• 締切済み
  • 困ってます

あるコインを投げたときに表のでる確率をpとする。200回投げるとき、対

あるコインを投げたときに表のでる確率をpとする。200回投げるとき、対立仮説p<0.5を検定したい。 200回中表が( )回(以上or以下)ならば有意水準5%で、また有意水準1%で帰無仮説を棄却できるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

検定の前に、まづ、帰無仮説を立てないとね。 いったい、何を棄却しようというのか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 仮説の検定です。助けてください。

    「ある硬貨を7回投げたところ、表が6回、裏が1回でた。 この硬貨について「表が出る確率が1/2である」という仮説を 有意水準5%で検定せよ。」 という問題があります。 この以下の解答でいいのかどうかわかりません。お願いします。 帰無仮説「表が出る確率が1/2である」とし、 対立仮説「表が出る確率が1/2でない」とする。 ここで、両側検定を行う。 表が6回以上出る確率は、 7C6(1/2)*7+7C7(1/2)*7 =1/16 =0.0625 また、表が1回以下出る確率は、表が6回以上出る確率と同じなので、 合計すると、 確率は、0.125 となる。 これは、有意水準が5%なので、帰無仮説は、棄却されないことがわかる。 よって、「表が出る確率は1/2でないとはいいきれない。」 どうでしょうか。よろしくお願いします。

  • 確率の検定の問題を教えてください。

    確率の検定の問題を教えてください。 表の出る確率 p のコインを12回投げて、表の出た回数に基づいて 帰無仮設 H_0 : p=1/2 を両側検定する。 表が何回出たら、H_0 を有意水準 α=0.1 で棄却できるか。 という問題があるのですがよくわかりません。 どなたか解法と解答を教えてください。 お願いします。

  • 統計学に関する質問です

    統計学の仮説検定に関する質問です。 表の出る確率がpのコインを10回投げる時、表の出る回数を確率変数Xとする。 表の出る回数Xをもとに、仮説 帰無仮説:p = 1/2 対立仮説:p ≠ 1/2 を有意水準5%で検定するとき、棄却域を求めよ。 という問題です。 簡単な問題らしいのですが統計初心者なんでよくわかりません・・・ 二項分布B(10、1/2)をN(5、0.5^2)の正規分布にして (T - 5)/0.5 ~ N(0、1) よって棄却域はT≦4.02 T≧5.98 であってますか?汗

  • 帰無仮説 統計 p値

    コインを5回続けて投げて5回とも表がでるとする。 このコインは偏っているといえるか? 通常偏っていると考えて 偏っていない という帰無仮説をたてて、0,5の5乗で約3パーセント P<0.05となっているため仮説は棄却 コインは偏っている。 r=0.90 (P<0.001) 相関係数は0.90と計算された。相関がないのに偶然r=0.90 となる確率は0.001以下 のようにp値を理解しています。 コインと同様にAとBは相関がないという帰無仮説をたて、計算し偶然r=0.90 になるのは P<0.001という結論を出し、 これだけ確率が低いのだからAとBは相関がないを棄却し、相関係数は0.90は偶然ではない ということでしょうか? 偏っていないのに偶然5回とも表になる確率は5パーセント以下(3パーセント)だから偏っていない という帰無仮説を棄却し コインは偏っているという結論ですが、P<0.05という決まりがありこれ以下なら帰無仮説は棄却できるということですか? 通常偏っていなと考えて 偏っている という帰無仮説をたててしまったらどうなるのでしょうか?

  • 統計学の仮説検定は、両側検定しかありえないのでは?

    統計学の仮説検定では、両側検定しかありえないのではないかと考えますが、ご意見をお聞かせ下さい。 コイン投げにおいて、表が出る確率をP(H)、裏が出る確率をP(T)とします。 帰無仮説が「P(H)=0.5」である場合、対立仮説を「表が出やすい。P(H)>0.5」とすると片側検定、「コインに偏りがある。P(H)>0.5またはP(T)>0.5」とすると両側検定と説明されます。帰無仮説は同じだでれども、対立仮説が何であるかによって片側検定か両側検定かが決まる、という説明が少なくとも2つの教科書に書かれています。 しかし私は、帰無仮説と対立仮説は互いに排反で、かつ2者で標本空間をカバーし尽くせる(起こりうる全ての事象をカバーできる)ものでなければいけない、と思います。 帰無仮説「P(H)=0.5」に対する対立仮説は「コインに偏りがある。P(H)>0.5またはP(T)>0.5」であるべきだと考えます。そして、「P(H)=0.5」とP(H)の値が特定の1つの値であれば、コインを投げる回数が決まれば(例えば10回)、表が出る回数(0~10回)の確率分布を得ることが可能なので、検定できるわけです。 対立仮説を「表が出やすい。P(H)>0.5」とするのであれば、帰無仮説は「P(H)<=0.5」であるべきだと思います。そうでないと標本空間をもれなく考慮したことになりません。ところが、P(H)=0.5はさておき、P(H)<0.5のもとでは、P(H)の値が無数にあります。ということは、例えば10回中表が0回の確率は無数にあります。10回中表が1回の確率も同様です。したがって、表が出る回数(0~10回)の確率分布を得ることができないので、検定できません。 以上の理由で、統計学の仮説検定では、両側検定しかありえないのではないかと考えますが、ご意見をお聞かせ下さい。

  • 仮説の検定(硬貨の問題)が、わからないです。

    「ある硬貨を7回投げたところ、表が6回、裏が1回でた。 この硬貨について「表が出る確率が1/2である」という仮説を 有意水準5%で検定せよ。」 という問題があります。 この解答では、だめな理由を教えてください。お願いします。 帰無仮説「表が出る確率が1/2である」とする。 表が6回以上出る確率は、 7C6(1/2)*7+7C7(1/2)*7 =1/16 =0.0625 これは、有意水準が5%なので、棄却域をこえているため、 帰無仮説は、棄却されないことがわかる。 よって、「表が出る確率は1/2でないとはいいきれない。」 どうしてだめなのかわかりません。 お願いします。教えてください。

  • 検定における対立仮説

    コインを10回投げる 表の回数を観察 生起確率は0.5=1/2 結果・・・・表=0回だった! ₁₀C₀×0.5⁰×(1-0.5)¹⁰=0.00097 帰無仮説 表がでる確率は1/2 対立仮説  表がでる確率は1/2より小さい。 5%で検定をかけたとき、帰無仮説は棄却できると思いますが 対立仮説は”1/2ではない”とすべきか ”表がでる確率は1/2より小さい。”とすべきかどちらが適切なのでしょうか?

  • 【確率】 有意水準の検定の問題です。

    有意水準の検定の問題について、自分なりに答えを出してみたものの 正しい答えになっているか、いまいち自信がありません。 自分の解き方であっているか、わかる方ご指導お願いいたします。 【問題】 ある硬貨を6回投げたところ、6回とも表が出た。この硬貨について「表が出る確率が1/2である」という仮説を有意水準1%で検定せよ。 【自分の答え】 帰無仮説:硬貨の表裏が出る確率に差はない。(両側検定、危険水準α=0.01) 上記の仮説を検証する。 公式 P(n)=nCk・p^k・(1-p)^(n-k)より、 ={6!/(6!・0!)}・(1/2)^6・(1/2)^(6-6) ={6!/(6!・0!)}・(1/2)^6・(1/2)^0 ={(6・5・4・3・2)/(6・5・4・3・2)}・(1/2)^6 =(1/64) =0.015625 よって危険水準を大きく超えている為、帰無仮説は破棄される。 硬貨の表裏が出る確率には有意な差がある。 以上、よろしくお願いします。

  • 検定方法どちらがいいのですか?

    ある硬貨を8回投げたところ、表が6回、裏が2回でた。 この硬貨について「表が出る確率が1/2である」という仮説を 有意水準10%で検定せよ。」 という問題があります。 帰無仮説「表が出る確率が1/2である」とし、 対立仮説「表が出る確率が1/2より大きい」とし、片側検定を行うか、 対立仮説「表が出る確率が1/2でない」とし、両側検定を行うのか どちらが正しいのかわかりません。よろしくお願いします。

  • 確率で

    ある硬貨を8回投げたところ、表が6回裏が2回出た。この硬貨について、表が出る確率は1/2であるという仮説を有意水準10%で検定せよ。 という問題なのですが、 解き方として、8Ck(1/2)^k(1/2)^8-k という式を立て、k=6のところの値、つまり0.109・・・と有意水準の0.1を比べた結果、1/2であるという仮説は棄却されない。よって、仮説は有意であるという答えになったのですが、これであっているのでしょうか? いま、両側検定で計算していますがこれでよろしいですか?片側検定なのでしょうか・・・。 よろしくお願いします。