• ベストアンサー
  • 困ってます

オーディオルームを増築  防音内装材(遮音/吸音)で悩んでます

オーディオルーム兼仕事場を増築予定です。 私はオーディオマニアではありませんので、主にオーディオ音が外部に 漏れにくい部屋の内蔵材について、悩んでましたが、建築のカテにて 「木毛セメント板」を紹介されました。 http://oshiete.filesend.to/kotaeru_vote.php3?q=5732358 「木毛セメント板」は古典的な建材で、コンサートホールや映画館や 体育館や工場等で、使われてるようです。 メーカーに問い合わせてみると「木毛セメント板」にもいろいろあり 内装用化粧板「レノウッド」と高圧木毛セメント板「TSボード」の サンプルを送っていただいたのですが、「レノウッド」は塗装されてるので 遠目で見る分にはきれいですが、触ると簡単に木片が剥がれ落ちたり、 繊維孔が大きいのが気になります。 一方、「TSボード」は比重0.9以上と重く、遮音性が高いのが特徴です。 見た目は、お世辞にもきれいとは言えないので、水性塗装を考えました。 「レノウッド」は遮音より、吸音性に優れるそうです。 いろいろ悩みましたが、「レノウッド」は高価なので、「TSボード(15~25mm)」に 水性塗装をし、壁と天井に使う事を考えました。 但し、吸音性がほとんどないらしく、床に絨毯(厳密にはタイルカーペット)を 敷き、ウール断熱材(壁内)で吸音する事を考えましたが、「TSボード」のように 遮音性が高い内装材で部屋をくるむと、はたして吸音はウール断熱材で効果が でるのか?という疑問がでてきました。 はたして、ウール断熱材の効果は期待できるのでしょうか? もっとも、ウール断熱材を使う目的は、壁内結露対策と断熱で検討中ですので グラスウールやロックウールでも構いません。 個人的には極端な話、エコーの効く部屋が好みなので、極端に変な音質にならなければ 良しと考えてます。カーオーディオの音は、座席シートに吸音されてしまい、 こもった音になるので、私は嫌です。 本格的に防音対策をするなら、下記メーカーの 「吸音ウール+防音パネル+遮音パネル+布クロス」が無難でしょうか? http://data.daiken.jp/catalog/sougou2010/catalog1.html#1_69 でも「TSボード(15~25mm)」は、1,820mm×910mmで定価3,000~5,000円と 比較的安価なのが魅力です。長文ですみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数6109
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

またまた iBook-2001 です♪ 最初に 「吸音ウール+防音パネル+遮音パネル+布クロス」 こちらの製品ですが、実際の採用面積や室内の形状などでも影響を受けるので、決まった音と言う断定的にお答えすると、誤解を招きかねないので、参考ていどに、、、 反射に関してはニュートラルか、若干多い感じに設定されていると想像されます。 しかも、低域から高域に関して通常の内装等よりかなりバランスが研究された上かと思われます。 これは ご質問者様が車で体感したように、若干ライブの場合、ソファー等でチューニングが行いやすいので、狙いとしては良いところでしょう。 さて、 「今回は平行の壁になります。遮音性の高い「TSボード」で壁と天井を囲います。 音質よりエコーの効いた「ライブ」目的なら気になる点はないでしょうか?」 この件ですが、エコーじゃ無くて不要な固有の響きが付きまとう、タイル貼りの浴室のようになる可能性が高いように思います。 音楽室や放送室などに穴の開いたボードを用いるのは、後ろの吸音層へ開口部から音を逃がす目的です。穴の開口率が違う物や、穴無しなどを組み合わせ、特定の周波数で異常な音が出ないように、一見ランダムに張り込まれているのが正しい利用方法だったりします。 たまに一面、同じ穴サイズのボードが貼られた公民館の放送室などを見ますが、あれはなんの意味も無い、見た目だけですね(笑) 実際、マイクから50センチも離れた声は狭い部屋で響いているのが判っちゃいますよ。 私でしたら、TSボードで遮音層をしっかり構築し、その内側に(50mmから100mm)吸音と反射性の壁面を構築します。吸音性の壁は枠に布地だけで中間の空気層(と吸音材)に吸い込ませ、反射面は出来たら角度を付けるか、凹凸面で構成するのが理想的かと思います。 まぁ、現在構想の部屋を造ってみて、体感後に音の調整は出来ますから、(反射をランダム化するには、いろんな角度の反射板を設置、吸音を多くするにはクッションを多く置いたり、厚手のカーテンを吊るしたり、大きく改造なら壁に穴を、、などなど)対処法を理解しておけば、まぁ何とかなるでしょう。 そもそも、プロの音響設計師でも実際の施行が終わってから測定等を繰り返し、改装をしながら完成させて行く場合が多い物ですから、私達素人が最初から完成領域の設計が出来ると考えない方が良いでしょう♪ それでも コツコツと積み重ねて、理想の音楽空間を求めて行きましょうね~☆

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も回答ありがとうございます。 実は、大建工業の製品にしようか迷ってます。参考までに単価比較します。 「TSボード(25mm)」←定価¥3,000円/m2 20mmタイプ¥2,400/m2 「防音パネル(15mm)」←定価¥6,440円/m2 12mmタイプ¥4,840/m2 ※18mmタイプは不要でしょう? 「遮音パネル12.5(石膏ボード)」←定価¥3,810円/m2 遮音パネル10(合板)¥5,380/m2 ※遮音パネル10はF☆☆☆☆ TSボードで部屋を囲むと「エコーじゃ無くて不要な固有の響きが付きまとう、 タイル貼りの浴室のようになる可能性が高いように思います」 これが気になるのです。 >私でしたら、TSボードで遮音層をしっかり構築し、その内側に >(50mmから100mm)吸音と反射性の壁面を構築します この手間を考えたら、値段が高くても大建工業の製品の方が遮音・吸音性能は 良いのではないでしょうか? 他のカテで紹介されたのは、吸音性の高い木毛セメントボードでして 外観やビス留めを考えた結果、吸音性に優れた内装用「レノウッド」が候補に 上がり、早速サンプルをいただくと、ビス留めはできるものの、触ると木片が ボロボロ落ちてしまうのでNGとなりました。また、不揃いな木片の吸音孔が 非常に目立ちます。 「TSボード」は比重1.0位の為、遮音性は優れるものの、吸音性はほとんどない ようで、木片がボロボロ落ちてしまう事はなく、水性塗装を考えてました。 乾燥状況により、ボードが3mmくらい縮み、その為か布クロスの貼り付けは不向 きのようです。 3mmの隙間が空いてしまうのも、非常に気になります。 いろいろ考えた挙げ句、大建工業の製品で 「吸音ウール+遮音パネル+防音パネル+布クロス」 もしくは「吸音ウール+遮音パネル+布クロス」を考えてます。 安上がりなのは「吸音ウール+遮音パネル+布クロス」なのですが 防音パネルがないと変な音になってしまいますか? 下記は「吸音ウール+遮音パネル12.5+クロス」←布クロスとは記載されてません。 【A】http://data.daiken.jp/catalog/sougou2010/1cata/data/pdf/68.pdf 下記は「吸音ウール+遮音パネル(石膏ボード)12.5+防音パネル15+布クロス」 【B】http://data.daiken.jp/catalog/sougou2010/1cata/data/pdf/69.pdf 上記【A】【B】どちらが私にはおすすめですか? 但し、軽い薄型TVを壁に、軽いBOSEスピーカーを天井にビス留めしたいので 「遮音パネル(石膏ボード)12.5+クロス」の場合、遮音パネルは合板(遮音パネル10) になるかと思います。 なお、「防音パネル12~18」に、ビス留め可能かどうかは、メーカーに未確認です。

関連するQ&A

  • 木毛セメントボードを基礎工事外枠に白蟻大丈夫

    建築雑誌で木毛セメントボードを基礎工事の外枠に使用し、セメント打設後撤去せずそのままにして、断熱材として利用する方法と言うのを見かけました。確かに工程が大幅に減るしごみもでないし、しかも外断熱と言う事なさそうですが、 1 木毛セメントボードって安いの? 2 断熱効果が本当にあるの? 3 材料が木とセメントと言う事は白蟻の食害をうけるのでは? 何方かご経験或いは知識のある方教えて下さい。

  • 防音室(音楽用スタジオ)の防音(遮音&吸音)について助けて下さい!

    録音&リハとして使えるような小さな音楽室を持ちたいと考え、それを設計士に伝えた所、スタジオは初めてではありますが、精力的に取り組んで頂きました。 実施設計図面が出来たのですが、何ぶん彼がスタジオ設計のプロではないので少し不安があります。 ★広さ ●9畳位(ドラムも入る)一階です。 ★外壁 ●外壁/サイディングt=12通気金具t=18 ●ブレース/FB-90×6 ●縦胴縁/42.5×45@455 ●CB C種/t=100(穴部モルタル充填) ●鉛シート貼り(コーナー部分のみ) ●モルタル/t=30塗り ●胴縁/60×30@455(吸音材ロックウールBDKt=50) ●内壁/PBt=12 5 AEP ★床 ●タイルカーペット t=6.5  ●下地 構造用合板 t=12 捨貼 ●根太 45×45@455(断熱材スタイロフォームt=45) ●大引 90×90@910 ●束 90×90@910 ●束石 200×200×100@910 ★天井 ●吊木 45×45@455 ●野縁受 45×45@910 ●野縁 45×45@455 ●遮音材 粘着遮音シート t=2.3 ●天井 PB t=12.5+9.5-12.5 AEP ★換気扇 ●防音換気扇ロスナイ/三菱VL-100EU3-J (配管、ベントキャップは防音仕様とする) ★隣室との間仕切り(浴室) ●外壁と同じ造りで、外壁材がないだけの様子 ●防音扉は一枚 小さい防音複層ガラス窓があるドアで、 レバーハンドル、ドアチェック(コンシールドタイプ・ストッパー付)MIWA700又は同等品)下枠、SUS304木枠あり。と書いてあります。 楽器演奏対応としてはどの程度まで外に音が漏れるのを防げるか、御意見頂く事はできないでしょうか?

  • オーディオ部屋の安価な内装材は?

    オーディオ部屋の安価な内装材は? オーディオ部屋の増築を間近に控えてます。 私はオーディオマニアではないので、今の古い部屋(砂壁と絨毯)でも満足してます。 JBLの大型スピーカーとBOSEの天吊りスピーカーを使用してます。 しかし、遮音性が低いので夜はもちろん、昼でもあまりボリュームが上げられず、 多少不満気味です。 DAIKENの本格的な防音材(ウール+吸音パネル+遮音パネル等)となると、 大変高価になるので、下記のようなオーソドックスな内装を建築士から提案されました。 外壁+ダイライト+高性能グラスウール(100mm) +構造用合板(12.5mm)+石膏ボード(15mm以上)+布クロス 建築士からは石膏ボード(12.5mm)の二重張りをすすめられましたが、 壁掛けTVやカーテン等をビス留めしたかったので、石膏ボード1枚のかわりに、 構造用合板(12.5mm)にしました。 合板は、多少の断熱効果と吸音効果も期待しました。 私は「デッドよりライブの方が好き」です。 石膏ボードは遮音性が高く、ライブ向きでしょうか? また、ビニールクロスより布クロスの方が良い理由を教えて下さい。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

再び iBook-2001 です♪ お礼を書き込んで頂き、ありがとうございます。 私にもさらに少し、ご質問者様の考え方が理解できましたよ。 今回は音の反射に付いて、私の知識レベルだけですがご説明します(素人なので、三校程度ですけれどねぇ~) 硬い壁等で音が反射しますが、完全に全部が反射する事も、吸音により反射が完全に無くなる事も現実的に有りません。 現存するか判りませんが、昔の有名録音スタジオにはエコーを加える為に体育館並みの乱反射させるエコールームが有り、スタジオからエコールームのスピーカーを鳴らして、エコールームのマイクで捉えた音をミックスしたそうです。 逆に反射を押さえた、やはり体育館並みで中空の床設備の無響室と言う場所でスピーカー等の測定を行うそうです。(一部のオーディオメーカーが保有してましたが、現在はどうかなぁ?) 上記の特殊な設備は除外して、一般的には反射が多いか少ないか?と言う問題だと思います。一般的に反射が少ない場合をデッド、多めの場合をライブと呼び、音楽の聞き方や好みによると思います。 CD等に入った音を出来るだけ忠実に聴きたい人はややデッドに、逆にあまり音量を上げずに楽しく聴きたい場合等はやライブ気味にする事が多いようです。 しかし、1面だけの壁反射では無く、対になる壁が存在する事で、その距離による特定の周波数に置いてピークやディップが大きく現れます。 左右、前後、上下、それぞれ、、、 これを防ぐには平行な壁を造らない、適度に吸音処理をする、等でバランスを調整します。 コンサートホールやレコーディングスタジオの壁や天井が複雑な形になっているのはこのためで、反射板と反射板の間は吸音特性になっていて、壁や天井は演奏者や曲等で残響を調節出来るように可動式になっている場合も多い物です。 一般の家庭では、なかなか壁や天井に角度を儲けるのが大変ですので、反射面と吸音面を交互に配置したり、一部可動式にして置くのも良いでしょう。 このとき、吸音面は遮音性が低くなりますので、下地の遮音性が高い壁が必要になります。 構造上の下地壁面と、表面の吸音/反射壁との間でも共振現象が起こりますので、 「 結露防止で、あれこれと悩むより、思い切って「断熱材なし」の部屋も  検討中です。」 これは ちょっと問題が出そうに思いますよ。 一般的にはロックウール等の吸音断熱材を利用し、高度な場合はロックウール等の密度が違う物を組み合わせたりする場合も有るようです。 壁が2重構造でその間が空間の場合、太鼓の構造となってしまいますので、内部に吸音処理や壁の防振処理が無い場合、特定の周波数で勝手に響いてしまいかねませんね。 遮音特性が優れて、エコー感が多い場所の代表はトンネルでしょうか? でも固有の強い響きが付きまといますから、そんな場所でコンサートは滅多に無いですね。 大理石造りの教会などは音の響きも綺麗で、大勢に話を聞かせる為に造られているから、先人の技が活きてますね。 特に綺麗な響きの教会等では、録音場所として利用される場合も有ります。(CDや昔のレコード等、実際に販売されてますね。) 素人考えでは、コンクリートブロック等で台形や5角形の部屋を組んで、その内側に吸音層を置いて、反射や吸音性の壁や天井で半分くらいの容積になる部屋を造れたら、オーディオマニアにも自慢出来るかなぁ~ なんて 夢みたいな事を(笑) 私もそうなんですけれど、ご質問者様も、焦らずいろいろ検討しながら、理想は高く、夢は大きく、コストは押さえて、知識や肉体を駆使し、努力と根性で良い環境を実現しましょう♪ 低音域が響きすぎちゃうとなかなか大変ですが、中高域でしたら、ソファー等で吸音処理出来ますので、いろいろ試しながら好みの環境を目指しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再び詳しい回答ありがとうございます。 私の考え方を理解していただき、感謝します。 簡単に言えば「音質より遮音重視」です。 >壁が2重構造でその間が空間の場合、太鼓の構造 失礼しました。 これだと防音効果がなくなるようですから、断熱材は吸音目的で必ず入れます。 遮音性の高い「TSボード」は、音をほとんど通過させないのかと思い 「TSボード」+空気層+「TSボード」の2重構造を考えましたが、 間違いのようですね? >一般的に反射が少ない場合をデッド、多めの場合をライブ 私の好みはライブで、エコーが効いた音が好きです。 愛車のオーディオ(JBL製スピーカーでも)は、座席シートで吸音されてしまうのか? こもった音になり私好みではありません。 昔からカーオーディオは、低音と高音を最大にして聴いてます。 ところで、気になるのは下記メーカーの 「吸音ウール+防音パネル+遮音パネル+布クロス」は 「デッド」「ライブ」どちら向きなのでしょうか? http://data.daiken.jp/catalog/sougou2010/catalog1.html#1_69 >これを防ぐには平行な壁を造らない、適度に吸音処理をする、等で >バランスを調整します。 今回は平行の壁になります。遮音性の高い「TSボード」で壁と天井を囲います。 音質よりエコーの効いた「ライブ」目的なら気になる点はないでしょうか?

  • 回答No.1

はじめまして♪ 小学生の頃にスピーカーの工作をして、いまだにスピーカー工作を趣味の一つとして楽しんでいます。オーディオマニアじゃないけれど、オーディオファンかな?(苦笑) スピーカーのボックスを造るというのは、スピーカーユニットの背面音の処理により大きく聞こえ方が変わってきます。  そして、スピーカーの前面の音響処理がオーディオルームなんでしょうね ♪ 「木毛セメント板」は 今回初めて拝見しましたが、ご質問文のURLでは飛べなかったので、、、 http://www.woodcement.com/what/index.html こちらを見てみましたが、これでしょうかね? さて、一般に「防音」と言いますが、音を遮るための「遮音」と、室内の音質を良くする為の「反射と吸音」と言う部分で、きちんと分けて考えなくてはいけません。 まず、遮音です。 音を遮る為には重くて固い物が有利ですし、振動を伝えない為には構造的に繋がっていないという相反する構造が求められます。 理想的な構造としては魔法瓶のように、中間に真空層が有る二重構造なのですが、そんな部屋は造る事が出来ませんね(笑) 基本的に、コンクリートブロックやレンガで部屋を造り、さらに遮音効果を増す為には、壁の厚さを指数関数的に増やす事になってしまいます。 実際には2倍の厚い壁より、空間を設けて2重の壁がとても効果的です。 二重サッシが防音断熱効果が高く、2倍の厚いガラスサッシではそれほど効果が得られないのと同じですね。 既存の室内構造によるんですが、鉄筋コンクリートの場合、強度が高く遮音性が高い基本構造が有るのですが、それだけでは振動を伝えやすいので、どんどん音が伝わって行きますから、床、天井、壁を振動遮断出来そうな素材を組み合わせ、新たな床や天井、壁などの構造を構築します。具体的にはコンクリートより柔らかい木材やゴムシート等を介し、5~10cmほど空間を設けてから内装の基礎素材を張り込んだりします。 木造住宅の場合ですと、私も日曜大工で手を加えたんですが、既存の壁や床(田舎なので天井は無視)に石工ボードを敷き詰め、ハリを構築し(この空間にグラスウール充填)、その上に一部は枠だけで布張り、一部はコンパネと石工ボードを貼りましたよ。 室内側の吸音部と反射部の、、、って 十分に考えたはずなんだけど、定在波が強く出て、なかなか思ったように行きませんでした。 さて、音質コントロールの吸音にまで言及してしまったのですけれど、中高音の吸音は簡単にソファーや絨毯、カテーンや畳でもコントロール出来るのですが、低音は難しいですね(涙) まだ、バブル期のように私のような田舎の商店でも利益が有り、お金がかけられたら、石井式オーディオルームの設計に沿った部屋に改造してみたいのですが、、、、 http://homepage2.nifty.com/hotei/ 私がオーディオに興味を持った頃には加銅鉄平氏の本を見たんですけれど、コンサートホールやスタジオの構造等を参考に勝手な改造だったから、それなりの効果は有りましたが、今の私にとって理想とは少し違ったようです。 簡易工事にしても 両氏の情報はとても有益と思いますので、一読した上で、建築設計師に任せない方が良さそうですよ~(爆笑) 追伸:大工さんが構造用のコンパネを2重に貼るとき、釘やボルト、ステープラーで張り合わせますが、オーディオ的には微小空間で異音が出そうに思いますので、私は全面にボンドを塗ってからビス止めしますよ。 これは スピーカーボックスを造る時には当たり前の事ですから、部屋の壁も板と板に空間を置く時と、密着させると言う場合の違いとしてコダワッテいま~す♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答ありがとうございます。 当初は防音の事は考えず、材料費の安さで、下記構成を考えてました。 ■外壁側-(省略)-断熱材(100ミリ)+構造用合板(12ミリ)+石膏ボード(12.5ミリ)+ビニールクロス--室内側 ■その後、ビニールクロスはAVルームに最悪だと知る。  合板+石膏ボードは多少の遮音効果はあっても、吸音効果なしと知る。 ■酸化鉄の入ったゴム系遮音シートも「高周波のみしか効果なし」との事で、  比較的安価な「木毛セメント板」を紹介されました。 http://www.takemura.co.jp/ ←ここの高圧木毛セメント板「TSボード」を検討中。 ■「TSボード」は比重が0.9以上と重く、遮音性があり、その他の  「木毛セメント板」のような吸音性が期待されません。 ■近所迷惑対策に、音質より遮音を重視し「TSボード」を検討中ですが、  あまり遮音を重視すると反響音が大きくなりますね?  但し、質問内に書いたように私はエコーが効いた部屋の音が好きです。  従って、オーディオマニアではありません。但し、素人が聴いても、  違和感を感じるなら、他の遮音方法も考えますけど。 ■非常に遮音性の高い「TSボード」を内装に使用した場合、  内壁にある「繊維系断熱材」で吸音する事は可能でしょうか?  遮音性の高い「TSボード」とはいえ、おそらく音は通過しますよね?  ここが最大の疑問点です。 ■理想は内装の吸音性ボードで吸音してから、遮音ボードで遮音し、  さらに繊維系断熱材で吸音するのが、一番良いでしょうか? ■「中高音の吸音は簡単にソファーや絨毯カテーンや畳でもコントロール出来る」  とありますので、遮音性の高い「TSボード」を使用しても、絨毯やカテーンで  コントロールすれば、心配してる反響音は吸収されますか?  もし、そうであれば高価な?下記メーカーの「防音パネル+遮音パネル+布クロス」を  使わなくて済みますか? http://data.daiken.jp/catalog/sougou2010/catalog1.html#1_69 ■私は遮音重視なので  「TSボード」+「断熱材」  もしくは  「TSボード」+(空気層つまり繊維系断熱材なし)+「TSボード」  を考えてます。 ■「TSボード」自体、断熱性があり、合板や石膏ボードより優れてるので  結露防止で、あれこれと悩むより、思い切って「断熱材なし」の部屋も  検討中です。

関連するQ&A

  • 合板と石膏ボードの2重貼りの位置←どちらが遮音効果がありますか?

    合板と石膏ボードの2重貼りの位置←どちらが遮音効果がありますか? オーディオ部屋を増築予定です。比較的安価な材料で遮音性を高めようと思案中です。 壁と天井を「合板と石膏ボードの2重貼り」にした場合、下記のどちらが遮音効果はありますか? (A)合板(12mm)+石膏ボード(15mm)+布クロス (B)石膏ボード(15mm)+合板(12mm)+布クロス 石膏ボードの2重貼りを設計士さんに提案されたのですが、ビス留めができないと言ったら、 石膏ボード(12.5mm)から15mmになりました。 それ以上の厚みでも構いませんが、天井は厚くできませんよね。 (B)は「合板で吸音」→「石膏ボードで遮音」で、吸音と遮音のバランスは(A)よりマシになりますか? もし、大差ないなら石膏ボードをクロス下地にします。 もうひとつのアイディアとして、このカテで教えていただいた「高圧木毛セメント板(20mm)」を (B)の石膏ボードのかわりに使えば、より遮音性が向上しますか? 普通の木毛セメント板は吸音性に優れますが、高圧木毛セメント板は比重が0.9以上と重いので、 遮音性に優れるとメーカーから回答がありました。 もし、高圧木毛セメント板を使用する場合、割高になるのは覚悟してますが、石膏ボードも重く、 それほど違いがないなら石膏ボード(15~20mm)にしようと思います。 参考まで、私は「デッドよりライブの方が好き」なので、エコーが効いた部屋が好みです。 (A)(B)或いは(B)の石膏ボードのかわりに高圧木毛セメント板を使うか?決めようと思います。 ※鉛や鉄入り遮音シートは高周波用との事で、音楽(平均500Hz)の防音効果はないようで使用しません。

  • 防音シートは必ず部屋側?

    庭に小屋を建てています。 物置&パソコン&オーディオと映画鑑賞の部屋にします。 上物は半DIYで、木造キットハウスをベースに全面断熱材を入れ込み、遮音シートを施工します。 まずは外になるべく音が漏れないようにし、室内は適所吸音材で対処する予定です。 お伺いしたいのは、遮音シート(天井・壁・床全面張り)は断熱材より部屋側でなくてはならないのか?それとも断熱材と外壁の間でもいいのか?についてです。 ネットでいろいろ施工写真を見るとかならず断熱材より部屋側に張っているようにみえます。 しかしながら思うのです。遮音シートは反射だと思うので、外側に張ったほうが断熱材でいくらかでも吸音されてからなので、外への漏れは少なくなるのではないか、さらに部屋内への反射も断熱材が間に入っているので減衰するのではないかと。 この考え方、また現実性など、いかがなものでしょうか。 ご意見お聞かせいただければと思います。

  • ウール断熱材の湿度55%以下の時の調湿機能に疑問?

    ウール断熱材の湿度55%以下の時の調湿機能に疑問? ウールは湿度を55%程度に保とうとする性質があるそうですが、 ウールを部屋の断熱材に使用した時に疑問があります。 以下の性質があると仮定すると・・・ (A)室内(壁内)湿度が55%以上になると吸湿して55%を保持しようとする (B)室内(壁内)湿度が55%以下になると排湿して55%を保持しようとする 冬場の壁内結露を考えた時、室内温度が20℃の時、計算上 「外気温10.69℃で結露」します。 http://www.geocities.jp/mori_tadaoki/theme006.html ※露点温度計算シートより 冬場は10.69℃以下になりますから、55%を保持すると、結露する最悪の 環境になってしまいます。 そう考えると(B)は誤りで、もし湿度が55%未満の時は、湿度はどうなる のでしょうか? 例えば湿度45%の時、ウールの調湿機能により、湿度は何パーセントに なりますか?

  • 古い木造建築の砂壁に断熱材を追加したい

    築30年以上の古い木造建築の和室(2階)で、砂壁の内部に断熱材が入っていないようです。 夏場は暑く、冬場は寒いため断熱材を入れようと思っていますが、施工方法を悩んでいます。 エアコンダクトの穴から壁の内部を確認したところ、壁内の断熱材が入っていないようでした。 (夏場や天気の良い日はとてつもなく暑く、冬場は寒い。場所は千葉県です) リフォーム後は部屋をビデオ編集に使う予定のため、断熱と遮音(主に屋外の喧騒を少なくする目的)のため、断熱材を入れようと思いました。 断熱材はグラスウールだとへたるのでスタイロフォームを考えています。 表面は、壁面が露出する場所には吸音スポンジを貼る予定です。 通常だと、壁を一度崩して内部に断熱材を入れ石膏ボードでふさぐと思います。当初はこの方法にしようと思いましたが、かなり大がかりな工事になってしまいます。 そこで、砂壁の表面をはがし、モルタル(?)をサンダーでならしてスタイロフォームを貼り、すき間をシリコンでコーキング。棚などを置く壁面はそのままで、露出する壁面のみに吸音スポンジを貼るという事で済まそうと思っていますが、この方法でもよいでしょうか? あるいはもっとよい方法があれば教えてください。 なるべく安価でコストパフォーマンスの高い方法が望ましいです。見てくれはそれほど重要視していません。 予算がないので、DIYでやる予定です。 また、施工が比較的簡単な方がよいです。

  • リフォーム 浴室壁の下地について

    在来工法の浴室を自力にてリフォームしております。 断熱材が入っていなかった為、タイル壁に胴縁を打ち、断熱ボード25mmを埋め込みました。 内装の仕上げとして、壁下(H1100程度)はタイル張りにし、上側はホワイトセメントで仕上げたいと思っております。 タイル下地として、12mm程度のケイカル板、上側はラスボード+軽量モルタル+ホワイトセメントの予定ですが、防水面、湿気等で、問題ないでしょうか? モルタルでタイル下地の平滑な面を作れる自信が有りません。 他、カビ、掃除の面でデメリット等有りましたら、ご教授頂けたらと思います。 よろしくお願い致します。

  • 外断熱と通気層

    INAXの断熱材一体型下地材「HYBRIX」に関する質問を出しましたが、なかなかコメントいただけないようなので、もっと単純化して質問したいと思います。 内断熱(充填断熱)の場合、外壁通気層は、部材の透湿抵抗を外側通気層に対して徐々に小さな値に設定することで、内壁に浸入した湿気を通気層に排出でき、極めて有用だと理解しています。一方、外断熱(外張り断熱)の場合、ボード系断熱材の透湿抵抗が高く、壁内の湿気は外側通気層に排出されません。それにもかかわらず通気層を設けているということは、外壁への日射による温度上昇を通気層で緩和し、断熱材・駆体側への影響を軽減する、雨水の駆体への浸入を通気層で食い止めるの2つの役割と理解します。 とすれば、外壁と断熱材を緊密に密着させ、十分な雨水浸透対策と断熱対策を施せば、通気層はなくても良い、と理解して良いのでしょうか? その場合、壁内に入った湿気は室内側に戻す工夫が必要だと思いますが、どのような部材構成とすれば可能になるのでしょうか?何故、このようなことを聞くかというと、外断熱の弱点である反響音を壁内にグラスウールを充填して緩和しようと思っているからです。グラスウールは袋入りにする予定で、構造用面材より透湿抵抗が高いため、浸入した湿気はPB経由室内へ排出されず壁内にとどまってしまうことを心配しています。 まずは壁内に湿気が入らないようにする工夫が第一だと思いますが、万が一、外断熱で施工し壁内に湿気が入った場合、それを排出するのにどのような方法があるのでしょうか、という質問です。 それとも、外断熱の場合、室内と壁内の温度環境が同じであるため、壁内結露は考える必要はないと理解して良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 硬質ウレタン断熱材(床下)について(長文です。)

     去年の年末に木造2階建ての2世帯住宅が完成したのですが、2階床の防音性が全く成っていません。2世帯と言うこともあり、設計当初から防音についてはやかましく工務店に言っていたのですが・・しかし建ってしまったものは仕方がないので、今後どうするか悩んでいます。特に寝室の真下が両親の寝室なので深刻なのです・・。一応寝室の床下には遮音シートが張っているのですが、それでも声が漏れています。工務店の社長は「外断熱なので、どうしても音が反響してしまう・・。」と言いながらも、床下に更に充填式の断熱材を入れることを検討しているようです。  そこで質問。室内の床下断熱材(充填式)で最もお薦めは何でしょうか?気になっているのは健康面と防音(吸音)性能です。充填式断熱材で検索すると硬質ウレタンをよく目にしますが、室内に使っても大丈夫なのでしょうか?それからこの充填式断熱材は室内に使わないほうがイイよ・・っとか、2世帯住宅の床下防音対策などもあれば教えていただけると助かります。どうぞよろしく御願いします。

  • 柱は大丈夫でしょうか?

    外壁をパワーボードで仕上げることとしているので 防水透湿シートが貼ってありません。 また、パワーボードもまだ塗装していないので 雨が降ると内側にしみ込んできています。 こんな状態で柱や床材は大丈夫でしょうか? ちなみに、グラスウールなどの断熱材や 内装材はまだ施工していません。

  • バンド練習スタジオの防音について

    何度も防音対策で成功していません。予算も予算なのわかりますが。。。。 完璧に防音工事となると、高額な工事料金になります。 現在、木造住宅で、モルタル、断熱材200ミリ、遮音シート2枚重ね、タイガーボード1枚。 吸音に関しては、やわかかい物、防音に対しては硬い物ということは分かりましたが・・・ 何度もスタジオ工事してやっと落ち着いたと言ってた方は、外壁をコンクリート、断熱材、10センチの 空気層、最後に穴の空いたボード(すみません、専門の名わかりません)だそうです。 で、一層のこと、今の状態で、レンガ等積み重ね、貼り付けしようと思いましたが、費用がかなりかかるようです。 なので、タイガーボード3~4枚ずらしながら、貼り付けようと思いましたが、過去に簡易スタジオん作った人の経験談を聞くと、同じこと考え3~4枚タイガーボードずらして貼り付けたけど、 防音効果は1/10~2/10 程度の効果しかなかったようです。 今、建築屋さんにタイガーボード数枚重ねる工事の見積もりもらい、工事の依頼お願いするところでした・・・・又失敗するところでした・・・・ で、簡易のスタジオ作った人の意見を聞いたところ、お爺ちゃん(大工)に相談したら、 畳がいいとのことで、畳は、吸音と防音の役目を持ってるとの事で、結果良かったようです。3~4枚タイガーボード重ねたから良かったかも。。。。とのことでした。 ま~納屋の中にもう一つ箱作る、要は部屋作ったから良かったのも関係してるかもしれないが。。。とも言っていましたけれど。。。 解体屋さんからいらなくなった畳わけてもらって、とも考えますが・・・・ 他に何か、いい方法とか経験のある方いませんか? 因みに卵のケース(灰色のケース)試しましたが、ちょいとぶつかったり、触れたりすると、すぐ潰れてだめでした。 どうぞ、よろしくお願いします。

  • 防音 遮音 吸音

    騒音を防ぐパネルで、表題の3種類があるのですが、それぞれの意味の特徴や結局どれが一番静かになるのか(言葉の意味)、教えて下さい。

専門家に質問してみよう