• ベストアンサー
  • 困ってます

債権者と主債務者が共謀している訴訟について

債権者は個人。主債務者は法人。連帯保証人が私です。 今回の訴訟は、債権者が私に対して債務を支払えという内容です。 債権者の法人は、私と代表取締役(以下、社長)との2人で設立した法人で、私は昨年10月に辞任しております(登記からは未だ抜かれていません)。 主債務者法人は、現在、機能していない状況です(破産、解散等はしていません)。 人間関係から説明しますと、債権者と債務者法人社長とは友人です。 債権者は債務者法人社長には、支払い催促等はしていないと思います。 その上、債務者法人社長は、現在、債権者の事業を手伝い、債権者より報酬を得ている状況です。 また、債権者は、私の実家の私持ち分を仮差押しています。その際に代理人A(元暴力団員)となる者と、自宅に押し寄せ、私の親に恐喝まがい(差押したので、金で解決しないと競売になって家がなくなる、といった旨)のことをしています。 また、この代理人Aは、債務者法人の代理人ともなり、私に対して、なんやかんやと、いちゃもんをつけています。 代理人Aは、何らか金になるよう、なんでもしてきている感じです。 もともとは、債務者法人社長が債権者に、この代理人Aを紹介している経緯があるようです。 この代理人Aからは、双方ともの委任状は提出されています。 そこで、このような相関関係がある場合、裁判で、何か私が主張できる事はあるのでしょうか? 私の考えは、 1、債権者と主債務者が共謀して、連帯保証人から金銭を搾取しようと企んでる、としたい。 2、この関係者全員を裁判に呼びたい(参加させて事実関係を証明し、その他のごたごた事も全て解決に持ち込みたい)と考えています。 3、結果として、連帯保証からぬけたい。 以上、良いアドバイスをお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数310
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

かなり複雑な事情があるようにお見受けします。 形式的なことから判断すれば、連帯保証人である以上、債務者や他の連帯保証人がどうであれ、質問者さんは保証債務を果たす義務があるということになります。 質問者さんが対抗できるとすれば、債権者と債務者の法人(あるいは社長個人)が、意図的に質問者さんを陥れようとしている事実を証明し、保証債務不存在を主張することでしょう。 また代理人Aとやらが、債権者・債務者双方の代理人になるのは利益相反になり、そのことだけでも意図的な見せかけのものであることが疑われます。 裁判で決着をつけるなら、質問者さんが原告となりこちらから相手を訴え、関係者全員を法廷の場に引っ張り出すことです。 ただし、ここに書かれたことが「すべて事実」であることを証明する材料が必要です。それがないと多勢に無勢で、質問者さんの立場はかなり劣勢です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 ご理解して頂いたとおり、非常に複雑です。 ただ、根本は代理人Aが、いろいろ仕掛けて、なんとか私から金を摂取しようとしていることです。 この訴訟以外にも、2つの調停をしてきています(事実無根の内容でです) そのうちの1つが、この会社社長個人からの調停です。 このような調停の内容なんかも、証拠として提出して効果はあるのでしょうか? >意図的に質問者さんを陥れようとしている事実を証明し、保証債務不存在を主張することでしょう。 例えばでよろしいのですが、どのような事実、証拠があればベターでしょうか? 宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 債務者と債権者が示談を成立させた時の連帯保証人

    教えてください。よろしくお願いします。1000万円の債務を持つ債務者が、連帯保証人抜きで債権者と示談交渉をしました。その結果 債務者と債権者の間で債務を500万円減額して示談が成立しました。その後債権者は、減額した分500万円を連帯保証人に請求してきました。連帯保証人は、支払いに応じないといけないのでしょうか?

  • 債権者から債務者への脅し

    32歳の姉の借金で困っています。 姉は知り合いの男性(債権者)から巨額の借金をしています。債権者は一般の人で現在無職、体の調子も悪いみたいです。 債権者から私の家(実家)に電話がかかってきたりもしますが、私や母にはすごく感じが良いように接してきます。 私と母は借金を肩代わりする気は一切ありません。 ただ、債権者から債務者の姉に対してメールなどでの 脅しがすごいみたいで、姉も恐怖心を抱いてるみたいです。債権者の知り合いの女性の知り合いが大きな暴力団の人で、なにかあったら暴力団の人が動くみたいな脅しもあるいたいです。実際、債権者と暴力団員は会ったこともあるみたいです。 こういう場合は姉はどうするべきなんでしょうか? 警察の相談窓口などに行くべきでしょうか? 債務者は債権者からの脅しなどは仕方ない事なのでしょうか? 借金の方は、姉が少ない額ずつでも返済してるみたいなんですが、この額では生活できないと言ってるみたいです。 家族としてやるべき事があるのでしょうか?

  • 保全抗告について。債権者が債務者の給与の仮差押えを行い決定された後、債

    保全抗告について。債権者が債務者の給与の仮差押えを行い決定された後、債務者が異議申し立てを行い債権者の仮差押が棄却された後、債権者が高裁に保全抗告し仮差押が認められた場合、 給与は、最初の仮差押の時にさかのぼって仮差押えされますか。それとも保全抗告で仮差押えが認められた時から仮差押えが開始されますか? 回答の理由も教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

代理人Aの行為だけでも、弁護士法違反で告訴してみるのは 如何でしょうか? 民事では相談者さんの望む形に持ち込むのは 不可能に近いと思います。 (証拠が確保できれば話は別です) 代理人が元暴力団で、犯罪まがいの行為をしてきているので 警察は動いてくれるかもしれません。 その後、相手の反応を見て、次の行動を決めるのが 適切でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 やはり、民事では契約のみをみられて、その背景までは争点にもっていけないということですよね、、、 とりあえず、答弁書には、全て書いておこうと思います。 警察には、すでに行っております。(被害届までは出していません)

  • 回答No.2
noname#142908

主張というより 証拠が必要ですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 >証拠が必要ですね どのような証拠があれば良いでしょうか? 現在あるものは、 1、代理人Aに私に対しての委任を、相方(債権者と主債務者)ともに委任している委任状 2、現在、主債務者に雇われているという証拠 以上ぐらいしかありませんが、他にどんな証拠があれば良いでしょうか?

  • 回答No.1
  • g4330
  • ベストアンサー率18% (840/4653)

  連帯保証人でしょ。 連帯保証人は主債務者と全く同格です。 債権者は主債務者への督促をせずに連帯保証人に支払いの請求が出来ます。 このとき、主債務者に支払い能力の有無も関係ありません。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 >連帯保証人は主債務者と全く同格です。 はい。理解しております。 その上で、ご質問させていただいたのですが、債権者と主債務者が共謀して、連帯保証人である私に金を払わせようとしている。 この裏には、代理人Aが、相方の委任を受けて、私から金銭を搾取しようとしている。 代理人Aは、どこからでも良いので金になれば良いと考えている人間。 こういった事実が証明されれば、この裁判にて有利になれるのかどうか? 以上のことが質問の趣旨となります。できましたら、良いアドバイスお願いいたします。

関連するQ&A

  • 債権者・債務者の意味

    民法上の債権者・債務者の意味がどうもよくわかりません。 金銭債権債務以外の義務の不履行があった場合についても、債権者・債務者という言い方が使えるのでしょうか?

  • 金銭債権に仮差押えがされた場合の第3債務者の免責は

    金銭債権に仮差押えがされた場合、第3債務者は仮差押債務者に対する弁済が禁止され、仮差押債権者にも弁済できない状態だと思います。 この場合、第3債務者は供託を免責すれば免れると聞いています(民保法50条5項、民執156条1項)。 ところで、民執156条1項は権利供託の規定であるところ、強制執行による単発の差押の場合は、 供託をせずに債権者に直接弁済しても債務を免れることができると思います。 金銭債権に仮差押えがされた場合に第3債務者が免責されるには、供託するほかに別の方法がありましたらご教授願います。

  • ★債務者が他に借金がある事を言わないアイフル★

    今年2月に連帯保証人になりました(300万円)、後になって債務者から他にも 沢山の借金(1000万)が有ることを聞かされました   私は債権者(アイフル)に連帯保証人を解約したいと相談したところ アイフルは債務者に他に借金が有ることは知っていたが、連帯保証人にその事実を 伝える義務は無いと言って連帯保証人の解約に応じくれません 今月になって債務者は民事再生法を申し立てし、私に返済義務が発生しました 債権者は債務者に他に借金があっても連帯保証人契約時にその事実を伝えないのは不誠実ですし 成果主義にも思えます、これからの交渉を有利に進めるための方法があれば教えて下さい お願いします

  • 債権者が債務者をM&Aした場合

    債権者が債務者をM&Aした場合、買収した側(債権者側)の処理は連結で有税で落とせるでしょうか? 現在弊社が債務の連帯保証しています取引先が債務不履行になってしまいました。弊社にも到底支払える金額ではありません。 貸付人としては、弊社からも回収はできないと諦めており、貸付人の利益の状況より、年度内(09/03末)には一括損金計上したいので、協力要請がありました。 ここまでは前回相談させて頂きました。 そこで、年明けに思いついたのが、債権者サイドが弊社をM%Aして100%子会社にしたら、連結で見ると債権債務が二つたつため、会計上ツーペーチャラとして償却できないかと考えたことです。 あくまでも一番の狙いは債権者が年度内に有税償却したいということです。 浅はかな思い付きではありますが、宜しくお願い致します。 業種はサービス業となります ご助言・ご専門家の方のご意見お願いします。

  • 債権仮差押→本案訴訟 訴状の作成ポイントについて

    債権仮差押命令を個人申立で行いました。 現在、裁判所から第三債務者に対し債務者への弁済を禁止する命令が送付されて執行まで完了しています。 請求額は100万円で仮差押額は65万円程度です。 1.本人訴訟による本案の訴状作成時に書く「請求の趣旨」、「請求の原因」など、裁判官に対し訴求効果のある書き方、手法などがあれば教えてください。 2.証拠について、   仮差押えの時に使った証拠、陳述書などを流用してもいいのでしょうか。   ※本案の特記事項     (1)債務者は主債務者の連帯保証人であり、よって債務者の仮差押をした。(債務者、主債務者は親子である。)     (2)債務者、主債務者両名は転居にて、現在の居住先が不明である。(現地調査済み2回にて確認)     (3)債権者は債権譲渡人より債権譲渡契約を行い債権者となった。

  • 連帯保証人から債務者へ請求する

    よろしくお願いします。 債権者:役所 債務者:親戚 連帯保証人:私 金額:25万程 上記の状況で本来なら2年前に完済の予定だったのですが、10万ほど未払いで債権者から私に請求がきたので返済しました。 債権者から話を聞くと債務者は既に免債になっているとのこと。 この場合、私が債務者から公的に返済してもらう術は無いのでしょうか。

  • 第三債務者が債権を債務者に支払った場合は?

    お客が代金を支払わず困っていましたが、仕事先を見付け出し、売掛金の差押までなんとか到りました。売掛先(第三債務者)の了解も得ていましたが、債務者から強引に押し切られて差押分の売掛金を債務者に支払ってしまいました。一定の仕事をしていない業者で、売り掛け先を見付けるのに大変です。また、アパート暮らしで資産もなく、差押する物件も売掛金ぐらいしかありません。差押は無効になるのですか?もう今回の債権差押は諦めないといけないのですか?このチャンスを逃したくないのですが何方か詳しい方教えて下さい。

  • 債権者一覧表/閲覧

    裁判所によると、債権者一覧表は5年間しか保存していないそうです。債務者の破産担当の弁護士なら全て保存してあると聞きましたが、利害関係(債務者と債権者)があれば閲覧をさせてくれるのでしょうか。連帯保証債務も債権者一覧表に載せているか閲覧したいのです。

  • 死亡した父親(債権者)の金銭借用書

    死亡した父親(債権者)の金銭借用書(相続済み)で、連帯保証人に支払督促を提起しました。(債務者が返済をやめて音信不通の為)ところが、連帯保証人は身に覚えがないと裁判を起こしてきました。保証債務の意思確認は調べようが無いと思うのですが、連帯保証人の証言がそのままとおるのでしょうか。又、連帯保証人の住所・名前・認印も書かれているのですが、本人では無い事をどのように立証してくるのでしょうか。教えてください。

  • 債務者は誰になるのでしょうか?

    以下の場合、債権者と債務者が誰になるのかを教えてください。 子=A、親=B、第3者=Cとします。 (1)Aが事業を始めるにあたり、Bが連帯保証人になり、金融機関から融資を受け事業を始める。 (2)Aが事業に失敗し、債務者はBになるが、Bが支払うことができないためCがBに融資をする。 (3)Bが逝去し、また、Aは働き始め金融機関への返済を始める。但し、Aは毎月の支払い額全額を支払うことができないため、Cが半額を負担し続ける。 この場合、 (1)(2)のCが負担したBの連帯保証債務の履行に対する融資分は、Aを含め相続人が相続する。(相続放棄者はいないものとします。)で良いでしょうか? (2)(3)の金融機関の残債に対する債務者はAとなり、A以外の相続人には債務はない、となるのでしょうか? または、A以外の相続人にも、金融機関の残債に対する債務は残るのでしょうか? (3)Cが継続負担している、金融機関の残債に対するAへの融資の債務者は、Aのみでしょうか?