-PR-
締切済み

この曲何て読むのですか?

  • 困ってます
  • 質問No.61653
  • 閲覧数54
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 33% (1/3)

吉田拓郎の昔のアルバムを借りたのですが、漢字の読めない曲があります。
たぶん、あて字だと思うのです。
「伽草子」と「花酔曲」と言う曲なのですが、私的には「かかし」と「かようきょく」かなと思っているのですが、、、、。
誰か教えて下さい。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル5

ベストアンサー率 100% (1/1)

かようきょく、というのは造語だと思いますが、かかしは案山子と書きますので
違うと思います。御伽草子と書いておとぎぞうしと読みます。花坂爺さんとか、
昔話のおとぎ話と言われるものだと思います。


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 35% (42/120)

「おとぎぞうし」と「かようきょく」で間違いありません。
お礼コメント
tomohiro178

お礼率 33% (1/3)

なるほど~!!有り難うございます。助かりました。
投稿日時 - 2001-04-09 18:13:22
  • 回答No.3

「伽草子」はオトギゾウシ、「花酔曲」はカヨウキョクでOKです。
いくつか回答を寄せられてるみたいですが、私の知ってる範囲で補足させて頂きます。
 まず、「伽草子」は拓郎の最高ヒットとなった「旅の宿」が収録されている「元気です」と言うアルバムの後に発売されたものですが、発売前に拓郎が金沢で暴行事件を起した(これはあとでただのでっち上げと言う事が判明しました)と言う事で、発売予定が1ヶ月以上延期になりました。出来としては「元気です」を越える事は出来なかったようで、録音自体(ミキサー状態と言った方がいいかも)も良くありません。拓郎のアルバムで未だに「元気です」を越えるアルバムは出ていないのがファンとしては淋しい気分です。
 次に「花酔曲」の方ですが、これはシングル「おきざりにした悲しみは」のB面曲となっていますが、元々は「たくろうオン・ステージ第二集」の中で「静」と言うタイトルで収録されている物と全く同じ曲です。(このアルバムはエレックレコードから発売されたものですが、拓郎本人の許諾なしに勝手にエレックが発売したもので、後に拓郎本人が憤怒したいわくつきのアルバムとなりました。録音も酷いものですが、ファンとしては持って置きたい一枚と言えます。この後、エレックレコードは倒産してしまいます。今考えれば、経営危機を乗り切る為に、苦肉の思いで発売したようにも思います。)
 以上、私の知ってる範囲での補足です。お役に立てましたでしょうか?
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ