• ベストアンサー
  • 困ってます

少女向けのライトノベル教えてください

最近、女の子向けのライトノベルに詳しくなりたいと思っているのですが、当方、男の子ということもあり、どんな作品が面白いかさっぱりわかりません。 そこで、長年ティーンズ文庫に精通されているお姉様方(お兄様でも別にいいです)いましたら お勧めのの作品をぜひ教えてください。 ちなみに、どちらかといえばストーリーよりも文章がしっかりした作家さんのものだとうれしいです。 (BLでもティアラ文庫でもエロでも美少女文庫でも全然かまいません。) 参考までに、いままで読んでみたリストあげときます(シリーズといっても全部一巻しかよんでません) 陰陽少年シリーズ     悪くはないが自分的にはいまひとつ 姫神さまシリーズ      結構よかった マ王シリーズ        まあまあよかった 美女と野獣シリーズ    だめだった 機械の耳          文章はいまいちだったが、面白かった 楽園の魔女         だめだった 海上のミスティア      昨日ブックオフで立ち読みしたら、文章が結構しっかりしていたので今度                  買おうかなとおもってる 十二国記          恐縮ながらあまりおもしろくなかった・・・(ファンの人ごめんなさい) 彩雲国物語         人気があるようなので今度読もうかどうか迷ってる 茅田砂胡          文章が上手いのでこの作家さんの作品はどれも好きです 氷室冴子          上に同じ というような感じです。 こんなのどう?という作品があったら、どんな作品でもよいので、ぜひ教えてください。 どうぞよろしくおねがいします><

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数323
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • fairy-n
  • ベストアンサー率39% (54/136)

こんばんは。 とりあえず、この辺りを薦めてみようかな。 世界はきっと君に微笑む/折原みと 明日はきっと君に輝く/折原みと http://www.interq.or.jp/lovely/mitorin/mito/web/works/n_046.htm このシリーズは、講談社X文庫ティーンズ・ハートで刊行されました。 刊行当時、介助犬の存在があまり知られていなかったことから、筆者自身があとがきで、この本を読んで是非、介助犬のことを知ってほしいと述べています。 主人公の少女は、ある出来事が起こるまで、ごく普通の女の子でした。 ある日、アメリカへの留学が決まった矢先、自動車事故に遭遇し、下半身不随になってしまう。 一度は絶望を味わうも、彼女の下に介助犬や、そのトレーナーに出会うことで、新たな人生を歩み出すという話。 天使シリーズ/折原みと http://www.interq.or.jp/lovely/mitorin/mito/web/works/n_angel.htm 「夢みるように、愛したい」、「天使の降る夜」、「エンジェルティアーが聴こえる」、「永遠のみえる日」に、番外編が付いたシリーズものです。 1988年から8年かけて、完結した作品で、主人公の女の子が若い男性風の天使に恋をするというお話です。 このシリーズの三作目まで、英語に訳されたバージョンが存在するそうで、読み比べてみるのもいいのかもしれません。 この作品に限らず、この手の本で外国語に訳されたバージョンが「アナトゥール星伝シリーズ」の一部や、「とんでもポリスは恋泥棒/林真理子」、「ふたりのプリンセス/小林深雪」、「ふたりのラブレター/小林深雪」などでも展開されていたそうです。 この回答を見た人の中には、この作品は懐かしいと感じるかもしれませんね。 上の二シリーズの作者折原みとさんのの代表作に、折原自身の手で漫画化される小説「アナトゥール星伝シリーズ」(http://www.interq.or.jp/lovely/mitorin/mito/web/works/n_ana.htm)や、「制服のころ、君に恋した。」(http://www.interq.or.jp/lovely/mitorin/mito/web/works/n_nk001.htm)が挙げられるのですが、漫画家としての顔を持つそうです。 折原さんが講談社の方で小説を手がけるようになったきっかけが、「山田ババアに花束を/花井愛子」のイラストを手掛けたことからと、何かの小説のあとがきで述べていました。 このきっかけとなった作品が、花井さんが関係方面に許諾を得て、ネットで全文が読めるようになっていたそうですが、該当ページが行方不明になっているそうです。 さて、最近の方で薦めるなら、この辺りならどうでしょうか。 魔法書の姫に恋をする ~はじまりのキス~/薙野ゆいら http://www.kadokawa.co.jp/beans/series/index.php?id=64 最愛の兄が魔法書を持って姿を消してしまった。 その兄を追いかけるべく、ソフィアはその家に伝わる魔法書を携え、侍女を連れて、学園都市にある大学へ向かうことに。 その大学の設立経緯には秘密があり、それには魔法書が絡んでいるという。 ソフィアたちが待ち受ける運命とはいかに。 2011年5月に始まった新シリーズで、今後の展開が気になるところです。 あらすじや、作家に纏わるサイドストーリーなど、たっぷり載せちゃったけど、中には勘違いが混じっているかも。 質問者の好みに合うか分からないけど、参考にどうぞ。 P.S.参考URLは折原みとさんのホームページで、彼女の作品が写真付きで紹介されています。

参考URL:
http://www.interq.or.jp/lovely/mitorin/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 不学なもんで折原みとさんのことは知りませんでした。 介助犬をテーマにしたライトノベルなんて珍しくて面白そうですね。 文章がうまい作家もさることながら、変わったテーマを扱う作家も大好きなので、 ぜひ読んでみます。 「魔法書の姫に恋をする」は >>愛の兄が魔法書を持って姿を消してしまった。 その兄を追いかけるべく、ソフィアはその家に伝わる魔法書を携え、侍女を連れて、学園都市にある大学へ向かうことに。 その大学の設立経緯には秘密があり、それには魔法書が絡んでいるという。 ソフィアたちが待ち受ける運命とはいかに。 このあらすじを見ただけで、すごい読んでみたくなりました。 今度本屋いったとき、チェックしてみますね。 いろいろ詳しい解説もつけていただき大変ありがとうございました。

関連するQ&A

  • おすすめのライトノベルはありますか?

    おすすめのライトノベルはありますか? 新しい作品に手をのばしたいのですが、なかなか見つかりません。 みなさんのおすすめはありますでしょうか? 【所持している作品】 なんて素敵にジャパネスク:氷室冴子 伯爵と妖精:谷瑞恵 彩雲国物語:雪乃紗衣(初期のみ) 空の境界:奈須きのこ涼宮ハルヒの憂鬱:谷川流 灼眼のシャナ:高橋弥七郎 屍鬼:小野不由美(これはラノベじゃないですね) おおかみかくし:? 【苦手な作品】 BL系 身代わり伯爵シリーズ 屍鬼やおおかみかくしなどの世界観が好きです。 アニメだとひぐらしのなく頃になどのクローズドサークルというかゴシックホラー(?)のような。 伯爵と妖精シリーズの各話に妖精や宝石が絡んでいたり。 灼眼のシャナのような、中二病全開の二つ名があったり。 彩雲国物語のように伏線しきまくったり… 空の境界のように、不思議な世界観だったり。 よろしくお願いします。

  • おすすめの作家、作品を教えてください。

    おすすめの作家、作品を教えてください。 私が好きな作家は森博嗣 氷室冴子 高村薫 です。お勧めの作家さん是非教えてください。。。

  • 日本古典文学を題材としたライトノベルを教えて

    日本古典文学を、どんなかたちでも題材にしているライトノベルを探しています。古典的な氷室冴子なんかは知っているのですが、最近はどうなのでしょうか? 著者、作品名、出版社など、なんでもいいですからお教えください。よろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • alwen25
  • ベストアンサー率21% (272/1253)

新井素子 星へ行く船シリーズ 新井素子さんの小説はこれ以外にも面白いものが 多いです。 前田珠子 破妖の剣シリーズ 少女向けのエルリックサーガ? 今野緒雪 マリア様がみてるシリーズ以外 にも、夢の宮シリーズも面白いです。 ちなみに、私は十二国記シリーズは 好きです。夫婦でお祈りをするだけで 子供が出来るなどということは なかなか思いつくものではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おお、素子さんでましたね。 持ってはいませんが、昔図書館で借りて読んでました。(どうでもいい話ですが攻殻機動隊の素子はここからきてるんじゃないかとかってに思ってたりしてます) 前田珠子は全然知らない作家でした、今度機会あれば目通してみますね。 十二国記シリーズは読んだのがずいぶん昔だったので、いま読むとまた違った感じになるかもしれないので今度また挑戦してみようかと思う今日この頃。 まあでも、人の長所はその人が好きな人に、人の短所はその人が嫌いに人に聞けというように、 本もその本が好きな人に面白いところを教えてもらうのが一番いいので、十二国記好きな人は、alwen25のようにどういうところが面白いのか教えていただけると、作品読むときの手がかりにもなるので大変助かります。 ちなみに、自分はたしかロードス島伝説のイラストつながりで十二国記読んだと思うんですが そのときの印象は、設定は凝ってるけど雰囲気小説だなという感じでした(ファンの人ごめんなさい><読んだとき小学校か中学生のときだったのでまだよくわからなかったんですよ) まあ、そんな感じです。 夢の宮シリーズもぜひ今度読んでみます。ありがとうございました。

質問者からの補足

すみません名前コピペしたのでalwen25さんに「さん」つけわすれてしまいました>< ごめんなさい。

  • 回答No.4
  • u-lily
  • ベストアンサー率41% (307/745)

氷室冴子が大好きだったものです。十二国記もそれなりに面白く読んだので、あくまで参考ということで。 文章の良し悪しの判断がうまくつけられませんが、最近読んで面白かったのが コバルト文庫「伯爵と妖精」シリーズ(作:谷 瑞恵) 私としては面白くて一気に26冊いっちゃいました(笑)。文章がうまい、というよりは会話のテンポがいい、キャラクターが生きている、という部分のほうが大きいかもしれませんが・・・ また、おなじくコバルト文庫で 「マリア様がみてる」(作:今野緒雪) もよかったです。 また、直木三十五賞作家:桜庭一樹さんの GOSICK(アニメ化もされましたね) なんてのは? 参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

書き忘れましたが「マリア様がみてる」は一巻だけもってたりします。 読んだのは結構前なんですが、そこそこ面白かったような記憶が。 桜庭一樹は、何冊か眼を通したことがあるんですが、自分的にはちょっとダメでした。 「伯爵と妖精」シリーズは知らなかったんですが、26冊一気ですか・・・すごいですね(笑) そんなに面白いなら期待大です。 今度ぜひ読んでみますね。 ありがとうございましたー

  • 回答No.3

ケータイやパソコンから読める電子書籍ですが、光文社から出ている「星さいか」さんの 「ペガサスの刻印」「101号室のなぞを追え!」は、読みだしたら止まらないぐらい 面白いですよ。文章もなかなかよくできていて、いろいろとひっかけもあるので、読み返したくなる 楽しさがあります

参考URL:
http://www3.kobunsha.com/kappa/author/f/99128.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 星さいかさんは知らない作家さんでした。 電子書籍はちょっと苦手なんですが、「101号室のなぞを追え!」は調べてみたら 単行本がでているようなので、今度読んでみますね。 ありがとうございました<(_ _)>

  • 回答No.2
  • mshr1962
  • ベストアンサー率39% (7416/18946)

「龍と魔法使い」榎木洋子 http://blog.livedoor.jp/chonta/archives/21474600.html 「神曲奏界ポリフォニカ ホワイト・シリーズ」高殿円 http://ga.sbcr.jp/novel/p-white/ 「幻獣降臨譚」本宮ことは http://www.booklines.net/series/genjuukourintan.html 「スカーレット・クロス」瑞山いつき http://www.kadokawa.co.jp/beans/series/index.php?id=20 「還ってきた娘」篠原千絵 http://gagaga-lululu.jp/lululu/sinkan/sinkan0803.html#sin2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとです。 実は「龍と魔法使い」持ってたりします。でも正直、出だしというか文章が あんまりこのみじゃなかったので、本棚に眠ってたりするんですがこれを機会に読んでみようかな。 「ポリフォニカシリーズ」は昔、榊一郎が書いたやつを少しだけ読んでポイしちゃったんですが、 別の作家さんも書いてるんですね。今度チェックしてみます。 で、驚いたのが篠原千絵って小説書いてたんですね・・・うーん、赤い河は読んだ事あるけど、どんな感じの小説書くのかちょっと興味あります。 あとの2作品はまったく知らない作品でした。あらすじが書いてあるリンク先まで、わざわざ載せていただいて本当に感謝です。 今度古本屋でみつけたときゲットしてみますね。 ありがとでしたー。

  • 回答No.1
  • FEX2053
  • ベストアンサー率37% (7920/21122)

少女向けにオッサンが答えるのもナニですが、茅田さんが面白いという、同じような感覚を持った方ですので・・・。 彩雲国物語は、始めの1巻目はイマイチですが、2巻目から12-3巻目くらいまでが痛快で面白く、そこまでで話を広げすぎたせいで、最後のあたり、グダグダしてまたイマイチに戻っちゃいましたね。とは言え、オッサンもハマったお勧め出来る話であることは確かです。 あとは「死神姫の再婚」かな。まだ終わってない上に最新巻で怒涛の展開がありましたからね。どうやってまとめるのか・・・彩雲国みたいに尻すぼみになるかもと危惧してるんですけど。とはいえ、オッサンが読んでも面白かったですよ。 http://www.amazon.co.jp/dp/4757737440/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます 実は彩雲国物語は最初の方だけ少し立ち読みしていて切ろうかとおもってたんですが それを聞いたらがんばって読んでみたくなりました。 「死神姫の再婚」は聞いたことがありませんでした。挿絵も岸田メルさんですし、 さっそく読んでみます。 ありがとでしたー

関連するQ&A

  • お勧めのライトノベルを教えてください

    私は読書が好きで色々な本を読むのですが、最近はなかなか夢中になれる本がありません。 そこで、皆様のお勧めの本(ライトノベル)を教えて頂きたいのです。 私が読んで面白いと思った本 「マリア様がみてる」「レヴィローズの指輪」「彩雲国物語」 読んだけど自分には合わないと思った本 「少年陰陽師」 出来れば長編のシリーズになっているものが良いのですが、そうでなくても「お勧め!」という本がありましたら教えてください。 暗すぎる話や痛々しい表現の多い作品は苦手です。 作品の舞台は問いませんが、設定がしっかりしていて恋愛要素が入っていると嬉しいです。よろしくお願いします。

  • おすすめ教えてください

    20代の女です。 最近新刊が出ていませんが、未だに氷室冴子さんの諸作品が大好きなのですが、最近のライトノベルであれくらい読み応えのある作品を出している方はいらっしゃいますか? 匹敵するのは、昔の金蓮花さんと、小野不由美さんくらいかな・・と思っているのですが。 学生時代から読み続けているライトノベルは「マリみて」だけになってしまいました・・。 他の作家を知らないので、お勧めを教えてください。

  • 最近ライトノベルの「身代わり伯爵」シリーズにどっぷりはまっています。

    最近ライトノベルの「身代わり伯爵」シリーズにどっぷりはまっています。 同じくファンの方、他にはどんな本を読んでいますか? 似たような本でお勧めがあれば教えて下さい! 私は、 「彩雲国物語」 「伯爵と妖精」 「十二国記」 「死神姫の結婚」etc.です。

  • 面白い小説紹介お願いいたします。

    最近読書にはまっています。 ですが、次に何を読もうか悩んでいます。何かお勧めがあればぜひ紹介お願いいたしますm(__)m 最近ハマったのは「図書館戦争」です!これはハマりましたね!この作品にハマったため有川先生の作品全部読みました! その他は、茅田砂胡先生のシリーズも読破致しました。「デルフィニア戦記」「スカーレットウィザード」などなど大好きです! 後は、「彩雲国物語」「風の王国」「十二国記」「ハイスクールオーラバスター」「私の男」「チームバチスタの栄光」などなど文庫からハードカバーまで結構何でも読みます。恋愛が関係してしかも女性が強いと大変つぼにはまります。 何かおすすめありましたらぜひお願いいたしますm(__)m

  • 『古代&#65374;平安時代の』か『和を感じる小説』探してます

    氷室冴子さんの『銀の海 金の大地』『ジャパネスクシリーズ』を読み返し、 古代&#65374;平安時代が舞台の物語をもっと読んでみたくなりました。 日本語が綺麗だなと感じる、文章力のある作家さんの小説を探しています。 古代ファンタジーで探すと色々ありそうで、ただいきなり手を出すではなく 人様のお勧めを聞いてみたいと思い質問させていただきました。 荻原規子 さんの『勾玉三部作』も大好きですが、これは読んだ事があるのでそれ以外で、 これぞ!というお勧めがありましたら、どうぞ教えて下さい。 よろしくお願い致します!

  • オススメのせつない小説

    ただ今、せつなくなる小説にハマっています。 ぜひぜひ皆さんのオススメを教えて下さい。 <希望> 中短編で、後味のいい物、だと嬉しいです <好きな書籍> 乙一のホラー以外の作品「さみしさの周波数」「Caling you」等 氷室冴子「海がきこえる」シリーズ 村山由佳「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズ

  • ファンタジー(ヨーロッパ風以外)

    ファンタジー小説を教えてください。 和風や中華風とかヨーロッパ風以外でお願いします。 今まで読んだものは 勾玉三部作(荻原規子) 十二国記(小野不由美) 彩雲国物語(雪乃紗衣) ぐらいです。ただ、「勾玉三部作」や「十二国記」は大変好きな作品ですが、十二国記が好きならと薦められた「彩雲国物語」方は合わないというか嫌いです。(比較するべき作品ではないようにも思いますが、「十二国記」が好きならということで薦められたものだったので比べてしまうのですが、私の評価ではあまりにも差があります。) 「ヨーロッパ風以外ファンタジー」以外の条件はありません。

  • 「小説→アニメ」見る価値アリの作品は?

    原作が小説の(ライトノベル含め)、これは見ておいたほうがいい!というアニメを是非教えてください! 過去に見て面白かった↓こちらの作品以外で よろしくお願いしますm(v_v)m ●フルメタルパニックシリーズ ●十二国記 ●トリニティーブラッド ●彩雲国物語 ●ロードス島戦記 ●精霊の守り人 ●無責任艦長タイラー

  • 教えてください☆

    少女・少年が主人公の日本人作家の面白い本を知りませんか?ラノベでも、全然構いません。恋愛要素は一応大丈夫です。 今まで読んだことあるのは、彩雲国、少年陰陽師、十二国記、西の善き魔女、獣の奏者、勾玉シリーズ、図書館戦争などなどです。

  • 氷室冴子先生の近況について

    氷室冴子先生の作品を愛読しています。しかし、ここ数年新刊が出ていません。公式ホームページも閉鎖されているのですが、まったく活動されていらっしゃらないのでしょうか?作品以外でも、インタビュー記事などでもいいのです、2000年以降の先生のご活躍をご存知の方、お教えいただけないでしょうか。