• ベストアンサー
  • 困ってます

原始棒銀(VS3四歩型居飛車)のコツ

再びコンピュータ相手に原始棒銀の練習をしました。 今度は相手が飛車先交換を阻止した場合を想定して練習してみました。 今回も負けてしまいましたが、一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲3八銀 △8四歩 ▲2七銀 △2二銀 ▲2六銀 △8五歩 ▲7八金 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲1六歩 △5四飛 ▲6八銀 △4四飛 ▲5八玉 △8二銀 ▲1五銀 △3五歩 ▲7六歩 △1四歩 ▲2六銀 △4五飛 ▲3三角成 △同 桂 ▲7七銀 △6二玉 ▲1五歩 △同 歩 ▲同 銀 △7四角打 ▲4八金 △3六歩 ▲同 歩 △1五香 ▲同 香 △3九銀打 ▲3八飛 △4八銀成 ▲同 飛 △3八金打 ▲5六銀打 △4八金 ▲同 玉 △2五飛 ▲5八玉 △2九飛成 ▲5九香打 △1八飛打 ▲6九玉 △5六角 ▲同 歩 △5七桂打 ▲7九玉 △5九龍 ▲8八玉 △7八飛成 ▲同 玉 △7九金打 ▲8八玉 △8九金 ▲9八玉 △9九金 ▲8八玉 △8九龍 ▲投了 まで70手で後手の勝ち ※対局後の感想 ・1~4手目 初期状態。コンピュータとの戦いは5手目から。 ・5~24手目 棒銀を繰り出したが、飛車と角にガードされて、銀が進めなくなった。 ・25手目▲7六歩 このままでは銀が進めないので、角交換で角を排除してから銀を進ませることにした。 ・33~35手目 再び棒銀で相手陣への進出を図った。 ・36~71手目 まだやられそうには見えなかったのに、相手の怒涛の攻撃で一気に詰まされてしまった。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • mekuriya
  • ベストアンサー率27% (1118/4052)

例によってKifu for Windowsのコメント機能で解説しました。特に変化手順で原始棒銀の真髄を説明しているので是非とも役立てていただきたい。 1.銀は千鳥に使え。神出鬼没に出たり引いたり。機敏に局面をリードしろ。(例:25手目▲2六銀の変化) 2.原始棒銀は角道を開けるタイミングが勝負を分ける。角交換だけは絶対避けろ。角交換が無いタイミングが角道を開けるチャンスだ。 3.原始棒銀は第二次攻撃の構想力が命。2筋突破を受けられたら、今度は新たな目標設定が必要だ。千鳥銀で後手陣を粉砕しろ。 おまけ:玉の原理について。一段玉の利きは+5。二段玉は+8。玉は盲点が無い最強の受け駒だ。ただし王手には勝てないので、数の攻めを喰らわないように細心の注意が必要だ。 飛車角と金銀の対抗について。飛車角は遠距離砲の強力な駒で空中戦に強いが接近戦には弱い。金銀は接近戦には強いが空中戦には弱い。原始棒銀は相手が飛車角で受けてきたら、空中戦と接近戦を巧みに組み合わせ、機敏に切り替えて攻撃するのだ。 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲26歩 ▽34歩 ▲25歩 ▽33角 ▲38銀 *初期状態。コンピュータとの戦いは5手目から。 ▽84歩 ▲27銀 ▽22銀 ▲26銀 ▽85歩 ▲78金 ▽86歩 ▲同歩 ▽同飛 ▲87歩 ▽84飛 ▲16歩 ▽54飛 ▲68銀 ▽44飛 ▲58玉 ▽82銀 ▲15銀 ▽35歩 *棒銀を繰り出したが、飛車と角にガードされて、銀が進めなくなった。 ▲76歩 *このままでは銀が進めないので、角交換で角を排除してから銀を進ませることにした。 * *※ビッグスペシャルウルトラスーパー大悪手。原始棒銀は角交換しないのが鉄則。角さえ渡さなければ47の地点を2:1で攻められることは無かった。後手の角は目標にしたい駒。その駒を交換するのは相手を助けること。ここは▽3五歩を新たな攻撃目標として第二次攻撃を組み立てるところだった。原始棒銀は銀が前線に進出している分、自陣は手薄。その意味でも角交換は相手だけが得をしているのだ。 ▽14歩 ▲26銀 ▽45飛 ▲33角成▽同桂 ▲77銀 ▽62玉 ▲15歩 ▽同歩 ▲同銀 *再び棒銀で相手陣への進出を図った。 * ▽74角 ▲48金 ▽36歩 ▲同歩 ▽15香 ▲同香 ▽39銀 ▲38飛 ▽48銀成▲同飛 ▽38金 ▲56銀 ▽48金 ▲同玉 ▽25飛 ▲58玉 ▽29飛成▲59香 ▽18飛 ▲69玉 ▽56角 ▲同歩 ▽57桂 ▲79玉 ▽59龍 ▲88玉 ▽78飛成▲同玉 ▽79金 ▲88玉 ▽89金 ▲98玉 ▽99金 ▲88玉 ▽89龍 *まだやられそうには見えなかったのに、相手の怒涛の攻撃で一気に詰まされてしまった。 まで70手で後手の勝ち 変化:25手 ▲26銀 *※▽3五歩と突かせたことに満足し、次はこの歩を狙う。 ▽34飛 *※3五の歩を只で取られては堪らない。後手は飛車で歩を守る他無い。 ▲56歩 *※▽5五角の進出を防ぎ、次に▲5七銀の進出を図る一石二鳥の手。ここで▲3八飛と▽3六歩を防ごうとすると▽4四角と銀が狙われて、結局▽3六歩が受からない。むしろ▽3六歩は大歓迎なのだ。 ▽44角 ▲57銀 ▽33桂 ▲46銀 ▽54歩 *※▲5五銀の防ぎ。 ▲79角 *※3五の地点を集中攻撃。 ▽36歩 ▲同歩 ▽同飛 ▲37銀右▽34飛 ▲35歩 ▽14飛 ▲15歩 *※飛車が憤死で先手必笑。 変化:28手 ▽36歩 *※後手は狙われている歩を軽く交換しようとする。 ▲同歩 ▽同飛 ▲57銀 *※ここで▽3九飛成を防いでいるのが▲4九金の効果。ここは5六の歩を守りつつ2枚目の銀を進出させる。 ▽34飛 *※▲3五歩と蓋をされると飛車が殺されそうなので逃げる一手だ。 ▲46銀 *※2枚目の銀が進出し先手好調。 ▽84飛 *※苛められる前に逃げる。逃げつつ▽8六歩も狙っている。 ▲57銀 *※5六の歩を守り▽8六歩▲同歩▽同飛に▲8七歩を用意する。 ▽44角 *※▲3五銀の進出を防ぐ。 ▲37銀 *※角に狙われている銀の転進を図りつつ▲2四歩を狙う。 ▽33銀 *※▲2四歩の受け。 ▲46銀右▽54歩 *※苛められそうな角の退路を作る。 ▲38飛 *※3筋に大砲をすえる。 ▽62角 *※▽3四歩と受けても▲3五歩と合わされて無効なので角を逃げる。 ▲35銀 *※再び棒銀を五段目に進出。もう後手には守る手がない。 ▽32金 ▲34銀 *※悪手。 ▽同銀 ▲同飛 ▽33歩 ▲38飛 ▽85銀 *※単純な銀交換は逆用されて先手失敗。 変化:45手 ▲76歩 *※ここでようやく角道を開けるのが絶妙なタイミング。角交換の可能性が無くなってから角筋を通すのだ。 ▽41玉 *※ここでは後手は防戦困難に陥っているが3二の金に紐をつけるぐらい。同じようでも▽4二玉は王手飛車ライン。 ▲24歩 ▽同歩 ▲34歩 ▽44銀 ▲24銀 *※銀交換には応じずにひらりと交す。 ▽35歩 ▲28飛 ▽22歩 ▲23歩 *※2筋突破目前。先手必勝。 変化:52手 ▽23歩 *※懸命の受けだが・・・ ▲33歩成▽同桂 ▲同銀成▽同銀 ▲同飛成 *※飛車で行くのが急所。 ▽同金 ▲同角成 *※後手落城。もはや受けがない。 変化:57手 ▲同角成 *※悪手。つい角で行きたくなるところだが・・・ ▽37歩 ▲同飛 ▽36歩 ▲同飛 ▽35歩 *※連打の歩を食らって先手失敗。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 たとえ角で受けられた場合でも角交換は良くなかったのですね。 次からは角道を開けるタイミングに気をつけます。

関連するQ&A

  • 原始棒銀(VS△8四歩型居飛車)のコツ

    戦法を使いこなせるようになりたいので、コンピュータ相手に原始棒銀の練習をしました。 まずは相手が相掛かりにしてきた場合を想定して練習してみました。 だけど、あっさり負けてしまいました。 一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩打 ▲2八飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲3八銀 △1四歩 ▲1六歩 △7二銀 ▲2七銀 △5四飛 ▲5八金 △3四歩 ▲3六銀 △9四歩 ▲9六歩 △5五飛 ▲6九玉 △3五歩 ▲2五銀 △5四飛 ▲2四歩打 △6二玉 ▲2三歩成 △同 金 ▲7六歩 △8八角成 ▲同 銀 △2七歩打 ▲同 飛 △2四歩打 ▲4五角打 △4九角打 ▲2八飛 △2五歩 ▲同 飛 △5八角成 ▲同 玉 △2四飛 ▲同 飛 △同 金 ▲6八玉 △2八飛打 ▲7九玉 △2九飛成 ▲6九飛打 △5九金打 ▲6八飛 △5八金 ▲6九角打 △同 龍 ▲同 飛 △同 金 ▲同 玉 △3九飛打 ▲5九金打 △4八銀打 ▲5八飛打 △5九銀成 ▲同 飛 △4九金打 ▲同 飛 △同 飛成 ▲5九金打 △4七龍 ▲2七角 △2九飛打 ▲4九角 △同 飛成 ▲同 金 △同 龍 ▲5九銀打 △5八金打 ▲7九玉 △5九龍 ▲投了 まで86手で後手の勝ち ※対局後の感想 ・1~16手目 初期状態。コンピュータとの戦いは17手目から。 ・37手目▲7六歩 これ以上銀を進ませることは出来なさそうなので、角を攻めに参加させることにした。 ・42手目△2四歩 銀が狙われてしまった。 ・43手目▲4五角打 こちらは飛車と金の両取りを狙った。 ・44手目△4九角打 飛車が狙われてしまった。 ・50~51手目 相手が飛車交換を迫ってきた。 飛車が逃げると相手に攻め込まれるので飛車交換をした。 ・53~54手目 守備が手薄になったので、守りを固めようとしたら、その前に相手が攻めてきた。 ・55~87手目 相手がしつこく攻めてくるので、ひたすら守ったが、結局詰まされてしまった。

  • 原始棒銀(VS8四歩型居飛車)のコツ Part2

    再びコンピュータ相手に原始棒銀で勝負をしましたが、やはりあっさり負けてしまいます。 こうも簡単に負けるのは自分が悪手を打ちまくっているからでしょうけど、その悪手が自分には見えないので、今回は一手一手について考えてみました。 一体どの手が良くなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩打 ▲2八飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲3八銀 △6二銀 ▲2七銀 △3四歩 ▲3六銀 △5二金 ▲2五銀 △4四飛 ▲5八玉 △5四飛 ▲6八銀 △6一玉 ▲2四歩打 △3五歩 ▲2三歩成 △同 金 ▲3四銀 △同 金 ▲2三飛成 △2四金 ▲2二龍 △同 銀 ▲7六歩 △2八飛打 ▲3八角打 △4四歩 ▲6九玉 △2六飛成 ▲4八金 △2七銀打 ▲4九角 △2八銀成 ▲7九玉 △1九成銀 ▲2七歩打 △7六龍 ▲9六歩 △2八歩打 ▲9五歩 △2九歩成 ▲9七桂 △7四飛 ▲7七銀 △7五龍 ▲8六歩 △7六桂打 ▲8五桂 △8八桂成 ▲同 玉 △7六香打 ▲8七玉 △7七香成 ▲同 金 △同 龍 ▲9六玉 △7八角打 ▲投了 まで72手で後手の勝ち ※ 対局後の感想 1~16  初期状態。 17 ▲3八銀  棒銀で攻める手。 19 ▲2七銀  銀を7段目に進出させた。 21 ▲3六銀  銀を6段目に進出させると同時に、△3三桂で棒銀を防がれても腰掛け銀に切り替えられるように、3筋に銀を移動した。 23 ▲2五銀  △3三桂で棒銀を防がれなかったので、銀を5段目に進出させた。 25 ▲5八玉  ▲3八金だと上部の守りが手薄になるし、▲4八金や▲5八金だと3九の地点が死角になるので、玉で守ることにした。 27 ▲6八銀  守りを強化した。 29 ▲2四歩  △同歩▲同銀で4段目に銀を進出させる狙い。 31 ▲2三歩成  相手が歩を取らなかったので、▲2三歩成で金を斜めに誘った。 33 ▲3四銀  ▲2四歩だと金が横に逃げて意味が無いし、▲1六銀だと△2四歩とされて攻められないので、銀を捨てて△同金▲2三飛成で飛車の成り込みを狙った。 35 ▲2三飛成  飛車は成り込めたが、△2四金とされて龍の逃げ道が無くなった。 しまった!! この手は失敗だったか。 37 ▲2二龍  どうせ逃げられないなら、せめて角だけでも頂くことにした。 39 ▲7六歩  角の活用を図った。 41 ▲3八角打  玉が逃げたら桂馬がタダ取りされるので、合駒で王手を防ぎつつ桂馬に紐をつけた。 43 ▲6九玉  一旦玉を逃がすことにした。 45 ▲4八金  △3七龍で角頭を狙われそうだったので、金で角頭を守ることにした。 だけど後で見直してみると角頭は桂馬が守っていたようだ。 桂馬の利きは見落としやすい・・・ 47 ▲4九角  このままでは角が取られるので、角を逃した。 49 ▲7九玉  攻める手段が無いし、桂香両取りを防ぐ方法が見当たらないので、とりあえず玉の守りを固めることにした。 でも持ち駒は歩しか無いし、どうやって固めよう。 51 ▲2七歩  攻めることも受けることも出来そうにないので、悪あがきで2六の龍を追っ払うことにした。 53 ▲9六歩  無理だと分かっていても、打つ手が無いので無理矢理端攻めをすることにした。 後で考えたのだが、ここで▲7七銀や▲6六歩だとどうなっていたんだろう? 龍を追っ払うことが出来たのだろうか? 55 ▲9五歩  強引に端攻めを狙った。 57 ▲9七桂  8五に移動してもタダ取りされるだけで意味無いはずなのに、攻める手段が無いから強引に桂馬で端攻めを狙った。 59 ▲7七銀  ▲8六歩~▲8五桂で無理矢理端攻めを狙うために、8六の地点に利きを入れた。 61 ▲8六歩  無理矢理端攻めを狙う手。 63 ▲8五桂  角は逃げられないし、銀で桂馬を取っても△7六龍とされて攻められそうな気がするので、桂馬で無理矢理端攻めすることにした。 だけど後で考えてみたのだが、△7六龍の後▲7七桂打で防ぐことは出来なかったのだろうか? 65 ▲同玉  玉で取りつつ7七の地点に紐をつけた。 67 ▲8七玉  香車を取ると△7六龍~△7八龍とされて、玉は逃げられなくなるので、上段に逃げることにした。 でも桂馬が邪魔で逃げ道が・・・ そういえばいつの間にか持ち駒に桂馬があったようだ。 △7六龍の後▲7七桂打で防ぐことは出来なかったのだろうか? 69 ▲同金  玉で取れないので、金で取った。 71 ▲9六玉  玉が狙われているので逃げた。 そういえば合駒で防ぐ手もあったんだった。 合駒なら少しは粘ることも出来たのだろうか? 73 ▲投了

  • 原始棒銀(VS3四歩型居飛車)のコツ Part2

    再びコンピュータ相手に原始棒銀で勝負をしましたが、今度も負けてしまいました。 今度は何がいけなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲3八銀 △8四歩 ▲7八金 △8五歩 ▲2七銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8五飛 ▲2六銀 △5五飛 ▲6八銀 △5四飛 ▲3六歩 △4四飛 ▲5八玉 △7二金 ▲3五歩 △6四飛 ▲3八金 △8二銀 ▲3四歩 △同 飛 ▲5六歩 △5四飛 ▲5七銀 △4二銀 ▲3五銀 △3四歩打 ▲2四歩 △3五歩 ▲2三歩成 △4四角 ▲3二と △同 金 ▲2一飛成 △3一金 ▲2五龍 △3二金 ▲2二歩打 △同 金 ▲2四歩打 △3六銀打 ▲3四龍 △3三金 ▲4四龍 △同 飛 ▲4六銀 △2四飛 ▲2八桂打 △2七銀 ▲3五銀 △2五飛 ▲2七金 △同 飛成 ▲5七玉 △2八龍 ▲6六玉 △7八龍 ▲7九銀打 △5四桂打 ▲7六玉 △7五金打 ▲同 玉 △7四金打 ▲8六玉 △8五飛打 ▲9六玉 △8七飛成 ▲9五玉 △8五龍 ▲投了 まで76手で後手の勝ち ※着手の意図 1~4  初期状態。 5 ▲3八銀  棒銀で攻める手。 7 ▲7八金  早めに角頭を守る手 9 ▲2七銀  銀を七段目に進出させた。 11 ▲8六歩  このままでは△8七歩成▲同金△同飛とされるので、歩を取った。 13 ▲8七歩打  △8七歩打とされる前に歩を打った。 15 ▲2六銀  銀を6段目に進出させた。 17 ▲6八銀  守りを強化した。 19 ▲3六歩  3筋を攻めることにした。 21 ▲5八玉  守りを強化した。 23 ▲3五歩  △同歩▲同銀で五段目に進出する狙い。 25 ▲3八金  このままでは相手が△3五歩としたら▲同銀△5五角とされそうなので、3七の地点を守る準備をした。 27 ▲3四歩  相手が歩を取らなかったので、こちらが歩を取った。 29 ▲5六歩  △5四飛▲5七銀で△5五角を防ぎつつ、左銀を攻めに活用出来る準備をした。 31 ▲5七銀  5六の歩に紐をつけて、歩をタダ取りされるのを防いだ。 33 ▲3五銀  △3四歩打とされるのは怖いが、その後▲2四歩△3五歩▲2三歩成でいけそうだと思った。 35 ▲2四歩  △3五歩▲2三歩もしくは△同歩▲同銀とする狙い。 37 ▲2三歩成  なんとか突破することが出来た。 39 ▲3二と  当初は▲2二歩打もしくは▲2二とで攻める予定だったが、▲3二と△同金▲2一飛成△5二玉▲3二龍で金桂両方を狙うことにした。 41 ▲2一飛成  桂馬は取れたが、相手が△3一金としたので金が取れなくなった。 そんな方法で金取りを防げたのか!! 43 ▲2五龍  2八の地点まで下がると、△3五歩とされた後で△2六歩~△2七銀とされるのが怖いので2五の地点まで逃げることにした。 45 ▲2二歩打  ▲2四歩打としたいけど△2二歩打で防がれそうなので、予め2二の地点に歩を打った。 47 ▲2四歩打  垂れ歩で攻めることにした。 49 ▲3四龍  △3三角▲5四龍△同歩▲2三歩成△同金▲2一飛打を狙うつもりだったが、相手に△3三金とされてしまった。 そんな方法で龍を殺せたのか!! 51 ▲4四龍  せめて角だけでも頂くことにした。 53 ▲4六銀  4筋を防ぐと同時に、銀を攻めにも活用させる手。 55 ▲2八桂打  歩で防ごうと思ったらいつの間にか持ち駒に歩がなかったので、仕方なく桂馬で防ぐことにした。 57 ▲3五銀  銀を取ったら飛車に成り込まれるだけなので、飛車を狙って横に逃げてくれないかなぁ~と少し期待してみる。 59 ▲2七金  やっぱり飛車は横に逃げてくれなかったので、仕方なく銀を取ることにした。 61 ▲5七玉  攻められる前に逃げることにした。 下に逃げるか上に逃げるか迷ったが、下に逃げると守備駒はあるけど逃げ道が無いので上に逃げることにした。 63 ▲6六玉  急いで玉を逃したら金をタダ取りされてしまった。 相手は桂馬を狙っているものと思い込んでいたので、金取りになっていることを見落としていた。 65 ▲7九銀打  角まで取られたらどうしようもないので銀で角取りを防ぐことにした。 67 ▲7六玉  王手なので逃げた。 69 ▲7五玉  王手なので取った。 71 ▲8六玉  王手なので逃げた。 73 ▲9六玉  王手なので逃げた。 75 ▲9五玉  王手なので逃げた。 77 ▲投了 ※後で確かめてみた変化手 39 ▲3二と ▲2二歩打だと△3三桂▲同歩△同角▲2一歩成,▲2二とだと△3三桂▲1一香△4五桂 ▲2二歩打にすれば桂香両方を狙えた気がする。 50 ▲3四龍 ▲2五龍だと△2四歩,▲2八龍だと△2七歩 どこに逃げても駄目みたいだ!! 61 ▲5七玉 ▲6九玉△4九飛▲5九銀△4七龍▲5八角打△5九龍▲同玉△4八金▲7九玉△5七角打 下に逃げても駄目みたいだ!! 63 ▲7九銀 ▲7九銀△5九飛▲6六玉△7四桂▲7五玉△6四金▲8五玉 金をタダ取りされなくても、やられる寸前であることは変わらないようだ!!

  • 原始棒銀(VS振り飛車)のコツ

    相手が振り飛車だった場合を想定してコンピュータで原始棒銀の練習をしました。 将棋の参考書とかでは相手が居飛車であることを想定して原始棒銀の説明がされているので、相手が振り飛車だった場合の攻め方は全くイメージ出来ません。 今回は相手が振り飛車だった場合でも戸惑わないために練習してみましたが、あっさり負けてしまいました。 一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲3八銀 △4四歩 ▲2七銀 △4二飛 ▲2六銀 △6二玉 ▲1六歩 △7二玉 ▲1五銀 △2二飛 ▲2六銀 △4五歩 ▲5六歩 △4二飛 ▲5八玉 △4六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲4七歩打 △5六飛 ▲6八玉 △4四角 ▲1五銀 △3五角 ▲7八玉 △1四歩 ▲2四歩 △1五歩 ▲2三歩成 △2七歩打 ▲同 飛 △5七角成 ▲2二歩打 △1三桂 ▲同 と △4八歩打 ▲5九金右寄△1三馬 ▲1五歩 △4九歩成 ▲同 金 △2六歩打 ▲2八飛 △2二馬 ▲5九金右寄△3二馬 ▲7六歩 △同 飛 ▲6八玉 △5六銀打 ▲1一角成 △2二銀 ▲1二馬 △2三銀 ▲1三馬 △1二歩打 ▲4六馬 △6五馬 ▲7七香打 △4五歩打 ▲7六香 △4六歩 ▲同 歩 △5七角打 ▲7八玉 △6七銀 ▲同 玉 △6六角成 ▲7八玉 △5六馬上 ▲6八玉 △6七馬左上▲投了 まで76手で後手の勝ち ※対局後の感想 ・1~8手目 初期状態。コンピュータとの戦いは9手目から。 ・9~14手目 棒銀で2筋を攻めようとしたが、飛車と角に受けられてしまった。 ・15手目▲2六銀 3筋を攻めることにした。 ・17手目▲5六歩 3筋の歩を突いても△5五角とされないように5筋の歩を突いた。 ・20~29手目 まだ勝負は始まったばかりなのに、早くも相手が攻めてきた。 ・30~33手目 今にも攻められそうで怖いが、攻撃用の銀が狙われているので、このまま攻めることにした。 ・37~48手目 むやみに自陣の駒を動かしたら余計に守りが崩されそうなので、このまま攻めることにした。 ・51~61手目 これ以上攻める方法が思い付かないので、とりあえず馬を作ってみることにした。 ・63~67手目 飛車を狙ったが、相手が馬を狙ったので、飛車角交換になった。 ・68~77手目 相手が攻めてきたので逃げ回ったが、結局詰まされてしまった。

  • 【原始棒銀】原始棒銀の練習

    コンピュータ相手に原始棒銀の練習をしてみましたが、勝てませんでした。 序盤・中盤は自分が優勢だったと思うのですが(もしかして自分の形勢判断が間違っていた?)、終盤で△4九角打とされた辺りから相手の怒涛の攻めで詰まされてしまいました。 角の打ち込む隙を与えた▲6九玉がまずかったのかな? でも居玉は怖いですし・・・ 一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:自分 後手:コンピュータ ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩打 ▲2八飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲3八銀 △9四歩 ▲2七銀 △6二銀 ▲3六銀 △3四歩 ▲2五銀 △5二金 ▲2四歩打 △同 歩 ▲同 銀 △4四角 ▲6八銀 △2六歩打 ▲1五銀 △4二玉 ▲2六銀 △2二角 ▲2五銀 △1四歩 ▲2四銀 △5五角 ▲2三銀 △2二歩打 ▲3二銀成 △同 銀 ▲5六歩 △4四角 ▲5七銀 △3三角 ▲2四金打 △同 角 ▲同 飛 △3三銀 ▲2八飛 △4四飛 ▲3八金 △3五歩 ▲4六銀 △8四飛 ▲7九角 △1五歩 ▲3五銀 △8五飛 ▲2三歩打 △同 歩 ▲同 飛成 △3二銀打 ▲2六龍 △2三歩打 ▲4六銀 △4四歩 ▲3六歩 △6四歩 ▲3七桂 △5四歩 ▲6九玉 △6三金 ▲7六角打 △8二飛 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 銀 △6五金打 ▲同 角 △同 歩 ▲1六歩 △8六歩打 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲1五歩 △8六歩打 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲1四歩 △8六歩打 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8五飛 ▲1三歩成 △8八歩打 ▲同 金 △1三香 ▲同 香成 △8六歩打 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲1四歩打 △6六歩 ▲同 銀 △4九角打 ▲7八金 △3八角成 ▲2五桂 △4八馬 ▲3五角 △2六馬 ▲同 角 △3八飛打 ▲5九歩打 △8七飛成 ▲5八金打 △8九龍 ▲7九香打 △2八飛成 ▲3三桂成 △同 桂 ▲4四角 △5七歩打 ▲同 銀 △8六桂打 ▲6八金左寄△7八金打 ▲同 金 △同 桂成 ▲投了 まで138手で後手の勝ち

  • 後手棒銀 △6四歩型 の定跡で

    ▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △8五歩 ▲7七銀 △7二銀 ▲7八金 △8三銀 ▲5六歩 △8四銀 ▲7九角 △6四歩 ▲6八角 △6五歩 ▲同 歩 △9五銀 ▲5五歩 △同 角 ▲5八飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲5五飛 △7七銀成 ▲同 桂 △8九飛成 ▲7九銀 △9九龍 ▲6四歩 △5四香 ▲同 飛 △同 歩 ▲6三歩成 △6七歩 ▲4六角 △4二玉 ▲6九歩 △3二玉 ▲5三と △2二玉 ▲4三と △4五飛 ▲6六角 △1二玉 「▲6五桂」「 △8九龍」 ▲5三桂不成△5一金右 ▲5二歩 △同金左 ▲同 と △同 金 ▲3三香 で先手よし (東大将棋 矢倉急戦道場より) とあるのですが、 47手目に「▲6五桂」とするのは、何故ですか? △同飛車とされたら、かなり悪くなると思うんですけど。 △同飛車じゃなく、△43飛車であっても、▲44香△52金右とされたら 飛車はとれてもたいして良くならない気がします。 「▲6五桂」のあと、後手が暢気に「△8九龍」とする理由もわかりません。 棒銀に詳しい方、宜しくお願いします。 (見づらいと思いますが、そのときの局面を載せておきます。) 後手:棒銀 後手の持駒:銀 歩  9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂 ・v金 ・v金v銀v桂v香|一 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉|二 |v歩 ・v歩 ・ ・ と ・v歩v歩|三 | ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|四 | ・ ・ ・ 桂 ・v飛 ・ ・ ・|五 | ・ ・ 歩 角 ・ 角 ・ ・ ・|六 | 歩 ・ ・v歩 ・ 歩 歩 歩 歩|七 | ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八 |v龍 ・ 銀 歩 玉 金 銀 桂 香|九 +---------------------------+ 先手:矢倉 先手の持駒:香 歩二  【手数=47 ▲6五桂 まで】 後手番

  • 将棋における原始棒銀の練習 Part2

    またコンピュータ相手に原始棒銀の練習をしました。 今度は最後まで打ってみましたが、やはり勝てません。 相手は万全の受けをしてるようには見えないのに、何故か突破出来ません。 しかも、こちらが先に攻めていたはずなのに、何故か防戦一方になって負けてしまいました。 一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:自分 後手:コンピュータ ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩打 ▲2八飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8二飛 ▲3八銀 △4一玉 ▲2七銀 △1四歩 ▲1六歩 △8六歩打 ▲同 歩 △1三角 ▲5八金 △8六飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲2六銀 △5四飛 ▲6八銀 △8四飛 ▲6九玉 △2二角 ▲2五銀 △3四歩 ▲2四歩打 △3五歩 ▲2三歩成 △同 金 ▲2四歩打 △3三金 ▲7六歩 △3二銀 ▲1四銀 △同 香 ▲1五歩 △8六歩打 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △7六飛 ▲1四歩 △2七歩打 ▲同 飛 △2六歩打 ▲2八飛 △2七歩成 ▲同 飛 △3八銀打 ▲2八飛 △3九銀 ▲3八飛 △2八歩打 ▲3九飛 △2六飛 ▲7九玉 △2九歩成 ▲1五銀打 △2八飛成 ▲6九飛 △5八龍 ▲5九香打 △4七龍 ▲1三歩成 △同 桂 ▲1四銀 △1九と ▲2三歩成 △同 金 ▲同 銀成 △8八角成 ▲同 玉 △7六桂打 ▲7七玉 △2三銀 ▲7六玉 △5四角打 ▲8五玉 △9四銀打 ▲8四玉 △8三香打 ▲7五玉 △7四金打 ▲6六玉 △6五金 ▲7七玉 △7六金 ▲8八玉 △8七香成 ▲同 金 △同 金 ▲7九玉 △7八金打

  • 6枚落ち(9筋端攻め)のコツ

    コンピュータ相手に6枚落ち(9筋端攻め)で勝負をしました。 あと少しで勝てそうだと思ったのですが、結局負けてしまいました。 一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:六枚落ち 下手:あなた 上手:コンピュータ △2二銀 ▲7六歩 △8二銀 ▲9六歩 △7二金 ▲9五歩 △5二金 ▲6六角 △6四歩 ▲5六歩 △7四歩 ▲9七香 △6三金左上▲9八飛 △5四金 ▲7七桂 △4二玉 ▲4六歩 △4四歩 ▲9四歩 △同 歩 ▲同 香 △4五歩 ▲同 歩 △6五歩 ▲4八角 △4五金 ▲5八金右上△5六金 ▲5七歩打 △4七歩打 ▲5六歩 △4八歩成 ▲同 金 △9七歩打 ▲同 飛 △6六歩 ▲同 歩 △6七角打 ▲7八銀 △5六角成 ▲3八銀 △6六馬 ▲8五桂 △4三歩打 ▲9二香成 △9五歩打 ▲同 飛 △8四馬 ▲9八飛 △7一銀 ▲9三桂成 △6六馬 ▲8二成香 △同 金 ▲同成桂 △5六香打 ▲5八歩打 △8二銀 ▲9二飛成 △9三馬 ▲8一龍 △3二玉 ▲9二金打 △4八馬 ▲同 玉 △7一金打 ▲8二金 △8一金 ▲同 金 △6八歩打 ▲同 金 △6一飛打 ▲5二金打 △6八飛成 ▲4一銀打 △2一玉 ▲4二金 △5八龍 ▲3九玉 △4八金打 ▲2八玉 △3八金 ▲1八玉 △2八金 ▲投了 まで85手で後手の勝ち ※対局後の感想 ・1~14手目 一気に攻撃するために、9筋に飛車,角,香車を集中させてみた。 ・16手目▲7七桂 金が押し寄せてきたので、角頭を守った。 ・18手目▲4六歩 △4五金で攻めて来られないように歩を突いたけど、相手も歩を突いてきて、 △4五歩▲同歩△4五金で突破されそうな気がする。 この手はまずかったのだろうか? ・20~23手目 攻撃される前に突破しようとしたが、突破する前に相手が攻撃してきた。 ・28~31手目 金の侵入を防ごうとしたが、角が狙われてしまった。 30手目▲5七歩打は失敗だったのだろうか? だけど他に侵入を防ぐ手が思い付かない・・・ ・40手目▲7八銀 △8九角成を嫌った手。 ・46~64手目 ようやく攻められそうになったので、ひたすら攻めた。 ・67~70手目 飛車が狙われてしまったので、しぶしぶ飛車を捨てた。 ・74手目▲5二金打 相手の飛車による両狙いを防ぐ方法が思い付かないので、相手の玉を狙うことにした。 ・76~79手目 あと少しで玉を追い詰められると思ったけど、その前に相手が攻めてきた。 まさか銀を狙わず直接玉を狙ってくるとは・・・ ・80~86手目 ひたすら逃げたが、結局詰まされてしまった。

  • 飛車落ちのコツ

    二枚落ちでギリギリ勝てるようになったので、今度は飛車落ちに挑戦しましたが負けてしまいました。 一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:飛車落ち 下手:あなた 上手:コンピュータ △6二玉 ▲7六歩 △7二玉 ▲2六歩 △3四歩 ▲7八金 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲7七銀 △1四歩 ▲1六歩 △8二玉 ▲5八金 △9四歩 ▲9六歩 △3三銀 ▲6九玉 △4四銀 ▲2五歩 △3三銀 ▲3八銀 △9三桂 ▲8六歩 △4二金 ▲2七銀 △5四歩 ▲2六銀 △5二金上 ▲1五歩 △同 歩 ▲同 銀 △同 香 ▲同 香 △3九角打 ▲2七飛 △4九銀打 ▲5九金 △3八銀 ▲2六飛 △5七角成 ▲5八香打 △3五馬 ▲5四香 △2六馬 ▲5二香成 △同 金 ▲1二香成 △5八歩打 ▲同 金 △3九飛打 ▲5九歩打 △5三香打 ▲6八金左寄 △5八香成 ▲同 金 △5七歩打 ▲同 金 △2九飛成 ▲2一成香 △3七馬 ▲5八金 △5七歩打 ▲同 金 △5九馬 ▲7八玉 △6九馬 ▲8八玉 △8七金打 ▲投了 まで69手で後手の勝ち ※対局後の感想 21~34手目 棒銀で攻めてみた。 35~41手目 飛車が狙われてしまったので逃げたけど、角に成り込まれてしまった。 42手目▲5八香打 馬に逃げられても相手を攻められるようにした。 45手目△2六馬 馬の利きを見落としていたため、飛車をタダ取りされてしまった。 大駒の利きは見落としやすい・・・ 46手目▲5二香成 取られたものはしょうがないということで、金だけでも頂くことにした。 49~70手目 相手が攻めてきたので、ひたすら守ったけど詰まされてしまった。 どうも自分は受けが弱い気がするなぁ~

  • 二枚落ち(棒銀)のコツ

    四枚落ちでなんとか勝てるようになったので、今度はコンピュータ相手に二枚落ちで勝負をしましたが、負けてしまいました。 一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:二枚落ち 下手:あなた 上手:コンピュータ △6二玉 ▲7六歩 △4二銀 ▲2六歩 △7二玉 ▲2五歩 △3二金 ▲3八銀 △3一銀 ▲2七銀 △8二玉 ▲3六銀 △1四歩 ▲1六歩 △2二銀 ▲3五銀 △3一銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △2二銀 ▲2三歩打 △3一銀 ▲3六歩 △5四歩 ▲3五歩 △2二歩打 ▲5八金右上△7四歩 ▲7八金 △7二銀 ▲6八銀 △9四歩 ▲9六歩 △8四歩 ▲6九玉 △8五歩 ▲7七銀 △6四歩 ▲3七桂 △6二金 ▲2五桂 △2三歩 ▲同 銀成 △同 金 ▲3三桂成 △同 金 ▲2一飛成 △4二銀 ▲1一龍 △3七歩打 ▲5六歩 △3八歩成 ▲7九角 △4九と ▲3四歩 △同 金 ▲1三角成 △7三金 ▲6六歩 △3七歩打 ▲7九玉 △3八歩成 ▲6七金右上△5九と ▲8八玉 △6九銀打 ▲7九金 △5八銀 ▲6八金引 △4九銀 ▲1四馬 △5八と ▲7八金寄 △5三銀 ▲6五歩 △6二銀 ▲6四歩 △5三銀 ▲6五桂打 △6四銀 ▲7三桂成 △同 銀引 ▲4一馬 △6五桂打 ▲6六銀 △5七桂 ▲7七銀 △6九と ▲5二馬 △7九と ▲同 金 △5八銀成 ▲6七金打 △6九桂成 ▲7八金 △6五桂打 ▲6六銀 △6八金打 ▲7九香打 △6七金 ▲同 金 △7九成桂 ▲同 玉 △8六歩 ▲同 歩 △8七歩打 ▲7八金打 △6九金打 ▲投了 まで109手で後手の勝ち ※対局後の感想 ・1~23手目 棒銀で2筋を攻めたが、突破ならず!! ・24~27手目 ▲2六歩~▲2五歩から▲2四歩△同歩▲1一角成で角の成り込みを狙ったが、△2二歩打で防がれてしまった。 ・28~38手目 攻めが続かなくなったので、とりあえず守りを固めることにした。 ・40~48手目 桂馬を攻めに参加させて、なんとか突破することが出来た。 ・54~58手目 角も成り込むことにした。 ・60~66手目 敵が押し寄せてきたので、いそいで矢倉を組んだ。 ・67~74手目 相手が攻めてきたけど、なんとか防ぐことが出来た。 ・76~80手目 金銀両取りを狙った。 ・85~110手目 相手が攻めてきたので、ひたすら守ったが、結局詰まされてしまった。