• ベストアンサー
  • 困ってます

老後資金として夫婦で1億円の貯金は必要ですよね?

老後資金に1億円もの貯金は必要ないとのみなさんの意見をよく目にしますが、私は下記の根拠により必要だと思うのです。もし、いやいや下記の根拠はここが間違ってるよというご指摘あれば、私もマネープランを見直しますので意見してください。 *基本的な夫婦二人の生活費(食費や光熱費、医療費等)は25万円/月(見込み)の年金でまかなう。 *老後期間を60-90歳(or65-95歳)までの30年間とします。 (1)シニア用マンションなどの購入費や30年間の管理費等:5000万円 (2)車購入費用:10年毎に乗り換えで、300+300+100=700万円 (3)旅行や趣味費用:平均年間100万円で、100X30=3000万円 (4)家のリフォームや家電故障時の買い替え等:500万円 (5)その他予備費:800万円 上記を考えると、どう見積もっても1億いるのですが、いかがでしょうか? なお、現在所有の住宅は老朽化により売却代金は0円との仮定です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1390
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

如何もなにも 貴方が計画通り金を使うなら必要でしょうよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。 貴殿のおっしゃるとおりです。 目からうろこの回答でした。

関連するQ&A

  • 老後に1億円は本当に必要ですか?【長文】

    以前、がっちりアカデミーで、保険営業マンが 老後にかかる最低費用として、1億円は必要というのを 話していました。 一般的にここでいう"老後"とは、 65歳で退職して年金生活が始まってからを指し、 そこを起算日として試算すると、 1億円は必要と言うことだと考えています。 しかし今の不況の中、大半の人の年収が 300万~400万円前後かと思います。 こんな状態で更に、少子化も進んでいる昨今、 只でさえ年金の支給額自体が減っているのに、 老後に1億円もかかるのでは、 医療技術の進歩と反比例するかの様に、 大半の人が生きていけないと思うのですが。 これは大半の人が餓死したり、 盗難・強盗などの重犯罪が横行してしまう。 イヤイヤ、それ以前に大規模なストライキ・暴動とか ボイコットとか、そういうことが起きるのでしょうか? 起きたところで、国がただでお金を?兆円も バラまいてくれるとは思えません。 現実的な対処を考えると、 もっと日銀が金融機関にお金を融資して、 貸し渋りをもっと緩和させて、中小企業を 元気にして経済を活性化するぐらいしか 思い浮かびません。 ちなみに、35歳から30年間の間に 老後1億円を支出しようとすると、 ローン分割払い/月:10万円(1LDKマンション3000万円) 食費/月:6万円、 預金/月:25万円、 つまり、月収82万円を30年受給し続け、 年収では984万円ということになります。 これでようやく退職までの30年で 1億円の預金になります。 食費を2万円ぐらいに抑えても、 月収74万円を30年受給し続け、 年収では888万円ということになります。 支払い形態はどうでもよいのですが、 ようは、年収1000万円前後くらいないと 65歳までに預金1億円なんて絶対無理だと いうことになります。 こんなの大半の人は無理ですよね? なのにどうしてみんな右往左往しないのでしょう? 国が何とかしてくれると楽観的なのか? それとも成るようにしか成らないと、 諦めているのか? 私の計算や将来に対する見方で 全く計算の足りていないところがあれば、 教えて下さい。 例えば、今のままだと確かに老後に1億円は必要で、 個人ががんばらないといけないのを前提に、 政府は必ずこういう対処をとってくれるとか、 何か多少でも救いのある未来像が描けるのなら 希望が持てるかもしれません。 ちなみに、国際借金が1000兆円を超えると 国が破綻すると言っていますが、 1000兆円超えるまでそんなに時間が無いような 気がします。 日本は一度破綻したほうが良いのでしょうか? それとも破綻する前に、実はまだ様子見で 日本政府に打つ手は残されているのでしょうか?

  • 老後資金と終身保険

    老後の資金形成のために終身保険をどこまで組み入れるかに関して、お聞きしたいと思います。 私27歳、妻29歳、娘1歳の家族構成です。 つい先日30年間、保険金5000万円の定期保険に加入しました。 終身保険も考え、素人なりに色々調べ、積立利率変動型終身保険(ソニー生命、最低2%金利確約)もしくは低解約返戻金型終身保険(東京海上日動)を候補に挙げました。あくまでも途中で解約はせず、向こう30年間以内に死亡したときの保険を上記定期+αとしての要素、そして貯蓄としての要素(こちらがメイン)を考えています。 現在、老後資金として、4000万程度あればいいなと思っていますが、そこに終身保険をどこまで組み入れたらいいかに悩んでいます。株や投資信託の知識はなく、定期預金しかいまはしていません。老後の資金を確保するために預金だけでやっていく自信がそれほどありません。上記終身保険を1000万、さらには2000万位かける意義はあるのでしょうか? 本やネットで情報を検索すると、終身保険を貯蓄や資産運用として求めるのはダメだとの記載を良く見ますが、実際そうなのでしょうか?株や投資信託を知らない、資産運用の素人にとっては、終身保険も十分魅力的に思えるのですが。 上記終身保険に入ることに対しての意見を頂きたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

  • 老後の資金(かなり長文です)

    30代の夫婦ですが、将来の年金が今貰っている給料(総支給)の半分くらいとして(国が年金額を将来減らしても現役の時の半分は出すと言っていると聞いたので。)、68歳からもらうとしますと(私達の時は70歳支給になるかもしれませんが)… 私達夫婦二人の場合、24万円になります。その額で生活は出来ても、病気になって高額な医療費がかかるようになった時(高額医療費控除?で月8万円の負担になったとしても)や、そもそも68歳まで働くにしても給料は下がるだろうし、パートしか職がなかったりするかもしれないので(貯蓄を崩さないと60歳から68歳までの生活費は結構辛いと思う)計算してみた所、 定年から68歳までの貯蓄の切り崩しで約300万円(しかしその間、職を失わずに手取り額は減っても現役の半分弱は出ると期待を込めた金額で計算) 年金生活になっても、医療費等で月8万円プラスして(30年間生きるとして)約3000万円… 家があると、リフォームで500万円~1000万円 葬式代(2人分)600万円 (一生にかかる、家電の買い替えや車の買い替えもバカになりません。子供がいる家庭は大学費用や結婚資金もプラス) 老後に最低5000万円は貯蓄がないと生活が厳しいという計算になりました。 ちなみに、主人の会社は退職金が出ても100万円とか200万円くらいだそうで、お互いの両親からの遺産はありません。 昔の利率が良い時に銀行に預金や個人年金などをした人の話しを聞くと…数百万円が老後は何千万円になって返ってくるとか、そもそも退職金が私達とは桁が違います。 5000万円を貯めるには今の生活費を月25万円(ボーナス含む)に抑えて毎年220万円(これが精一杯)ずつ貯蓄してようやく貯められる計算になります。 私達は子供は諦めています。主人の給料はこの10年間、残業はするけど残業代がなくなり休日出勤するけど休日出勤代がなくなり交通費までなくなり…毎年二、三千円は給料上がっているらしいですが税金も上がっているし目に見えて月の給料は毎年減っていってます。ボーナスは増えているのですが続くとは思っていません。妻の私は一生正社員を辞められません。しかし、もともとバブルなどを経験してないのでこんなものだと思っています。 退職金が一千万円とか出たり、産休がとれたり、子供がいても正社員で働けたりと…そういう恵まれた職業に就いてる人達や、二世帯で同居して孫の面倒を見てくれる親をもっていたり(家賃もかからず嫁が働きに出れる)、財産を孫の大学費用にと考えてくれる親をもつ人が羨ましいです。 皆様、老後の資金考えていらっしゃいますか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • g4330
  • ベストアンサー率18% (840/4653)

  夫婦で1億円の貯金は不要です。 夫婦で1億円の資金は必要です。 資金の中には年金も含まれます、25万×12月×20年=6000万円 だから、定年時点では4000万円の貯金があればよい  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。 感謝します。 さて、年金の25万×12月×20年=6000万円の件ですが、 それは質問にも書きましたとおり、日々の食費や光熱費、通信費、医療費などで消えます。 貯金4000万円では、シニア向けマンション5000万円の予算や車を買い替える費用が捻出できません。 なので、1億円いるという計算です。もちろん、シニアマンションの予算を3000万円とかに下げればもう少し安くなりますが、都会に住みたいので、住宅費は高くなるんです。

関連するQ&A

  • 老後の資金に1億円も必要ですか

    知人に、老後の備えだと称しケチケチ生活を続けながら1億円の預金を目指している者がいます。 老後の資金に1億円も必要でしょうか。彼の推定標準報酬月額は30-35万の厚生年金加入、44歳、パラサイトシングルです。 知り合いになって驚きました。香典を出し渋る、自動販売機は絶対に使用しない、昼食は自作弁当、残業でも夕食は必ず自宅、訪問の時は購入品は持参せず何か自作したもの、自室に扇風機もエアコンもなし、車とバイクは手放して所有せず、自転車通勤で交通費を丸儲け、ケータイ、インターネット無し等々。 特に驚いたのは、病気療養になったときです。なんと私のケータイにワン切りしてきました。かけさせて、電話料金が自分の番号に課金されるのを嫌気したのでしょう。 ありとキリギリスという話もありますが、ここまでして預金に執念を燃やすほど老後の資金1億を貯める必要があるのでしょうか。 こういう生活をしているからか、なんとなく貧相なオーラが漂っています。合コンで知り合った相手に社用のメアドを教えていては、連れ合いも見つからないと思うのですが。

  • 老後(60歳~)に必要な資金は夫婦で1億円というのは本当でしょうか?

    老後(60歳~)に必要な資金は夫婦で1億円というのは本当でしょうか? もしこれが本当だったら未曾有の現在の日本でこの金額を用意出来る老夫婦は殆ど居ない =殆どの65歳の夫婦の生活は成り立たないということになりはしないでしょうか?

  • 1億円貯金したい

    私は現在10代後半の女で学生なのですが、38歳までに1億円ほど貯金を貯めておきたいのです。 1人で1億円を貯めるのには、どれぐらい稼がなければならないのでしょうか?また、それを稼ぐにはどのようなこと(職業)をしなければならないのでしょうか?やはり風俗や、援助交際などしかないのでしょうか? キチガイな質問ですみません。お答えいただければ幸いです。

  • 2人目の高齢出産と老後の問題

    40歳前後での第2子の妊娠出産について質問です。 第2子の、高齢での出産をご経験された方や、 検討してやめた経験のある方、教えてください。 選択して決断に至ったとき、または断念されたとき、 下記の2点について、どのように解決なさいましたでしょうか。 (1) 第2子の大学(大学院その他)在学期間の頃には、 親は既に定年退職の時期となる。 二人分の学費を払って収入も途絶える(または減る)のにすぐまた、 老後の医療費や福祉費用が必要な時期が来る。 第2子を持っても尚、 老後の費用が貯蓄できるかどうかは検討されましたか。 第2子の教育費で老後用の貯蓄ができなくなりませんか。 (2) 親自身が75歳を超えて医療や福祉が必要になるころに、 第2子がまだ、30代でしかない。 親が自立生活出来なくなってくる時期にあり、 子の結婚や出産という重要な選択の障壁になりうるとか、 子が、育児や仕事の最も忙しくなってるであろう年代に、 親の面倒で煩わせ、 高齢出産ゆえの負担をかける予測ができる点。 以上の二点です。 私の身近には、思いがけず第二子を妊娠してしまった為、 上記のようなことは検討せずに、 「授かった命」と思って出産に踏み切った人がいます。 避妊は正確にするので、わたしには、予定外の妊娠はありえないです。 これらを検討せずに妊娠出産するのは、危険すぎると思っています。 年収なども併せて可能な範囲でつけ加えていただければ幸いです。 家族計画の参考にさせていただきたいので、様々なご意見お聞かせください。

  • 投資家の先輩方に質問です。もし5000万円あったら

    もし、あなたがサラリーのある生活をしていて。普段の生活には困らない上で宝くじ等で5000万円手に入る事になったらどう運用しますか? ちなみに、住宅ローンが年利2.2%で700万ほどあります。 沢山の方の意見が聞きたいです。 私の考えでは、分散投資として、 ・銀行の定期預金10年に1000万円 ・東京スター銀行の預けただけ金利ゼロで借り換えできる住宅ローンに700万円 ・アメリカ国債10年物に1000万円 ・アメリカドル定期預金10年物1000万円 ・オーストラリアドル定期預金10年物800万円 ・国内株に500万円(日立化成・SONY・鉄鋼株・自動車株など) 以上で5000万円投資しようかなーって浅はかながら考えております。 ちなみに、現在すでにある資産は。 収益マンション550万(下利率 約6%で運用) 国内株式約250万 自宅マンション負債700万円です。 サラリーは年収約500万円です。 以上の事から是非是非書き込みお待ちしております。 よろしくお願いします。

  • 一戸建ての売却/賃貸(老後は住居予定)について

    はじめまして、44歳の会社員です。 父の死去に伴い、実家が空室状況になりました。現在私は離れた場所で社宅住まいをしております。 実家は大阪梅田までバス+電車で40分以内のニュータウンに位置し、築35年ですがRC鉄筋コンクリート構造のデザイン性がある一戸建てです。 売却が賃貸で考えておりますが、ポイントは老後の私の住まいです。 ■以下の2点で迷っております。私は定年(残り15年)までは社宅を利用しようと考えてます(約5万円/月)。 (1)売却し老後のマンション購入資金に充てる (2)賃貸にして老後は自分達で住む ◆物件の条件は以下の通りです。 (1)土地:220平米 建物:120平米  (2)メリット:1)一戸建,2)デザイナー性高い,3)駐車場(3台分), 4)RC構造(大幅なリノベーション必要なし),5)学校区がよい(近い,レベルが高い) (3)デメリット:1)築35年,2)バス停近いも坂道多い (4)査定額(複数業者より見積もり) ・売却の場合:2200万円(売出しは2600万円) *上記メリット2)と4)により築35年でも建物に500万円の査定額あり。 ・賃貸の場合:8万円/月 ◆主な発生費用 ・売却の場合:ハウスクリーニング代,登記費用,老後マンション購入費(3000万円) ・賃貸の場合:リフォーム代(貸出し時:300万円 自分達入居時:700万円)、ハウスクリーニング代 ◆賃貸の不安点 (1)入居率(15年間だと0.8%くらい?) (2)家賃の下落 (3)追加リフォーム代(入居者が変わる度に必要?) (4)管理・税金などの煩わしさ (5)老人には不向きな環境?(自分が老後に住む場合) ★私の考え 金銭的な事を考えると,2度のリフォームしても老後のマンション購入費の3000万円が浮く訳なので賃貸が有利ですし、20年住んだという愛着もあり、 賃貸に傾いておりますが、上記不安点を考えると踏み切ることができず、パッと売却してすっきりしたいという想いもあります。 類似の質問がたくさん寄せられている中、申し訳ございませんが、どなたか御意見をお願いします。 以上よろしくお願いいたします。

  • 老後のためのおカネは、どのくらい必要でしょうか? ○千万円? 1億円以上?

     これからの超高齢化社会、年金もあてにならないとあって、老後のためにそうとうな蓄えを持っていないと不安ですが、だいたいの目安として、定年の60歳時にどのくらいのおカネをもっていれば安心できるでしょうか?

  • 老後に必要な資金

    婚活中の33歳女です。 人生に後悔がないように婚活していますが、自分の場合は理想が高く、結婚は難しいと思っています。あくまでもいい人がいたら結婚したいという感じで、無理にするのはやめようと思っています。 精神的にゆとりを持つ為にも、一人で生きていけるように、貯蓄を始めました。 若い頃に遊び過ぎたせいもあり、まだ1,500万弱しか貯金できていません。 老後に必要な最低資金は3,000万と言われていますが、本当に皆さんそんなに貯金できているのでしょうか? 私は一人で惨めな思いはしたくないので、5,000万は貯めたいのですが、自信がありません。 少子化で年金はあてにできず、婚活で焦りすぎない為にも、万全の準備はしたいです。 また、何の保険にも入っていないので、保険のかけ方も教えていただけると助かります。 将来的に両親を扶養家族申請し、税金を安くしようと計画しています。 将来の保険の為に、好きでもない人との結婚は避けたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 老後資金

    現在30歳の女性ですが 老後資金は何歳くらいから考えればいいのでしょうか? まだ独身ですが彼氏がいない為結婚の予定もありません。 結婚するのか子供を産むのかで 老後の事は変わってくるのでしょうか? という事はまだ老後の事の事は考えなくてもいいのでしょうか?

  • 老後資金

    50代男性です。 大企業合併に伴い、長年勤めた会社(3次下請け程度)が撤退、消滅してしまいました。 僅かな退職金での失業となりましたが、年齢的なことと、失業して初めて実感した住む町の小ささとが再就職を難しくしているようでした。 失業から8ヶ月目頃に、前職の現場を受け持つ会社から要請があり、面接しましたが、本当の面接相手は派遣会社でした。 年齢的なこともあり、再就職しましたが、給与は前職の60%程度。また、元々それほど高くはなかったこともあり、失業当時の預金残高も微々たるものでした。 現在、大企業内部の新たな合理化計画もあり、数年後には再就職を果たした現場、部署そのものが消滅する可能性が取り沙汰されております。 そして、低賃金の派遣社員という状況では月々の生活費が常にマイナスであり、60歳定年、さらに延長としても、年金支給年齢までは到底足りる筈もない。それ以前に生活資金が尽き果ててしまいます。 また、足腰が弱く、近い将来には運動器に支障をきたし、歩けなくなる可能性もある状況です。 年金支給年齢までは生きられない、という可能性の中で何とか副業として始めたのが株式投資でした。 ところが、これがまた難しいのなんの。 僅かな資金はみるみる消えてしまいました。 本来、会社が消滅する以前には、ただの一度も考えたことのない、いや、考える必要のなかった株式投資。 先が見えない状況の中で唯一見えるものが、生活難から否応なしに、しかも、確実に訪れるであろう不幸な未来。 格差社会という中で、定年から年金支給に至る長い年月を安定の中で生きる者達には決して見えない世界がある。 現在、交代勤務をしており、アルバイトなどもできないのが現状ですが、かといって、そうまでして生きていたくはないという気持ちもあります。 株で何とかしようなどという考え方自体には大いに問題があったことは言うまでもないことですが、生活資金を少しでも増やさないことには問題は解決しない。 数年後の合理化で、再び失職した際には、もう定年間近です。まともな再就職などあろうはずもないのです。 バイタリティはあっても前進できない現状。また、確実に進む年齢と体力低下。 安定の中に暮らす者達が決して考えることのない格差社会という社会の悪しき現実を非難するよりも、先ず目の前の問題に取り組まなければなりません。 お先真っ暗な状況を打開する方法はあるのでしょうか?