• ベストアンサー
  • 困ってます

PA、スピーカーケーブルに関して

パワーアンプからスピーカーまでの結線でパワーアンプ側の出力端子はスピコンかフォーンがあり、スピーカー側の入力端子はスピコンのみです。 多分、一番いいのはスピコン-スピコンのスピーカーケーブル一本でつなぐ方法かと思うのですが、現在そのケーブルを持っておらず、(アンプ、スピコン-XLRのオス、XLRのオスメスで延長、スピコン-メス、スピーカー)で音を出しています。 そこで質問なのですが、XLRのオスメスのケーブルを検索するとオーディオケーブル、マイクケーブルっで検索が出てきます。XLRをスピーカーケーブルとしてスピコンなどど繋いだり、延長したりして大丈夫なのでしょうか?また、上記の接続方法は音は出ますが合っているのでしょうか? XLRケーブルにも太さが違うケーブルが何本かあるのですがこれは太さによって何か違うのでしょうか?オーディオケーブルはシールドがついてる分太いのでしょうか? 質問がバラバラですみません おそらく、知っている人からみたらなんでこんな初歩的な質問してんだ?って感じだと思うのですが、回答お願いします。質問がわかりにくいかもしれないです、すみません。 あと、こんな感じのPAに関しての初歩的な質問をこれから度々するのでそちらもよければ、回答をください。 ちなみに音をだす場所は体育館くらいのホールで大音量な感じです。 アンプはYAMAHAのP3500S、スピーカーがBOSEの802-III?です

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1852
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

はじめまして♪ 昔は、XLR端子をキャノン端子と呼んで、どのように使うかは運用者側にゆだねられていました。 今でも、XLR端子を用いて、スピーカー用電線を使って、スピーカー駆動に用いる、という施設設備は多く残っていると思われます、(電源に使う事も在る) 問題点は、端子形状では無く、十分な電力を扱える「電線」を用いているか? というポイントです。 現在では、XLRと言えば、マイクレベルか、ラインレベルの信号を扱う、というのが常識化しているので、スピーカー用の電線を組み合わせて造られた、スピーカー用のXLR端子ケーブルなどは飯場されていません。 (まぁ、プロ分野なので、運用する側が素人では困ります、充分な知識と技量で自己対策しますね。) 根本的には、電源と同じように、充分大きな電力を流す事が出来れば、それでモンダイは無いのです。 ただ、時代の変化とともに、知識が無いアルバイトの作業員等が誤配線をして、コンサートや放送中止、なんていう大事故を避けるため、電源系やスピーカレベルの場合はXLR端子を使わない、という方向に変わって来ました。 (いまだに、楽器系の基準として、スピーカー信号を標準フォンで扱う、という場面は多く残っているようです。この場合もフォン端子では在るが通常のシールドケーブルでは無く、ちゃんとスピーカーケーブルを用いたフォン端子の接続) スピコンは、スピーカー用のコンセントと言う意味で、電源系とは違う形を用いています。もちろん端子形状だけじゃなく、実用的にスピーカー接続に活用するので、電線は電源用/スピーカー用という、多くの電力を扱える物が採用されます。 あと、スピコンはXLRのようにオスメスケーブルでは在りません。 このため、繋ぎたし、延長させるには中間パーツが必要。 (このあたりは、民生用のRCAケーブルとか、フォンと同じですね。) 電線は導体抵抗が存在します、たとえば細い電線で1mあたり0.1Ωの抵抗が在った場合、30mだと3Ωになります、スピーカーなどは8Ωとか4Ωという低抵抗なので、比率としては非常に大きな損失に鳴るのです、マイクやラインレベルであれば、旧来の仕様として600Ω接続なので、100m使って30Ωだったとしても影響は高々10%に過ぎませんし、ほとんど電圧信号のみで、多くの電流は流さないため、電線が加熱する事も無いのです。 スピーカーの場合は、アンプ出力インピーダンスが0.04Ω、スピーカーが4Ωなら、スピーカーをアンプ側が制御すると言われる「ダンピング値」は100となります。しかしケーブル損失が0.4Ωあれば、スピーカの制動力、ダンピングファクター値が10に、、、 ケーブルの抵抗値を下げる為には、短く使うか、あるいは太い導線を用いるか、と言う事になります。 30mの伝送の場合、現実的には家庭内で使う電源延長ケーブルのよううな導線の太さが無いと、ケーブル側の損失が割合的に多く成ってしまいます。 私自身も、単なるオーディオファンから地域イベントのPAに手を出した、という素人PAです。 過去に、電源用の30mドラムを3台繋いで、、、いやはや、100mクラスになると、このような電線でもロス割合が多く、思った様な音が出てくれませんでした、、(残念) もっと太い導体の電線を用いるべきだったのでしょう。 (でも、PA等の資料を後からネット検索してみたら、低インピーダンススピーカーの場合は、おおむね80mまでを限界とし、それ以上はパワーアンプの配置や増設などを検討すべき、って) 非常に古くからの設備音響であれば、その設備に置ける利用環境マニュアルに従うのは当然です、しかし、そういうシガラミが無い環境に置いて、信号レベルや信号の受け渡し、という電気特性を理科した上で、安全で良い音を得るため、現代的な常識を踏まえた環境で構築して行きましょう。 スピーカー用、あるいは電源用という、太い導線が有る電線ならば、正しい接続さえすれば、何本繋ぎ足してもモンダイは無い、ただし細い導体のケーブルはダメ、端子形状では無く電線(の中身)を理解して活用しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • PA、ケーブルに関して

    PAのケーブルについての質問です マイクケーブルのXLRをオーディオケーブルのXLRへの代用やその逆でオーディオケーブルのXLRをマイクケーブルのXLRへの代用は大丈夫と聞いたのですが、それら2種類のケーブルなどをスピーカーケーブルとしてアンプからスピーカーのケーブルに用いるのはさすがに間違っていますか? また、間違っていたとしてそれは、機材の故障、発火?ケーブルの断線、音質の劣化などにつながりますか? (そもそもスピーカーケーブルのXLR(オスメス)は存在するのでしょうか?、、、 サウンドハウスのスピーカーケーブルの欄に存在していないので、、、 また、スピーカーケーブルのXLRが存在するとしてそれと、オーディオケーブル、マイクケーブルを見分ける方法ありますか?) 具体的にスピーカーケーブル、マイクケーブル、オーディオケーブルで何が違うのでしょうか? スピコンのメスメスの端子を使ってスピコンを延長したりが良いのでしょうか? 大分素人で質問がメチャクチャかと思いますがよろしくお願いします。

  • XLRのスピーカーケーブルについて

    勤めている会社からでRAMSAのWS-A500というスピーカーをお借りして野外PAをします。 しかし、うちの会社のスピーカーとパワーアンプはすべて入力がキャノンです。 今回はパワーアンプは借りず、自前のスピコン出力のパワーアンプを利用します。 スピーカーケーブルのコネクターが違うので、[XLRオス]-[スピコンメス]の変換ケーブルを作ろうと考えています。 ですが、ピンアサインがわかりません。本当はやってはいけないのですが、市販されているマイクケーブル(完成品、コネクタはXLR雄雌、ケーブルはカナレL-4E6S)をつなげたら音が鳴りました。 スピーカーケーブルはカナレ4S6を使用し、[スピコンメス]側は、[赤][透明赤]2本を1+に、[白][透明白]2本を1-に半田付けすると、[XLRオス]側は何番のピンに何色を半田付けすればいいのですか?ご教授ください。

  • PAの接続

    前回は詳しい回答をいただき大変参考になりました。 機器が揃いましたので、今一度接続について教えてください。 スピーカーBOSE802-2 上記コントローラー 802C(だいぶ古そう) アンプ ヤマハP2500S ミキサー マッキー1202VLZ PRO ミキサー(XLRオス出力端子)とコントローラー(XLRメス入力端子)はXLRメス~オスケーブルで問題ないと考えています。 コントローラーは、出力がフォンのメス端子なのですが、BOSEによるとこれがバランスではないため、モノラルの端子を接続するとのこと しかし、ある方からコントローラーの出力はバランスのはず といわれ、混乱しています。 一応、BOSEを信じて、フォン(モノラル)~XLRでつなごうと思うのですが、こういったとき、 +と-だけですが、XLRはGがありますよね? そこはなにも繋がなくて良いでしょうか? アンプとスピーカーはスピコンとXLR コードはカナレ4S6(赤、赤半透明、白、白半透明の4芯) スピコンにはNL2FCを使い、1+に赤系2本 1-に白系2本 XLRの1に白系2本 2に赤系2本 このように考えましたが、まずい点、間違っている点ありますでしょうか?

  • PA、スピーカーケーブルに関して

    アンプから約30m先のスピーカーに接続する場合、30mのケーブルを使うのと、10mのケーブルを3本延長するのとだとやっぱり30m1本でやるほうが音は音量や音質の面でいいのでしょうか? そして、どの程度違ってくるものなのでしょうか? 度々こんな初歩的な質問をしますので、回答してくれると嬉しいです、、

  • マイクケーブルについて

    マイクケーブルについて質問します。 ミキサーにマイクケーブルXLRオス-XLRメスで接続しているのですが、 少し距離が足りないので、もう一本マイクケーブル利用して XLRオス-XLRメス直接接続して延長してもいいですか?

  • スピーカーケーブルの簡単アダプターがほしい。

    スピーカーケーブルの簡単アダプターがほしい。 こんにちは。 小型スピーカーが沢山余っていまして、これを部屋のアチコチに配置して 音響の変化などを楽しみたいと思います。 サブシステムです。安く済ませたいです。 アンプ直の接続とアンプ内蔵ウーファーからサテライト接続の二通りの方法を 考えています。 スピーカーセレクターは二つ持っていますがアキがありません。 ですからラインケーブルのようなオスメスのアダプターがあれば ケーブル同士の繋ぎ替えとしたいと思います。 1. スピコンと言うのがありますがグレードとか太さの違いなどで不採用。 SPケーブルはACコード(電源)ぐらいのものですので。 2. バナナプラグ及びバナナ端子のオスメス利用、秋葉で1組¥250ぐらい。 これは外れやすく銅線結束部などが剥き出し状態なので不採用としたい。 そこで名案があります。プアオーディオとして。 (じゃ聞くな、などと言わないで下さい。) 実際一部に要らなくなった家電品の電源コードをSPケーブルに使用しています。 と言うことはあの電源コードの差込のオスメスを使用できないか? 及びそれの応用形として複数ヶ口(オンオフ出来るタイプ)を利用しては? (これが出来ればSPセレクターと同等。) この方法であれば手持ちのもので済んでしまいます。 なにかご意見あればお聞かせ下さい。 音質は二の次となります。 宜しくお願いします。

  • スピコンのスピーカーケーブルが売ってない!!

    スピコンのスピーカーケーブルが売ってない!! こんばんは、質問させて頂きます。 ベースアンプに使用していた背部のスピーカーケーブルが断線してしまいました。 両端子ともスピコンのものです。 土曜使用予定ですぐに欲しいため浦和・大宮近辺の楽器屋さんに問い合わせましたが、どこも店頭での取り扱いがありません・・。また、御茶ノ水・秋葉原等へ出かける時間もない状況です。 浦和から1時間未満で行ける範囲で店頭に在庫があるお店をご存知の方いらっしゃいましたら、情報いただけると助かります! 新品、中古問いません。また、スピコン×スピコンでなく片側だけスピコンのものでも構いません! レンタルでもOKです! よろしくお願いいたします!

  • PA用スピーカーについて

    倉庫の奥から古いスピーカーが出てきました。 PA用として使いたいのですが、いくつか疑問があります。 1.スタンドに取り付けられるか? 2.スピコン⇔フォンのケーブルで使えるか? 入力端子はこのような形をしています。 http://tonosiki.mbnsk.net/uploader/src/up7290.jpg フォンが2つあるのですが、違いは何ですか? 使用予定のアンプはAMCRONのXLS402Dです。(スピコン付) ケーブルはhttp://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233%5ESKP30%5E%5E です。使えますか? スタンドは http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233%5ESPS%5E%5E の予定で、スピーカー側はこんな感じです。 http://tonosiki.mbnsk.net/uploader/src/up7291.jpg スピーカー側にスタンドの棒が刺さる穴が無いのですが、これはスタンドでは使えないのでしょうか? 教えてください。

  • スピーカーケーブルについて。教えて下さい。

    スピーカーケーブルについて。教えて下さい。 アンプとスピーカーをつなぐケーブルについて、アンプ部分のコネクターは4ピンキャノンでスピーカー側はスピコンなのですが、一般にそのようなケーブルが販売されていないようなので自作しようかと思います。 自作するに当たり、コネクター部の配線の接続の仕方や注意点などを教えて下さい。

  • スピーカーケーブルにおけるXLR1番接点の扱い

    PAの専門家ではないのですが、 職場にPA機材が一式あります。 そのなかにあるスピーカーケーブルに関してです。 パワーアンプの出力は通常、+と-のみですよね? 職場にあるアンプもそうです。 で、スピーカー側は標準フォンの2pやNL4など、やはり+と-のみです。 職場にあるパワーアンプの出力にはXLRコネクタが付けられています。 意図は不明ですが、配線の利便性などを考えてのことでしょうか。 (昔からある機材のため、詳細が分かる人がいないのです) なので、末端が標準フォン、NL4どのスピーカーケーブルもアンプ側はXLRです。 このXLRのコネクタ内の配線が問題です。 +は2番、-は3番に配線されているのですが、3番から1番へ銅線が渡っています。 1番と3番がコンモになるようになっているんです。 +と-はちゃんと配線されているので問題ないかな? とも思うのですが、 見る人によっては「これ、ダメだよ」と仰ったりします。 理由を聞いてもいまひとつ理解できません。 スピーカーケーブルにおけるXLR1番接点の扱い、 実際、どうするのが正解なんでしょうか? 知り合いに聞いたりしても良いのですが、人によって言うことが違ったりすると嫌なので、 こちらで質問させてください。 よろしくお願いします。