-PR-
解決済み

ONKYO TX-SA608のウーファーは

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7475367
  • 閲覧数660
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (105/105)

度々似たような質問ですみません。アンプはONKYO TX-SA608、フロント:KENWOOD LS-K711
センター:TANNOYmercury mC-B/EYE  サラウンド:DENON USC-MA7700:サブウファー:ONKYO SL-105。ケーブルはBELDEN 8470 SP 、サブウーファーはaudio-technica DVDLINK サブウーファー用ケーブルと言う構成です。吹き抜け18畳ですが、視聴は8畳ほどの場所です。床はフローリングですが、サブウーファーは純木製の机の上に置いております。
まず低音がこもっている感じです。下に置いてみたり、アンプで調整してみましたが、あまり変化がないようです。ブルーレイで映画、音楽は主にサントラが多いです。あまり大音量では聴きません。
メリハリをつけるとするとどのような方法がありますか?また買い換えの場合お勧めは?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 61% (961/1571)

オーディオ カテゴリマスター
こもるという表現は人によって多少の違いがありますが、概ね100Hz~300Hzが出過ぎる、またはその帯域の音が減衰しにくい状態です。

こもりを減じる場合、kurioneさんの場合機材で対処するなら、サブウファー:ONKYO SL-105のハイカットフィルター 可変(50~200Hz)を50Hzに下げて極力KENWOOD LS-K711と100Hz~300Hzの帯域が被らないようにしてみる。あるいはサブウーハーを鳴らさないでこもり具合をチェックする。
また、AVアンプだとチャンネル数が多くて難しいけど、2chアナログ入力ならグラフィックイコライザーで125~250あたりを減じてみる。
これらはどちらかと言うと対症療法で消極的。
こういうことで少しでも改善するなら、以下のような部屋の模様替えをお勧めします。

吹き抜け18畳という空間の音響的な問題を改善する。特に距離4~7mの平行面があるとこもりになる定在波が発生しやすい。どちらか一方にひだの多いカーテンを吊るすと効果的な場合もある。
吹き抜けなら天井と床という事もあります。絨毯を敷くと多少の改善が見込まれる場合もありますが、小さなテーブルなどを置いてある程度の高低差をつけたほうが有効でしょう。
特に部屋のコーナー(天井部を含む)が家具などでふさがれていない場合には低域は減衰しにくい。
部屋の隅にソファーを置いたり、ホームバーを作ったりすることでこもりが改善した例は多くあります。
本格的に吸音設計するのは大変だから、家具類で乱反射させて少しでも定在波が起こりにくい状態にする訳です。
単純な壁、単純な床、単純な天井は往々にしてこもりだとかフラッターエコーなど、悪い音につながります。

部屋の詳細が判らないので、ありがちなパターンを想定して、改善を望むならこういう方向だろうという推測で回答してみました。
お礼コメント
kurione

お礼率 100% (105/105)

分かりやすい説明本当にありがとうございました。
それぞれの選択肢を試してみます。
投稿日時 - 2012-05-14 20:36:43
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ