• 締切済み
  • すぐに回答を!

不動産登記の委任状について

1番と2番の抵当権をまとめて抹消する際の弁済証書または解除証書が計2通あり、その原因証書名及び作成日付が同じ場合、委任状としては『私は~~~に、年月日付「○○○○」記載の通りの~~~を委任します。』と記載したものを1通添付すれば足りますか?それとも『私は~~~に、年月日付「○○○○」、及び年月日付「○○○○」記載の通りの~~~を委任します。』としますか?あるいは(ほぼ同じ書類になりますが)前者のものを2通? 1番最初の例でよいとは思うのですが、ただ、それですとどちらの原因証書を指して委任しているのか、あるいは両方を指して委任しているのか分からないとも言えます。同様のことは他の2例に関しても言えます。 どなたかご存じありませんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数374
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

抵当権の受付日受付番号を記載して、抹消すべき登記を特定すれば、一通で足ります。 作成日だけでは不足です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

toratanukiさん、どうもありがとうございます。 受付日と受付番号は2通の原因証書に(それぞれ異なるものが)書かれています。 2通の委任状には、(原因証書の作成日及び書類名を指して)その原因証書記載の通りの抹消登記申請を委任するといったようなことが書かれています。 (2通の原因証書の作成日と書類名は全く同じのため)2通の委任状に記載されている内容も全く同じになりますので、提出するのは1通でも足りるのでは、と思ったわけです。 どうなのでしょうか? (原因証書に受付日及び受付番号を記載すれば、一般的に、委任状にはそれを書く必要はないと思いましたので……)

関連するQ&A

  • 抵当権抹消登記の原因について

    抵当権の解除と弁済という言葉の意味について教えてください。 抵当権抹消登記の原因には「解除」と「弁済」とそれぞれ使われますが(平成19年6月11日弁済 や 平成19年6月11日解除 みたいに)、登記原因証明情報としては原因が弁済であっても「解除証書」というし、そのなかの記載でも「解除原因 何年何月何日弁済」っていうものがありました。解除の中に弁済が含まれると言うことなんですか?でもそれだと原因として言葉を使い分ける意味がわかりません。 あと、原因が弁済の抹消登記に金融機関からの委任状として、「何月何日受付第何号の抵当権を解除したのでその抹消登記をなすこと」というのではいけないのでしょうか。解除証書の通りと書かないといけないのでしょうか。(解除証書には「解除原因 何月何日弁済」とある)。

  • 不動産登記について質問です。お願いします。

    不動産登記について質問です。お願いします。 (1)抵当権者A、債務者B、設定者c、Aの抵当権を目的として甲の転抵当権が設定されているというケースで、Cが抵当権の目的不動産でAに対して代物弁済をした場合、どのような法律関係、登記が発生するのでしょうか。 私の考えでは、たぶん CからAに所有権移転 原因代物弁済 次に、転抵当権者甲の承諾書を添付して、抵当権抹消 原因代物弁済 だろうと思います。 しかし、今回は債務者に代わって物上保証人による弁済なので、代位弁済のことが気になってスッキリしません。もちろん、CからAに所有権移転 原因代物弁済後に、代位弁済を原因としてAからCに抵当権の移転が生じないことは、なんとなくは分かるのですが、理論的に理解できません。 上記(1)のケースの場合、どのように考えたらいいのか教えてください。お願いします。

  • 不動産登記

    証書貸付で金銭消費貸借抵当権設定契約書で、融資をおこなったところ、担保の一部が他人名義であることが発覚したため、その部分を除く他の一部に抵当権を設定して融資を実行していた。後日、本人名義になったので、抵当権を設定することになったが、その場合、原因証書を何か?金銭消費貸借抵当権設定契約書だとしたら、これだけで設定できるか、それとも追加担保差入書等のほかの書類も原因証書として必要か。

  • 不動産登記 明確な根拠を教えてください。

    AとBの共有地に,抵当権設定。 A死亡でD,Eが相続(所有権未登記)。 B死亡でFが相続(所有権移転登記済)。 B死亡の保険金で債務弁済したことにより抵当権消滅しました。 DとEで争いがあるため,相続による移転登記はしておりません。 この状態でFが申請人となって義務者とともに抵当権抹消できるでしょうか? 「共有地の抵当権抹消は,共有者の一人が申請人となってできる。」 「相続発生後の抵当権消滅は,相続登記後でないと抹消登記できない。」 これらの先例から、本件の場合どう考えるべきか教えてください。

  • 不動産登記の書式・登記名義変更と移転

    Aの抵当権が弁済された後にAの商号がABに変更になった場合、それでも、ABへの登記名義人表示変更を経由して、弁済による抵当権の抹消登記をする必要がありますか?この場合、登記原因の日付が逆になり(古いものが後に登記される)、事実の経過とは異なるように思うのですが。

  • 抵当権抹消登記 委任状について

    死亡した夫名義の不動産の抵当権を抹消登記を申請しました。 銀行から抵当権抹消登記の委任状と抵当権の消滅承諾書をいただき、 自分で抹消登記を申請しました。 法務局から先に、相続登記をしてからでないとうけつけられないとの連絡を頂きました。 相続登記をするというのは、抵当権のついている不動産の所有権を夫から相続人 に移転登記をするという意味でしょうか? いずれ、相続登記はしようと思っていますが、とりあえず、抹消登記をしてしまいたいのです。絶対に相続登記をしたあとで無いと、抹消はできないのですか? 相続人は私と子供二人だけです。よろしくお願いいたします。

  • 登記上の利害関係人」

    1番抵当権が設定登記され、次に2番抵当権が設定登記されている場合に、1番抵当権を抹消し、その後、抹消回復登記を申請する場合、2番抵当権者は「登記上の利害関係人」になるようですが、もともと設定時点での2番の位置に戻るだけですから不利益はないと考えることができるのではないかと思うのですが。一方、1番抵当権が抹消された後で、2番抵当権が設定登記され、その後に抹消回復登記申請をする場合には、2番抵当権者は設定時に予期しない状況になるので不利益であり「登記上の利害関係人」になると考えるのは自然ですが。この辺の根拠を教えてください。

  • 不動産登記の抵当権抹消についてわからないことがあります

    こんにちは。 この度親の持っている不動産を売却することになり、家庭の事情で色々と分からないことがあったので登記証明書をとりました。 家を買う時のローンについてはその借用先から抵当権抹消の記載があるのですが、その後にリフォームした時の抵当権抹消の記載がない状態です。(支払済の記載はあります) 売却にあたって、の不動産会社の方ではこれが嫌なことらしいので、リフォームの時の抵当権者の信販会社に問い合わせているのですが、会社がかわっており、進捗状態がよくありません。 登記にはお金もかかることですから、信販会社が古いことをしたくないように思うのですが、これはこちらが抵当権抹消をするべきなのか、信販会社がするべきことなのかがわからないのです。 問い合わせをしたので、あまりのんびりと向こうの答えを待っている訳にもいかないのでお分かりになる方、どうぞ教えてください。 

  • 自分で家の抵当権抹消登記申請をします、疑問点があるので教えて下さい

    ローンが終わりましたので住宅金融公庫と銀行の抵当権抹消の申請を自分でします。登記の本を購入して勉強しましたが分からないことがあります。 (1)公庫からもらった書類のなかに『委任状』がありますが自己申請でも抹消登記の委任状が添付書類としているのでしょうか?(委任状は抵当権解除証書にホッチキスで止められていて名前欄が白紙です) (2)銀行からはその銀行の印鑑証明書をもらっていますが書式集には添付書類として記載されていません。添付する必要がありますか? (3)公庫の現在時効証明書が十五年8月15日付けの証明書です。新しいものを取る必要がありますか? 以上3点ご教示ください。

  • 抵当権抹消登記の際の原因および登記原因証明情報

    購入予定の土地につけられている抵当権設定仮登記を抹消しようとしています。登記申請書の「原因」と、登記原因証明情報として何証書を作成すればよいか教えてください。 その抵当権設定仮登記(乙区2番)は実体の無い債務にともなって設定されたものなのです。つまり、その抵当権を設定した土地の所有者がその土地にこれ以上抵当権を設定されないようにと予防の意味で、何の金銭貸借もないのに知人に頼んで抵当権だけを設定してもらったそうです。(抵当権者は個人、債権額4000万)4000万分もの抵当権が設定されていれば、3番、4番とさらに抵当権を設定しようとする者もいないだろうと思ったようです。(土地の価格が低めなので、設定しても3番、4番まで配当がまわらない) こういう場合、登記申請書の「原因」には何と書けばいいのでしょうか。抵当権者は個人で、抵当権の抹消にも同意しているので、登記原因証明情報(解除証書等)はこちらで自由に作成することができます。 原因を「解除」として解除証書を作成してしまう、あるいは「主債務消滅」?「弁済」?(これらの原因にした場合、解除証書等以外にも何か添付書類が必要になるのでしょうか) それとも実体のない金銭消費貸借に伴って設定されたという事実をそのまま書いたほうがいいのでしょうか?その場合「原因」には何と書いてどんな登記原因証明情報になるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。