-PR-
解決済み

PS2の使い道●USBポート●i.LINK(IEEE1394)

  • 困ってます
  • 質問No.81114
  • 閲覧数1638
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 43% (156/357)

拡張性
●i.LINK(IEEE1394)
新世代の高速インターフェイスS400(i.LINK)端子を装備。将来の家庭内のネットワーク環境に対応しています。

●USBポート
デジタル機器間の標準インターフェイスとして(USB)端子を2基装備。デジタルカメラ、プリンターなどの入出力機器とのデータ交換が可能となり、これからの幅広いアプリケーションに対応します。

上記ps2の説明にありました。

ぱそこんのDVDROM変わりになるとかいろいろ言われていたのですが、結局どうなったのでしょう?
パソコン用のポートがあるのですが、利用方法は?<パソコンとの接続で
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 26% (511/1924)

GT3では専用のGT FORCEというハンドル&ペダルコントローラがUSBに繋がります。更にiLinkで繋ぐことで最大6台までの対戦ができます。
最近発売されたUSBモデムも有りますね。WEBブラウザも有りますので、インターネット接続してホームページを見ることもできます。

DVD-ROMの代わりになるというのはあくまでも噂ではないでしょうか?
PS2自体がかなり高性能なコンピュータですから、パソコンの外部機器に成り下がる必要は無いんじゃないかと思いますね。
お礼コメント
uedaharuo

お礼率 43% (156/357)

レス下さった方、ありがとうございました
投稿日時 - 2001-06-04 04:24:40
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 25% (42/162)

失礼ですが、かなりの言葉不足です。
やっと解読できました。

質問内容を補足すると
プレイステーション2に搭載しているUSBやIEEE1394って
結局のところ何の役に立つのか?
っていうことですよね?

多分かなりの人が こう勘違いしますよ
(パソコンのPS2端子ってUSBやIEEE1394と違う
 何らかのメリットがあるの?)

で本題ですが将来的に用意されているだけ
としか言えません。将来的というのの例で
「LinuxKID」があげられると思います。
カードスロットやUSBを駆使していると思います。

将来的にはIEEE1394にHDDや外部記憶装置
USBにはマウスやネットワークが接続されるように
なると思います。

  • 回答No.2

 USBポートは、プリンタやデジカメと接続することができます。たしか、最近新しくでた「モンスターファーム」では、SONY製デジカメ「DSC-P1」とつないで、顔写真をモンスターにすることができます。
 プリンターではエプソン製「PM-780」(だったっけ?)とつないで、なんかのゲームの一コマが印刷できます。
 余談ですが、PCカードスロットは、近々発売といいつつ発売日が延びまくっていますが、「PS2専用HDD」をつなぐことができます。(の予定)
 あまり、過信しないでくださいでね。参考までに。
  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 20% (1/5)

ゲーム用途限定で解説しますと、

USBポートはマウスとキーボーマニア用キーボード、
そしてPS2用USBキーボードを接続するのに使います。

IEEE1394は、PS2を2台用意して通信対戦をするときに使います。
代表的なソフトはアーマードコア2ですね。

いずれにしろ、PS2はゲーム用途が中心ですので、
今のところはゲーム用の周辺機器をつなぐものだという認識でいいと思います。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ