• ベストアンサー
  • 困ってます

アマゾンのレビューは信じていいのですか?

アマゾンで低評価だった本が読んでみたら素晴らしいものだったり、 逆に高評価ばかりだったアルバムを聴いてみたら、 とんでもなく歌が下手だったりしたことがあったりして信じられなくなっています。 食べログのようにレビューも操作されているのではと疑ってしまいます。 アマゾンのレビューは信用に値するものでしょうか? 皆さんの意見をお聞かせ下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • dogday
  • ベストアンサー率29% (2314/7952)

他人の評価というのは、参考にするもので、信用とか信頼するものではありません。 おいしい野菜を食べたければ、スーパーよりも、野菜のプロである八百屋のほうが信用がある。 ただし、信頼できるのは、他人の評価の高い八百屋と店主の人柄であって、評価はその店の大根の品質ではない。 信用信頼とは、人間に対してするものであって、評価を信用するものではないです。 匿名のネットで信用できるのは自分だけであり、信用信頼できないのは自分に情報の目利きが信用ないから。 自分に真偽を見る目があれば、信用に値します。誰も嘘は書いていないですし。説明不足なだけで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
noname#194317
noname#194317

購入していない人間が投稿可能なレビューの信頼性をうんぬんすることに、どれほどの意味があるのでしょうか?自分が嫌いなものをひたすら攻撃してみたり、あるいはその逆もあります。これはアマゾンに限った話ではなく、食べログしかり価格.comもまたしかり。こういうレビューは情報全体の信頼性を損ないます。 この話だって、実際に買った人がどれだけいるでしょうね?全く疑問なのですが。 http://news.livedoor.com/article/detail/6072203/ しょせんは、見ず知らずの人間が無責任に書き散らかした情報である・・・程度に思っておくのが無難かと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • dondoko4
  • ベストアンサー率12% (1161/9670)

あれは、やらせです。それを商売にしている会社もあるくらいです。 先だって、そのことを暴露したニュースがでていました。食べログでした。普段ヒマな店がこのレビューで紹介されるや否や、すごく忙しくなったとか。こういう駆け引き(裏取引)が行われているようです。ことに、ミツボシなんて聞くと女性は馬鹿みたいに群がります。こういう女性たちをうまく操作すれば、店もはやります。だまされたとわかったらその逆襲は・・・。恋愛と同じ。 アマゾンだからということはないでしょ。投稿してくる人だってどうかわかりません。失敗した腹いせに良評価とする人もいます。嘘もあり、真実もありってとこかな。レビューは参考程度で身近の人のほうが真実味はあります。 人がよいからといって同じものを買うような軽薄なショッピングを変えるべき。日本人というよりも女性に多いです。 >アマゾンで低評価だった本が読んでみたら素晴らしいものだったり、 人気のある本はそう書いて操作しているのです。運営者にも問題あり。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • mx5gg
  • ベストアンサー率25% (1/4)

レビューは鵜呑みにせず、ある程度、信用してよいと思います。やはり、そのためのレビューですから。 私の場合、レビューが正しいかどうかは、「評価人数&評価内容」などで総合判断します。例えば、評価人数が10人で、そのうち7、8人が良い(もしくは悪い)と評価すれば、信憑性があると思います。まあ、評価人数が少数であっても、評価内容がすごく良ければ、高評価にしろ低評価にしろ信じることもありますし、本当は良い作品なのにアンチが低評価している場合もあります。そこは、総合判断ですね。 こういっちゃなんですが、「自分で実際に確かめてみる」のが一番確実ですね。本なら本屋で手に取ってみて見るとか、CDなどはレンタルとか。たとえ、5つ星の評価であっても自分が悪いと思えば、悪いですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

半信半疑で見たほうがいいですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • siuamso
  • ベストアンサー率27% (10/37)

レビューそのものは宛になりません。 でも、書き込んだ人の理由までを理解できれば、結構参考になりす。 例えば賞を取った小説のレビューが高評価だったとします。 レビューを書いてる人の大半は賞を受賞した帯付きを主に書店で購入します。 賞を取るのは宣伝力があるので、殆どの人は、まず、書店でチラリと立ち読みをしてから、購入に至ります。 この時点でネットからレビューを信じて盲目的に買う人よりも、買う前から高評価してる事になりますよね。 言い換えるなら、書店に足を運んで立ち読みできるくらいの小説好きのバイアス偏見、今後のレビューに現れてしまうんです。 それとは対照的に大批判を浴びてる小説があったとします。 主にネット人気ケータイ小説が本として出版されると、高確立で大批判を浴びます。 この場合、書店では、人気のネット小説という名目で売られてるので、書店に足を運んで立ち読みできるくらいの小説好きのバイアス偏見が作用して、『とりあえず皆が高評価したのだから、自分が面白くないと思う価値観が間違っているのかも』と思い込んで我慢して読みます。 何がどう面白くないのか理性的に考えていって、そして買いません。 そして買わなかったにも関わらず、小説を低評価としてレビューしてします。 無駄に立ち読みさせられて腹が立ったからです。 また、言い換えるならば、ネットケータイで読まれた人には高評価できるという事です。 ネット携帯は、小説マニアでない読者の方がはるかに多いです。 無料で読めて、主にケータイを持つ女子高生に読まれる。 高評価をするのは主に、そういう人であって、だからこそ楽しめるのです。 もしも、女子高生でないなら、楽しめない可能性が高いのです。 レビューはあくまで、書いた人の事情次第なんです。 書いてある内容そのものは、全く参考にならず、書いてる理由自体が参考になりのです。 、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

 レビューには参考になった/ならなかったという評価が与えられています。  購入の際の参考にするほか、他のユーザーが自分でレビューを書く代わりに共感できるものに投票してるかと思いますので、それも参考にするとよいでしょう。  また他人のレビューにコメントというものを書くこともできます。 あまり穿った見方であると思われる場合、あるいはレビュー内容から中身をちゃんと読んでないと判断された場合など、これが付される可能性もあります。 もちろんコメントの方が間違ってる可能性もあります。 あくまで個々の意見として捉えましょう。  アマゾンのレビューはアマゾンが提供しているものというより、アマゾンの提供してる場を利用して私たち消費者が情報交換するためのものです。  信頼できるものかというより、信頼できるものへ育てるべきと考えたいところです。  つまりもし他者のレビューが納得できなかったなら、あなたのレビューが必要とされているということです。  そしてそれぞれが主観ですから、故意に嘘を書くのでないなら他の人と違った意見でも構わない訳です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#146803
noname#146803

Amazonは掲示板やコミュニティのように不適切なコメント投稿を一旦事務局を経由して管理事務局側がダメな内容は排除するという経由システムが無かったような覚えがあります。このようなシステムはタレントなどのオフィシャルサイトなどですね。この場合は専門の会社が管理していますから監視厳しいです。 ですのでAmazonは、全てのコメントをチェックするのも難しく、通報などから排除対象の内容か追いかけていく形だと思いますので わりと好き放題なレビューの放置をよく見かけますね。B級ニュースなどで何とかのレビューが凄い事に!と話題になってもレビューは消えていないのをよく見るので 滅多な事では消えないんでしょうね。 という事で 恨み妬みがある人が嫌なコメントを書こうと思えば簡単なのです。 そして作品に対する感受は千差万別なので 実際に手に取り選ぶ事が一番良いと思います。 だいたいを知っている本や前評判を知っている本、好みでのジャケ買い、作者買い、タイトル・テーマ買い以外は本屋でチェックが一番でしょう。 でも、レビューで10人が10人、同じようなレビューをしていれば何となくその内容に嘘はないんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

信じる信じないは自分で判断するしかないですよ。 レビューはあくまで主観的な評価なので、価値観が異なれば評価も変わるからです。 私は参考程度にとどめています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アマゾンのレビューは信用できますか?

    アマゾンのレビューで高評価のものを購入してもいまいちなことがありますが、アマゾンのレビューは信用できるものなのでしょうか?

  • Amazonのカスタマーレビューの信憑性

    Amazonで買い物をしたいと思っているのですが、少々、値段が高いのでレビューを慎重に読んでいます。高評価(★が5個)のものから低評価(★1個)のものまで様々ですが、特に注意したいのは、★が5個の高評価です。以前にも★5個を信用して購入したのですが、評価ほどの結果をだせず「騙された感」がありました。 幸い、この時は、そう高価なものではないので損害は大きくなかったのですが、 今回は、前述のように少々値段が高いので慎重にならざるを得ません。 「Amazonで購入」と言う赤字のレビューも前回の経験から眉唾ものに感じてしまうというのが、偽らざるところでして、所謂「“さくら”では?」と疑いたくもなってしまいます。特に海外の出品者(中国など)のレビューは、その疑いが強く感じます。 Amazonに「高評価のレビューは“さくら”なのでは?」と問い合わるのも何か不躾な感じですし、仮に本当に「さくら」であっても本当のことはAmazonも言わないと思います。本当に疑い出せばキリがありません。 そこで、質問なのですが、Amazonのカスタマーレビュー(特に高評価で★5個)のものは、どの程度まで信用していいのでしょうか? 皆さんの意見をお聞かせ下さい。 ※真面目に質問をしております。誹謗中傷やふざけた回答等は運営側に連絡をさせていただきます。

  • amazonレビューの信憑性

    ある分野では話題の本ですが、amazonを見る限り評価はかんばしくなく、★2つを爆走中です。 私はそんなに悪くないと思って、★3つでレビューを付けました。 結果は半分以上の方が「参考にならない」そうです(--;) 決まっていわゆる「酷評」をしているレビューが 評価?が高いのです。 中には100%「参考になる」評価をもらっているレビューもありました。 勿論私は「ならなかった」に投票したのですが なかなか反映されずイライラしていますw しかし不思議なことがあります。 この本に限ってなのかは、わかりませんが まるで、この本を評価するためにamazonに登録したのでは?という方があまりにも多いのです。つまり、この本1冊しかレビューが無いし、詳しい自己紹介も書いていません。 参考になった100%の方もそうですし。 評価を下げるための陰謀では!?と作者が気の毒になってしまうのですが そういう事はおこりうるのでしょうか。 自分が少数派に違いないことは理解していますが 今回のことで、amazonのレビューもアテにならないな・・・と不信感を持ってしまいました。 似た様な思いを抱いた方いらっしゃったら アドバイスをお願いします m(_)m

  • amazonの不当に低評価なレビュー

    自分はよくamazonで本を買うのですが、レビューを見てい て「この人は賞品がどのようなものか理解して購入している のだろうか」「こんな理由で低評価をつけられるなんて筆者 も不運だな」と思わされることが自分には多々あります。 例えば以下のような場合です。以下の本があり、この本に対 して1-5のレビューが寄せられたとします。 amazonのレビューには「このレビューは参考になりました か?はいorいいえ」の選択肢がありますが、皆さんがレビュ ーが参考になったか否かを評価するとしたら、どのレビュー を参考になったと評価しますか?皆さんはすでにこの本を読 んでいるとします。 またその他にも、amazonのレビューについて思うところあればご意見お聞かせ願えないでしょうか。 ・書名『○○学のための理論的基礎』 ・著者:A山Y男 ・商品の説明: ”本書は○○学の基礎を学び終えた学習者が次のステップに 進む架け橋となることを第一の目的としたテキストである。 △△理論から■■理論まで、☆☆学派を代表する碩学が論ずる。 ” レビュー1(☆5) 今日届きました!早速読んでみます、楽しみです。 レビュー2(☆2) 初学者の自分には難しすぎる一冊である。基礎的な××理論 やについては簡単な説明が述べられるのみr3応用的な話に進んでおり、何がなんだかわからなかった。 レビュー3(☆1) ☆☆学派などというのは(中略)などと唱えるろくでなしで ある。この本も☆☆学派の理論を踏襲しているらしいが、そ のようなモノは紙屑同然であり高い金を払って読む価値などないだろう。 レビュー4(☆4) ☆☆学派の世界的第一人者だけあって、論理構成の緻密さなど目から鱗でした。しかしながらX章における ▲▲の議論に対する筆者の主張はいささか論理の飛躍があるのではと思わざるを得ませんでしたので☆-1。 レビュー5(☆2) 基礎的な内容を読み終えた段階で本書を読んでも、内容を理 解しがたいのでは。★★の問題などは大学院生が扱うレベル であり、もう少し字数を費やして説明すべきだと思った。用語索引などもなく、やや不親切である。

  • アマゾンのレビューにある星印について

     アマゾンのレビューは実際に本を購入しないと 書けないので書いたことはないですが、本を探す時に ここのレビューを参考にしています。  ところで、このレビューの星印についてなのですが これは何を表すのでしょうか? このレビューが参考になったという人が多いと この星が増えて上位表示されるのですか? 実際に買った人、レビューを書いた人の 本に対する評価の数字ではないのですか?

  • 【Amazon不正レビュー、Amazonレビュー操

    【Amazon不正レビュー、Amazonレビュー操作】Amazonの出店者がアマゾンレビューを故意に星5にしてもらう問題と出店者が依頼してわざと他社ライバル企業の製品の評価を星1、星2を付ける低評価レビュワーの募集とその見返りに商品代金の負担と報酬を支払ってサクラレビューが横行していると問題になっていますが、、、サクラレビューで星5を付けた商品の在庫数が残り1個だったり、、サクラレビュワーが購入すると在庫が0になってせっかくの星5評価も売る商品がなくなったら意味がないのになぜ募集しているのでしょうか? さらに不正レビューした星5だけの商品が1週間もしないうちに取り扱いが終了していたり、業者の目的は何なんでしょうか? 中国人の目的がよくわかりません。 一部の日本人は中国人は日本人の個人情報を収集する目的でやってると言っていますが、業者は購入者の個人情報は名前以外わかりません。 逆に業者の個人情報が抜かれてしまって個人情報うんぬんを言うなら業者にとってメリットよりデメリットの方が大きいです。 中国人は何がしたいのですか?

  • 「amazonのカスタマーレビュー」を評価する人はどんな人?

    「amazonのカスタマーレビュー」を評価する人はどんな人? amazonのサイトに、その本を読んだ人から投稿された「カスタマーレビュー」が載せてあります。そして、そのレビューの評価が、レビューを読んだ人からの投票によりなされています。 つまり、 カスタマーレビュー : 本を読んだ人による(本の)批評と採点 レビューの評価   : そのレビューを読んだ人による(レビューの)評価 となっています。 「レビューの評価」は、例えば、 20 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 と紹介されています。 そこで質問です。 「レビューの評価」ですが、どういう人が、どういう意図や目的をもってされているものなのでしょうか。既にその本を読んだひとが投票しているのでしょうか。本を読んでしまった人がわざわざ投票するためにサイトを訪問しているのでしょうか。 どうでもいいようなことですが、ちょっと興味があるので質問しました。  

  • amazonのサクラレビューについて

    最近食べログの業者投稿が問題となっていますが、 皆さん、amazonのサクラレビューについてはどのように思われますか? 例えば、下記のレビューなんかは非常にインチキ臭いレビューが多いです。 (両方とも吉川朋孝という方の書籍です。ネットですでに散々叩かれている人です。) http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4797365528/ref=cm_cr_dp_all_summary?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=bySubmissionDateDescending http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4087860086/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1 ※amazonに違反を報告していますので、  皆様がご覧の頃には一部の高評価のレビューが消えている可能性があります。  かといって、amazonが迅速に対応することはないと思いますが。 口コミというのは費用をかけずに行うことのできる数少ない宣伝方法です。 なので、経営資源の少ない中小企業にとって、 口コミの信頼性が低下すると大きな経営ダメージになります。 特に最近はステルスマーケティングという言葉を聞く機会も増え、 口コミの信頼性低下防止は喫緊の課題であると言えます。 (この辺りの問題は消費者庁は理解できているのでしょうか。) amazonのサクラレビューに関しては、書き込んだ本人(業者の可能性もあります)だけではなく、 放置をしているamazonにも問題があると思います。 そういう意味では、自ら業者を発表した食べログの対応は評価できるものと考えます。 その対応に比べると、amazonの対応は…?と感じてしまうのです。 消費者庁が現在食べログの調査を始めましたが、 口コミ機能を有しているその他の企業についても調査等の対応をすべきだと思います。 今は単なる後手の対応をしているに過ぎません。 それから、山岡消費者相は食べログの問題に対して、 「著しく優良、と消費者に誤認されるなら、不当表示として問題になり得る」と述べています。 なら、"著しく優良"ではなく、"優良"と誤認されるのは問題にならないの?という感じです。 果たして、口コミの信頼低下が企業に及ぼす影響を山岡消費者相は理解しているのでしょうか。 景品表示法について私は詳しくはありませんが、同法で摘発できないのであれば、 同法の改正や新たな法の制定が必要だと思います。 長文失礼いたしました。 皆様上記についてどのように思われますか?

  • どこの掲示板・ユーザーレビューが信用出来ますか?

    タイトル通りです。 最近は悪質な連中が増えて、実際には買っていないのに、掲示板などで悪い評価を書き込んでるケースが多いみたいですね。 逆にメーカー関係者がわざと良い評価を書き込むケースもあるとか。 みなさんはどこの掲示板の情報を信用してますか? あそこの掲示板やユーザーレビューは信用出来る、というのがあれば教えて欲しいです。 ここもそうですし、アマゾン・価格コム・2ちゃん・ヤフーなど、どれが信用出来るでしょうか?

  • アマゾンの「カスタマーレビュー」「おすすめ度」が高い本を探す方法

    ご回答者さん こんにちは。 今日はアマゾンの「カスタマーレビュー」「おすすめ度」に ついて質問します。 私は書店で読みたい本があると、 まずはアマゾンで調べて評価を確認します。 評価が低ければ買わないし、 評価が高ければ買うようにしています。 そこで、「すべての文庫や書籍」を対象に、 「カスタマーレビュー」「おすすめ度」が高い本を 調べる方法はあるのでしょうか。 高い本から優先して読んでみたいなあと考えています。 以上、よろしくお願いします!