• 締切済み
  • すぐに回答を!

ローン特約の延長に詳しい方

ローン特約の延長に詳しい方 売主ですが、通常よりかなり規模の大きい売買契約を結びました。 本日が、銀行の融資決定日でしたが買主の仲介から 売主の仲介⇒私に連絡があり 「本日決定日だが銀行の手続きの問題で決定しなかった。ローン特約を一週間 伸ばしたい」とのこと。 契約からぴったし一カ月でしたが (1)実際にローン特約の延長は珍しくないのか? (2)銀行の手続きを理由の延長はありえるのか? (3)延長した場合融資が下りる、下りないどちらの場合が可能性が高いのか? (4)直接、どのような状況を銀行に聞くのは不可能か。 以上になりますがわかる方教えていただけたらと思います、。よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数284
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

住宅ローンであれ、事業用ローンであれ、現在の時期ですと昨年中の課税証明が5月中旬以降に取得可能になったり、3月決算の場合、直近の決算書を要求されたりと、申込み人や窓口担当者が慣れていないと、保証会社などの審査先からの要求で後手後手になってしまうパターンや土地が高額ならば、事業計画や建物建築までの資金計画などが必要で建築業者からの図面や見積り、場合に依っては確認済み証など必要ですからそれに時間がかかったりしているのでしょう。 大概ローンが否決される場合は早々に回答されますから、時間がかかって一週間だけ延期するなら、承認される目処はたっているのでしょう。 またローン条項の延期を呑まなければ、買い主はローン条項による白紙解除をするだけですから、決済を望むならこの場合売主に選択肢は無いのが実情です。 一週間ですから待つしかありません。 尚仲介業者もローン条項による解除になれば、一銭にもなりませんから、万一否決された場合は必ず確認します。そこは信用して下さい。 売主が直接金融機関へ問い合わせても、一切開示されることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

「通常よりかなり規模の大きい売買契約を結びました。」 文面からするかなり規模の大きい売買契約とは分譲用の不動産と察します。このようなプロジェクトローンは一般融資となり、住宅ローンとは別のものです。買主は契約前に銀行と交渉して契約に臨むのが原則で、銀行の審査は1週間もあれば十分で、遅くとも2週間以内に結論が出ているはずです。このような事例は稀で経営者(買主)のずさんな対応が原因と思われます。「銀行の手続きの問題」と言われているが、買主に追加担保等の何らかの条件が示され、対応が出来ないものと判断します。直接銀行に聞いても回答は得られません。融資が実行できるかどうかの判断は買主しか判断は出来ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

(1)実際にローン特約の延長は珍しくないのか?   家の契約内容によってはあり得ます (2)銀行の手続きを理由の延長はありえるのか?  A、Bの銀行では駄目だったので、他の銀行に当たることはよくある話。酷い会社では、建設会社の子会社にノンバンクをもっているところもある  (3)延長した場合融資が下りる、下りないどちらの場合が可能性が高いのか?  さあ、判りません。金利や担保物件や保証人などにより変わります (4)直接、どのような状況を銀行に聞くのは不可能か  聞くのは可能です。銀行からの返事は、個人情報なので教えられないと回答が来るだけの話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ローン特約条項を利用する場合

    売買契約書のローン特約条項を読んでいて疑問が出てきました。 ・買主が期日までに必要な書類を金融機関に提出する ・金融機関から融資の決定がおりない 主にこの2点がポイントと思います。しかし売主から見ると上記2点を確認する術がありません。銀行に聞いても個人情報として教えるわけがないです。 売主がローン特約をタテに契約を白紙撤回されないために取りうる手段はあるのでしょうか? ※事前審査が通ったら契約を結ぶという意見があることは承知しております よろしくお願いします。

  • ノンバンクとローン特約

    昨年9月、気に入ったマンション(今年10月完成予定)が見つかり売買契約をしました。その時、某銀行に仮審査を出したところ満額融資OKとのことでした。さて、完成も間近に迫りその銀行に融資申し込みをしたところ200万程の減額回答…。他にも数行あたってみましたが、どれも減額回答でした。そのローン申込書を書く過程で「GEマネーにも審査を申し込む」というチェック項目があり、営業マンにいわれるがままチェックしといたノンバンクだけが満額回答でした。しかしノンバンクは銀行に比べ金利も高く(変動4.2%)気が進みません。この場合ローン特約によって白紙解約できるのでしょうか?それともノンバンクで満額回答が出ている以上、そこで融資をうけるしかないのでしょうか。ちなみに私がかわした売買契約書のローン特約の項目には「売買契約締結後、金融機関の審査により借入申し込みが不承諾となった場合は、売主または買主は本契約を解除できる」と書いてあり、借入先を特に限定しない「金融機関」と記しています。

  • ローン特約延長について御相談です

    マンション売主です。マンションの売買契約の一ヶ月後の今月16日がローン特約による解除期限でした。前日の15日に不動産会社からローンが通らず(SBI銀行)他の銀行でもう一度ローンを通してみるので、期限を延長して欲しいという連絡をもらいました。電話で一応承諾し、本日郵送で期日延長の覚書が送って来たのですが、期限を見ると一か月延長の12月16日になっています。 この間にローンが通れば問題ないのですが、またギリギリになってやはり通りませんでしたという事になり契約の解除を申し出されれば、こちらはまた一から買い主を探さなければならなくなります。 その上手付金?も返さなくてはならず、こちらにとってはとてもリスクが大きいように感じます。 1か月の延長は妥当な期間なのか、もしくは延長を呑まず契約をこちらの方から解除したほうがいいのか。その場合期限延長の承諾は書面ではまだ行っていないのですが、手付金はやはり返さないといけないのでしょうか?ご回答宜しくお願い致します。 あと、もしも契約を解除して場合、仲介業者を無条件で他に変えることは事は出来るのでしょうか。 仲介業者との専売?契約は書面では一切交わしておりません。

  • 買換え特約とローン特約について

    物件購入における買換え特約とローン特約について質問です。 この度、自宅売却に伴い、新たに物件を購入しようと思っております。 現在売却活動をしており、売却により現在の住宅ローンは完済予定です。 現在の自宅の買主が現れて売買契約を結んだ後に、次購入予定の物件の申し込みを行おうと考えております。 現在地方銀行にて新規購入物件の仮審査はOKがでています。 次購入予定の物件について買換え特約を使って、売買契約を結ぼうと考えておりましたが、買換え特約を使うと売主にとってリスクが高い為、承認されにくいと考えております。 次に考えたのがローン特約ですが、ローン特約はほとんどの方がつけると思いますので、売主からの承認も通りやすいと考えております。 自宅の売却がかなわなければ、もちろん次の住宅ローンも組めないと思いますので、ローン特約のみ付けて契約すれば万が一私の自宅の買主がローンが通らなかった場合等に契約解除された場合、私もローン特約により白紙解除となるのでしょうか? それともこの様な場合には通常、契約時にローン特約と買換え特約の両方をつけるものでしょうか? 通常の買換えの場合の契約が分からないのでどうかよろしくお願い致します。

  • 結局、ローン特約とは?

    過去の回答履歴等を参考にしましたが、結局、ローン特約とは、次のように解釈してよろしいのでしょうか? 私が10月に、業者を通じてAさんに不動産を売却する契約を締結した。売買契約書では、ローンの実行期限が11月末日であると記載されている。 Aさんは、数行の銀行に住宅ローンの申込をしたが、なかなか銀行から融資OKの返事がこない。それでいつのまにか、売買契約の期限である11月を過ぎて、12月に突入した。いまだに銀行から融資OKの返事がこない。 以上のような状況の場合、既にローンの実行期限を過ぎてしまい、つまりローン特約期限を過ぎてしまっているから、もはや契約を白紙に戻すことはできず、私としてはAさんに、売買契約書記載の違約金を請求できる。 このように解釈したのですが、間違っていますでしょうか? どなたか、ご存知な方、どうぞよろしくご指南下されば、大変幸いに存じます。

  • ローン特約の適用可否について

    私は買主です。ローン特約を用いて白紙撤回したいのですが可能でしょうか? 売買契約書には「融資利用の特約の期日」として「平成25年5月24まで」と記載されてます。 しかしローン結果は5月26日に売主から届きました。日曜日だったので金融機関も休みであり 月曜日までは連絡は来ないと思っていたのですが、26日に連絡を受けてその日に特約適用の 申し入れを行いました。 なお、ローン特約に関して期日が明記されているのは上記の日付のみです。 ローン特約の15条は、以下のとおりです。 ・表記の融資利用特約の期日までに表記の金融機関より融資の承諾が得られなかった場合、  売主買主は本契約を解除することができます。 15条を個人的に解釈しますと、24日までに融資の結果連絡はなく、26日でしたので解除は 有効であると考えます。しかし、売主は期限前に融資の内定しているため解約できないと 言われてしまいました。 また、金融機関にローンの本申し込みは行なっておらず、26日の結果はあくまでも事前相談の 結果に過ぎません。ですから本申し込みを行なって減額やNGとなる可能性もあり「承認」は、 下りていないとも判断できるのではないかと考えました。 売主から6月7日までに契約を履行しないと、13条の契約違反による解除で違約金を求める他 顧問弁護士に依頼し司法手続きに着手すると脅されています。

  • ローン特約について

    ローン特約での不動産売買契約の解除について教えて下さい。 気に入った建売住宅を見つけたので売却差損の出るマンションを売却して建売住宅を購入する媒介契約を不動産業者と締結しました。 建売住宅の売主とは6/30に売買契約を締結しました。7/31期限のローン特約条件付きです。そして8/29が売主への代金支払い期日です。 売買契約と同時にマンションの売り出し、ローンの事前審査の申し込みを行いました。融資額はマンションが万一売れなかった場合には800万円で業者買取をするので【ローン残債-800万+建売住宅購入費用】で申込みしました。この内容でローンの事前審査は通りました。 問題はここからです。ローン特約期日が迫ってきてもマンションが売れないため販売価格を下げたのですが、突然不動産業者からもう800万円での業者買取ができなくなったと言ってきました。販売価格を下げたのが原因とのことでした。そして新たな業者買取価格として500万円と言われました。ローン特約期日の数日前のことでした。500万というあまりに低い額に納得いかずローン期日が過ぎてすぐ売買契約の解除を申し入れしました。 この場合、ローン特約による契約の白紙撤回はできますか? ローン特約期日の直前に800万では無理。500万円でということは融資額が違ってくるためでローン審査すら未実施だというのが私の言い分です。 如何なものでしょうか?何方か教えて下さい。

  • ローン特約の記載項目と個人情報

    不動産仲介業に従事しています。 同業の不動産業者の方にお尋ねします。 ご自身で融資のお申し込みをされているお客様(買主)から「ローン特約の記載項目は個人情報だから教えなくても良いのでは?」との質問がありました。 全宅連の定型書式(重説・契約書)のローン特約の欄に (1)融資申込先 (2)融資金額 (3)金利 (4)借入期間 (5)融資承認予定日 の項目があります。 売主様にとっては、買主様の不明確な資金計画で、ローン特約付きの契約を締結するのはリスクが高すぎます。 買主様にとって、特に借入金額については、他人にあまり知られたくない情報とも思います。 今回は、金融機関の事前審査の結果、内定の返事を頂いていますので、融資承認予定日だけを記載して、他は空欄にしておこうと思いますが、今後このような質問があった場合、どのように対処していけばよいでしょうか? 今回の件は、融資先の金融機関が「今まで、そういう項目を記載をする契約書を見たことが無い。個人情報だから教えなくても良い」と買主様にアドバイスをしたようです。 そのアドバイスを聞いた買主様は、仲介業者である私に不信感を抱いたに違いありません。 こちらは、定型書式にのっとって公正(公平)な売買契約の為、お聞きしたのですが…

  • 不動産売買契約のローン特約について教えてください

    先日、マンションの売買契約を結びました。 まだローンの仮審査も出していない状態でしたが、担当者が「すでに買い付けの申し込みが入っているから契約を先にしてしまいましょう。ローンが通らなかったら白紙解約ができる特約がついていますから 心配はいりません。」と、その物件をとても気に入っていたので、言われるままに契約をしてしまいました。 以下、契約書の文言です。 1.乙は売買代金の一部金「○○円」を金融機関「都市銀行」より融資を受ける場合、本契約締結後す みやかに借り入れ申し込み手続きを行うものとする。 2.乙は、前項に記載された融資が、融資利用の特約の期限「平成26年7月5日」までに決定されなか った場合は、本売買契約は自動的に本特約により解除の扱いとなります。 3.本契約により本売買契約が解除の扱いとなった場合、甲は乙に対し受領済みの金銭を無利息に てすみやかに返還しなければなりません。 となっています。(銀行名、金利等の詳細は何しろ仮審査前だったので、未記入でも仕方ないだろう。都市銀行となっているから問題はないだろう・・・と安易に考えてしまいました。) 本日6月20日現在、都市銀行4行に出した仮審査では、2行が減額条件、2行は通りませんでした。 よって、担当者は、地方銀行4行にさらに提出してみるというのです。 もちろん、私としては地方銀行でも全くかまいません。最高の優遇を希望しているわけでもありません。が、このままいくと、ひょっこりどこか1行でも通ってしまった時に、仮にそこがどんなに高い金利でも借り入れさせられるのではないかと不安です。 現時点では、契約書に記載の通り、「都市銀行」にすみやかに申し込みを行ってローンが通らなかったわけですから、白紙解約の特例発動に問題がないように思えるのですが、この先、仮に、地方銀行に申し込みを入れてしまっては、この解約条件にあてはまらなくなってしまうのではないでしょうか? 仮審査→融資の可否と金利が決定→借り手が承諾→本審査→融資の可否・・・という流れはどこの銀行でも変わらないと思うのですが、仲介業者も必死でしょうから、仮審査が通ったら、金利云々はこちらの事情だから違約になる!と言われるのではないかと心配なのです。 担当者は、「高い金利で借りることにはならないから大丈夫です!」と言うのですが、どこをもって「高い」というかは書面にないわけですから何とでも言えそうな気がするのです。 逆もそうかもしれませんが。 こういう場合、私にはちゃんと意思決定の権利があるのでしょうか。 地方銀行へは23日の月曜日に申し込みを入れると言ってましたが、この時点で仮審査だと期日までに本審査は7月5日までに通すのは難しいのではないかとも思いますが、担当者は「仮審査が通ったら売主にこちらから話をして時間をのばしてもらうから大丈夫」と言ってました。(売主は不動産業者です) お任せしておいて大丈夫なものでしょうか? この状態で、とても不安な毎日です。 契約書の条文から外れるので、地方銀行へはもう申し込みをしないほうがいいものでしょうか? 申し込みをお願いする際に、金利が○%以上だったら無理だ・・・とか、先に伝えておいたほうがいいでしょうか? それとも、仮審査の結果が出てから検討しても大丈夫なものなのでしょうか? 教えてください。よろしくお願いいたします。

  • ローン特約による契約解除したいのですが・・・

    銀行からローン特約で融資不可と通告されてしまいました。 担当行員から口頭の連絡だったのですが、ローン特約で白紙解除するにはハウスメーカー側へ「融資不可」の旨を提示する銀行側からの書面はあるのですか?。銀行側はそんなものは無いと言います。建設用地も一緒に契約したのですが、土地売主に対してローン特約で不可の旨を提示しないとダメなので・・・とハウスメーカーに言われてしまいました。 確かに、考えて見ると売主からすれば買主の気が変わっただけなのか? 融資不可だったのか判断がつかないかもしれません。通常、融資不可(ゼロか条件付)の場合、銀行から書面で回答はされないものなのでしょうか?。ご教示下さい。