• ベストアンサー
  • 困ってます

フランス語について(大学生です。)

初めまして、今回フランス語について質問させて頂きます。 当方今の時点で(大学2年生終了)toeic950点、英検準1級を取得しています。外国人と英語を通じたコミュニケーションは出来ると感じたので、自己啓発そして ’将来のため’ に2つ目の外国語に挑戦したいと考えています。 尚、当方男で希望職種は商社、またはアパレル商品を扱うまたはその比率が大きい商社です(繊維に興味があります)。また将来的にMBA取得を考えております。その後それを活かせる職種(コンサルタント)に転職したいと思っています(あくまで現在イメージしている範囲です)。 ここから本題になります。 題の通り、フランス語を学習したいと考えております。理由は以下の通りです。 1、フランスが好きだから(旅行で訪れて以来。) 2、語学が好きだから(母国語以外でコミュニケーションをとれることに快感をおぼえます。これが語学勉強を自己啓発の方法と現時点で考える理由です。) 3、将来フランスにMBA留学したいから。(英語で授業をすることは重々承知です。また、おそらくフランスが好きだからイギリスやアメリカではなくフランスへ留学したいんだと思います。ですがこれも一旦理由としておきます。主な理由ではないです。) 4、微々たるもフランス語を学べる良い環境がある。(フランス語を母国語とするフランス人の友達が数人います。これがフランスを好きになった理由だと思います。普段は英語と、少々のフランス語でコミュニケーションをとっています。) 上記したものが私のフランス語学習への動機です。 質問はこれからです。 実はフランス語学習を、本腰をいれて始めるのを妨げるジレンマにおちいっています。以下の通りです。 1、フランス語の需要 調べる限りとても少なかったです。 2、その他主要外国語 中国語や韓国語またはスペイン語などの主要外国語のほうが需要があり、後のキャリアアップへつながる気がする(社会を間近に見たことがないので、気がする、としました。これについてもお伺いしたいです。。。) つまり、フランス語を純粋に勉強したいという思いと、現実の厳しさに直面している状況です。大学生生活という限られた時間を有効活用したいです。やはりそれならば一番報いがあることに挑戦すべきだ、とどうしても打算的に考えてしまいます。 フランス語を喋れるようになり得になったこと(昇進、海外駐在、フランス系外資へ年収アップで転職、など)、または役に立たなかった、と思われる方、もしおられましたら、経験談を詳しく(出来れば)書いて頂ければ幸いです。 英語の重要性は承知です。また語学は単なるコミュニケーションツールだということもしかっり理解しています。語学バカではなく、あくまで今のうちに限られた時間を使い、できるだけツールを増やそうと思っている次第です。 長くなりましたが、こんな一大学生の悩みを読んでくださってありがとうございます。 回答のほどよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

この質問は、質問者がどの程度の仏語習得を目指しているのか、仕事で使うのか、どの領域や地域で使うのかなどによって、大きく回答の在り方が変わってくるはずです。一般化できないことを前提に、私の経験から回答します。なお、回答は役に立った経験だけでなく、仏語についての見解も含めて幅広い観点からになります。 ちなみに、私自身は仏語の専門ではありませんが、英語・仏語で仕事をすることが頻繁にあり、両言語を公用語とする国際機関での勤務経験、両言語での出版物があります。 仏語は、過去(1980年代、あるいは1990年代でも)と比べると、世界での重要性が低下していることは否めません。欧州でも仏語学習者は減っており、以前はフランス以外でもかなり仏語は通じましたが、今は欧州の準共通語的地位から、一言語になりつつある感があります。逆に、仏語圏諸国で英語修得者が増え、国際語としての有用性は減少しています。 しかしながら、それでも仏語はフランス以外の欧米では、ベルギー、スイス、ルクセンブルク、ケベック等で使われ、また、アフリカの多くの国の公用語です。それらの国と交渉がある仕事に従事するのであれば、仏語能力は不可欠あるいは少なくとも有益であることは言うまでもないでしょう。この点は明確と思われますので、詳述しません。 また、仏語は国連やユネスコ、OECD、世銀等の国際機関で公用語になっています。国際機関の中では英語で足りる場合も少なくありませんが、採用・昇進の際に仏語ができないことを理由にその機会が失われることも多々あるようです。また、各種交渉(根回しを含む)や情報収集に英語以外の言語ができることは強みになります。例えば、会議は英語で行ってもその後のレセプションはいろいろな言語が飛び交い、そこでのネットワークづくりは英語以外の言語が役に立つことが少なくありません。 こういった点は、仏語圏諸国との取引・交渉がある商社やNPO、研究機関等でも同じではないでしょうか。ただ、人事に関しては殆ど表に出ることが無く、また、交渉等での有用性も必ずしも明瞭でないことが多いので、実感されない場合も多いように思います。 仏語の修得ですが、日本語と比較して英語からは近い言語ですので、後者ができればある程度の修得(日常の会話や手紙・メール等のやり取り)は差ほど難しいことはないでしょう。しかも、発音自体は取っつきにくいものの、英語と異なって、ほんの若干の例外を除いて書いてある通りに発音すればいいですし、アクセントの位置はいつも最後の音節ですので、この点では英語より遙かに楽と思います。 しかし、仏語を出版できるレベルで書くことは相当程度の学習が必要で、更に仏語を継続的に読む環境を維持していく必要があります。日本の仏語学習者でこの水準に達している人は、フランス留学者も含めてそういないように思います。もっとも、これはフランス人でもその水準に達していない者が相当いますので、日本の仏語学習者の問題に限った話ではありません。 取り敢えず私からは以上です。これだと言った助言はできず、また、強く仏語学習を勧めるものでもありませんが、国際化・全球化(globalisation)が進む今日、英語以外の外国語は視野を広げるので、多くの方が第二外国語に取り組むようになれば嬉しく思います。 ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答ありがとうございます。大変参考になりました。 >また、仏語は国連やユネスコ、OECD、世銀等の国際機関で公用語になっています。国際機関の中では英語で足りる場合も少なくありませんが、採用・昇進の際に仏語ができないことを理由にその機会が失われることも多々あるようです。また、各種交渉(根回しを含む)や情報収集に英語以外の言語ができることは強みになります。例えば、会議は英語で行ってもその後のレセプションはいろいろな言語が飛び交い、そこでのネットワークづくりは英語以外の言語が役に立つことが少なくありません。 こういった点は、仏語圏諸国との取引・交渉がある商社やNPO、研究機関等でも同じではないでしょうか。ただ、人事に関しては殆ど表に出ることが無く、また、交渉等での有用性も必ずしも明瞭でないことが多いので、実感されない場合も多いように思います。 ー やはりこういった場所で他言語を操れると役にたつのですね。参考になります。 manobuta様がおっしゃられる通り、このグローバル化が進んだ世界で言語を通した文化理解は必須だと、改めて感じました。 フランス語、どういうスタンスであれ本格的に始めてみようと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 第二外国語:フランス語?中国語?

    大学で国際学部(文系)に入学することとなり、第二外国語に何を選ぶかでとても迷っています。第一外国語は英語です。 あまり語学に力を入れていない学部、しかも第二言語なので授業だけでメキメキ上達するとは思えません。しかし私は将来、発展途上国の人々の役に立ちたいと考えているので語学は第二言語もキッチリ勉強したいと思っています。ダブルスクールも考えています。 第二外国語は、ドイツ・フランス・中国・ロシア語から選べます。 フランス語は国連の作業語、またアフリカ諸国でも使われているようなので、今の私の夢を考えると将来役に立ちそうだからです。 中国語は今めざましい発展を遂げ、さらに世界中に華僑がいるということで、やはり学んでおくべき言語だと思うからです。 浪人するつもりの受験だったので、合格した今、大慌てで第二外国語についていろいろ調べています。今後世界がどう動くか知ることはできませんが、それぞれの言語の将来性や需要などを教えていただけたら、と思っています。また、みなさんの経験なども教えていただければ幸いです。

  • フランス語の勉強

    第二外国語としてフランス語を勉強しようかと考えています。 英語でフランス語の授業をやってくれる語学学校はあるんでしょうか? 英語に不自由する事はありません。 よろしくお願いします。

  • 今の時代フランス語ってどうなんでしょうか?

    外国語学部フランス語学科に合格したんですがフランスやヨーロッパのことについて学んでフランス語を話せるようになって将来なにか役に立ちますかね? ちなみに男です。

  • 大阪大学 外国語学部について

    大阪大学の外国語学部について聞きたいことがあります。 英語・フランス語・スウェーデン語・ドイツ語学科に絞って聞きたいのですが、たとえば「フランス法学講義」や「ドイツ政治講義」などの各国の法律・政治・経済についての講義はありますか? また、これから需要が多くなりそうな言語があれば教えて下さい。

  • 中国語vsフランス語

    私は英語とフランスを習得し、只今 中国語を学習中です。 英語の次に何語を勉強するか? 現在は中国語とフランス語が第2外国語として人気を2分していて、ドイツ語、スペイン語、韓国語が横並びで続く感じがします。 ただ、昔はフランス語とドイツ語が第2外国語として重要視され、似たような位置付けでいながら 対称的な関係にあったので 何かと比較されることも多かったのですが、中国語とフランス語では 位置付けもかなり違うし、対称性や関連性もあまりないので 比較するのは難しいというか ナンセンスかもしれません。 このカテゴリーでは フランス語も中国語も知っている人が多いですが、両方を学習した人は少ないかと思われます。 そこで中国語とフランス語の両方を学習された方がおりましたら質問です。 中国語を先に学習された方はフランス語を学習されてどうでしたか? または フランス語先に学習された方は中国語を学習されて如何でしたか? 質問の意図がはっきりしないかもしれませんが、該当する方、お暇な時に 思ったこと感じたことを何でも 気軽に回答頂ければ幸いです。

  • フランス語教師になるには?

    私は日本の語学学校などでフランス語教師になりたいのですが、何か特別な資格が必要なのでしょうか?語学力を証明するために、仏検を受けようと思うのですが、どのくらいの級が要るものなのでしょうか?英語教師に比べて、需要も情報も少なく、困っています。ご存知のかた、教えてくださいませんか?

  • 第二外国語。ドイツ語、フランス語、スペイン語。

    こんにちは。 新しく学ぶ言語について質問です。 ドイツ語、フランス語、スペイン語の3つで悩んでいます。それ以外はいまのところ興味ないです。 難易度・・・ドイツ語=フランス語>スペイン語 話されている地域・・・ドイツ語≒フランス語<スペイン語 ということで、スペイン語に気持ちが傾いています。 ちなみに、 僕はバックパッカー(海外旅行など)に興味があり、大学では貧乏旅行などしようと思っています。 また、僕自身語学が好きで英語も割と得意です。そして将来は複数の語学を用いて仕事をしたいと考えております(通訳などではないです)ゆえ、第二外国語を習得し、第3、第4外国語と学んでいくことを考えています。あと、エスペラントにも興味があります。クラシックにも興味があります。 以上のことを考慮に入れると、僕にはどの言語が向いていますか? もうひとつ、スペイン語を学んだあとフランス語を学ぶと学びやすいと聞いたのですがほんとうですか??

  • 第2外国語は何語にすべきか?

    第2外国語は何語にすべきか? 私は外国語学部に進学しようと思います。 その際、何語を選ぶか悩んでいます。今考えているのは中国語、スペイン語、フランス語です。(英語は考えていない。) フランス語はかっこいいから、スペインは母国語人口が多いから、中国語は今中国の発展が著しいから。 という理由ですが、将来、就職などを考えるとどの言語をやるのがベストですか?

  • 大学での第二外国語について

    大学に合格することができたのですが、手続きで英語以外に第二外国語を選択しないといけないのですがどれにしたら迷っています。 語学を勉強しなければならないようで迷っています。 理工学部なんですが語学は中国語、フランス語、ドイツ語の3つです。 どれが一番いいのでしょうか? それぞれの特徴や覚えやすい語学を教えていただけるると幸いです。

  • フランス語とスペイン語、勉強するならどっち?

    英語の他に、もう一つ語学を身につけたいと考えているのですが、フランス語とスペイン語、どちらがおススメですか?難易度、英語と混乱しにくい度、将来的な活用度を踏まえて、アドバイスをいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。