• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国連安保理

日本の国連安保理常任理事国いりの問題のなかで憲法9条のことが話題になっていますが、日本政府は憲法9条を改正しようとしているのですか?それとも、改正はしないとしているんですか?教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数234
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

正確には、日本国民がですよね。 一応教科書のおさらいをしておくと、ご存知のとおり国会で衆参3分の2(この時定足数、つまり出席議員ではなく定員の3分の2です)以上の賛成で憲法改正の発議がなされ、国民の過半数の賛成で天皇が公布することで憲法改正が成立します。世界でも稀に見る硬性憲法です、日本国憲法は。 現状で、というかもう何十年も前から自主憲法の制定とか言われてきました。言論機関でも10年前に読売新聞が社独自の改正試案を発表したり、先日自民党がやはり独自の改正案を発表しました。新聞にも大きく載っていたのでご存知だと思います。 さて、日本国憲法が9条も含めて改正されることは 無いでしょう。だって改正されるのならとうの昔に改正されていたはずですし。冷戦終結の新たな国際変化の枠組みに伴って日本もそれに対応しなければならない、その為の憲法改正だというのではあまりにも主体性が無さ過ぎます。 ご質問の中の国連(一応これも言っておきますが国際連合という言い方はやめたほうがいいです。正確には、THE UNITED NATIONS つまり連合国です。死文化し、連合国総会で無効の決議がなされたとはいえ憲章第53条、107条の敵国条項は未だにあります。敵国条項とは何かは以前質問された方がいた筈です)安保理の常任理事国入りも一筋縄ではいかないですよ。 日本の常任理事国入りに明確に反対を表明している国がただ一国あります。北朝鮮です。 結論。日本政府は憲法9条を改正しません。というか現在の政治状況ではまず無理です。なぜかというと日本国民自体も憲法にそれほど関心があるわけではないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あーそうなんですか。教科書のことすらあんまりしりませんでした。わかりやすい説明ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 国連安保理の決議の方法についてお聞きします。

    国連安保理の決議の方法についてお聞きします。 ある問題集で「安保理では常任理事国の5ヵ国すべてが賛成しなければ決議されない」と書いていたんですが、そうなんでしょうか? 調べてみると「手続き事項」の決議は「理事国のうちの9ヵ国の賛成」とだけ書いていて、常任理事国については何も書かれていなかったんですがどうなんでしょうか? 「実質事項」の決議に常任理事国の賛成が必要なことはわかったのですが、それが必要でない場合(手続き事項のケース)もあるかと思ったのですが・・・ 詳しい方ご教授願います!!

  • 国連安保理常任理事国という特権はいつまで

    国連安保理常任理事国という一部の国の特権はいつまで続けるのでしょうか? もう2016年にもなりますし、安保理常任理事国といっても、 ハーグの仲裁裁判所でクロ裁定を受けたりもしているというのに。

  • 国連安保理について

     こんにちは。国連の事について質問をします。所々表現が間違っていると思いますが、指摘していただけるとありがたいです(^^;)     1992年のイミダスを見ていて安保理の所を見ました。アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の五か国の常任理事国と他の国からなる非常任理事国がありますよね。何かの決議?をする時、例え全ての非常任理事国が賛成をしても常任理事国のうち一か国でも反対するとその案は通らないそうです。  どうしてそんなに常任理事国の意見が重んじられるのですか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

改正なしでの常任理事国入りを目指しています。 9条の改正は大変な作業です。国民にも政治家にもいろいろな考え方の人がいますし、まとまりません。まず改正の<手続き>が大変なんだそうです。 あなた様が問うておられるのは、政府が将来的に9条改正をしようとしているのか?という事か、それとも政府が安保理入りするために9条改正をしようとしているのか?で答えは違ってきます。 9条が何年 何十年という長い時間でみれば改正されるかどうかはまだだれもわかりません。時代が今では想像つかないくらい変化すればそういうことも起こってるかもしれませんが、少なくとも現在、常任理事国入りするために憲法を改正する、と言うことは政府は考えておられないと思います。 自分は今のまま、日本が常任理事国になる資格は十分あると思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました。あろがとうございます。

関連するQ&A

  • 国連安保理

    最近よく耳にする国連安保理って何でしょうか?

  • 国連、安保理について

    大学で国連や安保理についての課題が出されました。 「日本はなぜ常任理事国になりたいのか」 「日本の安保理改革の取組と課題」 この2つで2000字なのですが、うまくまとめることができません。 みなさんはこの2つをどのように考えるか教えていただきたいです。 また、参考URLなどありましたら教えてください。

  • 国連安保理の常任理事国になればどんなメリットがあるのでしょうか?

    日本は国連安保理の常任理事国へ名乗りを上げましたが、見事に夢破れました。 中国や韓国の妨害工作が功を奏したとの見解もあるようです。 憲法前文にある 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して ・・」 という文章が全くのデタラメである事が証明されたと思われます。 ところで、安保理の常任理事国になれば、我々日本国民にとって、一体どんなメリットがあると考えられるでしょうか? 逆にそんな役目になれば、事あるごとに 「日本は金持ちなんだから、もっとカネ出せ、自衛隊も出せ」 と無理難題をふっかけられるように思うのですが ・・・ 今でも日本に比べて、常任理事国である中国やロシアなんて、「カネも出さない、軍も出さない」 という姑息な態度に終始しているように感じられます。 おまけに何かと言えば 「拒否権、拒否権」。 そんな所に 「金持ちの坊や」 のような日本がしゃしゃり出てきた日には、徹底的に利用されるだけというイメージがあります。 挙げ句の果てに、またまた借金が増えるだけ ・・ それを乗り越えて安保理の常任理事国入りが実現した場合、一体どんなメリットがあるのでしょうか?  せいぜい口先の綺麗事と言うか、「大国としての義務」 とか、「国際社会における日本の発言力が強まる」 とかの回答が予想されますが、「それは分かるけど、発言力が強まったからと言って、我々に何の関係があるの?」 と考えてしまいます。 それとか、実際には我々一般庶民には何の関係も無く、ただ 「外務省の官僚たちが外国に対して大きな顔が出来る」 事くらいしか無いように思うのですが ・・ あくまでも一般庶民から見たメリットを教えて下さい。

  • 国連安保理 イラン制裁に非常任理事国のブラジルが拒否を表明。協議は難航

    国連安保理 イラン制裁に非常任理事国のブラジルが拒否を表明。協議は難航しそう との記事。 なぜブラジルは反対するのか? また、常任理事国でない国の意見を重視するのはなぜか?

  • 安保理拒否権について

    明日社会のテストがあるのですが、国連安保理の常任理事国に認められている「拒否権」を、「~する権利」「~な権利」などの語尾で終わらせる説明の仕方はあるでしょうか? 教科書等では、「常任理事国のうちどれか一国でも反対すれば決定できないこと」と「~こと」という語尾で書かれています。 テストで、「どんな権利ですか?」と聞かれた場合、「~な権利」という形で答えるのがベストだと思うのですが・・・ ご回答よろしくお願いします。

  • 国連安保理 平和討論で中韓以外は問題ないww

    ■国連安保理 平和討論で日中韓が応酬 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140130/k10014879391000.html 今後も中韓は「無い」ものとして外交していくのがベストのようです。 早く中国の国連負担金を日本以上にすべきですよね?

  • 国連安保理改革問題に関して

    現在、国連や安保理の改革問題に関して反対派集会などが大規模に起きているようですが、同じ敗戦国であるイタリアが何故反対の指揮を執っているのかがよく判りません。 質問 1.イタリアが何故反対の立場なのでしょうか 2.仮に日本が国連常任理事国入りが出来ない場合は国連への支出金の大幅削減は可能なのでしょうか。 (現在アメリカに次ぐ援助大国でありそれに見合う形であるべきとの主張がありますので) 以上宜しくお願いします。

  • 国連安保理での演説

    鳩山由紀夫首相が24日、国連安保理での演説で、核廃絶に向け 世界の先頭に立つ決意を示し、その証左として核保有の可能性を完全に否定しました。非核三原則を固持し、核武装のカードを完全に捨てるそうです。 同じ題名で投稿してあるのですが、最近考えがまとまらなくなって来てて、だらだらと書きすぎました。。。 守るべきは国益です。 日本は非核三原則を固持し、核保有の国内論議すら捨てるべきだと思いますか? また平和憲法と呼ばれる9条も固持するべきでしょうか。

  • 日本が国連分担金の負担を拒否すればどうなりますか?

    日本は実質加盟国最多額の分担金を支出していますが、常任理事国にもなれていません。 アナン事務総長やライス国務長官は日本の常任理事国入り支持を示唆する「思わせぶりな発言」をしていたようですが、これは建前ではないのでしょうか。というのも、現に日本はいつまで経っても常任理事国になれてないですよね。更に米国は、反対集会では安保理拡大に関して合意重視、改革期限設定の反対を唱えており、結局日本の常任理事国入りをよく思っていないのではないかと思ってしまいます。 はっきり言って、日本は国連という組織の中で、約20%という巨額な分担金に見合う対価を得ていないのではないでしょうか?これじゃあ、「カツアゲ」と何ら変わりないように思えます。だとしたら、いっその事アメリカのように分担金の支払いを拒否すれば良いのではないかと思うのですが、もし、実行したとしたらどうなりますか?というか、何故日本政府はそうしないのでしょうか。 それから、日本の分担金拠出の拒否は国連にどのような影響を与えますか?簡単に言うと日本にお金を出してもらわないと困るのは誰ですか?

  • 日本の常任理事国入り

    日本は国連安保理の常任理事国入りを狙っているようですが、そうすることで何かメリットがあるのですか。 日本が常任理事国入りを果たしたとしてもどうせアメリカと足並みそろえているだけであろう。アジアの視点に立った意見を出してくれるだろうからと日本に常連理事国入りに賛成を示す国もあるけれど、そういって彼らは日本を支持する態度をとることによって日本からの経済援助を期待しているのではないだろうか。日本もそれをわかってて他の国に援助を行っているのではないだろうか。「経済的支援」や「常任理事国入り賛成」は外交のカードに思えてならない。 とにかく、そこまでして日本が常任理事国の一員になりたいのはなぜなのか。権力誇示、脱敗戦国のほかに何か理由があるのだろうか。 この問題に詳しい方、返答お願いいたします。