• ベストアンサー
  • 困ってます

医療保険及びがん保険の保険の見直しをしています。

医療保険及びがん保険の保険の見直しをしています。 現在41歳、男性、既婚(子供無し)です。 医療保険は、EVERハーフに特約の長期入院と通院を付けています。 5000円の入院給付金(60日)、長期入院180日まで、通院3000円 がん保険は、21世紀がん保険にフォルテのA1コースを追加しました。 2つで診断給付金100万、ライフサポート年金40万、通院給付金1万5千円、 入院給付金1万、特定治療給付金1万5千円、先進医療給付金、他 基本的に医療保険は不要という意見には賛成ですが、 当方、貯金が少ないため、最低限の医療保険は必要と判断しています。 しかし、長期入院と通院は不要であると考え、特約を解約する予定です。 約1700円ほど節約できます。(3600円→2300円) 都民共済に入っているいるので、そちらからも入院給付金は付きます。 9000円(124日まで) 反面、がん保険を強化し、ネクスティア保険の定期がん保険に入ろうかと考えています。 理由は、50万円の一時金です。この保険には、入院給付金などは重視していません。 たかが50万円ですが、貯金の少ない私にとっては貴重です。 月1020円で10年の自動更新20年で考えています。 支払いの総額は、176400円です。 強化はきりがありませんが、がんの治療には大変お金がかかるとききますので、 これが無理のない範囲かと考えています。 ご意見をお聞かせ頂ければと思います。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数175
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

保険を考えるときの基本は、何の為に、どのような保障が必要か ということをはっきりとさせることです。 「長期入院と通院は不要」という理由は何なのでしょうか? 平均の入院日数は短縮化していますが、 この主な理由は、医療技術の発達、政府の政策、 統計の取り方という3つの側面を持っています。 医療技術の発達とは、例えば、腹腔鏡手術によって、かつては 1ヶ月の入院が必要だったのが、1週間で良くなったという発達です。 一方で、自分自身の回復力に頼るような大きな疾患では、 やはり、長期入院となっています。 例えば、脳卒中は、65歳以上の平均が118日です。 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf この他にも、高齢になってからの結核などの重篤な呼吸器疾患、 骨折や関節などの病気・ケガは、長期入院の傾向があります。 政策という側面では、長期入院では診療報酬を下げて、早期退院を 促すという政策が取られていますが、そうは言っても、長期入院が 必要な患者もいます。 そこで、今でも「転院」という手が使われています。 退院患者の5%は、別の病院への転院なのです。 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/04.pdf また、入院期間の短縮化により、入院から通院へのシフトが今後、 ますます強くなってくると思われます。 つまり、今後、通院の保障は重要なのです。 例えば、がん保険で先進的な保障をしているアフラックや東京海上に 続いて、次々と発売されるがん保険が「通院保障」を重視するのは、 今後、通院が増えることが予想されるためです。 統計の取り方ですが、転院に見られるように、 30日入院して、転院して、30日入院すれば、 統計的には、60日の入院ではなく、30日の入院を2回したことに なります。 また、医療の発達により、長期入院ではなく、入退院の繰り返しで 治療できるようになってきました。 特に、抗がん剤では副作用が軽減されたので、かつてのように、 薬を投与する期間だけ入院させて、入退院を繰り返すという治療も 多く行われています。 例えば、3週間に1回の投与ならば、1週間入院して、2週間は自宅 という治療が行われています。 統計上は、1週間の入院を何度も繰り返していることになります。 医療保険では、1回の入院限度日数とは、前回の退院から180日以内に 再入院した場合には、同じ1回の入院として計算します。 つまり、入院して、30日後に退院して、30日後に再発して、 30日入院すれば、統計上は30日の入院が2回ですが、 医療保険では、180日の間隔がないので、合計されて60日となります。 がんのように入退院を繰り返す場合、日数がどんどん加算されることに なります。 また、高額療養費制度の落とし穴にも気をつける必要があります。 この制度は、優れた制度だと思いますが、計算は、 外来、入院、科別にそれぞれ計算します。 例えば、ある月に、外科の外来、外科の入院、放射線科の外来と3つの 治療を受けたら、上限は8万円ではなく、8万円×3=24万円です。 また、上限の計算方法は、一般の方の場合…… 80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1% なので、手術などの高額の治療を受ければ、 上限が10万円を超えることもあります。 県民共済は、コストパフォーマンスの良い保障だと思いますが、 65歳以下の現役世代をターゲットにしている保障です。 男性の平均寿命が80歳になろうとしている時代です。 県民共済は、現役世代の補助として考えるべきで、 生涯の保障としては弱いでしょう。 がんの保障は、二人に一人ががんになる、 しかも、がん治療にはお金がかかるということを考えると、 保障を強化すること自体には賛成です。 ですが、方法は考える必要があります。 がんの罹患率は、年齢と共に急上昇するのです。 つまり、現役世代だけでなく、高齢になってからの保障が重要なのです。 がんの罹患率を参照してください。 http://ganjoho.ncc.go.jp/public/statistics/pub/statistics01.html (後半にあります) ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご丁寧なご回答、有り難うございます。 ちょっとご説明が不足していたようです。 もうしわけありません。 医療保険は、がん以外の保証、がんはがん保険で保障。 というのが、基本にあります。 がんは早期であれば治る病気ですよね。でもお金はかなりかかってしまいます。 それで、医療保険よりがん保険を重要視したいのです。 ご指摘の長期入院や通院に関してですが、 がんであれば、がん保険で対応できるので、 特段問題ないのでは?と考えています。 医療保険の長期入院や通院は、切り捨てるつもりです。 たしかに脳卒中など脳や循環器系の病気では、 長期入院になる傾向があり、切り捨てることは得策ではないかもしれません。 ただ、お金があれば別で、お金が無い状態ですから、 優先順位をつけた次第です。 共済に関しても、ご指摘の通りだと思います。 死亡保障は、別の会社でも契約しています。 今回、共済について触れたのは、 入院保障もついているからです。 今後ともよろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • がん保険をより手厚くしたい。

    医療保険及びがん保険の保険の見直しをしています。 現在42歳、男性、既婚(子供無し)です。 医療保険は、EVERハーフに特約の長期入院と通院を付けています。 5000円の入院給付金(60日)、長期入院180日まで、通院3000円です。 都民共済に入っているいるので、そちらからも入院給付金は出ます。 9000円(124日まで) がん保険は、21世紀がん保険にフォルテのA1コースを追加しました。 2つで診断給付金100万、ライフサポート年金40万、通院給付金1万5千円、 入院給付金1万、特定治療給付金1万5千円、先進医療給付金、他です。 この度、EVERハーフにて、長期入院か通院特約を解約する予定です。 代わりに、がん保険を手厚くしたいと考えています。 そこで悩んでいるのですが、 アフラックの生きるためのがん保険の「手術・放射線治療特約」「抗がん剤保険特約」 「長期支援特約」の追加、又はネクスティア保険の定期がん保険に入るかです。 ネクスティアの方は、単純に診断給付金目当てです。 使用用途は限定されませんので、何にでも使えますしね。 可能であれば、全てに加入したいのですが、予算的に無理ですから、 上記候補の中から、いろいろ組み合わせる必要があります。 ご意見をお聞かせ頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • 医療保険とがん保険

    医療保険とがん保険に加入しようと思っている32歳の者です。 医療保険は終身保障で入院日額7000円、手術給付金、三大疾病給付金(100万円)特約 を付けようと思っています。がん保険にも加入したほうがいいのか、悩み中です。 がん保険にも各社で違いがありますが、上記の医療保険に加入した場合、どのようながん保険が お勧めですか?通院で放射線治療や抗がん剤治療を受けた場合に給付金が出る保険は やはりいいでしょうか?それとも実際通院でそういった治療を受けることは少ないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 医療保険、及び、がん保険について

    45歳女性、現在、終身の医療保険を2つ加入しています。 (1歳上の主人も同じ物に加入してます) ・アフラック EVER   日額5000円 長期入院特約1入院120日 先進医療特約 手術給付金 ・全労済 新総合医療共済   日額5000円 1入院180日 手術給付金 支払いは、EVERは月額2200円、全労済は3200円程度なのですが、 最近、がん保険について考えるようになりました。 今のまま日本興亜生命のように比較的安価な物を追加するか、 全労済を解約して、通院治療なども保障される物に変えるか悩んでいます。 今までの考え方では、入院時は1~120日が1万円/日、121~180日が5000円/日あるので それでカバーできるかと思っていましたが、そう上手くはいかないかなと・・・。 ご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。  

  • 医療保険について

    医療保険について 35歳 男性 主人の医療保険で悩んでいます。 長期入院はあまり可能性は低いとはいえ、本当に怖いのは長期の入院だと思うので、 日数は120日型にします。 補償額は5000円で考えています。本当は1万円あったら安心なんでしょうが、1万円の保険料を かけたつもりで、貯金していこうと思います。そうすれば、何事もなかったら、他で使えるし 入院して足りない分は貯蓄から出せるからという考えです。 がん保険が超保険で250万円の診断金のみなので、医療保険にがんの場合、入院日額をプラス5000 円にするか、超保険で入院をプラスするか、超保険を診断300万円にするか、がん保険は250万円 のまま、医療保険の上乗せもしないかで迷っています。 ひまわりの健康のお守りか新エバーでも迷います。 エバーは手術給付金が少ないですが、放射線治療給付金が出るので、がんになったとき助かるかな~ と思います。どうかアドバイスお願いします。

  • 診断給付金、先進医療を考えたがん保険と医療保険について

    30歳公務員です。妻は25歳会社員で子供ができたら退職する予定です。 妻の医療保険とがん保険を検討中です。 がん保険を検討していると、アフラックは診断給付金は1回だが先進医療に支払いがあるし、東京海上日動あんしん生命は診断給付金は複数回払ってくれるが先進医療には何もない、といった感じで各社一長一短でよくわからなくなってしまいました。 そこで、自分なりに考えてみたのは、 医療保険:アクサ生命 終身医療保険1095-II、日額5,000円に先進医療特約、通院特約をつけ、65歳払済。 がん保険:東京海上日動あんしん生命 がん治療支援保険(新発売)診断給付金100万円、入院1万円、通院1万円、終身払い。 これで、診断給付金が複数回受け取れ、先進医療は医療保険でカバーできるのではないか?と考えました。まだ見積もりは取っていません。 最初はアフラックの21世紀がん保険+EVERも考えましたが、診断給付金を考えるとこちらのほうがいいのかなと思っています。 医療保険はセルフガードもありますが、入院日数が60日と短いことからこちらの医療保険を選びました。この先進医療特約は有効なのでしょうか? この考えに対して、またそれぞれの保険に対してでも何かアドバイスを頂けませんでしょうか。 がんの治療がよくわかっていませんが、とにかく最低限必要な治療費は確保したいと思っています。よろしくお願いします。

  • 医療保険(がん保険だけ)の加入について

    31歳の公務員です。(妻 専業主婦、子供 1人) 子供が生まれ、保険の見直しを検討しております。 私の職場は共済と互助会の医療費の給付があり、1か月の自己負担額の上限が2,000円です。 福利厚生が充実していると思いますので、短期入院は貯蓄で賄い、長期入院には保険で備えたいと考えておます。 そこで、私・妻共々独身時代に入っていた(勧められるまま)医療保険を解約し、がん保険のみに加入したいと思っております。 現在、いろいろな会社の保険を比較していますが、何点が疑問があります。 ・入院給付金、診断給付金、手術給付金、先進医療給付金等々項目がありますが、どこを充実させたらよいのでしょうか? ・多くの会社は日額入院を10,000円に設定している会社が多いですが、がんの場合入院費用は多くかかるものなのでしょうか? ・がんの場合、他の病気に比べ先進医療による治療を受けられる方が多いのでしょうか。 ・そもそもがん保険のみでよいのでしょうか? ご教示ください。よろしくお願いします。

  • 医療保険の見直しを手伝ってください。

    現在2つの医療保険に加入しています。 なお、現在私は30台前半です。 1.A社  ・平成14年からがん保険の特約終身医療保険に加入 ・1,815円/月 ・がん以外の病気・ケガの保障 ・疾病入院給付金(入院1日目より1日つにつき)5千円 ・手術給付金(1回につき)5・10・20万円 ・災害入院給付金(入院1日目より1日つにつき)5千円 ・180日型 2.S社 ・平成21年1月から終身医療保険に加入 ・2,462円/月 ・全ての病気・ケガの保障 ・疾病入院給付金(入院5日目より1日つにつき)5千円 ・手術給付金(1回につき)5・10・20万円 ・360日型 諸事情から、どちらかやめる事になります。 A社は ・7年間終身で入ってきたのでやめるのが勿体無い。 ・がんになった時保障が厚くない。(がんになった時は入院給付金が出ません。原契約のがん保険で1万円給付されます。S社を残した場合はがんになった時は合計1万5千円給付されます。) ・値段が安い。 S社は ・終身で入っているが、まだ期間が短いので止めるなら今のうち。 ・値段は高いが、内容は充実していると思います。 保険に詳しい方ならどちらを残しますか? よろしくお願いします。

  • 医療保険の見直しについて

    医療保険の見直しを検討中です。 夫は現在45歳で、終身生命保険の入院特約(120日型)に入っています。 入院5日目から日額5000円、手術給付が入院日額10・20・40倍というタイプです。 私の医療保険も5日目から120日までで、がん・成人病・女性疾病が日額10000円、その他が5000円となっています。手術給付は同じく10・20・40倍です。 現在の保険に足りないと感じていること ・5日目から対応なので、短期の入院に対応していない  (でも大病が一番不安なので、これはそれほど重要視していません) ・夫の日額5000円は少なすぎるような気がする ・ガンと診断された場合に、まとまった診断給付金が欲しい ・高度先進医療が必要となった場合の備えが欲しい ということです。 あまりにも色々な保険があり、選ぶのに困っていますが、上皮内ガンにも対応していて特定治療通院給付金なども付いた、アフラックの「21世紀がん保険 BESTプラン」というのを追加しようかと検討しています。 または、ガンにも対応した充実した夫婦型の医療保険があれば、私の現在の保険は解約してそちらに切り替えるという考え方もあるかなぁなどと悩んでいます。 それとも、追加するのは掛金の安い共済などで充分なのかもとか思ったりして。(日額5000円、高度先進や一時金50万円が付いて保険料\1220) 夫の入院特約は80歳までなので、残しておいた方がいいと思ってます。 その他、おすすめの保険などアドバイスいただけると嬉しいです。

  • がん保険・医療保険

    がん保険についてですが、やはり通院補償はついていた方が良いでしょうか? ネクスティア生命は、一時金、入院補償はついているのですが 通院に対する補償がありません。 アフラックは保険額が高い分、通院補償や入院補償が充実してます。 また、医療保険加入の際、告知のシステムってありますか? 宜しくお願い致します。

  • シニア用の医療保険とがん保険について

    現在75歳の母が医療保険とがん保険の切り替えを考えています。 医療保険は、EVERの終身 契約年齢72歳 保険期間 終身 保険料 6515円(月払い) 入院給付金 5000円  がん保険は、新がん保険A型 契約年齢67歳 保険期間 終身 保険料 5730円 (月払い)  入院給付金 15000円  です。いずれも団体扱いになっています。 今月、団体を抜けることになり個人扱いになるので、医療保険は115円、がん保険は、370円保険料が月々上がるそうです。 この際、家系的にがんの家系ではないので、がん保険を解約して医療保険を入院給付金が10000円になるようにした方が良いのではと母は思っているのですが、どうでしょうか? 何かアドバイスいただけたらと思いますので、よろしくお願いします。