• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

JR化後に開通した新幹線の謎

JR化後に開通した北陸、東北(盛岡以北)、九州の新幹線は最高速度が260km/hです。 「はやぶさ」の300km/h運転も宇都宮~盛岡だそうです。 私は最近できた新幹線が現行の新幹線より最高速度が遅いのが不思議でならず少し調べました。 どうやら鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下「機構」とします)がJRにリースする形なので、最高速度を260km/h以上にするとリース料が跳ね上がるため、事実上それ以上速度が出せないとのことのようです。驚きました。 私がさらに不思議なのは260km/hという数値です。 280km/hや300km/hではなぜダメなのでしょうか? リース料を受ける以上、国交省が認可すれば何キロで走ろうが借り手の自由だと思うのですが… さらに今後、札幌まで新幹線ができるかわかりませんが、できたとしてJRが自前で建設するのは不可能でしょうから、こういう形になると思いますが、逆に見ると盛岡以北はずっと260km/hということなのでしょうか? E5系がどんなに性能をアップさせても速く走るのは宇都宮~盛岡だけ、ということで良いでしょうか? ついでに大宮以北ではなくて宇都宮以北の理由もわかれば聞かせてください。

noname#124661
noname#124661

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • anorack
  • ベストアンサー率30% (86/285)

日本国の財政赤字が酷い状況下で税金を財源しているが故の建設費抑制の為、インフラの設計最高速度を260km/hまでにした。 つまり、鉄道建設・運輸施設整備支援機構という日本政府の独立行政法人が、 全国の我々納税者から徴収した“税金”で整備新幹線を建設する以上は、 300km/h超走行可能な立派な線路・架線等のインフラは造れず、格安に造らざる得ないという事であり、 旧国鉄長期債務を含めて国家財政が悪化している以上は 300km/h超可の余裕のある贅沢なものは造れないという事です。 JRがリース料支払うと言っても、JRの経営上不利にならない程度で支払うだけであって、 建設費全額をリース料で返済されるとは思えず、結局、税金で造ってもらって、ちょこっと返済でしょう。 しかも、開業効果が前世紀に比べて希薄な現在、赤字の並行在来線を無数の納税者に押しつけて、 血税で新幹線という金の卵を得てJRの株主が大喜びだけでは、やっぱ贅沢なものを造ったら世間から叩かれるでしょう、 設計最高速度を260km/hにしたのは、思うに、国鉄時代の全国新幹線網構想の影響かと。 この構想によって国鉄時代開業の山陽・東北・上越新幹線は最高速度260km/hを建設当時計画していました。 さて先述の建設費低減の最たる具体例としては、 国鉄時代に建設された新幹線のほぼ全駅が、駅停車中の列車を別の通過列車が高速で追い越しできる構造でしたが、 JR化後の整備新幹線はそうではありません。 この建設費削減の影響で、整備新幹線の架線自体は元から300km/h台の超高速運転に耐えられるものではないです。 そして何よりも、名古屋新幹線公害訴訟等の公害の影響で、騒音振動対策はしっかりとやらなければならず、 最高速度が向上すれば、その分の公害対策費用も上昇します。 従って、整備新幹線において、300km/h台運転実施するには、新型車両の投入のみならず、 架線の交換や、トンネル微気圧波対策を含む騒音振動対策、中間駅を通過追い越し可能な構造への大改造、 在来線と共用の青函トンネルの改良など、様々なインフラ改造を実施する必要があり、 その追加投資分お金-税金投入-が必要となり、リース料も上がるでしょう。 それを実施する程の、JRの経営上の費用対効果と、社会の公共投資としての費用対効果があるかどうかです。 宇都宮以南は、沿線近くに住宅が多くなる為、速度向上には、さらなる騒音振動対策せざる得なくなり、 これも費用対効果の問題となります。 そもそも国鉄時代開業に比べてJR化後開業の新幹線のインフラ自体が速度向上に余裕が無い等の一見貧弱なのは、 国鉄開業時の東北・上越新幹線の教訓からです。 建設費に関しては、税金による補助が一切無く、郵便貯金等の金融市場からの高金利の借金を財源にし、 なおかつ並行在来線の赤字区間も経営分離などで廃止されず、新幹線と一緒に運営されました。 これら新幹線の並行在来線は、東海道山陽と違って沿線人口密度が稠密ではなく、過疎地も多く、 稼ぎ手の特急が新幹線に移行すると、赤字ローカル線に転落しました。 新幹線のインフラも需要からして過剰なもので、金掛け過ぎて借金も余計に増えました。 その結果、せっかく新幹線で利益を上げても、高金利の借金(建設債務)と並行在来線の赤字で食い潰されて、 国鉄の経営には何ら貢献せず、国鉄の赤字(債務)がさらに雪だるま式に増えてしまいました。 これらに続く東北盛岡以北や北海道などの整備新幹線はもっと条件が悪く、 整備新幹線ついて否定的な考えが世間では醸成され、建設は凍結されました。 再開の際、従来の方法ではJRの経営にはマイナスになるので、 今のスキームでは、実質的に税金で建設して、並行在来線の赤字区間の経営分離の自由が認められました。 経営分離で第三セクター化されても赤字で第二の国鉄となる並行在来線の存続問題、国鉄長期債務も未だに数十兆円も残って、 国と地方の財政が悪化している状況下で、血税で建設する以上は、やっぱ、世論上、過疎地等の地方には過剰なものは造れませんし、 公共事業としての300km/h台への速度向上の追加投資も、社会の多数派から社会便益性が極めて高いと認められない限りは、厳しいかと。 参考に、国鉄時代開業の東海道山陽新幹線、東北・上越新幹線は、 1987年の国鉄分割民営化によるJR発足時から1991年まで、JRが所有しているのでは無く、 政府の特殊法人である新幹線鉄道保有機構が保有し、JRに貸し付けていました。 新幹線事業をJRが経営上有利に自由に行いたい等の色々な理由で、JRが買い取りました。 その後、国鉄時代開業の各新幹線において270km/h台への速度向上が実施されました。 ある意味、日本の公共交通政策の欠陥が表面化したもの。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答を読み、根が深い問題と思わされました。 立派な学問研究の材料になりますね。 そもそも後発組の新幹線は必要だったのか(私個人は必要と思いますが)の話になると思います。 参考になりました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • akak71
  • ベストアンサー率27% (741/2672)

在来線の130kの理由は、制動距離が600mと定められているため。 下記参照

参考URL:
http://jp.blurtit.com/q810409.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#143309
noname#143309

260km/hである理由は、JRの在来線(特急や一部の快速)の最高速度が130km/hで、おおむねその倍(単純に言って、所要時間にして半減)の効果をもたらす高速鉄道を、という目的をもって元々建設・整備されたからです。なぜ在来線を基準として(1.5倍でも2.5倍でもなく)2倍なのかというのは、「環境基準などをクリアしたり整備にかかる費用」と「所要時間短縮による効果」を天秤にかけて調査・研究などがなされたのでしょうが、最終的には政治的判断ですのでそれ以上の根拠はありません。 一方在来線が130km/hである理由は、設備面や安全面などを勘案してこれが上限ということです(JRではありませんが成田スカイアクセスなど、ごく一部140km/h以上で運転している在来線もありますがそれは特例で許可がおりています)。 大宮~宇都宮間については、住宅密集地を走行することの対応として、現状240km/hの速度規制がかかっています。しかしこれを2011年春以降、275km/hにアップすることがすでに発表されています。大宮~宇都宮間は整備新幹線区間ではありませんので、これは整備新幹線とは別の話です。 http://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20071104.pdf 上記リンクでは2013年度までの計画しか明らかになっていませんが、北海道新幹線の新函館開業(2015年予定)のとき盛岡以北が260km/hのままで本当に空路に対抗できるか等の検討は当然なされるものと考えられます。また、北陸新幹線が開業したら高崎~長野間は現状の260km/hのままでいいのか、という話も出てくるでしょう。ただ、整備新幹線区間の速度向上は未だ実例がないだけに、今後どうなるかは不透明なのが実際のところです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

以前読んだ鉄道整備の提言書のような書籍では300km/h~350km/hで走行する前提で所要時間を出していました。 札幌の場合それで航空機に対抗できると書かれていたと思いますが、260km/hでは航空機対抗にもならないでしょうね。 皆様の回答を読んでJR化後の新幹線は事実上別物であるとの知識が得られました。

  • 回答No.1

>盛岡以北はずっと260km/hということなのでしょうか? 線形が悪い訳でも、騒音問題が有る訳でもないので、将来、新たな投資が可能なら、E5系の性能最高速度320Km/hまで可能です。 東海道・山陽・東北・上越新幹線に使用されている架線は「コンパウンドカテナリ」という高速かつ高頻度な運転にきっちり対応できるものですが、近年開通した北陸、九州、東北新幹線(盛岡~八戸)に使用されている架線は、建設費圧縮から「シンプルカテナリ」という、在来線とほぼ同じ形の架線で、この架線では強度の関係から260kmが限界です。 >E5系がどんなに性能をアップさせても速く走るのは宇都宮~盛岡だけ、ということで良いでしょうか? 当面は、そう言う事です。 >ついでに大宮以北ではなくて宇都宮以北の理由もわかれば聞かせてください。 市街地を通過するので、騒音対策工事費が必要になるからです。 要するに、国家事業ではありませんので、費用対効果を無視した高速化計画は有り得ないと言う事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

シンプルカテナリとは知りませんでした! 基本的にはすべて同じ規格で造られていると思ってました。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 東北新幹線盛岡以北の将来

    現在、東北新幹線盛岡以北は最高速度260km/hですが、「はやぶさ」の関係もあり 将来320km/hとかまで引き上げられる可能性はあるものなのでしょうか。 詳しい方教えて下さい。

  • 東北新幹線、盛岡以北は、なぜ最高速度が260K?

      東北新幹線、盛岡以南は最高速度が275Kなのに、盛岡以北は、最高速度が260Kなのはなぜだか分かるかた、教えてください。

  • 新幹線の開通と採算

    新幹線の開通と採算 いつもお世話になります。 東北新幹線や上越新幹線が開通したときに「新幹線は完成したが赤字垂れ流し」みたいな報道を見聞きした記憶があります。 JR化後、東北新幹線や上越新幹線は今日に至るまで在来線特急時代と比較してもたくさんの列車が運転され、傍目には十分儲かっているように感じられます。 しかし東京~仙台以外は赤字と、当コーナーの回答で見かけた記憶があります。 盛岡以北の東北新幹線後発開業区間についても「在来線よりは赤字が小さくなる程度」とJR東日本がコメントしていた新聞記事を読んだ記憶があります。 さて、今後九州と北陸にも新幹線が開通するのは確実なわけですが、採算ベースに乗らないとなると、経営するJRからすると新幹線をつくる意味とは何なのでしょうか。 「在来線を保有し続けるよりはマシ」とか「地域貢献」「地域発展」とかそういう意味合いが強いのでしょうか。 新幹線の建設は政治的判断なども多分に含むとは思いますがJRも建設費の負担をしているわけで高価な費用をかけて新幹線を造る意義を運営会社の視点で教えて下さい。

  • 新幹線の最高速度が遅い原因

    新幹線の新しい路線の最高速度が260キロなのはどうしてでしょうか? 長野・九州・東北(盛岡以北)新幹線はすべて260キロに抑えられています。2010年に八戸~新青森間が開業して東北新幹線の最高速度が320キロになるそうですが、その際も八戸以北は260キロのままで速度を上げる計画はないそうです。 鉄道の技術面から見たら、新しい路線ほど最高速度が向上していくのが普通だと思います。例えばお隣の台湾新幹線にしても中国の高速鉄道にしても最高速度は300キロ以上です。 日本の新幹線の新規路線が遅いのは路線に問題(カーブが多いなど)があるためでしょうか? それとも、他になにか原因があるのでしょうか?

  • 新しい新幹線の速度について

    長野、九州など新しくできた新幹線は最高速度が260km/h になっていますがこれ以上の高速化はあるんですか? また、最高速度260km/hは何で決まっているのですか?

  • 東北新幹線「なすの」の最高速度について

    E2系で運用されるなすのがあると思うんですが E2系の最高速度は275キロですよね?そして東北新幹線では宇都宮以北で275キロ運転を行うと聞きました。 では、はやてややまびこと同様にE2系運用のなすのでも275キロ運転をするんでしょうか?

  • 北海道新幹線、営業最高速度は260km/h?

    JR北海道は、北海道新幹線の開通にともない、JR東が開発し、営業最高速度320km/hで運用中のE5型をH5型(Hは北海道のH)に改称して導入します。 営業最高速度320km/hの車両を導入して、北海道内は営業最高速度260km/hで運用するという計画は何か変な感じがします。 広大で、人口が過密でない北海道は航空機のメリットが大きいですが、その北海道で高速鉄道を導入するからには、東北と同等かそれ以上の高速営業運転を計画するのが普通だと思うのです。 JR北海道の新幹線が営業最高速度を遅くしている目的・原因など、ご存じの方がいらしたら、ご教示いただければ幸いです。

  • 北海道新幹線について

     北海道新幹線についてです。  新函館北斗(センスのない駅名だなあ・・・)までの延伸目指して工事や試験走行が続いています。  今のところ、E5系と、それとほぼ同じ仕様のH5系で運用される予定のようです。  しかし、将来札幌まで全通したとすると、航空機との対抗上スピードアップすることが避けられないと思います。  現在、仙台以北で320km/h出しているE5ですが、この部分でもスピードアップするとなると、盛岡までは併結となる秋田新幹線が問題にならないでしょうか?  仙台以北で360km/hとか405km/hとか、目標となる数字だけは景気よく出てくるのですが、実際にそこまで出せる車両を開発するとなると、 1・東京を出て仙台を過ぎたら高速走行し、新青森から北海道新幹線に乗り入れ札幌まで行く車両を開発する 2・1に併結されて東京を出て仙台を過ぎたら高速走行し、盛岡から秋田までは在来線を走行する車両を開発する 3・1と2を併結して高速走行を仙台~盛岡間で試験走行する という手間がかかります。秋田新幹線がなければ1をつくって試験走行するだけでいいのに。  こう考えると、秋田新幹線って高速化のネックになってないでしょうか。  将来的にははやぶさとこまちの併結方式をやめるとか、何かそういう対策って出ているものですか?

  • 上越新幹線の最高速度

    上越新幹線の最高速度は、昔は275km/hだったようでしたが現在では240km/h(?)です。 どうして最高速度を落としたかご存知の方は宜しくお願いします。 なお、MAX号がそこまで出せないからというのなら東北新幹線の方はなぜ275km/hということになると思うのですが...

  • 新幹線の平均速度

    東海道新幹線の最高速度は275km/h、山陽新幹線は300km/hだと思いますが、当然カーブなどでは減速するため平均速度ではかなり速度が落ちていると思います。それぞれ、のぞみの場合では平均速度はどの程度なのでしょうか。よろしくお願いします。