• ベストアンサー
  • 困ってます

タンパク質の発現について…。

久しぶりに質問させていただきます。融合GFPを取り扱う実験を行っているのですが、融合GFPがコードされたプラスミドDNA(Aとします。)から融合GFP部位の塩基配列を他のプラスミドDNA(Bとします。)に組み込む実験を行っています。PCRによって、ベクターBに融合GFP部位の塩基配列の導入が確認出来たのですが、いざこのプラスミドDNAからタンパク質を発現させ、抽出すると、GFP発光が全く確認出来ませんでした。 ホストベクターの種類によって、発現が抑制されるような事ってありますか?また、ライゲーションのやり方によって、3文字の認識コドンがずれる事とかあるのでしょうか? ちなみに、このクローニングでは、タカラバイオ様のIn_fusion酵素を用いています。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数3
  • 閲覧数1967
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

No2です。 そうですか、ベクターAの時点でコンストラクトは完成したという訳ですね。 pcDNAにサブクローニング後、細胞での発現が・・・という問題ですね。 ベクターAで発現は確認されているので、きちんとライゲーション(In fusion)されていれば発現すると思いますが、 下記事項をご確認されてみては? 1)遺伝子導入はPCRではなくて、遺伝子特異的な制限酵素切断をするかどうかを調べる。 → PCRのインサートはPCRのプライマーで増幅することは確定しています。内部の配列がどうであれ。 きちんとした遺伝子が挿入されたかは、目的の遺伝子にユニーク(シングルカッター、ダブルカッター)の制限酵素をもちいることで信ぴょう性良く確認できます。 2)遺伝子発現するためには、細胞へのトランスフェクションが必須かと思いますが、それは問題ありませんか? 目的の細胞に効率のよいトランスフェクション法ですか? ポジコンとしてpcDNAGFPオンリーなどを使えば、トランスフェクションがワークしているかをチェックできます。 大腸菌に比べてマンマルは蛋白の発現量が少ないですので、より感度が良い方法で判定した方が良いかもしれません。 つまり、抽出の前に細胞を蛍光顕微鏡で覗いてみる。 発光があれば良いですが、ないのであれば細胞を潰してウェスタン(抗GFPで)してみる(ポジコン同様)。 バンドが出れば発現はしているけど、発光していないだけ(構造的問題)と言えるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

色々と自分で考えてみた結果、遺伝子導入を行った大腸菌に問題があるのではないかという結論に至りました。ベクターAを作製した際には、BL21(DE3)というT7RNAポリを発現させる大腸菌株を用いていたのですが、ベクターBを作製した時には、BL21(DE3)ではなく、クローニング用の大腸菌株を用いていました。なので、さっそくベクターBをBL21(DE3)に形質転換を行い、発現タンパク質が光るかどうかの確認を行ってみます。それでもうまくいかなかったら、browntrautさんがおっしゃった方法を試してみたいと思います。 色々とアドバイスをいただき、ありがとうございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

もう少し詳細(ベクターの種類、発現ホスト、発現チェック法、なぜAからBにサブクローニングするのか?)などをお知らせ頂けるとアドバイスしやすいのですが。それなしで考えましょう。GFPをどのような遺伝子と融合したかはどうでも良い問題です。 1)目的の遺伝子がクローニングされているのか不明です。 例えば、プラスミドAから目的の遺伝子だけをB(GFP融合用ベクターなど)へサブクローニングし、融合タンパクを作ろうとしているのでしょうか? はい→ GFP fusion用プラスミドはN末用、C末用などが準備されており、MCSがあるので適合した制限酵素で切り貼りができますが、In fusionで適当にチェンジしてしまうとシフトの危険がありますね。In fusion自体がいけない訳じゃなく、In fusionするためのインサートの配列と受け入れ側の配列がしっかり合っているか確認が必要です。また、C末GFPタグベクターなのに、インタクトな遺伝子(ストップ付き)をご丁寧に融合してやると、もちろんGFPは発現しません。その逆でN末GFPタグベクターの場合はGFPのフレームに細心の注意を払うことが必要です。フレームがズレて発現タンパクが不完全になります。最悪は細胞内で分解されてしまいます。 2)目的の遺伝子がすでに融合されている場合(いいえの場合) すでに作製済みの融合タンパク質の遺伝子をサブクローニングする場合は、プラスミドAの時点で発現は見てみましたか?最適なホストでAが発現していないなら、Bでも発現しないと思います。しかし恐らく、A→Bのサブクローニングは目的のホスト細胞での発現チェックを実施したいがためにやっているものだと推測していますので、下の質問の項目に移りますね。 質問 ・ホストベクターの種類によって、発現が抑制されるような事ってありますか? あります。pBluescriptなどは大腸菌用、pcDNAなどはマンマル用です。アベコベで使うと発現しません。また、tetオペレーターのベクターは単独では発現しない場合があります。遺伝子の発現はプロモータに依存するので、使いたいホストにマッチしたプロモータをプラスミドが持っているかどうか確認してください。それから、ユビキタスプロモータ以外のプロモータを用いると、遺伝子発現は細胞依存的になります。目的の細胞でしか発現しなくなります。 ライゲーションですが、スタートからストップまでの遺伝子ができあがっており、それをそのままライゲーションするのであればフレームシフトの心配はありません。しかし、融合タンパク作製時に制限酵素が合っているからといって、適当にライゲーションをするとズレますので注意を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

長文の回答ありがとうございます。詳しい事を申しますと、自分が作った融合タンパク質は、2つに分割したGFPをペプチドで繋いだものです。最初はPHATベクターに融合タンパク質をコードした塩基配列を導入し、大腸菌に形質転換を行いました。これからタンパク質を発現させ、抽出した時には発光が確認出来ました。 次の段階で、今度は細胞で観察を行うために、今度はpcDNAに融合タンパク質をコードした塩基配列を導入し(in_fusion酵素)、大腸菌に形質転換を行いました。しかし、これからタンパク質を発現させ、抽出したものからは発光が確認出来ませんでした。ちなみに、プラスミド抽出を行い、導入確認のためのPCR産物からは目的バンドが得られました。 フレームシフトに関してはノータッチでしたので、調べてみます。

  • 回答No.1

融合タンパクであるのならば、発現が抑制されることはあまり無いと思いますが。 注意して実験計画を立てないと、コドンは普通にズレます。 きちんとシークエンスとにらめっこして、プロトコルを作らないとえらい目に会いますよ。 普通この手の実験はシークエンスまで行うのですが、どうでしょうか。 配列を確認しなければ、何が原因か分からないままですよ。 確認してみましょう。 コドンずれも無く正しい配列なら、今度はウェスタンでもしてみましょう。 融合タンパクとしてきちんと分子量が増加しているか確認しましょう。 配列OK、発現OKでも光らないというのなら、これはもう相性の問題です。 根本的なところから、N末に付けるのかC末に付けるのか、他の蛍光タンパクにするのか。 色々考える必要がありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。自分が勉強不足だったみたいなので、色々と調べてみます。

関連するQ&A

  • GFP遺伝子を含むプラスミドを大腸菌へ形質転換

    GFP遺伝子をプラスミドpUC119に組込み、そのGFPを含んだプラスミドを大腸菌へ形質転換する実験を行いました。このプラスミドは、GFPとpUC119をそれぞれEcoR1で切断し、ライゲーション反応させて作ったものです。 今回の実験でできた大腸菌のコロニーを紫外線にあてて観察しました。 GFPの蛍光と大腸菌のβ-ガラクトシダーゼ活性を利用した遺伝子工学実験の基礎です。 その実験結果でわからない問題があるのでこの場でみなさんのお力をお借りしたいと思い投稿させていただきました。 最終的にできたいくつかの大腸菌コロニーのなかで不思議なものができました。それは コロニーの色:薄い青(lacZが発現) 蛍光:あり(GFPを含む) というものです。なぜこうなってしまったのかがわかりません。 GFP断片を含むのにlacZが生成することなんてありえるのでしょうか? 学生実験なのですが、ちなみに他の班も全員同じ結果となりました。 なので全員が実験操作を誤った確率は低いと思います。   この問題の参考資料として次のようなものが配布されました。 pUC119・lacZα-フラグメントの配列(塩基配列およびアミノ酸配列) あと 今回の実験で使ったGFPuv遺伝子断片のEcoR1切断領域の配列(塩基配列および3フレームで翻訳したアミノ酸配列) この2つがなんらかのヒントになっていると思うのですが、この資料でなにがわかるのかよくわかりません。 詳しい方、お教えください!

  • DNAのコードについて教えてください

    たんぱく質のアミノ酸残基TyrはmRNAの塩基配列の5’UAC3’でコードされている。 (1)このコドンの鋳型となるDNAの塩基配列 (2)このコドンに結合するtRNA(Tyr)のアンチコドンの塩基配列 たんぱく質のアミノ酸残基HisはmRNAの塩基配列5’CAU3’でコードされている。 (1)このコドンの鋳型となるDNAの塩基配列 (2)このコドンに結合するtRNA(His)のアンチコドンの塩基配列

  • 遺伝子工学技術によるタンパク質の合成について

    1.大腸菌を用いてタンパク質を合成するときに、DNAをプラスミドに組み入れる理由は何ですか? 2.塩基配列からタンパク質のアミノ酸配列は決定されるが、アミノ酸配列は塩基配列が決まらない理由は何ですか? 分かる人がいたら大至急回答お願いします。

  • フレームをあわせるということ(組み換え蛋白の作製)

    大変初歩的な質問なのですが、3つずつ蛋白を読むように発現ベクターを選ぶというのはわかるのですが、インサートに用いる遺伝子でORF以前の塩基は少ない方がよいのでしょうか?PCRで増幅させたDNAを制限酵素処理→TAクローニングでライゲーションさせています。 ORF手前20塩基ほどついています。 GST融合蛋白として発現させているのですが、GSTのみが発現していました。

  • mRNAの塩基配列にチミンが入ることはあり得るのでしょうか?(本来はT

    mRNAの塩基配列にチミンが入ることはあり得るのでしょうか?(本来はTの代わりにUになるということは理解しております) また逆に,DNAにウラシルが入ることはあり得るのでしょうか? 実のところ,本当に知りたいのは生物学の過去問題の考え方なのですが,こちらの方も何かアドバイス頂ければ幸いです。 「塩基配列に次のような変異が起こった場合、どのように変化するか」 (1)遺伝子間にTAATAA・・・が挿入 (2)GUG→GUC (3)TAG→TUG (4)終始コドンの後の6塩基を除去 (5)開始コドンの上流500塩基が脱離 先輩が曖昧な記憶で書いたものなので,塩基配列がmRNAなのかDNAなのかもわかりません。 4,5で「コドン」と明記されているのでmRNAの配列かと思うのですが,(3)のようにTAGなんて配列が出ることがあるのでしょうか? 曖昧な質問で申し訳ありませんが,どなたかお願いします。

  • 生物の基本的な質問です。

    生物の基本的な質問です。 コドンと塩基配列の違いって何でしょうか? コドンはヌクレオチドが3つ連なっているけど、DNAの塩基配列はGGUTCT・・・って感じに相補的なヌクレオチドがくっつくと聞きました・・・ もう訳が分かりません。ちなみにヌクレオチドは相補的なモノとくっつくってありましたが、 CにはT、とか結合するヌクレオチドって決まっているのですか?? 本当に、いたしかたなく勉強しています。 どうか、救いの手を・・・宜しくお願いします。

  • エンハンサーとサイレンサー

    エンハンサーやサイレンサーが逆向きでも遺伝子を発現できるということですが、それはDNAがループ構造に成ることによって逆向きでも転写を調節出来るということでしょうか? また、転写制御因子が同じDNA上で異なる塩基配列の部位にも結合することは可能なのでしょうか?

  • タンパク質を合成する遺伝子がどの部分に、またはどんな塩基配列のとこにあるのかを調べる方法は??

    DNAの塩基配列を調べる方法以外に、DNAのどの部分に、またはどの塩基配列に、目的とするあるタンパク質を合成する遺伝子があるのかを調べる方法はありますか??教えてください。

  • DNAの解読について

    5’-GGCATATTAACTAGATTATTAAAATTCGTATACATTAATCAAATAAACACGATCACCCAATAAAATATCCCACAAACAGGC- 3’ このような塩基配列(正配列)に対して GlyIleLeuThrArgLeuLeuLysPheValTyrIleAsnGlnIleAsnThrIleThrGln のようにアミノ酸が得られるそうです。 しかし、コドン表と上記DNA配列を比較しても、上に書いたようなアミノ酸の組み合わせは得られません。 どう解読したらよいのでしょうか。

  • プラスミドDNAの塩基配列

    初めて質問します。よろしくおねがいします。 急ぎでいます。 遺伝子の組み換えの実験で、目的の遺伝子をプラスミドDNAの塩基配列中にはめ込むとき、プラスミドをどのようにすればいいですか? GAGGTACCGCTAACTCC CTCCATGGCGATTGAGG この二つはつながっています。 またいれるところを作る道具として制限酵素EcoRI,KpnI,SmaIのどれを使いますか? お願いします。