• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

保険の診断をお願いします。29歳共働きの場合

結婚した夫(29歳)が生命保険に未加入のため、保険の加入を考え始ました。 義理の母に紹介された第一生命の方に薦められたプランは掛け捨てで月々1万円以上したので、ちょっと無理だと思い、自分で調べ始めました。 医療保険、死亡保険、就業不能保険、いろいろあり、思う存分必要なものに入りたいのは山々ですが、予算が少ないため吟味して組み合わせようと考えています(保険の考え方で必要な額を先に出すのはわかっていますが、現実的にとても掛け捨てで払うことはできないので5000円位で考えています。夫はサラリーマン、共働きで子供はまだおりませんが今後二人くらいほしいです。私は子供ができてもできれば仕事は続けようと考えています) ふと思ったのですが、死亡保険と就業不能保険はどちらがより必要なのでしょうか? 死亡する確率と就業不能になる確率を考えたときに、就業不能のほうが高いかとも思ったのですが、一生働けない状態となると確率は低くなる気がしますし、ある一定の時期(例 脳卒中で倒れ1年半働けない状態)というとなれば、その期間だけならば共働きであれば貯蓄でなんとかなるような気もします。 具体的にいうと、ライフネット生命の保険料早見表が手元にあるのですが、 (1)死亡保険金1000万円(30年)→2388円 (2)死亡保険金500万円(30年)→1319円  +就業不能給付金月額10万円→1896円=3215円 どちらの入り方の方がいいのでしょうか? 医療保険は1900円でソニー損保のSUREを考えています。 その他に損保ジャパンの終身(死亡時300万円)月々5328円(60歳払い込み)か アフッラックの三大疾病終身(死亡OR三大疾病時に200万円)月々4236円(60歳払い込み) に入ろうかと考えています。これらは掛け捨てではないので予算とは別枠とみなしています。 世帯収入は560万円くらいありますが、万が一私が正社員で働けなくなったときのことを考え、夫の収入+妻の一般的なパート収入だけ(280万+100万)を考えて生命保険を組み立てたいと考えています。夫は零細企業勤務のため、今後給料が一般的な水準まで上がらないことも想定しています。 素人が頭を捻って考えたプランです。さまざまなご指摘をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数538
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 気になりましたので失礼します。  確認しますが保障額は1000万円で足りているのでしょうか。  生命(死亡)保険は被保険者が亡くなった場合に生活に支障をきたす人に保障額を残す仕組みです。なので被保険者に扶養されている人が一定期間生活するために必要な額を算出する必要があります。  ざっくりだと現生活費の7割+お子様の生活費は月3万円程度の額から遺族年金や奥様のパート代を差し引いた額を何年間保障するかになります。また近々で家族構成が変わるのであれば変わるのを待って(出産後)から生命保険を考えられたほうが良いのではと思います(必要保障額が変化するため)。 >(1)死亡保険金1000万円(30年)→2388円 >(2)死亡保険金500万円(30年)→1319円 > +就業不能給付金月額10万円→1896円=3215円 >どちらの入り方の方がいいのでしょうか?  1の方が良いと思います。理由は保険金が受け取れる条件が明確なためです。就業不能保険は保険金を受け取れる条件に医学的見地があり診断医師の判断に支払が左右されます。定期保険でも高度障害では高度障害保険金が支払われます。個人的に医師判断が求められる保険はその場でトラブルがありそうで…。  あと定期保険は更新があり、保障額が同額であれば保険料は上がります。ただ30代と40代では環境が異なるので必要保障額も異なります。保障額を下げれば当然保険料も下がります。  無駄がより少なくなるのは収入保障保険です。毎年保障額が減りますので保険料が割安です。検討してみてください。 >その他に損保ジャパンの終身  これは損保ジャパンひまわりの生命保険(終身)でしょうか。終身保険は現状あまりおすすめできません。保険料が定期保険に比べ割高で生活費へのインパクトが高く、低金利の今では予定利率も高くないからです。保障は定期保険か収入保障保険、貯蓄は定期預金が合理的だと思います。ただ家計に余裕があるなら税対策や葬式代を考慮して加入するのは良いと思います。 >アフラックの三大疾病終身  病気を限定する保険はあまりおすすめできません。どんな病気になろうとお金が欲しいのに変わりないからです。個人的には女性特約など割高な特約は追加せず、医療保険の入院日数を増やしたり、先進医療特約を付けておく程度で良いような気がします。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 確かに死亡時1000万円は少ないかもしれませんね。 正直死ぬ確率はすごく低いと考えていまして、万が一夫が亡くなってシングルマザーになったとしたら、そのときはそのときなりの生活(多少貧しい)を送ればいいと考えていました。子持ちの同僚に話したら、子供が生まれたら考え方が変わる(夫が亡くなっても同じ水準の暮らしをしたいと思うだろう)といわれました(^^; 収入保障型は掛け捨てで4000円近くしたので敬遠していたのですが、ネクスティア生命で月々10万円55歳までが2180円であったので、こちらにしようかと思っています。45から受給したとしても軽く1000万円を超えますものね。 損保ジャパンひまわり生命の一生のお守りです。 単純に1,854,144円払って、300万円もらえる=掛け捨てよりずっとお得なので積み立ての感覚で死亡保障を補完する形になるかなと考えていたのですが、高いので払い続けることが出来るかをきちんと考えた上で決めないといけませんね。 就業不能保障・・・今増えていますよね・・・もうちょっとどんな時にもらえるのか、もらえる状態になる可能性が明確になればいいんですがね・・・勉強不足なだけ?

関連するQ&A

  • 共働きの29歳夫婦の保険料ってどれくらい?

    共働きで収入が夫20万、妻25万の場合、各者の保険料はどれくらいでしょうか? 妻の会社の保険金は月額6000円の掛け捨てで、死亡保障が5000万。夫の会社の保険金は月額11000円の掛け捨てで、死亡保障が4500万。会社の団体保険の割には高い気がして加入すべきか迷っています。先進医療補償も無いし、終身保険のついた貯蓄型の方がいいかと... アドバイスよろしくお願いします。

  • 保険プランについて

    夫26歳、妻26歳、子供なし(今後2人くらい予定) 現在保険の加入を検討しています。 本や雑誌、過去の質問などで勉強はしているものの、現在路頭に迷っています。 上記の通り、今後2人くらいは子供を持ちたいと思っており、 マイホームを建てる夢もあります。 年収は現在、夫300万 妻300万程度です。 当然、妻は子育て中は収入はほとんどないと思います。 そこで、現在考え中ではありますが、 夫: 生命保険(定期) 30年満了で1500万保障 月々2513円 医療保険 終身保障60歳払い込 月々2029円 がん保険 終身保障60歳払い込 月々2300円 妻: 生命保険(定期) 500~1000万程度で 月2000円程度 医療保険 終身保障60歳払い込 月々2029円 がん保険 終身保障60歳払い込 月々3275円 これらにプラスして子供ができたら 夫:収入保障タイプ(15万)の保険に月々3500円 妻:収入保障タイプ(10万)の保険に月々3000円 で入ろうかと思っています。 終身の生命保険は高くて払っていけそうにありませんし、 収入に対して入りすぎかと思う節もあれば足りないのではと思ったりもします。 今全部決めるのではなく、途中で見直すことがいいのかもしれません。 そんなとろこで路頭に迷っている次第であります。 保険プランについて先輩方にアドバイス等いただけたら幸いです。 よろしくお願いします。

  • 保険の見直しと保険料について

    離婚をして高校生の子供と二人暮らしです。 現在45歳。派遣社員としてフルタイムで働きボーナス無しで毎月20万円位の収入です。 現在加入している保険は *収入保障保険(損保ジャパンひまわり生命)死亡保険1800万円 60歳払い込み終了 半年払い@16940 *終身保険(ソニー生命)250万 60歳払い込み終了 月@6426 *医療保険(損保ジャパンひまわり生命)5千円/日 先進医療特約付き 七大生活習慣病特約 65歳払い込み終了 @4908 *医療保険(アフラック)エバーハーフ 女性疾病特約付き @3650 *がん保険(日本興亜生命) がん保険 1万5千円/日 終身払い込み @3540 以上が加入している保険の詳細ですが、1か月のトータルが21348円の払い込みです。 両親ともにガンで亡くしているため不安で医療保険には色々と加入してしまいました。 ですが、今はまだ補助があるのでなんとか払えるのですが、この先ずっとこれだけの保険を払い続けていく自信がないのが正直な気持ちです。 どこをどのように見直したらいいのかアドバイスをお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

子供が生まれたため保険を検討しています。 なので私も全くの素人になります。 現在夫(44歳)で入っている保険は夫婦でソニー損保のSURE、 あとは住宅を購入した際に団信のみです。 それで学資保険、死亡保険、医療保険等を検討しています。 私の場合ですが、もし万が一夫がなくなったとき 遺族年金で月15万円ほど国からもらえます。 住宅ローンの支払いはなくなります。 子供の年齢によって状況はかわってきますが 私も働こうとも思ってますが、住宅を売却して実家に戻ろうと思います。 そうすれば食費ぐらいで済みます。 死亡保険の検討はなくなりました(*^_^*) 質問者さまはまだ正社員で働いてらっしゃるのでもしご主人がなくなっても 元の独身のときに戻るだけです。 男性で60歳までに亡くなる確率は100人中1人。 お葬式代ぐらいあればいいのではないでしょうか。 それも貯金があれば、もしくは貯金の範囲でお葬式をされたら 保険に入る必要はないかと思います。 私は子供が生まれてから入られてもいいのでは?と思いました。 持ち家があるかとか子供の人数でも必要な保障額は違ってきますよね。 掛け捨てではない保険も貯金のようですが亡くなったり病気にならないともらえないお金です。 5000円ぐらいと思いがちですが、質問者さまが出産で退職された後 住宅ローンや学資保険や…のなかでは負担にならないとは言えません。 学資保険で考えているなかに(低解約返戻金型終身保険)のように 積立しながら旦那さんの万が一のときの保障が付いているものもあります。 じっくり検討されたほうがいいかと思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 実際に入られている保険の内容をお聞きできて参考になりました。 忙しさにかまけて、具体的な申し込みの動きが滞っているのですが、 子供が出来てからでもいいかもしれませんね。

  • 回答No.3

N0.2です。 アフラックの三大疾病終身について認識に誤りがありました。 三大疾病への対応+終身保険の意味合いがあるので保険料が重荷にならなければ問題ない保険です。 すいませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

よくお考えになられていますね。 まずtomo4649さんがお考えのように第一生命はやめた方が良いでしょう。 カケステが悪いとは思いませんが、それだけではなく一番の理由として10年更新型の保険である可能性が高いからです。更新型とは10年毎に保険料が上がります。2回目、3回目の更新時にはビックリするぐらいの保険料になっていて保険料が支払えずにやめていく人が後を絶ちません。 今後給与水準が上がらない可能性があるならなおさら第一生命に限らず日本の漢字系生保はやめた方が賢明ですね。 奥様も働き続けるという前提で考えれば、ご主人が万一お亡くなりになられた時にいくら保障があれば良いのか、それがいつまであれば良いのかを考えてお決めになれば良いでしょう。 例えば、家賃も含めた今の生活費が30万円とすれば残された家族は24万円前後必要になるわけです。 奥様の毎月の収入が10万円あれば、毎月14万円の保障が必要になります。 あとは厚生年金加入者であれば遺族年金が10万円前後(標準報酬月額や勤続年数で変わります)出るとすると毎月4万円ずつ奥様に支払われるような遺族年金タイプの保険を契約すれば良いわけです。 いつまで必要か?今30年間でお考えのようですが根拠は何なのか? 奥様が年金を受け取る期間、お子様がいればお子様が一人立ちするまでの期間、人それぞれですのでご自分でお決めになられたら良いでしょう。 結論としては、毎月5~6万円の収入保障保険(手取りで4万円になるように)を期間を決めて契約すればかなり保険料を節約できると思います。 医療保険は終身タイプであればソニー損保でも良いと思いますが、オリックス生命や損保ジャパンひまわり生命、アリコジャパン、アフラックなど安くて良い終身医療保険はたくさんありますから見積もりを取ると良いでしょう。 終身保険に契約する目的も、「死後の整理資金」としてお考えなのか「老後の生活資金」としてお考えなのか、その両方を兼ねて考えているのかによって加入する終身保険も変わってきます。 例えば、「死後の整理資金」としてだけをお考えならば、アリコジャパンの「My Future」が圧倒的に保険料が安いです。一方「老後の生活資金」としてお考えならば富士生命や東京海上日動あんしん生命、他の保険会社も続々発売している「低解約返戻型終身保険」も選択肢に入れても良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 だいぶ頭の中で整理できてきました。 十分見積もりを取ったつもりだったのですが、保険の種類ごとにとらないとだめですね。 終身医療保険、低解約返礼型終身保険、もう少し調べたいと思います。 死亡保険が30年というのは、ライフネット生命で10年、20年、30年と保険期間が選べまして、10年の方が安いのですが、10年後、20年後入りなおすよりは30年のものに入った方が安いと思い選びました(まだ出来てもいない子供が完全に独立するのは30年後だとも思いまして)。

関連するQ&A

  • 保険診断をお願いします

    結婚したのですが、保険には私も妻もはいっていないのでいろいろ調べてみたところ ソニー生命 総合医療保険(120日型) 1日 10000円 保険期間 終身 払い込み期間 60歳 死亡 100万 手術 入院給付金 10倍 20倍 40倍 解約返戻率 60歳 74.96% 月 10690円 日本興亜生命 無配当がん保険 日額 10000円 終身 払い込み60歳 終身保険特約 20万        終身 払い込み60歳 基本がん退院療養給付金額 10000円 終身 払い込み60歳 がん診断給付金特約 100万 終身 払い込み60歳 解約返戻金 入会5年で82.7%       60歳の段階で92.7% 月 4924円 妻も同じくソニーの入院保険で入院日額を5000円にして 月4805円 がん保険も同じで3174円 そして学資保険の意味合いで あいおい生命で積立利率変動型終身保険を使って学費を積み立てたいと思っています。 10年払い込みで死亡保障100万円×2本(余裕があったら3本) 10年目まで解約返戻金 71.8% 11年目から      104% 解約しなければ保険料を支払わずに利率がアップしていくから 必要に応じて解約したりと自由度の高さがいいなとおもっています。 複数に分けるのは一部を解約してもほかが運用されているのでお得だと思うからです。 月 9402円 掛け捨ての保険より貯蓄性の高い保険が良いと思っております 保険診断お願いします。

  • いい保険のアドバイスを!

    おススメの保険があれば教えてください。夫34、妻33才です。 「一入院の支払い限度が120日以上で、保険料の払い込みが60歳で終わる終身医療保険がお勧め」と聞いたことがあるのですが、そのような商品をご存知でしたら教えてください。 また、3大疾病や女性疾病などはつける必要があるのでしょうか? 保険のことはまったくの素人なので月々の支払いを安くおさえたいなくらいしか考えていませんが、もし「これだけははずせない」ことがありましたら教えてください。

  • 夫の生命保険、見直しについて

    現在、夫38歳、私29歳、来年3月に第1子が生まれます。 夫の年齢もあり第1子を出産しましたら、半年くらいの期間を置いて第2子が欲しいと考えています。 現在は共働きですが、第2子を妊娠したら子供がある程度、大きくなるまで仕事は辞めようと考えています。 夫の収入は手取りで月に35万。ボーナスはナシ、現在の私の収入は手取りで14万、ボーナスは年間4ヶ月分くらいです。 私が加入している保険は、死亡(300万)、医療(入院日額9千円)共に終身型で60歳までの払い込み<保険料1万2千円くらい>、CO-OPで加入している女性用の医療保険(一般8千円、女性特有1万3千円)<保険料4千円>です。 現在、夫の加入している生命保険が死亡保障3000万(60歳までで、その後は200万の終身)、入院日額7千円、10年更新型と言う事もあり、見直しを考えています。 私としては、子供が今から生まれると言う事もあり、夫が子供の成人する65歳から70歳くらいまでは、それなりの保障が欲しいと思っています。 セールスレディのおばちゃんは、今回も10年更新型の保険を勧めて来たのですが、夫の年齢等を考えると保険の見直しをする事はあまりないと思うので、これを機に終身の保険に入りたいと考えています。 いろいろと悩んだ結果、全ての保障を終身に切り替えるのは、保険料が高額になると思うので、 ・一生続く保険(終身型?)として  死亡保険 500万から1千万  医療保険 入院日額 1万円 ・65歳から70歳までの保険(定期型?)として  死亡保険 3000万くらい  医療保険 入院日額 5千円から7千円くらい で、考えています。 この判断は、妥当でしょうか?それとも改善した方が良いでしょうか? 大変申し訳ないのですが、生命保険はとても難しく、私が書いている文章が間違っているかも知れないし、分かり辛い所もあるかも知れません。

  • 生命保険について

    生命保険に入ろうか迷っています。 ソニー生命で月々13068円で保障内容は 総合医療保険5000円(終身) 入院初期給付特約5000円 (終身) 成人医療特約5000円(80歳まで) 家族収入保険月額12万(65歳まで) 死亡・高度障害・三大疾病200万(終身) 死亡保険金50万です。 このご時世なので保険を少しでも安くしたいので 家族収入保険を付けないでおこうかと思いますがどうでしょうか? 家族収入保険を付けないで死亡時の保険金を300万に引き上げるのではどちらがいいでしょうか? 家族は私29歳と妻(専業主婦)と夏頃に子供が生まれる予定です ソニーのFPはやたらと家族収入保険を勧めてきます

  • 保険の診断をお願いします。

    保険の診断をお願いします。 ここ10年以上、生命・医療保険の見直しを怠ってきましたので、今回は保険について診断していただき参考にさせていただきたいと考えています。 39歳・女・独身・会社員・給与収入450万円です。 現在加入の保険は2つ。 (1)こくみん共済・総合タイプ(掛け捨て・月1800円) (2)損保ジャパンひまわり生命 (*加入時の平成7年(24歳)は「アイ・エヌ・エイ生命」でした)  保険名は当時では「終身保険」  年払い・70589円  払い込み期間・55歳  保障・・・死亡時300万、疾病及び災害入院時は日額7000円(日目~730日)、ガン診断時35万円  *55歳以上での解約返戻金が総払込保険料を上回り始める 我が家はいわゆるガン家系かと思います。 他に必要な情報があれば補足させていただきますので、よろしくお願いいたします。

  • 保険診断お願いします

    ■夫保険【28歳 年収400万】●所得補償(日立キャピ・長期障害所得補償)・給付金 10万/月(働けなくなった時点から60歳まで・90日免責)・保険期間5年、更新60歳まで 1,423円/月●生命保険(職場共済・団体生命)・死亡時1000万円・保険期間1年、更新60歳まで600円/月 ●終身保険(オリックス・ロングターム7)・固定型 低解約型 500万円・保険期間は98歳、60歳払済 5,980円/月・61歳で戻り率143%●医療保険(きらめき・新入院保険)・入院給付金 3,000円/日・支払日数1~120日、通算1095日・手術給付金10・20・40万円・保険期間・払込ともに終身、1,452円/月※高度先進医療特約付 保険期間98歳 払込98歳 94円/月 合計 1,546円/月●医療保険 (オリックス・CURE)・入院給付金 3,000円/日・支払日数 1~60日、通算1095日、7大疾病の場合は120日・手術給付金 20万円・保険期間・払込ともに終身、929円/月※三大成人病一時金特約・診断給付 20万円(回数制限無)・保険期間・払込ともに終身 605円/月 合計 1,534円/月●医療保険(アフラック・EVER HARF)・入院給付金 5,000円/日・支払日数1~60日、通算1095日・手術給付金 10・20・40万円・保険期間払込ともに終身 1,729円/月60歳以降半額■夫婦保険●がん保険(日本興亜・ガン保険)・診断給付金 100万円(上皮内ガン同額、何度でも)・入金給付金 10,000円・手術給付金 10・20・40万円・退院給付金 10万円※妻は上記の6割給付・保険期間・払込ともに終身 2,310円/月■妻【28歳 年収650万】●生命保険(夫職場共済・団体生命)・死亡800万円・保険期間1年、更新60歳まで 300円/月 ●終身保険(オリックス・ロングターム7)・固定型 低解約型 500万円 ・保険期間は98歳、55歳払済6,902円/月・60歳で戻り率155.5%●終身保険(オリックス・ロングターム7)・固定型 低解約型 100万円 ・保険期間は98歳、60歳払済 1,029円/月●医療保険(きらめき・新入院保険)・入院給付金 3,000円/日・支払日数 1~120日、通算1095日・手術給付金 10・20・40万円・保険期間・払込ともに終身 1,434円/月※高度先進医療特約・保険期間98歳 払込98歳 94円/月 合計1,528円/月●医療保険(オリックス・CURE)・入院給付金 3,000円/日・支払日数 1~60日、通算1095日、7大疾病の場合は120日・手術給付金 20万円・保険期間・払込ともに終身、 957円/月※三大成人病一時金特約・診断給付 20万円(回数制限無)・保険期間・払込ともに終身 525円/月 合計 1,483円/月●医療保険(アフラック・EVER HARF)・入院給付金 5,000円/日・支払日数 1~60日、通算1095日・手術給付金 10・20・40万円・保険期間払込ともに終身  1,810円/月60歳以降半額※女性疾患特約・女性疾病入院特約 +5,000円/日・形成治療給付10万円・保険期間払込ともに終身  680円/月60歳以降半額 合計 2,490円/月 60歳以降半額  ○医療保険については各保険会社の特色を生かしたかったため、給付日額を最小限に留めて3種類入っております。アフラック(半額になる点)、オリックス(成人病に手厚い)、きらめき(高度先進医療)しかし、全てが払込期間を終身としてしまった為、保険料は安く抑えられましたが、定年後も保険料を支払う必要がありますし、解約しても解約返戻金がほぼ0円です。基本的に特約つけるのは好きではないのですが特約をつけすぎているきもします。がん保険は安価なアフラックを考えましたが、診断給付金が1回である点、初期ガン給付金が減額されていること、高度先進医療はきらめきの医療保険で押えておりますし、今後の高度先進医療がガンだけとは限らないと考えている点などから、診断給付金の高額な日本興亜にしました。これも解約返戻金のないタイプですが・・・。また妻単独では最低支払い額の関係で返戻金のある割高なタイプしか選べなかったため、しかたなく夫婦型にした次第です。所得補償は死ねず、入院できず、働けずが一番しんどいことではないかと思い契約したものです。ただ子供が生まれると、死亡保障が弱いような気がしますので、団体生命の額を増額するか、もしくは逓減定期(ともに1000万ほど)を考えております。合計保険料も高くなり本当にこれでよいのかと悩んでおります。(夫 13,292円/月、夫婦 2,310円/月、妻 13,920円/月 総合計 29,522円/月)なにぶん素人の為、もっと何か良い保険や方法、考え方があれば、ご指導頂きたいと思います。長文失礼しました、どうぞよろしくお願い致します。

  • 生命保険の見直しをしています

    今、生命保険の見直しをしています。 私は今年結婚した専業主婦です。夫はサラリーマン。 今、夫は生命保険に入っていません。会社のグループ保険くらいです。私は独身の時になんとなく入った終身保険に入っています。今生命保険の見直しをしていて、夫にはなにか定期付終身保険又は定期付養老保険?とかいろいろ考えています。医療保険のほうも入ろうと検討中です。 私の終身保険は 平成5年契約ニッセイ50歳払い込み満了。月払9758円 死亡保険金1000万円 特約・新災害入院特約5000円/日   ・新入院医療特約5000円/日   ・通院特約   3000円/日です。 この保険を死亡保険金500万円に減額しようとも考えたのですが、たいして月払金は変わらなかったのでやめようとも考えています。 私の考えではとりあえず私に関しては医療保険に重点をおき、死亡保険金はなし又は100万から500万円あればうれしい。夫に関しては子供が大きくなるにつれて金額が少なくなり、最終的に終身を500万円くらいでと思っています。でも定期付終身保険は60歳になったら定期保険はなしになって、いままで払い込んでいた分が損ということになるみたいだし。養老保険?もあるらしいですが詳しいことはわかりません。どうかどなたかよいアドバイスください。お願いします。

  • 医療保険の終身払いについて質問です。

    医療保険の60歳払い込みは、60歳までに一生涯の保障の保険料を払うという意味は、わかりますが、終身払いと言うのは、死亡するまで支払うと言う解釈でよいのでしょうか? それとも、80歳まで支払うのでしょうか? 一生涯というのは、死亡するまで入院費の保障されるという解釈でよいのでしょうか? メディケア生命に加入するつもりでいます。60歳払い込みと終身払いでまだ検討していますが、基本的な支払い方法が習得できてないと思い、詳しいかた教えていただきたいです。

  • 保険の見直しお願いします。

    保険ですが最低限だと信じていました。 できれば節約したいのですが… 詳しく書きますので、こんなものか教えてください。 《主人》 生命保険 積立利率変動型終身保険(低解約返戻金型)   主契約…死亡 400万 終身 予定利率1.65%    特約…収入保障年金・高度障害年金 毎月支払額 8万円 65歳まで   ☆月々支払い 7444円+4752円=12196円 医療保険 終身医療保険 (夫婦方)60歳払い込   病気入院、ケガ入院、生活習慣病入院、手術10万     日帰りOK 主人10000円 妻8000円    ☆月々支払い 10454円 《妻》 生命保険 500万 共済    ☆月々支払い 650円

  • 保険の見直し 共働きの場合 長文です

    4年前結婚を期に夫のひいきの保険屋さんに勧められ保険に入りました。 しかし現在子供も2人(0歳、3歳)、去年度住宅も35年ローンを組み購入し、月々のローン返済で家計も苦しく保険の見直しを考え中です。 現在の契約内容は 夫〔団体職員〕34歳  (1)有期払込終身保険60歳払済  月額12880円(死亡保障 病気1000万円、災害3000万円、ガン1000万円:入院給付金1万円) (2)総合医療保険120日型70歳払済 70歳まで保障  月額4350円(普通死亡保険金額100万円) (3)家族収入保険 月額4966円 掛け捨て(死亡時 年金月額13万円) 私〔会社員〕29歳 (4)積立利率変動型終身保険60歳払済  月額6910円(基本保険金500万円、災害保険金500万) (5)総合医療保険120日型60歳払済、終身  月額6228円(入院給付金7000円 女性医療特約の入院給付金+3000円 死亡給付金70万) (1)、(2)は夫が独身時代のH9年に加入 他はH14年に加入  夫婦共働き、手取り約40万(2人合算)保険料月合計約35000円 子供2人 0歳 3歳 自分なりに考えた結果 ・共働き、団体信用保険加入済なので夫の死亡保障を薄く。 ・逆に私が死亡時の保障を厚く。(4)の終身保険を解約し、死亡保障を安い定 期の掛捨てでつける。 ・(2)(5)の医療保障が入院5日目からなので1日目からつくのに変えたい。 ・入院給付金日額5000円、60日型に変更して保険料を抑えたい。 ・(2)の医療保障が70歳までなので不安 ・(3)の家族収入保険は必要か?子供の養育費がかかる時期に死亡した場合年 金形式より、掛け捨ての20年定期の方が良いのでは? どうにか、この保険料をスリム化して子供の養育費やローンの返済に充てたいのです。まったくの素人です。経験者、専門家の方アドバイスよろしくお願いします。またお勧めの保険などありましたら教えていただきたいです