• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

フルレンジスピーカーへのツイーター追加について

フォステクスのフルレンジユニットFE108EΣを使い、キャビネットは故長岡氏設計のD-10「バッキー」を使って、バックロードホーンをこれから作成します。 入れ替えに廃棄する、以前作成したスピーカーから取り外し、テクニクスのホーン型ツイーター5HH10を「バッキー」のスーパーツイーターとして使用したいと考えております。 その際、ツイーターは、どのようなコンデンサーにより調整したらよいか、アドバイスをいただきたいので、よろしくお願いいたします。 5HH10の出力音圧レベルは100db、FE108EΣの出力音圧レベルは90dbです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数5467
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

どのようなコンデンサーとは? メーカー、グレードごとの向き不向きを知りたいのか? 容量設定の仕方がわからないのか? 容量設定の仕方として解答します。 FE108EΣとの組合せであれば5HH10は高音域の補助、隠し味として使うのがよいです。 そこでフィルムコンデンサーを片CH当たり0.47μFを二個、1μFを一個を購入しましょう。 一個、二個並列、三個並列と繋ぎ替えて試聴します。(コンデンサーは並列繋ぎで加算していきます) それぞれ0.47、1.0、1.47、1.94と変化をつけることが可能です。 それによって5HH10の効きが変わってきます。 いかにもツイーターが鳴っていると感じたらコンデンサーの容量が多すぎです。 5HH10が鳴ってるかどうかわからないけど、何かが変わったような?程度がコツです。 なお、フルレンジにツイーター追加する際、コンデンサー一個の簡易型フィルターの使用に否定的見解の方もお見えのようです。 しかし・・・・メーカーの研究室じゃないのだから周波数帯の被りだの歪だの気にする必要は無いです。 所詮はアマチュアの自作なんだから、です。 出力音圧レベルが10dBもあるのが気になっているようですが カタログ値はある種の指標ですので添付されている周波数特性グラフも合わせて考える必要があります。 FE108EΣの90dBは主に500Hz周辺のものでありそれ以上の帯域では95dBにも達しています。 さらにバックロードホーンに取り付けると中低音域の音圧も上昇する傾向があります。 したがって5HH10との組み合わせではアッテネーターによる音圧調整は不要、 小容量のコンデンサーで繋がります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございました。 ご指摘のとおり、容量設定の仕方の相談でした。 確かに、5HH10は17年程前に購入したので、購入時とは状況が変わっているかもしれません。 アドバイスのとおり、所詮はアマチュアの自作なんだから、0.47uFと1.0 uF(0.22uFも)を購入し、単体・複数配列を試し、視聴結果と好みで決定しようと思います。

関連するQ&A

  • ツイーターの接続について

    長岡さんのD-7というバックロードホーンの自作スピーカーを使っているものです。 作ったときに使っていたFostexのFE-203がぼろぼろになってしまったので、今はFE-206Eに交換しています。 前から、個人的に少し高音が足りないと思っていたため 先日、オークションでスーパーツイーター(FT90H)を購入しました。 ところが、今までマルチウェイスピーカーを作ったことがなく、 ネットワークについての知識があまりありません。 どのようにツイーターを接続すればいいか(直列か並列かアンプの空き端子か)、 コンデンサはどのくらいの容量のものを接続すればいいのか 教えていただきたいです。 ちなみに、フルレンジのFE-206Eは並列につないでいます。 オークションで落札したときにツイーターと一緒に 「TRITEC CSN-0.47」という0.47μFの箔巻コンデンサー も送られてきました。 お願いします。

  • FE167Eでバックロードホーンは可能か

    現在バスレフ型のBS-92(「世界でただひとつ自分だけの手作りスピーカーを作る」に掲載)にFE167Eを入れて使っています。 エンクロージャーの塗装等が気に入らず、FE167Eはそのままに、新しくエンクロージャーを製作しようと考えています。 バックロードホーンに前から興味があったのでD-16(同じく「世界でただひとつ自分だけの手作りスピーカーを作る」に掲載)挑戦してみようと思っています。 FE167EとFE168EΣの出力音圧レベルは0.5dB違うだけですが、Qoが0.31と高く、バックロードホーンに使えるか心配です。 実際このユニットで製作された方の意見も伺いたいと思います。 よろしくお願いいたします。

  • スピーカー自作してる方 プラスツイーターとスーパーツイーターの違い

    FOSTEX FT17Hのツイーターでメーカーサイトの説明に書いてあったのですが『FEシリーズをはじめ、フルレンジの高域補正にプラスツイーターとして利用することはもちろん、50kHzまで伸びた高域特性を生かして、手軽なスーパー・ツイーターとしても楽しめます。』 とありましたがプラスツイーターとスーパーツイーターの違い・フルレンジスピーカーへの繋ぎ方・2WAYスピーカーへの繋ぎ方を教えて頂けないでしょうか? また某サイトにこのツイーターをアンプに直接繋がないで下さいと書いてあったのですがフルレンジスピーカーの高域補正にするためにはどんな部品が必要ですか? 宜しくお願い致します。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

はじめまして♪ 5HH10は過去に所有していました。 16F1002発と、16F1004発に組み合わせて、1μFのコンデンサーでの運用。 残念ながら、結果的に2組とも、5HH10は焼いちゃった、、、(汗) フルレンジ2発と、4発ではインピーダンス差からのレベルが?という点は屋内リスニング用じゃないので無視。 まぁ、結果的に屋外のPA使いで、コイルを組み合わせて低域信号をシッカリと切っていなかった為、焼き切ってしまったというオチでした。 さて、FE108eΣは所有経験が在りません。 メーカーの特性図を眺めてみますと、正面軸上では10kHzで95dB以上在りそうですが、30°などの範囲だと80dB付近まで落ち込んでいますね。 これは、正面軸では音圧が在るが、全体としての音響エネルギーとしては高域側は少ない、と考えて良いと思われます。 室内利用の場合、正面軸上であっても床や天井左右前後の壁に反射した音も一緒に聞いているので、7kHz位から上の方はレベルが低いと感じられると想像します。 本来、ホーンツイターは12dB/octのネットワークを組むべきですが、過大音量を必用としないのであれば、コンデンサー1発の6dB/octもクロス周波数を高く取れば問題ないと思われます。 私の例でも、実は5年半程は壊れずに使えていたんです、明らかにミキサー側の操作ミスが原因で、余裕度が無かったため焼いちゃったんです。 試しに、1μFで追加してみるのが良いと思います。 その状態で、ツイーターの個性が強すぎると感じた場合に、0.47μF等を試せば良いのです。 室内の反射音が、どの程度多いのか、という利用環境の問題や、5HH10の個性を好むか、あまり好まないか、という個人の好みの問題も在る訳ですから、最終的判断は自分で実験してみるしかないのですね。 近年は、EAS-5HH17Gの中古をネットオークション等で4ペア程集めました。 クセが少なくて、このツイーターは私の好みに合うようです♪ なお、EAS-5HH10のクセが有ると言いますが、私の感覚ではFT17Hよりはクセが少なく、良いと感じていましたけれどね、、、(あくまで、個人の感想です。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございました。 私が今回の入れ替えで廃棄するスピーカーも16cmのフルレンジ2発(FE164)を使用し、それに5HH10を追加していました。 おっしゃるとおり、私は5HH10が好きなので、あくまでもスーパーツイーターとして活用したいのが動機です。 アドバイスのとおり、複数タイプのコンデンサーを購入し、視聴結果と好みで決定しようと思います。

  • 回答No.4

追加、と言いますか補足です。(言い訳です) 新品の5HH10はいかにも金属振動板を用いたホーンツイーターといった音でした。 シャリシャリ音が耳に付く場合も多かったです。 しかし相当に年月が経過しお持ちの5HH10の音もこなれていると思われます。 その「こなれ具合」がこちらでは推測するしかなく実情が分かりません。 新品のFE108EΣとの組み合わせでもどうなるのか見当が付きません。 またあなたの音の好みでコンデンサー容量も変わってきます。 ですのでズバリ回答ができません。 ご容赦ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

http://www.fostex.jp/products/FE108Esigma データーからすれば30KHzくらいでクロスを入れれば良いと思いますが。可聴帯域外なので、コンデンサーを交換して、実際に聞いた音で容量を決めた方が良いですよ、私も古い20Cmスコーカー105dB、16Ωにツイター110dB、16Ωを追加していますが、0.1μFが一番良かったのでそれに決めました。 http://audio-heritage.jp/TECHNICS/unit/eas-5hh10.html 5HH10はデータが25KHzしかないので、30KHz以上の高域がどうなのか判断できませんので、現物合わせでないと、高音がやかましいだけという事になります、無難なのは1KHz以上でクロスする、LCネットワークを購入して、フルレンジの高域を殺す方法です、市販のLCネットワークを使えば良いと思いますが。 http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=47619516

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございました。 5HH10の特性と、2wayネットワーク情報も添付してくださり、ありがとうございました。 アドバイスのとおり、複数タイプのコンデンサーを購入し、視聴結果と好みで決定しようと思います。

  • 回答No.1
noname#190155
noname#190155

FE108E∑でも、相当高音が伸びていますので、5HH10は味付け程度のつけたしがいいと思います。 0.47μFのコンデンサー1発でも、5HH10が8Ωなら、約40kHzでクロス。っということになります。 1オクターブ下の20kHzでは94デシベル。さらに1オクターブした10kHzでは88dB。 っということになると思います。 こんな簡単な計算値どおりいかないかもしれませんが・・・。 でも、少し「シャンシャン」っと耳につくかもしれないです。 なので、ボリュームをつけてはどうでしょうか。 http://store.fostex.jp/category/1197526183600/ ボリュームをつけることが面倒くさい。っということであれば、 0.47μFと1,0μFを直列でつなぐと、0.47μF 1発よりもシャンシャンならないかもしれません。 0.47μFを2つ直列でつなぐと、かなりおとなしめに5HH10が鳴ると思います。 http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/netwark_canvas.htm こんな便利なプログラムがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございました。 ボリューム写真も添付してくださり、ありがとうございます。 また「ネットワーク設計プログラム」はとても勉強になります。 5HH10を味付け程度とし、アドバイスどおり、0.47uFと1.0 uF(0.22uFも)を購入し、単体・複数配列を試し、視聴結果と好みで決定しようと思います。

関連するQ&A

  • フルレンジ20センチスピーカーの使い方

    下記写真のフォステクスの20センチスピーカーを標準箱や、バックロードホーン箱などに組み込んだ場合、 音の傾向や注意点、双方の利点、欠点などやお奨めの使い方などを教えてください。 また、ツイータを追加した場合の傾向なども知りたいです。。。 それとバックロードホーン専用のユニットは、バスレフや密閉箱には使用できないのでしょうか?容積を考えれば可能でしょうか?

  • 自作スピーカーの材質について

    このたび、フォステクスの16センチフルレンジユニットを購入し、バックロードホーン型のD-37仕様を自作しようと思っています。ちなみに自作は初めての経験です。素材選びですが、定番としてシナ合板が挙げられるようですので、それを考えている一方、手持ちで17ミリ厚のMDFが残っています。もったいないのでこれをスピーカー内部の部材に使えないか、思案中です。 そこで、内部材にMDFを用いることで、音質の大きな変化は予想されましょうか?良くなるなら問題ないのですが、劣化するなら避けたいと思います。経験・理論いずれの視点でも構いませんので、アドバイスよろしくお願いいたします。

  • バックロードホーン用スピーカーユニット

    お寒うございます。こういう日は部屋でリスニングしつつ、パソコンです。 現在FostexのFE126Enを、同マニュアルに記載の、バックロードホーン・バスレフハイブリッドのエンクロージャに取り付けて使用しています。 クラシックのソロ演奏や、ジャズ・ポップスを聞くのに気に入っています。 浮気心で、取付寸法がほぼ同じような他ユニットを、他メーカー製も視野に含め、試してみようと思うのですが、 どのユニットがBH級のドライブ力をもっているのか知見に乏しく、 御意見や推奨ユニットを参考に御教示いただければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 逆ホーンであります

    皆様こんにちは。自作系スピーカー、またも愚問にて失礼致します。 当方、下手の横好き、これまでいろいろな動作方式にトライして参りましたが、 いままで全く手を付けていないものに、   ・タンデム駆動   ・逆ホーン の二つがございます。 タンデム駆動につきましては、現物(知人が製作したショップキット品)を 以前に何度か聴きまして、これといってあまりメリットを感じなかったこと もあり以後無縁(すみません)。 しかし逆ホーンに関しましては、実際かなりの興味が今現在もございます。 B&W DM2やノーチラス、3a Adagio 3A390、そして自作マニアの皆様方の 作例等々、その構造や考え方を興味津々で拝見しております。 しかし当方、どうにもよくわからないのは、この逆ホーン、一般的なフルレンジ を用いた場合に、果たして全域型としてマトモに使えるものなのでしょうか。 長岡先生の著書や各文献、またその他諸々を拝見しておりますと、この辺り いまひとつ詳細がはっきり致しません(というか見解の相違が多いです)。 試作品のノーチラスのウーファー部等は、形だけなら何とか作れそうな印象で ありましたが、取り敢えず当方、ただいま休眠中のスパイラル型BH、長岡式 D-111を改造してみようと考えております。 このD-111、キャビネットの中央部に空気室がある構造でして、そこから 蚊取り線香の渦巻き状にホーンが拡がっていく形であります。これを、      ・本来のホーン開口部を閉塞。そこにユニットを取り付け                ↓      ・本来の空気室を可能な範囲で開口解放                ↓      ・本来のスロート部を吸音材でダンプ といった改造にしようと考えております。ちなみに、現状での予定使用ユニット は、フォステクスのFE系ではないフルレンジ、12cmのFX120であります。 失敗の際には一応原型に復旧が可能という、虫のいい手抜き工作であります が、果たしてこちら、このようなもので、逆ホーンの塩梅をある程度知ることは 可能でしょうか? 何しろ逆ホーン、当方全くノウハウゼロ、先がさっぱり読めません。 皆様、どなたか逆ホーンに関して知識をお持ちでしたら、お手数ですが何卒 ご助言お願い申し上げる次第であります。 お暇なときにでも、ひとつ、よろしくお願い致します。

  • バックロードホーン関連質問

    複数質問の同時展開ですが何卒お許しを。表題バックロードホーン形式に造詣の深い方、お手数ですがご助言お願い致します。 同形式、音道幅が一定のCW(Constant Width)ホーンでありますが、これは例えば基本設計を変更することなく、幅自体を多少増減させる形。その手法で個々ユニットへの適応化を図ることも、一応ある程度は可能と愚考致します。 こちら皆様、長岡先生の同形式BHの製作等において、もし同様の形を過去具体的にお試しの方がおられましたら、その製作機種と使用ユニット、加えてアレンジの具体的数値範囲と音の塩梅等、参考資料的にお話し賜れれば誠に幸いでございます。 そしてもう一つ、BHでは少々異端の感であります、ミドルサイズのブックシェルフ形状キャビネットに関する質問です。 こちらただいま当方、長岡先生の各作品(D-102等)を参考に16cm用のオリジナル設計に取り組んでおるのですが、やはり本体寸法における幅と奥行きをウェルバランスに整えるという形、実に難しい印象であります(あちらを立てればこちらが立たずの堂々巡りでして、音道の構成が本当に難儀です)。 http://clapakahis.blog26.fc2.com/blog-entry-22.html http://kscommunications.co.jp/speaker_atd_102MKII.html そのため同タイプのBH、今現在は下の機種を参考にCWホーンタイプも思案中なのでありますが、 http://audio-heritage.jp/CORAL/speaker/bl-3.html もしこちらご自身の設計を何かしらお持ちの方、また同タイプ(中型ブックシェルフ形状キャビネット)のBHで、上記以外の既製品情報をご存じの方がおられましたら、お手数ですが当方へのご助言、何卒よろしくお願い申し上げます。 ちなみに当方、下手の横好き自作スピーカーマニアでございますが、主たる動作方式はバスレフ・ダブルバスレフ・QWTでありまして、残念ながらBHに関してはあまりノウハウがございません(苦笑)。 自作BHにお詳しい方、もしおられましたらご回答、何卒よろしくお願い申し上げます(礼)。

  • クロスオーバーについて

    こんにちは。実は車用のスピーカーの話なのですが・・・よろしくお願いします。2WAYスピーカを付属のパッシブクロスオーバーで鳴らしていました。パッシブは3kHz:24dB/Octでカットしているようです。今回2WAYクロスオーバーが手に入ることになり、初めてクロスオーバーをいじるのですが、ハイパスとローパスは基本的に同じ周波数にあわせるのでしょうか?例えばハイパスを3kHzにするとローパスも3kHzにあわせて使用するのですか?今までさわったことがないのでここがまったくわかりません。よろしくお願いいたします。 車版よりも詳しい方がいらっしゃると思い、質問をさせていただきましたがもし、車用での質問が妥当であればおっしゃっていただければ移動いたします。 スピーカーの性能です。focal ユートピア165W ●スピーカータイプ:Separate 2Way ●再生周波数帯域:50Hz~22kHz ●定格入力:100W ●入力インピーダンス:4Ω ●出力音圧レベル:92.5dB(2.8V/1m) ●ツイーターTN51 再生周波数帯域 : 2,000~20,000Hz 定格入力 : 15w 最大入力 : 150w 出力音圧レベル : 94dB クロスオーバーはオーディソンのLXR2FTで18db/oct 2WAYクロスオーバー ハイパス・ローパスともに1.5kHz、2kHz、3kHz、4kHz、5kHzで調整が出来るようです。

  • オーディオ購入にアドバイスを!

    こんにちは。よろしくお願いします。 数日後にオーディオを購入しようかと迷っていますがオーディオには詳しくありません。 デザイン、ネームバリュー、価格からDENONで揃えようかと思っています。 プリメインアンプ PMA-390SE 標準価格:45,150円 CDプレーヤー DCD-755SE 標準価格:45,150円 スピーカー SC-T7L2 標準価格:113,400円(2台1組) または SC-T33SG 標準価格:27,825円(1台) 選択肢がほとんど無く、1つグレードを上げると予算オーバーなのでアンプとプレイヤーは多分決まりだと思います。 スピーカーに関してはサブウーファー無しで出来るだけ低い低音が出て迫力があり、高音もハッキリ聴こえるスピーカーが欲しいのですが、お店で聴いた感じではブックシェルフよりトールボーイの方が自分には合ってると思います。 【T33SG仕様】 2ウェイ・3スピーカー、バスレフ型 10cmコーン型ウーハー 2、2cmソフトドーム型ツイーター 1 最大許容入力:100W(JEITA)、200W(PEAK) 周波数帯域:30Hz~60kHz クロスオーバー周波数:2kHz 平均出力音圧レベル:83dB 外形寸法:W224 H942 D248mm 質量:10.0 kg(1台) 【T7L2仕様】 2ウェイ・5スピーカー、P.P.D.D./音響管方式、フロア型、防磁設計(JEITA) 8cmコーン型ウーハー(D.D.L.) 4、2.5cmダイレクトドライブ方式スーパーツイーター 1 最大許容入力:80W(JEITA)、160W(PEAK) 周波数帯域:40Hz~90kHz クロスオーバー周波数:5kHz 平均出力音圧レベル:87dB(1W・1m) 外形寸法:W280 H1,208 D270mm(台座含む) 質量:6.6kg(1台、台座含む) 周波数帯域数値が低いほど低音が出ると考えてよろしいですか? 外見が大きい方が低音が出るような気がするのですが…? T33の方がどっしりとした作りでT7の方が細身で華奢な外見です。でもユニットとしてはT7の方が豪華です。 低音高音はどこをチェックすれば目安になりますか? トールボーイよりブックシェルフとウーファーの方が良いという方居られますか? また、DENONは低音重視のメーカーだとこのサイトにありましたが、そうなんでしょうか? アドバイスをよろしくお願いします。

  • ツイーターの追加とチャンネルディバイダー

    自作フルレンジスピーカー(Alpair10)に、ツイーターを追加しようと思いたちました。ネットワークを作る代わりに、DBX234XSかべーリンガーDCX2496LEを使おうと思って、ちょっとネットを調べたところ、アキュフェーズじゃなきゃダメとか、チャンネルディバイダーはやめた方が良いなどの意見が多いように思いました。 実際のところ、何が問題でこれらのチャンネルディバイダーはダメなんでしょう? また使うに当たっての注意点などございましたら、ご教示いただけませんでしょうか?

  • P-610MBにツイーターを追加するには?

    ダイアトーンP-610MBに専用箱で聴いています。高域レンジが物足りないためツイーターを追加したいと思います。小容量コンデンサーとツイーターを取り付けたいのですが、具体的な製品名、入手方法、取り付け方法を教えてください。素人に分かるようお願いします。

  • CD/USBレシーバと昔のスピーカーを接続

    KENWOOD LS-K731-Bを愛用してます。個人的に、バブル全盛期の3WAYスピーカーが形的、インテリア的に好みで、LS-K731-Bとの接続を検討しています。低音は、そこそこで、パワフルで、すみきった中高音を期待できますか?スピーカーは、KENWOOD LSー900D、ONKYO D-77あたりを、ネットオークションで購入予定です。下記は、KENWOOD LS-K731-Bとスピーカーのスペックです。ご回答、よろしくお願いいたします。 アンプ部 実用最大出力 50W+50W (JEITA 6Ω) 入力感度/ インピーダンス 300mV/47kΩ(AUX、D.AUDIO) 出力レベル/ インピーダンス 2V/1kΩ(サブウーファープリアウト、AUX) 形式 3ウェイバスレフ型 インピーダンス 6Ω 最大入力 200W 出力音圧レベル 91dB/W/m 再生周波数範囲 28~45,000Hz クロスオーバー周波数 500,2500Hz キャビネット容積 57リットル 使用スピーカー ウーファ:31cmピュア・クロスカーボン・コーン型 スコーカ:12cmピュア・クロスカーボン・コーン型 トゥイータ:2.5cmプラズマナイトライデッドチタン・ドーム型 外形寸法 380W×670H×348D(サランネット含む)mm 重量 26.5kg その他 サランネット着脱式 左右対称型キャビネット  

専門家に質問してみよう