• 締切済み
  • すぐに回答を!

普通借地権の更新について

平成6年に父親が普通借地権契約を締結しました。(当方貸主) 父親が高齢になり、事実上私が本件賃貸借に関する窓口となっております。 最近この契約書を確認しましたところ、当初20年間の期間を定めた契約を締結しておりました。もうすぐ更新の時期だと思い借地契約を少し調べました。すると、普通借地権契約では当初30年以上の期間を定めなければいけないことを知りました。 契約期間20年間と言うことについては貸主・借主の両者が無知なだけで互いに承諾しています。 この場合、両者合意の元に更新契約(20年間)を取り交わしても問題ないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数168
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3

No2です。 >もめたら確かにそうですが、合意のもとに更新したらどうなのでしょうか? 更新では、20年で、その後も10年で、10年ごとに建物が存在するいじょう続くと解釈されています。 解約してしまえば問題ないですが解約しなければ 更新が何年後にあるかは関係ないように思いますが 尚、民法には「権利の上で眠る者は保護されない」という言葉があります。 つまり、権利(賃借権や時効取得権)があっても援用(法的手続き)しなかったら 意味が無いという事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 旧借地権契約の更新期間について

    旧借地権契約の更新でその期間を10年とする更新契約は有効ですか? 貸主です。現在、旧法上の借地権(居住用)で期間20年の契約を締結しています。 更新時に借主側より年齢的、経済的事情から10年で再契約(更新料は20年契約の半額)を 締結したい旨の申し出がありました。 旧法の場合、10年での更新契約は有効でしょうか?

  • 借地権について

    使用貸借について調べてみると借主が貸主から目的物を無償で借りて使用収益し、後にその目的物を貸主に返還する契約をいうとあります。 例えば土地を借りるときに、賃借料を支払っていたらこの使用貸借契約とはならないんですよね。 で、本題なんですけど、借地権についてです。質問は (1)借地権というのは使用貸借契約では発生しないのでしょうか? (2)契約時に権利金を支払っていない場合は、借地権は発生しないのでしょうか?(毎月の使用料は支払います) どうかよろしくお願いします。

  • 借地権の契約更新料は戻ってくるのですか?

    地主と借地権の契約を結んでいます。 契約期間は20年間です。 丁度5年ほど前に契約を更新しています。 残りがあと15年ほど残っています。 しかしながら、住んでいる家族が高齢化、建物も老朽化しており、 将来的に子供などがその土地に住む予定がありません。 もし、借地権を地主に買い取ってもらいたい場合、5年前に払った更新料(400万円程度)は 戻ってこないのでしょうか? もしくは一部返してくれたり、買い取りの際にその分を考慮してもらうことは可能でしょうか?

  • 回答No.2

>この場合、両者合意の元に更新契約(20年間)を取り交わしても問題ないでしょうか? 「更新は30年未満の期間を定めても30年となる」 ですから契約更新する意味がありません。 年配の方と借地契約する時に、いきなり30年などと言うと「俺30年後生きていない」と考え 契約を躊躇してしまうため、不動産業者が20年にして、貸し易くするんですよね。 ハッキリ言って不動産業者がウソを付いた事になります。 平成に入ってからは、普通借地契約は、ほとんど定期借地契約になっています。 家賃がちゃんと払われていれば問題ないですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>「更新は30年未満の期間を定めても30年となる」ですから契約更新する意味がありません。 問題はここです。 もめたら確かにそうですが、合意のもとに更新したらどうなのでしょうか?更新後もめた場合に、原契約まで遡って無効を主張されたりするのでしょうか?

  • 回答No.1

両者合意は今の時点だから第三者から見て合法な契約の方が何年か経ったあとのトラブルを無くす為には良いですよ。 定期借地と違い続くから。 貸主の方が積極的に行動してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ですよね~ 私もまさにそう思いました^^ ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 借地権について

    借地について教えて下さい。 土地を借りる際は「借地権」を必ず設定しなければならないのですか? 「普通に土地の賃貸借契約を締結する事」と 「定期借地権設定契約を締結する事」はどう違うのでしょうか? 素人質問で恐縮ですが是非教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 借地借家法

    手元に「事業用借地権設定契約のための覚書」があります。ここには、 借地借家法24条に定める事業用借地権を設定する。とあります。定期借地権という言葉はありません。契約条項第4条では、借地期間;20年と記載され、建物は全額借主負担で建てます。 10条では、借地期間満了前の解約について、「本件建物が滅失・借主による本件建物の取り壊しの予定の時も解約を申し入れることができる」となっています。これらは、公正証書作成の日に発効する。ことになります。 質問です。 定期借地権の場合、20年間借りてもらえるわけですが、この場合は、契約期間20年の前に途中退去可能な単なる普通賃貸借になるのでしょうか? 教えてください。 よろしくお願いいたします

  • 借地権について

    初歩的な質問なのですが、借地権は土地賃貸借契約書でどのような文言で有効になるのですか。 賃貸借の期間が20年(もしくは30年)とだけ定められていれば、よいのでしょうか。

  • 借地権の更新料と地代の違い

    借地権20年の期限が来て、貸主から契約の更新料を請求されました。最初に契約をした時点では口頭でも書面でも更新料については取り決めていません。力関係から言って何がしかを払うしかない、と思っています。これから契約書を作ります。 そこで不動産所得からの控除に関して更新料でなく地代の値上げとして支払うとどうかな、と思いつきました。 借地権の更新料と地代は法律上はどう違うのでしょうか?

  • 借地権について

    離婚による財産分与に伴い、共有名義だった借地権付きの住居を譲り受けます。(ローンも含めてですが、、、) その手続きですが、建物に関しては登記しますが、借地権に関しては、土地の貸主さんと契約しなおす必要があるのでしょうか?借地権も連名で契約してあります。 そのことに関して、一度貸主の大家さんに相談しましたが、高齢で入院がちなこともあり、手続きすることに難色を示しています。 借地権のある土地のうえに建物を登記すればその借地権は私のものになるのでしょうか?それともやはり借地契約もやりなおさないと、法的には共有名義の借地権との解釈されてしまうのでしょうか?もし借地契約をやりなおすとしたら一般的にどのくらい費用はかかるものでしょうか?専門知識がないし、借地権について詳しい人がいないので困っております。どうかよろしくお願いします。

  • 借地権について

    借地権について地主の立場から質問があります。定期ではないです。借地権割合を6割とします。 1.土地を貸すいうことは、地代をもらう代わりに、土地の6割を一時的にあげるということですか? 2.残りの4割分の代金をもらうと、所有権が借主の方に移ってしまうんですか? 3.契約の途中に借主が引っ越すときは、建物を無理やり買わされてしまうんですか?もし、建物を建てて1か月とかでもですか?それだと建て逃げみたいなことをされてしまうと思うんですが。 4.借主が6割を所有していることになるので、6割を支払わなければ土地は返ってこないのですか? 5.それとも30年間の契約が終われば、6割分が返ってきますか?でも、貸主側からは契約を打ち切れませんよね。 6.ということは、一度貸したら土地は帰ってこないのですか? 7.結局土地を貸すメリットってなくないですか? 30年分の賃料が土地代の6割を超えていれば割に合うのでしょうか。 あまりにも貸す側に不利だと思います。勘違いであって欲しいです。 よろしくお願いします。

  • 借地権について、教えて下さい。

    親の代から、もう40年以上、借地に家を建てているのですが、親がなくなり私が、借地権を相続することになりました。丁度そのときに借地権の更新の時期にあたります。新しい契約は、新しい法律(定期借地権とか?)で契約しなければいけないのでしょうか?又このような場合何か注意することがありましたら教えて下さい。

  • 借地権は誰にありますか?

    借地に住む妻と結婚し、借地で義父らと同居していました。義父が亡くなるのと契約更新時期がほぼ重なり私は地主に更新料を払い新居の建築を認めてもらいました。建物は私名義で登記しております。借地権自体の登記はありません。 借地権は相続の対象であることはわかります。本来なら妻が義父から相続するものと思いますがこの場合は借地権は私にあると判断していいのでしょうか?そうであるならば妻の借地権はどうなったのでしょうか? 私なりに考えると「義父が持っていた借地権は、私から地主に更新料を払うタイミングで私に移転した。よって妻には借地権は相続されていない」と思えます。 如何でしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 地主の借地権の購入義務

    当方、30年以上前に借地権を設定し、17年前に契約更新した地主です。契約では、まだ3年の借地期間がありますが、借主側の都合で、転居したいので借地権を路線価の6割で買ってくれと言われました。当方、路線価の6割を払うお金はありません。これを無視して、契約期間満了まで待っても、法律的に問題ないでしょうか? それとも、借地権を買い取る義務は、法律的に地主にあるものなのでしょうか?

  • 借地権売買時における借地更新料の扱い

    25年満期の借地権の上に自宅を建て、現在家族が住んでおりますが、定年(2年後)後は田舎生活をするためにこの借地権を売却してどこか郊外に一戸建てを購入しようと考えております。 さて、そのようにする場合の借地権の売却時期なのですが、借地契約更新前に売却すべでしょうか。 更新時期も2年後です。つまり契約更新まで2年間しかないのですが、これは借地権の売買価格には影響しないのでしょうか。 更新時にはおおむね借地権価格の5%程度の更新料が必要との地主側の不動産屋は言っております。 借地権価格は約3000万円との見積もりがありますがそうすると更新料に150万円要することになり、更新前後で借地権売買価格が変わらないのであれば、更新前に売却すべきかとも考えますが、どうするのが有利なのかわかりません。 どなたかお教えいただければ幸いです。