• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

昔の洋画のタイトルが思い出せない。(わからない)

昔の洋画のタイトルが思い出せない。(わからない) かなり昔の映画だと思いますが、タイトルが分らない映画が2本有ります。(たぶん、1940頃~1970代) 一本は、主人公の男性が突然FBIとかCIAみたいな関係の人に、オークションの競りに参加してある品物を落札して来てほしいと頼まれる。 CIA?の人「私たちは組織の連中に顔を知られているのでまずい」、「きみが競売に参加してある商品が悪の組織の手に渡らないように落札して来てほしいと頼まれる」。 主人公は競売に参加するが悪の組織の方がお金を沢山持っていて、CIA?の人から渡されたお金では落札できなかった。 そこで主人公は機転を利かして、自分の知り合いに連絡して急遽大金を用意してCIAに依頼された品物を見事に落札した。 しかし、CIAの本当の目的は嘘の情報を悪の組織に流す為のお芝居で、素人の主人公には競りで負けてもらって品物は悪の組織に渡る計画で有った。 そうとは知らずに商品を落札してしまった主人公は悪の組織から狙われるはめになってしまい、どんどん事件に巻き込まれて行ってしまう。 主人公は有能な商社マンか個人実業家のような設定だったと思います。 全然違うかもしれませんが、ジェームズ・ステュアートとかグレゴリー・ペックのようなイギリス紳士風の雰囲気の残るアメリカ人的な感じのする俳優さんだったような気がします。 もう一本は、主人公の女優さんが突然ご主人を亡くした未亡人で、男の子が一人いる。 葬式の時に見ず知らずの怖そうな人たちが次々とやって来て、本当に死んでいるのかどうかを確かめる。 確かめる時に鏡を使って息をしていないかどうか判定したり、いきなり死体に鋭利な永い針の様なものを刺したりする。 未亡人になった奥様は全く知らなかったが、ご主人は戦争中か何かに仲間と大金を手に入れて預かっていたが、お金を仲間に分けないで独り占めしようとしていた。 葬式の後次々と不可解な事件や不穏な事が起こるが、何故なのか奥さんには全く分からず困惑する。 皆が必死になってお金を探すが、何処を探せしてもそんな大金は見当たらない。 しかし奥さんは、はたと封筒に貼って有った切ってに凄い価値が有る事に気が付く。 切手は子供が露天商のお爺さんの店で沢山の切手と交換してもらった後で有った。 慌てて露天商のお爺さんの支度を訪ねると「きっと来ると思っていましたよ」、「間違いだったのですよね」、「大丈夫、お返しいたします、良い夢を見させて頂きましたよ」と言ってすんなりと返してくれる。 その後は、切手の価値に気が付いたご主人の昔の仲間達との激しい切手の奪い合いになる。 助けてくれる男優さんがいたかも知れませんが憶えていません。 協力してくれるお母さんかおばさんかお姉さんがいる。 男の子は切手収集の趣味が有る。 主演の未亡人の女優さんは、オードリーヘップバーンに似た感じの雰囲気が有る女優さんだったような気がしていますが、まったくの記憶違いかも知れません。 長くて分かりにくい説明で申し訳ございませんが、どちらか一方でも結構ですのでタイトルが分る方がいらっしゃりましたら、ご回答をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数171
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kentkun
  • ベストアンサー率35% (1107/3093)

二作目はケイリー・グラントとオードリ・ーヘップバーンの名作 シャレードです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答を頂きまして、ありがとうございました。 美しさ、可愛らしさ、可憐さを兼ね備えたような素敵な女優さんが主人公だったと記憶していたのですが、どうしてもこの映画に出演していた女優さんや俳優さん達の顔がまったく思い出せずに悩んでおりました。 (映画の粗筋じたいは結構覚えているのに不思議です、女優さんも上記のように「美しく素敵な女優さんだった」という印象しか残っていませんでした) でも、やっぱりオードリーヘップバーンさんだったのですね。 「天は二物を与えない」と言いますが、何故彼女のように二物どころか三物も四物も持っている人がいるのか不思議なくらいです。(美しさ、可憐さ、可愛さ、憂いや翳り、優しさ、慈愛の心など、男性が女性に引かれて「ぞくっ」と感じるような物の全てを持っているような女性でしたね) 私があと30歳若かったらではなく、私があと30歳か40歳くらい歳をとっていたら放ってはおかなかったと言う感じの女性です。(こっちは放っておかなくても、彼女からは相手にされなかったとは思いますが(笑)) ケーリー・グラントとの共演作だったのですね、彼女にばかり気をとられていたせいか、男優さんにはぜんぜん気が付きませんでしたが? とにかく、二本のうちの一本は解決いたしました、ありがとうございます。 もう1本については、再度別途に質問して回答が来る事を期待してみる事にします。

関連するQ&A

  • 古い洋画のタイトルがわからない。(パート3)

    古い洋画のタイトルがわからない。(パート3) かなり昔の映画だと思いますが、タイトルが分らない映画が有ります。(たぶん、1930頃~1970代。不明) うろ覚えの内容は、主人公の男性が突然FBIとかCIAみたいな国家警察関係か諜報部員関係のような男性2人に声を掛けられて、「オークションの競りに参加してある品物を落札して来てほしい」と頼まれる。(たぶん「絵」かな?) CIA?の人「私たちは組織の連中に顔を知られているのでまずい」、「きみが競売に参加してある商品が悪の組織の手に渡らないように落札して来てほしいと頼まれる」。 CIA?の人達は「敵が用意できるお金よりもこちらで用意した金額の方が多いから大丈夫」、「ただ君はオークションに参加して商品を落札するだけの簡単な仕事だ」と言われて主人公は競売に参加するが、なぜか悪の組織の方がお金を沢山持っていて、CIA?の人から渡されたお金では落札できなくなってしまった。 そこで主人公は機転を利かして、自分の知り合いに連絡して急遽大金を用意(自分の持っていた絵画か何かを欲しがっていた人に売った?)して、CIAに依頼された品物を見事に落札した。 しかし、CIAの本当の目的は彼に商品を落札してもらう事ではなくて、嘘の情報を悪の組織に流す為のお芝居で、素人の主人公には競りで負けてもらって品物は悪の組織に渡る計画で有った。(素人を使えば相手に疑われずに偽の情報を渡せると思っていた) そうとは知らずに商品を落札してしまった主人公は悪の組織から狙われるはめになってしまい、どんどん事件に巻き込まれて行ってしまう。 主人公は有能な商社マンか個人実業家のような設定だったと思います。 全然違うかもしれませんが、ジェームズ・ステュアートとかグレゴリー・ペック又はケーリー・グラントのようなイギリス紳士風の雰囲気の残るアメリカ人的な感じのする俳優さんだったような気がします。 (まったくの別人かも知れませんしアメリカ人でもないかも知れませんが、上記の彼らが活躍していたのと同じ年代頃の映画だと思います) 記憶が曖昧で、年代や俳優さんの雰囲気などが間違っているかも知れません。 判り難い情報で申し訳ございませんが、何方かご存知の方がいらっしゃいましたら情報をお願いいたします。

  • 落札→振込を済ませた後出品者から返金の話が

    オークションで12000円の品物を購入する事が出来ました。 落札後、出品者から「落札後の支払は3日以内と説明に書いて有るが、都合が有って今日(オークション終了日)支払って欲しい」と連絡が有りました。 説明とは異なりますが「落札後にこちらの指示に従わない悪質な落札者」という評価を付けられるのも困りますし、きちんとお支払いをして品物をお送り頂ければと思い、オークション終了日にお支払いをしました。 すると出品者から「友達が2万円で買ってくれると言ったので友達に買って貰う。お金は返すけど返金方法は切手で。切手の郵送料を引いた額を返すので」 と言って来ました。 そこで ・支払を済ませた後、出品物の破損などが見付かりどうしても品物を発送出来ないという不測の事態以外で個人的に12000円以上の値で買ってくれる人が現れたので返金するというのは問題は無いのか ・返金の方法として現金では無く切手で返金しても構わないのか この2点に対し、オークション落札経験が殆ど無い私には判じかねる為、オークション経験者の方に問題有りか無しかをお教え頂けないかと思い質問させて頂きました。 返金して頂けるだけまだ良しなのかも知れませんが…。 宜しくお願い致します。

  • 海外の方に落札されたのですが、送料が違ってしまった‥

     ネットオークションに出品したところ、海外の方から問い合わせがあり、お金は現金書留で送る、送料は負担するということでしたので、海外発送を受け付けることにしました。  落札後にご連絡があり、現金書留で千円送るので、おつりは現金か切手で返して欲しいとのことでしたので、「おつりは日本の切手で返す」旨、了解を得ました。  先日、その現金書留が無事に届いたので、おつり分の切手も同封した上で丁寧に品物を梱包し、郵便局で発送してもらったのですが‥‥  当初、私がおおまかに測っていたより荷物が軽く済んだため、ちょうど料金の境目のきわどいところだったのですが、軽い方の扱いになり、その分、送料が安くなってしまいました。  郵便局の方にレシートを受け取って驚いたのですが、荷物はもう出してしまった後です。落札者様にご連絡していた送料との差額は80円で、改めて封書などで送ろうとしても、その封書の送料だけでほとんど消えてしまいます。それとも送料は自己負担として、追って80円分の切手をお送りした方が良いのでしょうか。  こういう場合、いったいどう対処するべきなのでしょうか。詳しい方、おられましたら是非アドバイスお願いいたします。

  • 洋画に明るい方、この洋画のタイトルを教えてください

    1.舞台は、中世のヨーロッパといった感じです。 2.最初のカットで、耳からラッパ(というか、当時の補聴器?)を生やした不気味な老人が、そのラッパを傾けて膿のような白い液体をドロドロこぼすシーンから始まります。 3.そこから記憶がないのですが、中盤以降には斧や剣などの武器を持った村の住人が殺し合い?というか誰か一人をリンチしていたような…(村長っぽいひげの生えたオッサンが馬に乗って人の首を斧で飛ばしたのは覚えています)、後は余りよく覚えていませんm(_ _)m 4.5、6年前に深夜帯の洋画枠で放送していたの最近の映画ではないと思います。 中学生の頃にみたと記憶しているのですが、私が勘違いして記憶しているかもしてないので、そこんところは大目にみてください。 ピント来た方がいたら、タイトルを教えていただけると幸いです!

  • 洋画のタイトルが思い出せない・・・

    すごく昔にみた映画です。今から10年くらい前です。週末に深夜放映されていたのをみました。 研究室で女の研究員がミスをした(目をはなした?)せいで、昆虫か未知の物体か忘れたのですが、ある薬をかけてしまい、その物体(昆虫らしきもの)が超巨大化するんです。 それが、どんど人を襲うんです。何人も食べてしまうのですが、最後のほうのシーンで、その生き物が子供を産むのですが、その子供の栄養のために、食べた人間を半分生かしたままお腹に入れてるんですね。それがスケルトン状態で外からみえるんですよ。で、生き延びた人たちがそれをみつけて、「キャー、なんてこと・・・!」なんて叫んでいました。 映像的にはかなりチープだったように思います。多分B級映画だとは思うのですが・・・。 とってもわかりにくいですけど、誰か心あたりがあれば教えてください。とぉっても気になります。

  • 洋画のタイトルを教えてください。

    あまりに情報があいまいで申し訳ないのですが、 もう一度観たい映画なので、タイトルを知りたいと思っています。 ・観たのは15年ほど前です。  当時のバイト先の方から、テレビを録画したビデオを借りたので、製作年などはわかりません。 ・戦争中の映画で、舞台はヨーロッパです。  ロシアか東欧の辺りだったような気がしますが定かではありません。 ・カラー映画です。 ・戦争で捕虜になった姉と弟(二人とも白人)の話だったと思います。 ・姉が刺青を入れられて、将校か貴族たちのパーティのとき、テーブルの上を歩かされるシーンが印象的でした。 ・全体的に静かできれいな印象の映画でした。 ヒントが少なくてすみません。 お心当たりのある方は教えてください。

  • 洋画のタイトル教えてください

    トラボルタ主演でした。 米陸軍特殊部隊(?)の訓練において、5,6名の小隊だったと思います(女性兵士一人を 含みます)が、訓練中に一人、また一人と殺されていきます。 最後は2名位残ったのかな。 トラボルタは内部調査官みたいな役で登場してきますが、残った兵士に色々尋問していき、 映画の最後は何か、どんでん返しみたいな結末だった気がします。 もう一度見たいので、上記内容でお判りの方タイトルを教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 古い洋画のタイトル

    こんにちは、昔見た洋画のタイトルを教えてほしいのです。 見たのは今から40年位前で、TVで吹き替えでした、週末の午後だったと思います。 アメリカかヨーロッパかは覚えていません。 内容は、泥棒の話です…… ベテランの泥棒(男性)がいて、もういい歳なのでそろそろ引退を考えて、大きな仕事をしようとしている。 でも警察にはしっかりマークされているので、何か事件があれば自分が疑われてしまう。 そこで若い男を雇い、自分の盗みのテクニックを仕込む。 そいつに何でもない民家の空き巣狙いをやらせて、自分は別の大仕事(銀行のハイテク金庫?)をやり、その後入れ替わってわざと逮捕される。 若いのに金を預け、短い刑期で出てきたら、後は悠々自適という計画。 ハイテク金庫は最後の鍵が4桁の暗証番号で、そこまでの通路に10個の発信機を付けて、警備員が見回りに来たら物影に隠れ、あとはひたすら番号を打ち続ける。 (指紋を取るような粉で4つのボタンは判別済み、打ち込む組み合わせ表も用意してある) ついに金庫が開き、中身(何だったか記憶がありません)を盗み、暗証番号を打ち込むコンソールのカバーにドライアイスを挟み、脱出。 若いのと入れ替わる頃、ドライアイスが溶けて弾け飛び、カバーが閉まる音で警報が鳴り始める。 空き巣の方に顔なじみの刑事が来て、主人公は観念した様子で捕まる。 ところが刑事の顔色が変わる、実は若いのは進入時に住人に発見されてしまい、その人を殺してしまっていたのだ。 これでは空き巣どころか、やってもいない殺人罪で裁かれることになってしまう。 主人公は刑事から逃げ出し、金を持って逃げる若いのを追うが…… こういう話です、よろしくお願いします。 ちなみに、最近の暗証番号を打つようなパネルは、LED数字がランダムに表示されるようになっていて、打つ場所が毎回変わるのでこういうテクは使えません(笑)。

  • 洋画のタイトル教えて下さい。

    断片的にしか覚えていないのですが、タイトルが分かる方がいらしたら教えて下さい。 •欲望のモンスターみたいなものが人間に張り付いていて、主人公にだけそれが見える。 •牛の儀式みたいなのをして、その普通の人には見えないものが見えるようになった。 •欲望のモンスターみたいなものは、お店にもくっついている。 •欲望のモンスターみたいなものは、欲が膨らむと大きくなって、同じ欲望のモンスターみたいなものがくっついているお店に行けば縮む。 •最終的に街から看板がなくなった。 よろしくお願いします。

  • 洋画のタイトルを教えてください

    見たことないのですが 確か 出演者の誰かが 死んで6まで?しか 出なかった洋画です 海外ですごい人気の 洋画です この前ニュースで 見たときは タイトルが緑色 だったです freeってタイトルの ようなきがしたんですが アニメしか出てこないです 似たような 洋画をしってれば 教えてください