締切済み

電子分光器について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.61537
  • 閲覧数324
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (513/553)

古い装置を調べていたら、電子分光器が『非分散型アナライザー』と書いてありました。
参考書とかで分光器を調べると、同心円筒鏡型(CMA)と同心半球型(CHA)、阻止電場型(RFA)しか載っていません。『非分散型アナライザー』とはRFAのことなのでしょうか?もし違うのならどういうものなのか詳しく教えていただきたいのですが。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1122/2211)

多分、分光器を調べるから記載されていないのかも。

参照URLに「非分散赤外線法」の簡単な説明がありますが、
吸光度を測るときに、波長の選択を *分光器に頼らず* とあります。

例えば、赤外線領域に反応する CCD素子を使う、とかの方法があります。
補足コメント
128yen

お礼率 92% (513/553)

このアナライザーは20年近く前のXPS装置に搭載されていました。
赤外線とかは全く関係ないのですが。。。
投稿日時 - 2001-04-20 09:44:34

このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ