• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アリコのUSドル建IS終身保険 積立利率変動型

メットライフアリコのUSドル建IS終身保険(積立利率変動型終身保険 米国通貨建2002)という、保険はどういった内容の保険なのでしょうか? 3%の金利が保障されるということですか? 例えば20代から10年間だけ入るというのはお勧めではないですか? 保険料を月5万ほど納めることが可能という仮定です。 保険についてよく理解できていないので詳しい方、ご存知の方、回答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数7622
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

何故終身保険でなければならないのか理由がわかりませんが、保険にこだわるのであれば個人的には米ドル建て終身保険が一番良いと思います。 よく外貨建ては恐いとか米経済が破綻したらとかいって敬遠される方がいますが、米経済が破綻すれば日本経済、世界の経済は破綻します。そういう考え方ができれば何も恐いものはないですね。 前回回答しましたように、円安(120円程度)に振れた時でも支払いが継続が可能な範囲で考えると良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 終身保険と積立利率変動型終身保険

    今、終身保険と積立利率変動型終身保険をすすめられております。将来インフレが予想されるからとライフプランナーの方はおっしゃってますが、金利も上昇すれば、積立利率変動型終身保険のほうがいいのかな?とも思ってしまいます。みなさんなら、どちらがいいと思いますでしょうか?終身保険の利率は1.5%、積立利率変動型終身保険の最低保証利率は1.5%で現在1.9%らしいです。また、加入目的は死亡保障と貯蓄であり、私の年齢は23歳、60歳払い済みのものを検討中です。保険は初めてのことなので、できたら詳しいご回答お願いしたいです。

  • ソニー生命の積立利率変動型終身保険とは?

    ソニー生命の積立利率変動型終身保険を保険屋さんから薦められました。変動型であり金利も上がる可能性もあり、さらに毎月の支払いも約1万円とお手ごろでした。 この商品のメリットや隠れリスクをご存知な方がいらっしゃいましたらアドバイスいただけないでしょうか?

  • 積立利率変動型と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

    積立利率変動型終身保険と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険、どれがいいのかで悩んでいます。 それぞれのメリット、デメリットを教えてください。 またそれぞれでお勧めがあるようでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

前の回答にも書いたけど「リスクの分散」を第一に考えれば 終身じゃなきゃ、とか外貨建てが良さそうだから、とか 狭い視界で考えるのは良くないですよ 払い込み保険料が600万で利子ついて800万になったとして 結婚したし新居構えようか>終身解約して頭金にしようか>> 為替レート見たらOh・・・微妙・・・ってか減ってる? ということも大いにありえるんです(支払い中100円解約時70円) 一時払いだと(旧AIGスターのIS米ドル建て等)利率が高い月に 契約すれば10年縛り(利率)になるので旨みがあります FRBの発表が行われる(確か6月?)時期に米経済の先行きが 明るければグンと上がる、場合が多かったかもしれない知らんw 米ドルで上手く運用できなかったが、オーストラリアドルでぅしし。 終身全般不調だったがユーロ建て年金保険でぅしし。 円建て終身なんぞ何が良いのやら>はぁやっぱり自国通貨だわ まさかの保険会社倒産で一割カットってのも過去にあった タンス預金的にすぐ引き出せるお金>円建て定期・銀行 払い込み(一時払い)後三年で元本超える>外貨建て年金 払い込み期間中は概ね元本割れの可能性>年・月払い終身 質問者が興味持ってるその終身はよい商品です、ですが 私なら小額で高い保障得られるラインで契約し(若いと有利) 例えば月二万の保険料で契約し残りは年金保険か積み立て にしますよ(普通の銀行のそれ)ある程度貯まったら (150万とか位がドル建て終身一時払いの最低保険料の筈) 月払い終身とは別口で一時払い終身契約したらいいんです 結婚とか病欠とか実家の変事でとか、状況は変っていくかも 何があるか判らないのが人生だし、だからこそ保険が売れる ポンドやユーロが70円も下がるとか誰が予想できただろか 私はセールスマン時代も米ドルの利率いいからって 一点張りみたいなのはお客さんにさせなかった 豪ドルが6パー超えたり南アが8パー(これは年金)になっても 資産の3分の一は「円」で、他社でも銀行でもいいから「円」を 持って置きましょうと勧めてました ユーロが来そうだつってユーロ建て押し捲った人間は息してない 米ドルオンリーで高額契約してたお客さんは一時真っ青に。 なので「これ入ったらいいよ」って一点張り商品は無い、と。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

前の方の回答にある通り、「金利」ではなく「積立利率」が3%保証されているということです。 銀行預金などの金利は預けたお金全てに付与されます。 保険の場合は、死亡時に支払う「責任準備金」を預かった保険料から付加保険料などを引いて積み立てていきます。この積み立てていく「責任準備金」に対する積立利率が3%保証されているという意味です。 5万円ほど支払えるということは、レートを102円とすると保険料は490ドルとなります。 しかし為替は生き物です。 もし1ドル=120円になったら490ドルの保険料は58,800円となります。 為替のリスクは毎月の保険料と死亡時の保険金にも影響します。 逆に死亡時に円高の場合、円換算の保険金も予定より少なくなるといった可能性もあります。 この保険を契約するなら、毎月の支払いを400ドル程度に抑えておいた方が今後円安になった場合でも、急激な円安に振れない限り支払いの負担は5万円程度でおさめる事ができるかと思います。 死亡保険金につては、円高になって円換算の保険金が想定より減った場合でも問題ない程度に設定にする必要もあります。 良い保険ですが、そういうリスクが理解できないのであれば手を出すべきではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

おススメの積立利率変動型終身保険を教えてください。 月5万円、10年間支払えると仮定してお願いします。

  • 回答No.1

最低補償3パーの「金利」ではなくて「利率」では? 金利=利息◎、金利=利率×です 100万を一年預けて預金なら103万になるが 年金保険とか養老、終身などは保険であって預金ではない 少し前まで円建ての利率は1パー前後だったと思いますが これではあまり増えませんね、金利はそれ以下ですから で、人気になったのが米ドル豪ドル建ての商品ですよ 米ドルは一時期5パー超えてましたし豪はもっとでしょうか その折に一時払いで10年縛りの利率で契約してる方とか 笑いが止まらん状態でしょう それらの人気商品の最新版がアリコのそれですよ 月5万が10年間必ず払えるか、ってちょっと不安ではないですか 払い込み保険料を解約返戻金が超える時期は何年も先ですよ 中途できつくなって保険料下げれば下げた分は「減額」扱いになる 減額=一部解約ですので、年数によっては元本割れします 払い込み保険料に返戻金の追いつく速度が速い養老や年金保険 などのほうが良いと思いますね、終身は一時払いしてナンボの商品 5万充てるなら終身に一万、年金や養老に4万のほうがいいですよ 3~4年で元本に追いつく商品と満期近くにならないと届かない商品 リスクと見返りのバランス考えて割り振るのがベストと思います 養老や年金がある程度貯まったら崩して終身の一時払いに変える というのも手ですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

オススメの保険があれば紹介お願い致します。

関連するQ&A

  • 積立利率変動型終身保険について(学資保険よりお得?)

    子どもが生まれたので学資保険について相談したところ、今の低金利の時代には「積立利率変動型終身保険」の方が有利なのでは?との提案をいただきました。 内容を比較したところ、今後の金利上昇を見込むと確かにそちらの方がお得な気がしました。 提案されたその保険に気持ちは大きく傾いているのですが、「積立利率変動型終身保険」にも何かデメリットはあるのでしょうか? 今の低金利が18年続けば、学資より若干受取額が減るというデメリットは理解してますが、それ以外にこの保険の落とし穴はあるのでしょうか? ちなみに保険会社はソニーです。 よろしくお願いします!

  • ソニー生命 積立利率変動型終身保険

    夫(35歳)の生命保険の加入を検討中の主婦です。 先日、保険代理店に行きましたら、ソニー生命の積立利率変動型終身保険を勧められました。 念のために、専門家の方のご意見も参考にしたいと考え、こちらコーナーで検索致しましたら、別の方が、「ソニー生命 積立利率変動型終身保険のメリット・デメリット」について質問されていました。その回答を読みましたら、下記のような回答が載っておりとても不安になりました。本当にこの保険に加入して良いのでしょうか? 下記回答は、「積立利率変動型終身保険」ではなくて、「変動型終身保険」についての回答でしょうか? また、ソニー生命の積立利率変動型終身保険の、メリット・デメリットについて、専門家の方からご意見を頂きたいです。 また、他にお勧めの保険がございましたら、ご教示頂きたいです。 宜しくお願い致します。 【回答】 保険屋は自分の所がぜったい損をしない変動型終身保険を薦めますよ メリットはありません しいて上げるならば保険屋が損をしない商品である デメリットは 変動型なので・・・マイナスになる事もあります 私ならば・・変動型では無いタイプにします 最低保障分の利息があります 運用がもし下回っても保険会社が不足分を最低保障まで補填します また運用が予定より良いと 配当金がでます ので圧倒的に有利なんですよ 保険屋は逆ザヤになる可能性高い商品は薦めてきません 保険屋が薦めるのは保険会社の儲けが多いのを薦めるのが殆どですは

  • 「積立利率変動型終身保険 平準定期保険」について教えてください

    積立利率変動型終身保険と平準定期保険に加入してるのですが正直違いがわかりません。 保険金の額が違うのと特約が積立利率変動型終身保険の方が多いのぐらいしかわりません。 二つ入る意味があるのでしょうか? 違いを知りたいだけなので確認せずに入るのが悪いなどの回答は、御遠慮ください。

  • 積立利率変動型終身保険について

    現在、アリコの積立利率変動型終身保険に加入しています。 最低2.25%の利率を保証というのに惹かれ2年程前に加入しました。 現在39歳で保険料は月額16000円程、払い込みは65歳まで、死亡保障は事故2100万円、病気死亡700万円です。 他にも平準定期、医療保険、ガン保険に加入しています。これらの保証は死亡2300万円、入院5000円~15000円等で保険料は月額14000円程です。 できれば保険料を抑えたいと考えているのですが、ズバリ積立利率変動型終身保険ってお勧めでしょうか?見直しを考えた方がいいのでしょうか? 補足がありましたら記入しますので宜しくアドバイス下さい。

  • 積立利率変動型終身保険について

    積立利率変動型終身保険についてお聞きしたいのですが、この保険を60歳までに払い込むとして、60歳の時点で解約すると払い込んだ保険よりも少し多めに帰ってきます。 そうすると、この保険会社はこの保険のどこで利益を出すのですか?60歳までの死亡率は100人に4~6人くらいと保険屋さんに言われましたので、残りの95人くらいは生きていてほとんどの人がどこかの年齢で解約すると思うのですが。

  • どちらがいいでしょうか?ドル建終身保険。

    保険の見直しを検討しておりまして、何回か皆様にアドバイスいただきました。 おかげさまでようやく加入しようとする保険の骨組みが出来上がりつつあります。 ドル建の積立利率変動型終身保険を考えておりますが、ズバリどちらがいいのでしょうか。 ※共通条件:保険金$100,000 払込60歳 私は31歳 アリコジャパン 積立利率変動型終身保険(米国通貨建) 予定利率4%最低保証 月額$128.8  60歳における解約時の返戻率 約111.7%  プルデンシャル 米国ドル建終身保険 予定利率4.5%最低保証 月額$114.2  60歳における解約時の返戻率 約117.5% あまり違わないのでしょうか。自分なりの判断では、 アリコのメリットとして、なんとなく会社がプルよりは安定。(日本において) アリコのデメリットとして、返戻率が少し低いのと、支払にJCBカードがいるそうで、持ってないから作らなきゃいけないから面倒くさい。 プルデンシャルのメリットとして、アリコの逆。返戻率が少し高いのと、支払は日本円でもできる。 プルデンシャルのデメリットとして、アリコよりも早く日本撤退しそう。いい話をあまり聞かないし、担当営業マンが熱心なんだけど、ちょっとむかついた。 こんな程度しか判断材料がないので困っています。皆様のご意見をお伺いしたいです。また他社でドル建終身保険があれば教えてください。

  • 積立利率変動型終身保険@保険控除申告書

    急いでます! 給与所得者の保険控除申告書を記入しているのですが、アリコの「積立利率変動型終身保険」って、「一般の生命保険料」でしょうか? 「個人年金保険料」でしょうか?

  • ソニー生命の積立利率変動型終身保険ってどうですか?

    ソニー生命の積立利率変動型終身保険ってどうなんでしょうか? 知識が乏しく不安なので詳しい方のご意見を頂けたら嬉しいです。 ソニー生命の学資保険を申し込もうとしたら、ソニー生命のライフプランナーの方に上記の保険を勧められて、加入しました。 加入に至った経緯は、現在の貯蓄額や加入済の保険を聞かれ、 夫の保険(掛け捨ての安価な生命保険)が無駄だから、 生命保険と学資保険と貯蓄を一本化して、積立利率変動型終身保険に加入、 学資が必要になったら一部解約、最後はお葬式代も残りますよ、 という説明にその時は大いに心を動かされ、共済を解約し保険に加入しました。 保険料は学資保険に考えていた1万の倍以上の約2万2千円になりますが、 どうせ貯金してるのと同じですよ、と言われ納得しました。 また、勧められるままに夫の医療保険、がん保険もソニー生命に加入しなおしました。 ですが加入から1年が経過して、保険料の多さが負担になってきました。 そもそも貯金ならば通帳の額を見て安心できるのに、保険なので何だか言われるままにお金だけがでていくようでモヤモヤします。 現在加入している保険は 夫 ソニー生命の積立利率変動型終身保険(月2万2千円 60歳まで払込)   ソニー生命の総合医療保険(月6千円60歳まで払込)   ソニー生命の終身がん保険(月3千円 60歳まで払込) 妻 生命保険と医療保険のセット型の共済 (月5千)   オリックス生命のがん保険(月3千) その他に双方の車の保険もあるので、月5万円程度の保険の支払いがあります。 夫婦共に正社員として働いていて、子ども1人の世帯です。 住宅ローンと子どもの保育料があるので家計は苦しいけど何とかやっていける程度です。 自分の保険については不満はないのですが、夫の保険料が高いのが気になります。 いっそ以前のように夫も安価な掛け捨ての共済+学資保険の方が、 家計管理的にはスッキリしてモヤモヤしなかったのかもしれません。 なので、ソニー生命の積立利率変動型終身保険の加入が学資保険+生命保険として適当なのか、 詳しい方アドバイスをお願いたしますm(_ _)m   

  • 東京海上の長割終身とあいあおい生命の積立利率変動型終身保険どちらにする

    東京海上の長割終身とあいあおい生命の積立利率変動型終身保険どちらにするか検討しています。 どちらがいいか違いなどアドバイスを頂けたら幸いです。

  • A○○ ドル建 積立利率変動型一時払終身保険 あいドル君で資産運用

    ファイナンシャルプランナーに資産運用の相談をしたところ、 A○○のドル建 積立利率変動型一時払終身保険 あいドル君を進められました。 内容としては、加入してから10年間の積立利率は5.22%(手数料を引いた積立利率は 約4.3%)で、仮に1万ドルを預けた場合、10年後には1.416万ドルは確定して いるそうです。この場合、仮に115円で加入し、10年後の為替が95円だとしても、 解約金は134万円になります。また、10年以降も最低利率は2.75%を保障するとなっています。 特に保険は必要なく、純粋に運用を目的としていますが、FPは保険がついているほうが、 個人の運用にはメリットが大きいと言います。 良いところばかり聞き、悪いところが見えていない気もします。 日本貯金の利率を考えれば、とても良い運用に思えますが、皆さんはこのプランをどう思いますか? 為替のリスク以外に考えておかなければいけないリスク(デメリット)があればぜひ教えてください。 何卒よろしくお願いいたします。