• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

後手棒銀 △6四歩型 の定跡で

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △8五歩 ▲7七銀 △7二銀 ▲7八金 △8三銀 ▲5六歩 △8四銀 ▲7九角 △6四歩 ▲6八角 △6五歩 ▲同 歩 △9五銀 ▲5五歩 △同 角 ▲5八飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲5五飛 △7七銀成 ▲同 桂 △8九飛成 ▲7九銀 △9九龍 ▲6四歩 △5四香 ▲同 飛 △同 歩 ▲6三歩成 △6七歩 ▲4六角 △4二玉 ▲6九歩 △3二玉 ▲5三と △2二玉 ▲4三と △4五飛 ▲6六角 △1二玉 「▲6五桂」「 △8九龍」 ▲5三桂不成△5一金右 ▲5二歩 △同金左 ▲同 と △同 金 ▲3三香 で先手よし (東大将棋 矢倉急戦道場より) とあるのですが、 47手目に「▲6五桂」とするのは、何故ですか? △同飛車とされたら、かなり悪くなると思うんですけど。 △同飛車じゃなく、△43飛車であっても、▲44香△52金右とされたら 飛車はとれてもたいして良くならない気がします。 「▲6五桂」のあと、後手が暢気に「△8九龍」とする理由もわかりません。 棒銀に詳しい方、宜しくお願いします。 (見づらいと思いますが、そのときの局面を載せておきます。) 後手:棒銀 後手の持駒:銀 歩  9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂 ・v金 ・v金v銀v桂v香|一 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉|二 |v歩 ・v歩 ・ ・ と ・v歩v歩|三 | ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|四 | ・ ・ ・ 桂 ・v飛 ・ ・ ・|五 | ・ ・ 歩 角 ・ 角 ・ ・ ・|六 | 歩 ・ ・v歩 ・ 歩 歩 歩 歩|七 | ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八 |v龍 ・ 銀 歩 玉 金 銀 桂 香|九 +---------------------------+ 先手:矢倉 先手の持駒:香 歩二  【手数=47 ▲6五桂 まで】 後手番

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hisya
  • ベストアンサー率22% (65/285)

>47手目に「▲6五桂」とするのは、何故ですか? ▲6六角が△9九竜に当たる先手の受けになり ▲6六桂が5三の地点に行けば攻めの厚みが増すからです。 要するに攻防の手です。 >△同飛車とされたら、かなり悪くなると思うんですけど △同飛車とされたら△9九の竜を▲6六の角で取ります。 >「▲6五桂」のあと、後手が暢気に「△8九龍」とする理由もわかりません。 ▲6六角での竜取りから逃げたということです。 ps 飛・角・香の利きの間にいる味方の駒を動かして相手の駒を取る方法を「素抜き」と言います。 特に自分の駒を王手で動かすと絶対の先手になるので確実に相手の駒が取れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

全て解決&納得しました。 ありりりん♪です。^^

関連するQ&A

  • 原始棒銀(VS3四歩型居飛車)のコツ

    再びコンピュータ相手に原始棒銀の練習をしました。 今度は相手が飛車先交換を阻止した場合を想定して練習してみました。 今回も負けてしまいましたが、一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲3八銀 △8四歩 ▲2七銀 △2二銀 ▲2六銀 △8五歩 ▲7八金 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲1六歩 △5四飛 ▲6八銀 △4四飛 ▲5八玉 △8二銀 ▲1五銀 △3五歩 ▲7六歩 △1四歩 ▲2六銀 △4五飛 ▲3三角成 △同 桂 ▲7七銀 △6二玉 ▲1五歩 △同 歩 ▲同 銀 △7四角打 ▲4八金 △3六歩 ▲同 歩 △1五香 ▲同 香 △3九銀打 ▲3八飛 △4八銀成 ▲同 飛 △3八金打 ▲5六銀打 △4八金 ▲同 玉 △2五飛 ▲5八玉 △2九飛成 ▲5九香打 △1八飛打 ▲6九玉 △5六角 ▲同 歩 △5七桂打 ▲7九玉 △5九龍 ▲8八玉 △7八飛成 ▲同 玉 △7九金打 ▲8八玉 △8九金 ▲9八玉 △9九金 ▲8八玉 △8九龍 ▲投了 まで70手で後手の勝ち ※対局後の感想 ・1~4手目 初期状態。コンピュータとの戦いは5手目から。 ・5~24手目 棒銀を繰り出したが、飛車と角にガードされて、銀が進めなくなった。 ・25手目▲7六歩 このままでは銀が進めないので、角交換で角を排除してから銀を進ませることにした。 ・33~35手目 再び棒銀で相手陣への進出を図った。 ・36~71手目 まだやられそうには見えなかったのに、相手の怒涛の攻撃で一気に詰まされてしまった。

  • 角換わり棒銀(後手の受け2二銀)

    角換わり棒銀のある棋書の説明でわからないことがあります。 今後手が△2二銀と争点をずらしたところです。 以下、 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △2三歩 ▲同銀成 △同 金 ▲3二角 △1二銀 ▲2三角成 △同銀左 ▲3二金 △同 銀 (代えて△4四角)    ▲2二飛成 で先手優勢・・ということです。 その解説: 「▲3二金を後手は△同銀と取ります。この手で△4四角と受ける手はありますが、 それは▲2二金△同角▲2三飛成として先手が優勢です。 そこで同じ結果になるなら後手は取った方が得というわけです。」 >△4四角と受ける手はある。 「それはないでしょ、と思いました。」 後手にとって、駒割りが角得から角銀交換の得と小さくなったのですから。 >同じ結果になるなら どうして同じ結果になるのでしょうか。 よろしくお願いします。 後手の持駒:角  9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一 | ・v飛 ・v銀v金 ・v金v銀 ・|二 |v歩 ・v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三 | ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四 | ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 銀|五 | ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六 | 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七 | ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八 | 香 桂 ・ ・ 玉 金 ・ 桂 香|九 +---------------------------+ 先手の持駒:角  ▽2二銀 まで

  • 角換わり棒銀(△5四角)

    いつもお世話になっております。 角換わり棒銀の定跡書から変化の一例で疑問に思うことがあります。 後手の持駒:銀  9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一 | ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二 |v歩 ・v銀v歩v歩 ・v金 ・v歩|三 | ・ ・v歩 ・v角v歩v歩 ・ ・|四 | ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五 | ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六 | 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩v歩 歩|七 | ・ ・ 金 ・ ・ ・ 角 飛 ・|八 | 香 桂 ・ ・ 玉 金 ・ 桂 香|九 +---------------------------+ 先手の持駒:銀 歩  図は、角変わり棒銀で後手が△5四角と受ける形です。 先手が、銀交換の後▲2八飛と深く引いたとき、後手が、△2七歩とたたきました。 定跡書には、以下 同飛 同角成 同角 2二飛 2八歩 6二金となって一局とあります。 この2七歩を同角すると2二飛とされて先手が困るとあります。しかし、 例えば、▲3八金として次に▲5四角を狙うのはだめでしょうか? 仮に後手が△6二金としたとして、以下 5四角 2八飛成 同金 5四歩となれば、 先手は一歩得で、お互いの陣への飛車の打ち込みは、 後手のほうがスキがあるように思えるのですがいかがでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 矢倉棒銀の対策

    矢倉+棒銀というのはありそうであまり見かけない将棋だと思います。 ぼくの実戦で次のような将棋になりました。ぼくの後手に先手の人が矢倉棒銀できました。 ▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲2六歩 △4二銀 ▲7七銀 △3二金 ▲5八金右 △4一玉 ▲5六歩 △5四歩 ▲6七金 △7四歩 ▲6八玉 △5二金 ▲7八玉 △4四歩 ▲2五歩 △3三銀 ▲3八銀 △4三金右 ▲2七銀 △3一角 ▲2六銀 △8五歩 ▲1六歩 △9四歩 後手持駒:なし 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂 ・ ・ ・v玉v角v桂v香|一 | ・v飛 ・v銀 ・ ・v金 ・ ・|二 | ・ ・ ・v歩 ・v金v銀v歩v歩|三 |v歩 ・v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・|四 | ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五 | ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 銀 歩|六 | 歩 歩 銀 金 ・ 歩 歩 ・ ・|七 | ・ 角 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八 | 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九 +---------------------------+ 先手持駒:なし ここから次のように進みました。 ▲1五銀 △4二角 ▲7九角 △2二銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △2三歩 ▲1五銀 このあと先手の手だけを書くと▲2六銀▲1五歩▲2五銀です。 ここからの後手の方針がわかりません。△3三銀とすると、▲2四歩とされて銀を交換されます。また。△3三桂には▲1四歩から端を破られます。そのため玉を囲うことができません。 あまり見かけない指し方なのでなにか先手を咎める方法があると思いますが、具体的な指し方をお教え下さい。

  • 定跡

    後手の持駒:角 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一 | ・v飛 ・ ・v金 ・v金v玉 ・|二 | ・ ・v桂 ・v歩 ・v銀v歩 ・|三 |v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四 | ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五 | 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六 | ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七 | ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八 | 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九 +---------------------------+ 先手の持駒:角 定跡を外し先手はここから ▲4五歩 △同歩 ▲3五歩 △同歩 ▲4五桂 羽生の頭脳7 102ページによると ここで△同銀と取り云々となって先手優勢となっている。 ここで△4四銀とするとどうなりますか?

  • 【原始棒銀】相手陣を攻める方法

    下図はVSコンピュータとの途中局面です。 後手の持駒:歩  9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂 ・ ・ ・v玉 ・ ・v香|一 | ・ ・ ・v銀v金v銀v金v角 ・|二 | ・ ・v歩v歩v歩v歩v桂v歩 ・|三 |v歩v飛 ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|四 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五 | ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六 | 歩 歩 歩 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七 | ・ 角 金 銀 ・ ・ 金 飛 ・|八 | 香 桂 ・ ・ 王 ・ ・ ・ 香|九 +---------------------------+ 先手の持駒:歩  手数=50 まで 手合割:平手 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩打 ▲2八飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲3八銀 △6二銀 ▲2七銀 △5二金 ▲3六銀 △3四歩 ▲2五銀 △3三桂 ▲3六銀 △4一玉 ▲6八銀 △1四歩 ▲4六歩 △4二銀 ▲4七銀 △8六歩打 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8五飛 ▲3八金 △8六歩打 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲3六歩 △8六歩打 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲3七桂 △9四歩 ここから相手陣を攻めたいのですが、どうやって攻めてよいのか分かりません。 相手陣は7二・6一・2一の地点が絶好の打ち場所に見えるけど、持ち駒が無いので打つことは出来ないし・・・ ・▲2五桂,▲4五桂の場合 ▲2五桂△同桂▲同飛や▲4五桂△同桂▲同歩で桂馬交換をしても、桂馬を活用出来そうな打ち場所が見当たらないので意味が無さそうに思えます。 ・▲5六銀の場合 △3五歩▲同歩△3六歩打で桂頭が狙われてしまったら、▲4五桂で桂馬を進ませても△同桂▲同銀とされて、4筋が不安定になる気がします。 どの手も良さそうに思えないのですが、ここからどうやって攻めたら良いのでしょうか?

  • 原始棒銀(VS8四歩型居飛車)のコツ Part2

    再びコンピュータ相手に原始棒銀で勝負をしましたが、やはりあっさり負けてしまいます。 こうも簡単に負けるのは自分が悪手を打ちまくっているからでしょうけど、その悪手が自分には見えないので、今回は一手一手について考えてみました。 一体どの手が良くなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩打 ▲2八飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲3八銀 △6二銀 ▲2七銀 △3四歩 ▲3六銀 △5二金 ▲2五銀 △4四飛 ▲5八玉 △5四飛 ▲6八銀 △6一玉 ▲2四歩打 △3五歩 ▲2三歩成 △同 金 ▲3四銀 △同 金 ▲2三飛成 △2四金 ▲2二龍 △同 銀 ▲7六歩 △2八飛打 ▲3八角打 △4四歩 ▲6九玉 △2六飛成 ▲4八金 △2七銀打 ▲4九角 △2八銀成 ▲7九玉 △1九成銀 ▲2七歩打 △7六龍 ▲9六歩 △2八歩打 ▲9五歩 △2九歩成 ▲9七桂 △7四飛 ▲7七銀 △7五龍 ▲8六歩 △7六桂打 ▲8五桂 △8八桂成 ▲同 玉 △7六香打 ▲8七玉 △7七香成 ▲同 金 △同 龍 ▲9六玉 △7八角打 ▲投了 まで72手で後手の勝ち ※ 対局後の感想 1~16  初期状態。 17 ▲3八銀  棒銀で攻める手。 19 ▲2七銀  銀を7段目に進出させた。 21 ▲3六銀  銀を6段目に進出させると同時に、△3三桂で棒銀を防がれても腰掛け銀に切り替えられるように、3筋に銀を移動した。 23 ▲2五銀  △3三桂で棒銀を防がれなかったので、銀を5段目に進出させた。 25 ▲5八玉  ▲3八金だと上部の守りが手薄になるし、▲4八金や▲5八金だと3九の地点が死角になるので、玉で守ることにした。 27 ▲6八銀  守りを強化した。 29 ▲2四歩  △同歩▲同銀で4段目に銀を進出させる狙い。 31 ▲2三歩成  相手が歩を取らなかったので、▲2三歩成で金を斜めに誘った。 33 ▲3四銀  ▲2四歩だと金が横に逃げて意味が無いし、▲1六銀だと△2四歩とされて攻められないので、銀を捨てて△同金▲2三飛成で飛車の成り込みを狙った。 35 ▲2三飛成  飛車は成り込めたが、△2四金とされて龍の逃げ道が無くなった。 しまった!! この手は失敗だったか。 37 ▲2二龍  どうせ逃げられないなら、せめて角だけでも頂くことにした。 39 ▲7六歩  角の活用を図った。 41 ▲3八角打  玉が逃げたら桂馬がタダ取りされるので、合駒で王手を防ぎつつ桂馬に紐をつけた。 43 ▲6九玉  一旦玉を逃がすことにした。 45 ▲4八金  △3七龍で角頭を狙われそうだったので、金で角頭を守ることにした。 だけど後で見直してみると角頭は桂馬が守っていたようだ。 桂馬の利きは見落としやすい・・・ 47 ▲4九角  このままでは角が取られるので、角を逃した。 49 ▲7九玉  攻める手段が無いし、桂香両取りを防ぐ方法が見当たらないので、とりあえず玉の守りを固めることにした。 でも持ち駒は歩しか無いし、どうやって固めよう。 51 ▲2七歩  攻めることも受けることも出来そうにないので、悪あがきで2六の龍を追っ払うことにした。 53 ▲9六歩  無理だと分かっていても、打つ手が無いので無理矢理端攻めをすることにした。 後で考えたのだが、ここで▲7七銀や▲6六歩だとどうなっていたんだろう? 龍を追っ払うことが出来たのだろうか? 55 ▲9五歩  強引に端攻めを狙った。 57 ▲9七桂  8五に移動してもタダ取りされるだけで意味無いはずなのに、攻める手段が無いから強引に桂馬で端攻めを狙った。 59 ▲7七銀  ▲8六歩~▲8五桂で無理矢理端攻めを狙うために、8六の地点に利きを入れた。 61 ▲8六歩  無理矢理端攻めを狙う手。 63 ▲8五桂  角は逃げられないし、銀で桂馬を取っても△7六龍とされて攻められそうな気がするので、桂馬で無理矢理端攻めすることにした。 だけど後で考えてみたのだが、△7六龍の後▲7七桂打で防ぐことは出来なかったのだろうか? 65 ▲同玉  玉で取りつつ7七の地点に紐をつけた。 67 ▲8七玉  香車を取ると△7六龍~△7八龍とされて、玉は逃げられなくなるので、上段に逃げることにした。 でも桂馬が邪魔で逃げ道が・・・ そういえばいつの間にか持ち駒に桂馬があったようだ。 △7六龍の後▲7七桂打で防ぐことは出来なかったのだろうか? 69 ▲同金  玉で取れないので、金で取った。 71 ▲9六玉  玉が狙われているので逃げた。 そういえば合駒で防ぐ手もあったんだった。 合駒なら少しは粘ることも出来たのだろうか? 73 ▲投了

  • 定跡

    後手の持駒:角 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一 | ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二 | ・ ・ ・ ・v歩 ・v銀v歩 ・|三 |v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五 | 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六 | ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七 | ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八 | 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九 +---------------------------+ 先手の持駒:角 ▲3七桂まで 盤が崩れて見えないときはフォントを変えてください。 この形で定跡教えてください。形は先手と後手はほぼ同じです(先手が2五歩突いているのと3七桂が跳ねている以外は先後同型) ついでにこの戦形の名前教えてください。名前がわからないので検索できません。

  • ▲ゴキゲン中飛車 vs △引き角戦法

    飯島流引き角戦法からの質問です。 先後逆なので、実際はゴキゲン中飛車が先手です。 後手:ゴキゲン中飛車 後手の持駒:なし 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一 | ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二 |v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|三 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五 | ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六 | 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七 | ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八 | 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九 +---------------------------+ 先手の持駒:なし 後手番 先手:引き角 △5四歩 ▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲5六歩 △5二飛 ▲7八銀 ここで △6二玉 ▲7九角 △5五歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲5八金右 △7二玉 ▲4六角 △5二飛 ▲6八玉 △4二銀 ▲7九玉 △5三銀 ▲8八玉 △5四銀 ▲4八銀 △8二玉 ▲6八角 △7二銀 ▲3六歩 △2二飛 となるのが普通らしいのですが、いきなり (1)△5五歩 ▲同 歩 △同 飛 (2)△5五歩 ▲同 歩 △同 角 とこられたら、どうすればいいですか?

  • 原始棒銀(VS△8四歩型居飛車)のコツ

    戦法を使いこなせるようになりたいので、コンピュータ相手に原始棒銀の練習をしました。 まずは相手が相掛かりにしてきた場合を想定して練習してみました。 だけど、あっさり負けてしまいました。 一体何がいけなかったのでしょうか? 手合割:平手 先手:あなた 後手:コンピュータ ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩打 ▲2八飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩打 △8四飛 ▲3八銀 △1四歩 ▲1六歩 △7二銀 ▲2七銀 △5四飛 ▲5八金 △3四歩 ▲3六銀 △9四歩 ▲9六歩 △5五飛 ▲6九玉 △3五歩 ▲2五銀 △5四飛 ▲2四歩打 △6二玉 ▲2三歩成 △同 金 ▲7六歩 △8八角成 ▲同 銀 △2七歩打 ▲同 飛 △2四歩打 ▲4五角打 △4九角打 ▲2八飛 △2五歩 ▲同 飛 △5八角成 ▲同 玉 △2四飛 ▲同 飛 △同 金 ▲6八玉 △2八飛打 ▲7九玉 △2九飛成 ▲6九飛打 △5九金打 ▲6八飛 △5八金 ▲6九角打 △同 龍 ▲同 飛 △同 金 ▲同 玉 △3九飛打 ▲5九金打 △4八銀打 ▲5八飛打 △5九銀成 ▲同 飛 △4九金打 ▲同 飛 △同 飛成 ▲5九金打 △4七龍 ▲2七角 △2九飛打 ▲4九角 △同 飛成 ▲同 金 △同 龍 ▲5九銀打 △5八金打 ▲7九玉 △5九龍 ▲投了 まで86手で後手の勝ち ※対局後の感想 ・1~16手目 初期状態。コンピュータとの戦いは17手目から。 ・37手目▲7六歩 これ以上銀を進ませることは出来なさそうなので、角を攻めに参加させることにした。 ・42手目△2四歩 銀が狙われてしまった。 ・43手目▲4五角打 こちらは飛車と金の両取りを狙った。 ・44手目△4九角打 飛車が狙われてしまった。 ・50~51手目 相手が飛車交換を迫ってきた。 飛車が逃げると相手に攻め込まれるので飛車交換をした。 ・53~54手目 守備が手薄になったので、守りを固めようとしたら、その前に相手が攻めてきた。 ・55~87手目 相手がしつこく攻めてくるので、ひたすら守ったが、結局詰まされてしまった。