• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

住宅ローン、保証料、事務手数料、どちらに注目?

住宅ローンについてお聞きします。 最近は保証料0円をうたう銀行等がありますが、その分、事務手数料を高くとっている場合が多いと思います。 変動金利でローンを組む場合、将来金利の変動を考え、借り換えを視野に入れたローンを組むことが必要と考えます。保証料が安く事務手数料が高いローンが良いのか、またその逆がよいのか、どちらの方がより良い選択なのか教えていただきたいと思います。もちろん、金利はできるだけ低いのを選ぶのは言わずもがなです。よろしくお願いします。 ローンは4000万、変動金利35年です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1583
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • aoixy
  • ベストアンサー率44% (111/248)

当方も変動金利で借り入れをした者です。 「借り換えを視野に入れた・・・」とありますが、金利が上昇してから借り換えても間に合わないように思います。現在の変動金利では多くの銀行で0.875%程度ですので、金利負担は大きくありません。ですが、35年ものローンを組むと将来的に金利は必ず上昇します。金額と年数を変える気がないのであれば、最初から固定がいいのではないでしょうか。借り換えというのは、金利が高い時期(10年ほど前かな)に借りた固定ローンを、金利の安い現在の変動ローンへ変更する場合でメリットが出るものだと思います。 保証料と事務手数料のどちらに注目といいますが、トータルで安い方を選べばいいですし、もし同じくらいならば、繰り上げ返済で返金がある保証料の高いローンを選べばいいと思います。 頭金をできるだけ入れる(万が一すぐに売却したとしても、ローンが残らないようにする)、できるだけ短期間で支払いを終えるようにする(短期間ローン、もしくは繰り上げ返済)、月々の余った分は返済のために取っておくなどの考えは常に必要だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

4000万に対する保証料となると、かなりの金額になるのではないでしょうか。 保証料0円の銀行で、そこまで高い事務手数料を取る銀行はあるのでしょうか、例えば新生銀行の場合は5万の事務手数料です。 借入時に一括して保証料を払わない金融機関はたくさんありますが、その場合は保証料が金利に含まれているところが多いです。 仮に保証料と事務手数料が同じだった場合(あんまり無いと思うのですが)は、保証料で払っている方が後々得になる場合が多いです。 それは、保証料は繰り上げ返済すれば戻ってくるからです。 変動金利は今後高くなっていくリスクが確かにあります。 ただし、今ある金融機関毎の差が大きく変わることは、あまり多くありません。なぜなら、住宅ローンの変動金利は、短期プライムレートを基準にして各金融機関とも設定しているので、短期プライムレートが上がればどの金融機関の金利も上がることになります。 変動金利を利用する場合は、リスクを少しでも減らすため、一部繰上げ返済をなるばくやった方が良いです。 その場合は、繰り上げ返済の手数料が無料であるところを選ぶのも重要かと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • 86tarou
  • ベストアンサー率40% (5094/12700)

変動金利でローンを組む場合、将来金利の変動を考え、借り換えを視野に入れたローンを組むことが必要と考えます。> 金利上昇を視野に入れるなら、最初から全期間固定金利の方が良いかもしれません。現状2%を割ることもありますし、借り換えの諸費用も考えればどうかというのもあるでしょう。変動金利が上昇した時には固定金利も既に上がっているというのもあります。これを避けるとすれば、変動金利が上がる前に借り替える必要があります。ただ、借り替えたあとに金利が上昇するかどうかは分かりません。 少々金利が高くても全期間固定金利で総支払額が決まっている安心を取るか、当初の返済額が少ない変動金利で総支払額が少なくなるかもしれない賭けをするかの違いです。結果は完済するまで分かりませんし、逆に変動金利の方が多く払う可能性もあり得ます。20年ほど前には8%になったこともありますので。現状すぐには上がらない経済状態だとは思いますが、国債がデフォルトにでもなれば急上昇する可能性も否定出来ません。 保証料が安く事務手数料が高いローンが良いのか、またその逆がよいのか、どちらの方がより良い選択なのか教えていただきたいと思います。> 総額が同じなら、どちらでも同じかと思います。借り換えするなら先ずは他行でしょうし、その時にはまたその金融機関の諸費用が掛かるのですから。または、その見積りを元に借りている銀行の金利を下げて貰うなら、手数料は殆ど掛からないので関係ないことになります。 もちろん、金利はできるだけ低いのを選ぶのは言わずもがなです。> 変動金利であれば、現状の金利で比較しても意味がないかもしれません。金利が上昇するのもバラバラでしょうし、上がる量も違う可能性がありますので。 ローンは4000万、変動金利35年です。> 闇雲に35年ローンはお勧め出来ません。現在の年齢から考えて、定年までに完済する必要があるでしょう。これでも繰上返済は必須で、10年程度は短縮して完済後は老後資金の貯蓄に充てたいところです(年金だけでは生活出来ない可能性高し)。 4000万円借りるのも、収入と年齢から考えて無理のない金額であるかどうかです。変動金利を選択するとしても全期間固定金利でも無理のないローンにしておき、差額を貯蓄して将来の金利上昇に備えないと安心出来ないでしょう(一部は繰上返済)。 頭金も物件価格の20~30%以上は用意し、ローン残高>家の価値にならないようにしておけば、いざという時に売却して精算出来るメリットがあります。逆の状態だと、金利が上がって払えなくなった時に非常に困ることになりますので。 人生を左右する借金をするのですから、この程度のリスクヘッジは必要だと思いますよ。 質問とは関係ないことも書きましたが… いい家に住めると良いですね♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 現在の住宅ローンは、労銀の変動金利で保証料上乗せし2.2%になってます

    現在の住宅ローンは、労銀の変動金利で保証料上乗せし2.2%になってます。 最近住宅ローンで、保証料なし金利1%未満とか出ていますが、 借り換えはどうなのでしょうか?まだ20年1700万くらい残っています。 職を失い払う能力がなくなった時、保証料があると保証会社が代わりに払ってもらえると思いますが 保証料ないということは連帯保証人がいるのでしょうか? おすすめの住宅ローンはありますか?

  • 住宅ローンの借り換え

    住宅ローンの借り換えを検討しています みなさまなら、どちらの銀行を 選択されるか、アドバイス&コメントをお願いいたします。 現状:大手銀行 変動金利:1.5(三代疾病含) 35年固定:3.5(三代疾病含) 借り換え(1):大手銀行 35年固定⇒変動金利:1.4(三代疾病含) ※保証料必要 ※登記費用は一件分 借り換え(2):ネット銀行 変動金利⇒変動金利:1.1(三代疾病無) 35年固定⇒変動金利:1.1(三代疾病無) ※保証料無し ※登記費用は二件分 利率としては、三代疾病を含む含まないの差があるので、同等と感じています。 (1)は、変動金利の金利が半期毎に改定になりますが、(2)は毎月更新で実行の二週間前に 知ることができるため、景気変動に伴う固定金利への移行が楽な印象です 借り換えの主な目的は35年固定を変動金利に変えることにあるのですが、 個人的な予測として、長期金利はあと数年は現状の低金利が続くと考えていますが 数年後には、日本の国債格付け引き下げに伴い、4%ぐらいまで上がるとしても 二年あれば、借り換えに伴う諸費用は回収できると考えています。 また、(1)、(2)共に本審査完了しています。 何か足りない情報がありましたら、追記させていただきますので、指摘ください。 よろしくお願いいたします

  • 住宅ローン 保証料の違い?

    最初はA銀行で婚約者と収入合算してローンを組む予定でしたが審査に通りませんでした。 次に私のみの収入でB銀行では無事審査が通りましたが金利0.1%分、A銀行に比べ保証料が高くなると言われました。 営業マンが言うには、収入合算する場合は金利が0.1%分優遇され安くなっているので、私一本だけでいく場合はその分上乗せされ保証料が高くなる。これはどこの銀行でも同じ。みたいな事を言っていました。 住宅ローンを組む際、収入合算する場合としない場合では保証料の金額が変わるのでしょうか。 いろいろ調べてみたのですがよくわからず詳しい方に教えていただければと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 住宅ローンについて

    この度マンションを購入することになり住宅ローンの選定で悩んでいます。どちらの銀行がお得なのかご意見いただけますでしょうか? A銀行  変動金利 1.225  固定金利3.340      保証料 78万円ほどかかる B銀行  変動金利 1.675  固定金利3.450      保証料 かからない 固定・変動のミックスローンを考えております。 繰上げ返済はしないという前提です。

  • 住宅ローンの借り換えについて

    先日、近くの信用金庫の人が住宅ローンの借り換えの営業にきました。 そこの信用金庫は今、変動金利で0.9との事。 我が家は変動金利で1.425です。 借り換えをするメリットがあるのかないのか、正直わかりません。 借り換えに関しての知識は殆どないのですが、住宅ローンを組んだ銀行で以前に借り換えを検討する場合は、借り換え先の金利との差が1%以上ないとさほど借り換えする意味がないと聞いた覚えがあります。 そうなのでしょうか? 借り換えとなると手数料などで何十万円かはかかってしまうので、その事も考えると・・・ ちなみに我が家は、 ○2700万の借入 35年ローン ボーナス返済なし 返済6年目に突入で、金利は変動金利で1.425です。 今回営業にきた信用金庫は変動金利0.9ですが、借り換えのメリットはありますか? アドバイスお願い致します。

  • 住宅ローンの保証料

    住宅ローンの保証料の返戻金について質問です。 H14 ある信用金庫と住宅ローン契約締結。その信金は保証会社として当時の住宅金融公庫を利用。(その契約内容の詳細は借主である私達には一切明かされず。ただ返還の際の手数料の明記なしと口頭で説明あり)保証料約100万。 H16年に一部繰上返済の際、約30万の保証料の返戻がありました(手数料0円) H17年7月に完済した際、再び保証料の戻りが約35万程ありました。これは約15万の事務費相当額30%が控除されておりました。 「事務費相当額30%」とは返戻金に対して30%の手数料を取るというものです。(我が家のケースでは本来50万の返戻金があったはずなのに、15万が引かれました) H16年では満額返戻されたのにH17年6月に完済した際には15万もかかるのはおかしいと疑問に思い問い合わせたところ、H17年4月より住宅金融公庫と信金の間でそうゆう取り交わしをしたとのことです。当初、手数料などなかった保証契約が、保証料を払っている我々借主に合意を求めたり、説明をすることなく、自分達の知らないところで決められて勝手に引かれてしまうということがあっていいものなのでしょうか。 契約内容が変わる(手数料0円→事務費相当額30%控除)のであれば、保証料を負担している貸主に合意を求める義務はないのでしょうか。知らぬ間に幾らでも相当額50%80%のように自由に決めた金額を転嫁されてしまう理不尽さは仕方のないものなのでしょうか。 他の保証会社では返戻の際の手数料は無料だとか、一律3150円程度が手数料の相場です。「事務費相当額30%」では借換えなどで早く完済した人には我が家のように15万もかかってしまいます。手数料が一律ではなく、返戻金に30%かかるというのも、金額によってなんの手数の違いが発生するというのでしょうか。住宅金融支援機構のこの「事務費相当額30%」という国土交通省の指導のもと問題にされることなどはないのでしょうか。全くの自由なのでしょうか。。住宅ローンを組む際に住宅支援機構はこのことを借主に分かるよう、金融機関を通して説明する義務はないのでしょうか。知らないでこうゆう保証会社に入ってしまっているのは非常に理不尽だと思います。今は借り換えが当たり前になっていますが、自分の知らないところで保証料の手数料が15万も取られているとしたら、一部繰上返済や完済を繰り返す度に無駄に多額の費用がとられていることになると思います。 (1)当初の保証内容と契約が変わったのであれば、信金は借主に合意を求める、説明を怠りました。これは返戻要求が可能なのかどうか。 (2)「事務費相当額30%」というとり方は支援機構の自由であって、理不尽とは言えないのか?今後知らぬ間に50%80%と営利を追求するかの如く多額の「事務費相当額」なるものを徴収され事態が起こりうるのでしょうか。 以上2点について教えて下さい。

  • 住宅ローンの借り換えの際の保証料

    今年の5月に住宅ローンの切り替え時期がきます。 しかし現在借り入れの銀行の金利が高く保証料を払っても安くなる銀行へ借り換えしようと考えています。 ただ今の借り入れしている銀行の担当職員が足元を見るような返事をしていて「もう少し金利を下げれるかも?しれません」というので「計算して一番安い銀行に決めますのでじゃあ最終金利はいくらですか?」と聞いても「今ここでは答えられません。上に稟議書を書いてみないと・・」あやふや。 その担当職員に不信感が・・・ 借り換えをしようと考えている銀行の方は「当初ローンを組んだ時に一括で保証料を支払っていればいくらか戻ってきますよ!」と言われるのですが不信感たっぷりのその職員には聞きたくありません。 (なんだか嘘いわれそうで) どなたか詳しくご存知の方お知恵を拝借したいと思います。 その上でその銀行員に話しをしたいと思います。 説明がダラダラとなりましたが宜しくお願い致します。

  • 住宅ローン、2社で迷っています

    中古物件を購入にあたり、住宅ローン(2420万円借入、35年、変動金利)を組む事になったのですが、2社で迷っています。 A社  <メリット> ・変動金利から固定金利に変更しても、金利優遇1.4%がある ・火災保険が団体割引になるので安い <デメリット> ・銀行保証料50万円がかかる ・繰上返済の時、手数料1万円がかかる B社 <メリット> ・銀行保証料が要らない ・繰上返済の手数料がかからない(変動金利選択時のみ 固定は2万) <デメリット> ・変動金利から固定金利に変更すると、金利優遇が受けれない *両社とも、金利はほぼ同じです  (今現時点で思いつく事です) B社が魅力的なのですが、大きな差は変動金利から固定金利に変更すると金利優遇が受けれなくなることです。 今は超低金利ですので、変動金利を選択しようと思っていますが、後に景気が上がってくると、固定に変更した方が良い時代が来るかな?…とも思い、迷っています。 B社の担当の方は、「変動から固定に変えるなんてしない」的な事を言っていましたが、???とも思いました。 この先の景気の事は誰も確約する事は出来ないと思いますが、専門知識が無い為、金利の事はよく分りません。 ですのでアドバイスよろしくお願い致します。 ちなみに、銀行保証料は、完済後手元に返金されるのでしょうか? 重ねてよろしくお願いします。      

  • 住宅ローン借り換えに伴う手数料

    住宅ローンの借り換えを検討しております。 主人は現在46歳です。 完済(H45)まであとちょうど25年ありますので3ヶ所(公庫1900万・助成公社1200・民間200)のローンを一本化したいのですが 今教育費が膨大にかかるため現金の持ち出しに余裕がありません。 また、今年から11年目に入り公的ローンが4%になり家計を圧迫しております。民間は半年ごとの短期変動金利です。 1.住宅金融公庫から新たな民間の銀行に借り換えする場合、手数料や保証料などの諸経費をローンの中に組み込んでの返済をしてくれる銀行はありますでしょうか? 2.20年~25年の超固定金利が希望です。よく取引状況によって金利優遇という話をききますが、メインバンクの場合固定金利ローンの場合も金利優遇とかあるのでしょうか? 3.銀行に借り換え相談に行く場合、準備して持参する必要書類等ありましたら教えてください。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 住宅ローンの保証料

    昨年、公庫から地銀に住宅ローンの借り換えをしました。そのときに保証料をがっぽり!とられたのですが、表示してある金額と違うのです。当時は100万円を25年で借りた際には21.037円となっていました。うちは2100万を23年で借りましたので、この料率から行くと44万ちょいよりはお安くなるはずですよね。しかしこのときなぜか62万もとられたのです。(手数料は別に31500円とられました)ほかに何かかかるのでしょうか?借入人によって料率が変わるのでしょうか?抵当権の手続き云々は別でやりましたので、純粋に保証料だけです。今では保証料を取らないところもあるのでとっとと借り換え計画中ですが・・・・