• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

国連安保理について

 こんにちは。国連の事について質問をします。所々表現が間違っていると思いますが、指摘していただけるとありがたいです(^^;)     1992年のイミダスを見ていて安保理の所を見ました。アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の五か国の常任理事国と他の国からなる非常任理事国がありますよね。何かの決議?をする時、例え全ての非常任理事国が賛成をしても常任理事国のうち一か国でも反対するとその案は通らないそうです。  どうしてそんなに常任理事国の意見が重んじられるのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数214
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • tenpai
  • ベストアンサー率25% (14/54)

No.2です。 >どうして戦勝国が常任理事国に適任なのですか。 第二次世界大戦は日本・ドイツ・イタリアを中心とするファシズム諸国と、アメリカ・ロシア・イギリスなどを中心とする民主主義国との戦いでした。 戦争の結果、ファシズム諸国が破れ、日本ではアメリカのもと民主化政策が進められ、日本国憲法が発布され、現在に至っています。 ファシズム、つまり独裁政治はただ一人の独裁者があらゆる決定権を持っているので、かつての日本のように他国を占領したりしてしまったんだろうと思います。 世界の歴史から考えて、ファシズム諸国は危険であり、民主主義国家を国連の常任理事国にしたほうがよかったんではないでしょうか。 国連は第二次世界大戦後に発足しました。敗戦国の日本などが常任理事国になったりするのは考えられないことのように思います。 これらは、すべて私の考え方ですが・・・ みなさんはどうお考えなんでしょうかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。すごく納得です(・・)

関連するQ&A

  • 国連安保理の決議の方法についてお聞きします。

    国連安保理の決議の方法についてお聞きします。 ある問題集で「安保理では常任理事国の5ヵ国すべてが賛成しなければ決議されない」と書いていたんですが、そうなんでしょうか? 調べてみると「手続き事項」の決議は「理事国のうちの9ヵ国の賛成」とだけ書いていて、常任理事国については何も書かれていなかったんですがどうなんでしょうか? 「実質事項」の決議に常任理事国の賛成が必要なことはわかったのですが、それが必要でない場合(手続き事項のケース)もあるかと思ったのですが・・・ 詳しい方ご教授願います!!

  • 安保理決議

     国連の安全保障理事会について学んでいます。安保理では過去にさまざまな案件について決議されていますが、そのなかでアメリカ、イギリス、フランス、ロシア(ソ連)、中国の常任理事国が反対(拒否権を行使)したせいで、国連がすみやかに動くことができず、多くの人命が失われてしまった出来事などはあったのでしょうか?回答よろしくお願いします。

  • 国連安保理常任理事国という特権はいつまで

    国連安保理常任理事国という一部の国の特権はいつまで続けるのでしょうか? もう2016年にもなりますし、安保理常任理事国といっても、 ハーグの仲裁裁判所でクロ裁定を受けたりもしているというのに。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • been
  • ベストアンサー率39% (490/1243)

国際連合の正式名称の直訳は「連合国」です。そもそも国連は、第2次大戦の戦勝国=連合国が主導する国際機関として発足しています。これが、常任理事国優位の歴史的経緯です。 法的理由もあります。 現在の国際社会においては、主権国家平等の原則が承認されています。また、国内社会と異なり中央政府が存在しません。よって、国家は、自ら同意しない限り何らかの義務を負うことはありません(慣習国際法上の義務を除く)。つまり、国際機関の決定には、関係国の同意=全会一致が必要なのです。 この原則を素直に導入した国際連盟は、決議に全会一致を要することが足かせとなり、戦争の抑止という目的を達成することができませんでした。 現在の国際社会においては、大国の意向に反する決定は、所詮、絵に描いた餅に過ぎません。国連は、国際連盟の失敗を繰り返さないため、その中核である安全保障理事会に常に大国(第2次大戦の戦勝国=米・英・仏・露・中)の議席を確保(常任理事国)し、その意向を反映させる(少なくとも反対されない)仕組(拒否権)を導入したのです。 なお、大国に拒否権があるのは安全保障理事会の決議の場合だけです。他の分野では、常任理事国といえども、他国と平等な一主権国家にすぎません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ちょっと私には難しかったです(^^;)でも、丁寧な回答ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • tenpai
  • ベストアンサー率25% (14/54)

現在の国際連合では、第一次世界大戦後に設立された国際連盟と違い、違法な国に対して武力行使を行い、制裁を加えることができる、というのがあります。 違法な国、といっても本当にどの国から見ても武力制裁を加える必要があるかどうかは、多数決で決めるべき問題ではないと考えています。 現在、190以上の国連加盟国のほとんどがOKだといっても、やはり世界の大国がNOといえば、その議決には疑問が残るでしょう。 選挙のように、世界の代表として常任理事国五ヶ国が世界の平和維持のために慎重に審議できるようにこのような拒否権(一ヶ国でも反対するとその議案は決議できない)が与えられていると思います。 反対しているのは一ヶ国だけだから・・・といって決議してしまうと、その国の意見を無視していることになります。 その五ヶ国には、第二次世界大戦の戦勝国が適任だろうと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>反対しているのは一ヶ国だけだから・・・といって決議してしまうと、その国の意見を無視していることになります。   そうですよね(゜□゜)!!!逆に考えてました。常任理事国の中にもし不条理な理由で反対する国があったとしたら、明らかに納得いかないっ( ̄^ ̄)と思っていました。 ところで、どうして常任理事国には第二次世界大戦の戦勝国が適任なのですか?

  • 回答No.1
  • Traja
  • ベストアンサー率19% (107/546)

その昔、国際連盟だった頃 ・大国になりつつあったアメリカが加盟していなかった ・一応主要国として扱われていた、日本が自国に不利な決議に抗議して脱退した(多分ドイツも後に脱退したような記憶が。。。不鮮明) ・全会一致が原則 等の理由から、連盟の意義権威が低下した。 これら経験から、第二次大戦の戦勝国(後の超大国)が自分達が戦後の世界を導く、という強い意志の基に、 安保理に於ける強力な主導権を持つための規定でしょう。 これ以外にも、戦勝国(米英仏ソ中)と敗戦国(日独伊)との間には、様々な差別的規定もあったと聞いています。 これがなければ、アメリカも旧ソ連も強引な多数派工作を行い、相手国に不利な決議を連発し 不満を持った相手側が国連から脱退、ついに不満が爆発して再び大戦なんて事が もしかしたら起きたかもしれませんから、当時としてはまあ妥当な規定だったのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はぁー(>_<)世界って難しい! 平和よこい…。。。

関連するQ&A

  • 非常任理事国が6カ国だった時代

    こんにちは。 非常任理事国について分からないので、2つ質問させてください 安全保障理事会の非常任理事国は今は10カ国ですが、 1965年までは6カ国だったと思います。 そこで、 1、今は常任理事国5カ国の反対なしで、9カ国の賛成票で 安保理の決議が可決される、という方式だと思いますが、 昔の、安保理11カ国体制の時代はどのような採決方法をとっていたのでしょうか?? 2、なぜ、4カ国増やしたのか。 (国連の加盟国数が増えたから、という理由は分かっているのですが、 なぜ「4」という数字なのか分かりません) データが見つからず、こちらに質問させていただきました どちらかひとつでもいいので、 ご回答よろしくおねがいします><

  • 国連安保理

    日本の国連安保理常任理事国いりの問題のなかで憲法9条のことが話題になっていますが、日本政府は憲法9条を改正しようとしているのですか?それとも、改正はしないとしているんですか?教えてください。

  • 国連安保理 イラン制裁に非常任理事国のブラジルが拒否を表明。協議は難航

    国連安保理 イラン制裁に非常任理事国のブラジルが拒否を表明。協議は難航しそう との記事。 なぜブラジルは反対するのか? また、常任理事国でない国の意見を重視するのはなぜか?

  • 常任理事国の拒否権って?

    日本が常任理事国に入りたい為、各国に根回しやってるみたいですが、常任理事国になっていいことあるのですか? 常任理事国と非常任理事国の違いはなんですか? 拒否権ってなんですか? 常任理事国がアメリカ、中国、ロシア、イギリス、フランスって戦勝国だから?戦争終わって半世紀以上過ぎてるのに、これっておかしいと思います。 国際貢献度から言えば、アメリカ、日本、ドイツ、イギリス、フランスでしょう。 中国は経済援助を受けてる国にもかかわらず、なんで常任理事国なんでしょうか?

  • 日本は非常任理事国じゃなかったの?

    日本が国連の非常任理事国入りを目指しているそうですが 日本って非常任理事国じゃなかったんですか? 初歩的な事ですみません 常任理事国以外の国連加盟国はみんな非常任理事国だと思ってました…

  • 国連、安保理について

    大学で国連や安保理についての課題が出されました。 「日本はなぜ常任理事国になりたいのか」 「日本の安保理改革の取組と課題」 この2つで2000字なのですが、うまくまとめることができません。 みなさんはこの2つをどのように考えるか教えていただきたいです。 また、参考URLなどありましたら教えてください。

  • 国連

    日本が国連の非常任理事国になったとの事ですが、非常任事理国とはどうことですか?

  • 国連安保理の常任理事国になればどんなメリットがあるのでしょうか?

    日本は国連安保理の常任理事国へ名乗りを上げましたが、見事に夢破れました。 中国や韓国の妨害工作が功を奏したとの見解もあるようです。 憲法前文にある 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して ・・」 という文章が全くのデタラメである事が証明されたと思われます。 ところで、安保理の常任理事国になれば、我々日本国民にとって、一体どんなメリットがあると考えられるでしょうか? 逆にそんな役目になれば、事あるごとに 「日本は金持ちなんだから、もっとカネ出せ、自衛隊も出せ」 と無理難題をふっかけられるように思うのですが ・・・ 今でも日本に比べて、常任理事国である中国やロシアなんて、「カネも出さない、軍も出さない」 という姑息な態度に終始しているように感じられます。 おまけに何かと言えば 「拒否権、拒否権」。 そんな所に 「金持ちの坊や」 のような日本がしゃしゃり出てきた日には、徹底的に利用されるだけというイメージがあります。 挙げ句の果てに、またまた借金が増えるだけ ・・ それを乗り越えて安保理の常任理事国入りが実現した場合、一体どんなメリットがあるのでしょうか?  せいぜい口先の綺麗事と言うか、「大国としての義務」 とか、「国際社会における日本の発言力が強まる」 とかの回答が予想されますが、「それは分かるけど、発言力が強まったからと言って、我々に何の関係があるの?」 と考えてしまいます。 それとか、実際には我々一般庶民には何の関係も無く、ただ 「外務省の官僚たちが外国に対して大きな顔が出来る」 事くらいしか無いように思うのですが ・・ あくまでも一般庶民から見たメリットを教えて下さい。

  • 何故ロシアは、国連安保理の常任理事国なのか?

    常任理事国であった、ソ連邦が崩壊した後、連邦の構成国の1つだったロシアが、何故常任理事国を引き継いだのでしょうか? ロシアはソ連邦のなかでは特別な存在だったのでしょうか?

  • 非常任理事国

    過去の回答などを見て、常任理事国と非常任理事国の違いは分かったのですが、では非常任理事国はどうやって決まっているのですか?日本が8回今までに選ばれたことは評価されていますが、どうやったら非常任理事国になることが出来るのですか?