ボールを細長く切って顔の輪郭を取り、輪郭の中にゾウの骨格を形成して、その上に新聞紙を貼っていって型作り。 その上に石粉粘土を伸ばしていけば作れるんじゃないかと予想しております。 ただ、その作り方で鼻の部分が重さに負けて折れたりしないか不安です。 また、石粉粘土よりも適している粘土に心当たりがあれば教えてください。 他にもなにかアドバイスや、ここはこうした方がいいなどの指摘がありましたら、よろしくお願いします。

  • ジオラマの光沢のある人形の作り方

    初心者なのですが、ジオラマの人形を手づくりで作ろうと思っています。仕上がりは真鍮のような金属的な光沢のあるものを目指しています。大きさは全長2センチ程度です。 そこで人形の作り方について質問です。 現在、自分で考えているのは、まず針金で原型をつくり、そこへ紙粘土を付けていって形を整え、乾いてから着色し、仕上がりに石膏を水で溶いたものを塗って光沢を出そうというものです。 質問としては、 1.紙粘土以外にいい材料はないでしょうか? 2.真鍮のような光沢を出すにはどうすればいいでしょうか(石膏でいいのでしょうか)? 3.大量に作りたいのですが、その場合、石膏などで型をつくるのがベストでしょうか(石膏の型に紙粘土を入れてうまく型がとれるのでしょうか)? 初歩的な質問なのですが、どうかよろしくお願いします。

  • 石像の補修

    近所の祠の中に祀られているお稲荷さんの眷属の狐の石像が、耳が欠けています。 直してあげたいのですが、石材屋さんに補修を頼むと石で欠けたパーツを作って色も経年劣化した他の部分に合わせて綺麗に仕上げてもらえるようですが、今はそこまでお金がかけられません。 石粉粘土で耳を作ってくっつけて、アクリル絵の具等でグレーに仕上げようかなと思うのですが、石像と石粉粘土をくっつけるにはどうしたらよいでしょうか?

  • プラスチック?樹脂?

    当方人形の制作をしているのですが 困っている事があります。 今まで石遡粘土で原型を作り、石膏で型をとって 陶器の液状粘土を流し込み、焼成し、 所謂ビスクドールと言う物を作っていたのですが。 (陶器でできたお人形です。) 衝撃などの耐久性を考えると、やはりオールビスクだと 扱いづらいと感じ ヘッド以外は別の素材で作りたいのですが。 市販のドール、バービー、ブライス、リカちゃん のようなプラスチック?ソフビ?の用なものでの制作は、 可能なのでしょうか? 私はこっちの知識はほとんど有りません。 (プラモの複製など。) 少し調べてみるとABS樹脂と言うのが出てきました。 人形のパッケージに記載されていた物です。 もし、このABS脂肪を使うとすれば 石膏の型に流せるのでしょうか? それとも別の素材で型を作らないと無理ですか?(シリコン等 他にもABS樹脂ような素材はあるのですか? 先程も申しました用に、ほとんど知識が無いため どれを選べばいいか、どの用な物があるのか、どう使うのか ほとんどわかりません。 人形制作だったら、これが良いとか、こっちの方が使い安い等の アドバイスをお待ちしております。 真剣に悩んでいるのでこちら関係の事、詳しい方 ご回答の方宜しくお願いいたします。

  • 大型作品のシリコンによる型取り

    比較的大型(縦・横・奥行各50cm前後ほど)の液体樹脂を用いた立体作品を作りたいのですが、 未経験者で周囲に詳しい人もおらず手順が分かりません。 いまのところおおまかな過程は (1)石粉粘土による原型制作 (2)シリコンを使って型取り (3)シリコン型にクリスタルレジンを流し込む と考えているのですが、この手順に問題や気をつけることはありますか? 材料代が高価なので、失敗したらと思うと取り掛かれずにいます。 また、より安価に済む材料や方法がありましたら教えてください。

  • 球体関節人形を見て呉れだけでいいから作ってみたいで

    球体関節人形を見て呉れだけでいいから作ってみたいです。 どうも、初めまして。 最近彫刻にハマった美大に進学予定の高2です。 石粉粘土を用いて作ることが多く普通にキャンバスに描くのより違う楽しみがあっていいなぁ~って思って人の顔と身体を量産しております笑 本題ですが 前々からとあるアニメの影響でもあるのですが球体関節人形の魅力に取り憑かれてしまいまして。 美術部なので先生に聞いてみたところ動かすのは出来ないけど(一応彫刻専門の先生なので)見て呉れだけでいいからと言ったら作れないことはないと思う。と言われました。 そこで質問なのですが 球体関節人形の関節部分や目は普通に作っていいのでしょうか。 人物像ともまた違う何かがありますのでどう手を出そうか悩んでいます。 原案ばっかり浮かんできて…… 作った事ある方に聞きたいです。 変な質問ですがちゃんと回答して頂けると幸いです。 宜しくお願いします。

  • 球体関節人形【ヒーターの代わり】…??

    球体関節人形というのを趣味でつくっています 某ホームページで作り方が掲載されていたので そちらを参考にさせて頂いています( ;) 発泡スチロールで作った芯に、木の桐粉とCMCという化学のりを混ぜたのを 貼り付けて(盛り付けて伸ばし/??)… 乾かす、という方法なのですが 陶芸用のヒーターみたいなのをよく知らないし持っていないので 部屋に置いておいて自然乾燥という形で 乾くのを何日も待ってしまったり、しています( ;) 他には、ラドールとかの石粉粘土と桐粉をまぜたのを つけて(盛って/?) 乾かす、という過程も …… そうゆう物を、陶芸用のヒーターみたいな物以外で乾かすには 何か方法がないんでしょうか(汗)