• ベストアンサー
  • 困ってます

Texのタイトル付枠囲み

Texで入力通りに表示させ、それをタイトル付の枠で囲みたいんですが、 \begin{itembox}の中に入れると入力通りに表示させる\verbが効かなくなります。 よって、分数のタイトル付の枠囲みになってしまいます。 どうすればいいでしょうか? \begin{itembox}{~INPUT~} ディスプレイモード \\ \verb| $$\frac{1}{2}+\frac{1}{3}=\frac{5}{6}$$ | \\ \\ テキストモード \\ \verb| $\frac{1}{2}+\frac{1}{3}=\frac{5}{6}$ | \end{itembox}

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

示されているものはちゃんとコンパイルできています。 \listfiles \documentclass{jarticle} \usepackage{ascmac} \begin{document} \begin{itembox}{~INPUT~} ディスプレイモード \\ \verb| $$\frac{1}{2}+\frac{1}{3}=\frac{5}{6}$$ | \\ \\ テキストモード \\ \verb| $\frac{1}{2}+\frac{1}{3}=\frac{5}{6}$ | \end{itembox} \end{document} *File List* pldefs.ltx 2000/07/13 v1.2 pLaTeX Kernel (Default settings) jy1mc.fd 1997/01/24 v1.3 KANJI font defines jy1gt.fd 1997/01/24 v1.3 KANJI font defines jt1mc.fd 1997/01/24 v1.3 KANJI font defines jt1gt.fd 1997/01/24 v1.3 KANJI font defines kinsoku.tex plpatch.ltx jarticle.cls 2006/06/27 v1.6 Standard pLaTeX class jsize10.clo 2006/06/27 v1.6 Standard pLaTeX file (size option) ascmac.sty tascmac.sty

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自己解決しました。回答ありがとうございます^^

関連するQ&A

  • Texの枠囲み調節

    Texでタイトル付の枠囲みをしたんですが、枠が大きすぎて空白ができてしまいます。 枠を8cmなど調節したいんですが、コマンドがわかりません。 \begin{itembox}{~INPUT~} \begin{center} 通常の状態:y=ax+b \\ ディスプレイモード:$$\ y=ax+b\ $$ \end{center} \end{itembox}

  • TeX での余分な改行を消したい

    こんにちは。 以下のように入力した際に発生した TeX での余分な改行を消したいのですが、その方法がわかりません。 -------------------- \begin{document}  \begin{itembox}[c]{リサージュ曲線の定義}   \begin{equation}    \left \{      \begin{array}{l}       x=A\sin{\omega_{1}t+\alpha}\\       y=B\sin{\omega_{1}t+\beta}      \end{array}    \right.(0\leqq t \leqq 2\pi) \nonumber   \end{equation}  \end{itembox} \end{document} -------------------- itembox で表示させた枠の中に equation で数式を入力すると、枠の中の一行目に余分な改行が入ります。 どのようにしたら、この改行を表示させずに済むか教えて下さい。

  • texでテストを作っています。

    texでテストを作っています。 \begin{multicols}{2} (3)$ 1 - \left( + \displaystyle \frac{2}{3} \right) + \left( - \displaystyle \frac{1}{5} \right)$ \\ (4)$ \ -3 + (-6) \times 2$ \end{multicols} と、打ち込んだところ、エラーではないのですが添付画像のように、問題番号の(3)と(4)の高さがそろえられません。 どうすれば番号をそろえられますか?どなたか教えてください。

  • TeX

    TeX初心者です。画像の上のような表記をしたいのですが、 Missng$inserted というエラーが大量に出て、どうしても下のような妙な表記になってしまいます。おかしいのは (1)分母が前に出てしまっている (2)妙なところで改行されている (3)そもそも分数に入っている文字が小さくなっている の3つです。私が書いた元データを以下にコピペします。どう改善すればうまくいくのか、具体的に教えていただければ幸いです。マジ困ってます… \frac{\partial}{\partial\\x}$= \frac{\partial}{\partial r}$\frac{\partial\\r}{\partial\\y}$ + \frac{\partial}{\partial\varphi}$ \frac{\partial\varphi}{\partial\\x}$ = \frac{\partial}{\partial\varphi}$ \cos\varphi+\frac{\partial}{\partial\varphi}$ \bigl(-\frac{\sin\varphi}{r}\bigr)$ \frac{\partial}{\partial y}$= \frac{\partial}{\partial r}$\frac{\partial\\r}{\partial\\y}$ + \frac{\partial}{\partial\varphi}$ \frac{\partial\varphi}{\partial\\x}$ = \frac{\partial}{\partial\varphi}$ \cos\varphi+\frac{\partial}{\partial\varphi}$ \frac{\cos\varphi}{r}$

  • TEX対応の掲示板

    無料で使うことの出来る掲示板を、TEX入力したらそれがちゃんと反映される掲示板にすることってできますか。 変な説明でごめんなさい。たとえば、\frac{1}{2}としたら、ちゃんとした分数の形で1/2とでるようにする方法ってありますでしょうか。あったら教えてください。お願いします。

  • texで分数の調整

    texの分数で \frac{1}{(a^2+b^2)^2} のように記述した場合、括弧の乗数が括弧の高さを越えて上に飛び出て表示されるため、通常の分数の文字の高さのベースラインから若干下がってしまいます。 これだと分数を並べたときに見栄えが悪いので、括弧の乗数を上に飛び出さずそのまま括弧の高さを越えずに表示することは出きるのでしょうか? *分かりにくいですが添付画像を参考にしてください。

  • TeXコマンドについて質問です。

    以下のようなTeXファイルを作りました。4ページにわたっていますが、これは1つのLemmaです。 そこで、2ページめ以降の最初はLemmaではなく、Lemma(Cont.)に変えたいです。どうすればよいでしょうか ------------ \documentclass[dvipdfm,18pt]{beamer} \newcommand{\hz}{\frac{1}{H_0}} \usepackage{atbegshi} \AtBeginShipoutFirst{\special{pdf:tounidode EUC-UCS2}} \usepackage{minijs} \renewcommand{\kanjifamilydefault}{\gtdefault} \usetheme{Madrid} \setbeamertemplate{navigation symbols}{} \usepackage{amsmath, amssymb} \usepackage{color} % black, white, red, green, blue, cyan, magenta, yellow %\def\qed{\rule[-2pt]{5pt}{10pt}} \date{} \begin{document} \begin{frame} \begin{lemma} \label{9} \only<1>{ For notational simplicity we set $ \hat{\phi}_j=\hat{\phi}(k_j)$ and $\omega_j=\omega(k_j)$ for $k_j \in \mathbb{R}^3, j=1, 2$. Let \begin{align*} E_j=\frac{|k_j|^2}{2m}+\omega_j, \quad j=1, 2, \quad E_{12}=\frac{|k_1+k_2|^2}{2m}+\omega_1+\omega_2. \end{align*}It is proven that $a_2(\Lambda)$ can be expanded as $$ a_2(\Lambda)= \frac{2}{3m}\sum_{j=1}^8{\rm I}_j(\Lambda)+\frac{E_2(\Lambda)}{m}{\rm I}_9(\Lambda)-a_1(\Lambda) {\rm I}_{10}(\Lambda)+a_1(\Lambda)^2, $$ } \only<2>{ where ${\rm I}_j$ are given by~ \begin{align*} \allowdisplaybreaks &{\rm I}_1(\Lambda)=\frac{1}{4}\int\!\!\!\!\int \!\! dk_1dk_2\frac{|\hat{\phi}_1|^2|\hat{\phi}_2|^2}{\omega_1\omega_2}(\frac{|k_1|^2}{E_1^3}+\frac{|k_2|^2}{E_2^3})(\frac{1}{E_1}+\frac{1}{E_2})\frac{1}{E_{12}}, \end{align*} \begin{align*} & {\rm I}_2(\Lambda)=\frac{1}{8}\int\!\!\!\!\int \!\! dk_1dk_2\frac{|\hat{\phi}_1|^2|\hat{\phi}_2|^2}{\omega_1\omega_2}(\frac{|k_1|^2}{E_1^4}+\frac{|k_2|^2}{E_2^4})\frac{1}{E_{12}}, \end{align*} \begin{align*} & {\rm I}_3(\Lambda)=\frac{1}{8}\int\!\!\!\!\int \!\! dk_1dk_2\frac{|\hat{\phi}_1|^2|\hat{\phi}_2|^2}{\omega_1\omega_2}(\frac{1}{E_1^2}+\frac{1}{E_2^2})(\frac{1}{E_1}+\frac{1}{E_2})\frac{(k_1, k_2)}{E_{12}^2}, \end{align*} \begin{align*} & {\rm I}_4(\Lambda)=\frac{1}{4}\int\!\!\!\!\int \!\! dk_1dk_2\frac{|\hat{\phi}_1|^2|\hat{\phi}_2|^2}{\omega_1\omega_2}(\frac{|k_1|^2}{E_1^2}+\frac{|k_2|^2}{E_2^2})(\frac{1}{E_1}+\frac{1}{E_2})\frac{1}{E_{12}^2}, \end{align*} } \only<3>{ \begin{align*} & {\rm I}_5(\Lambda)=\frac{1}{4}\int\!\!\!\!\int \!\! dk_1dk_2\frac{|\hat{\phi}_1|^2|\hat{\phi}_2|^2}{\omega_1\omega_2E_1^2E_2^2}\frac{(k_1, k_2)}{E_{12}}, \end{align*} \begin{align*} & {\rm I}_6(\Lambda)=\frac{1}{8}\int\!\!\!\!\int \!\! dk_1dk_2\frac{|\hat{\phi}_1|^2|\hat{\phi}_2|^2}{\omega_1\omega_2}(\frac{1}{E_1}+\frac{1}{E_2})^2\frac{|k_1|^2+|k_2|^2}{E_{12}^3}, \end{align*} \begin{align*} & {\rm I}_7(\Lambda)=\frac{1}{4}\int\!\!\!\!\int \!\! dk_1dk_2\frac{|\hat{\phi}_1|^2|\hat{\phi}_2|^2}{\omega_1\omega_2}(\frac{1}{E_1}+\frac{1}{E_2})^2\frac{(k_1, k_2)}{E_{12}^3}, \end{align*} \begin{align*} & {\rm I}_8(\Lambda)=\frac{1}{4}\int\!\!\!\!\int \!\! dk_1dk_2\frac{|\hat{\phi}_1|^2|\hat{\phi}_2|^2}{\omega_1\omega_2}(\frac{1}{E_1}+\frac{1}{E_2})\frac{(k_1, k_2)}{E_{12}^4}, \end{align*} } \only<4>{ \begin{align*} & {\rm I}_9(\Lambda)=\frac{1}{2}\int \frac{|\hat{\phi}(k)|^2|k|^2}{\omega(k)E(k)^4}dk, \end{align*} \begin{align*} & {\rm I}_{10}(\Lambda)=\frac{1}{2}\int \frac{|\hat{\phi}(k)|^2}{\omega(k)E(k)^2}dk. \end{align*} } \end{lemma} \end{frame} \end{document}

  • Tex エラーが出て困っています

    \begin{eqnarray*} d(f(P),f(Q))&=&\sqrt {\left(\frac{1}{2}x_1-\frac{1}{2}x_2\right)^2+ \left(\frac{1}{2}y_1-\frac{1}{2}y_2\right)^2}\\ &=&\sqrt {\left(\frac{1}{2}\right)^2\{(x_1-x_2)^2+(y_1-y_2)^2\}\\ &=&\frac{1}{2}\cdot d(P,Q) \end{eqnarray*} と入力するとMissing } insert というエラーが表示されてしまいます。 式は合っていると思うんですが、どこに } をつけ忘れてしまったのか分からず困っています。 よろしくお願いします。

  • TEXの数式で

    TEXを使って数式を書いています。 ボールドイタリック字で表示させるのに、 \{boldmath $p$} という感じで表記しています。 しかし、 \begin{equation} \end{equation} で囲まれている式ではどのように使えばいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • TeXを使えるようにしたい

    論文執筆のためにMacbook Airを購入したものですが http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?Mac#t244993f に従い、MacTeXをインストールしたのですが以下のようなtexファイルをタイプセットできません。具体的には command not found というエラーがでてしまいます。ネットで調べてもうまくいきません。 このサイトをみれば絶対できるというものがあったら教えてください。よろしくお願います。 ¥documentclass[10pt,a4paper,dvipdfm]{jarticle} ¥usepackage{yoshi_mars_j} ¥usepackage{ccaption} ¥usepackage{lscape} ¥usepackage[stable]{footmisc} ¥begin{document} ¥newcommand{¥cosp}{¥raisebox{.6em}{¥rotatebox{180}{$¥nabla$}}} ¥newcommand{¥fd}{¥mbox{I¥hspace{-.2em}F}} ¥newcommand{¥defi}{{¥large {¥bf Definition} ¥ ¥ ¥ }} ¥newcommand{¥rn}{¥mbox{I¥hspace{-.2em}R}} ¥newcommand{¥qp}{(q,p)} ¥newcommand{¥qvp}{TQ¥oplus T^¥ast Q } ¥makeatletter ¥renewcommand{¥paragraph}{¥@startsection{paragraph}{4}{¥z@}% {1.5¥Cvs ¥@plus.5¥Cdp ¥@minus.2¥Cdp}% {.5¥Cvs ¥@plus.3¥Cdp}% {¥reset@font¥normalsize¥bfseries}} ¥makeatother ¥setlength{¥abovecaptionskip}{0pt} ¥setlength{¥belowcaptionskip}{0pt} % タイトル ¥theyear{年度} ¥theme{テーマ} ¥title{タイトル} ¥supervisor{教授} ¥author{著者} ¥date{} ¥makecover %% 目次 ¥renewcommand{¥contentsname}{目次} ¥tableofcontents ¥pagestyle{myheadings} ¥setcounter{page}{0} ¥def¥thepage{¥arabic{page}} ¥clearpage ¥input{tex/intro} ¥input{tex/first} ¥input{tex/method} ¥input{tex/result} ¥input{tex/study} ¥input{tex/reference} ¥end{document}

    • 締切済み
    • Mac