-PR-
解決済み

ハードディスク2

  • すぐに回答を!
  • 質問No.62432
  • 閲覧数34
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 64% (211/328)

つづきなのですが、

PCに付属されているリカバリCDでPCをリカバリする場合、


MS―DOSモードで再起動してHDD、例えばCをフォーマツトする場合、単純にコマンドで
format c:(コマンドはこれのみ、セクタとかはなにもしない)でフォーマットし、再起動しリカバリCDでリカバリしていました。この時のこれが物理フォーマットと考えていいのでしょうか?
この後、リカバリCDでリカバリしていました。
このフォーマット(DOS)が物理フォーマットであれば、HDDに何回も行ってもいいのでしょうか?
また物理フォーマットでなければ、やる意味があるのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 34% (139/407)

DOSプロンプトから行うフォーマットは既にご回答があるとおり、論理フォーマットです。論理フォーマットは、そのOS(今回であればMS-DOS)で使用するためにハードディスク内管理する為の領域や、実際にデータを書き込む領域作成します。

また、物理フォーマットとは、コンピュータのBIOS画面などから行うフォーマットで、OSなどに依存しないフォーマットを指します。(一般のユーザーの方は使用しませんし、使用しないほうが無難です。)

どちらを行うにしても、HDDを傷つけたりすることは無いので、先ほどもお答えした通り理論上は永久に可能です。
お礼コメント
n-kanaya

お礼率 64% (211/328)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-11 15:00:55

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 41% (96/229)

formatコマンドでおこなうものは、論理フォーマットと呼ぶものです。

これはn-kanayaさんの以前の質問で回答を受けた、FAT情報をクリアする処理に相当します。
OSをインストールする際(リカバリも含みます)には、ハードディスクをOSが利用しやすい状態にしないといけませんので、論理フォーマットは必要な処理といえるでしょう。

また、物理フォーマットという処理も実際にはソフト的な処理ですので、無制限におこなってかまいませんし、それでハードディスクが使用できなくなることは絶対にありません。
お礼コメント
n-kanaya

お礼率 64% (211/328)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-11 15:03:46


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ