• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

外張り断熱の床の対応について

外張り断熱についての質問です。 木造在来工法ですが、外張り断熱を検討しており、 業者に相談したところ、 「ネオマフォーム」という断熱材を使用するという回答がありました。 しかし、 床については、 同じ「ネオマフォーム」を使用するそうなのですが、 充填式で行うということなのです。 外張り断熱の場合は、 床下も含めてきっちり施工しなければ意味がないということを、 どこかでお聞きしたと思うのですが、 この「床のみ充填で」ということは大丈夫なのでしょうか・・・ お詳しい方、どうかよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1457
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

補足の回答。 再び木巧舎です。 補足の内容で経緯と詳細が明確になりました。 関西IV地域ですね。こちらも四国IV地域で幾つも実例として断熱性能の実証データを集めてきましたので得意な地域の仕様です。 工務店側の標準とアイネシンとの断熱性能の差は、冷暖房ランニングコストに影響があります。 次世代省エネ基準を満たすIV地域の木造住宅は、生活上発生する人体、照明、調理などの熱によっても寒さによる不快感はかなり防ぐことが可能です。 また断熱性能が高いので一旦室内に侵入した熱を放出しにくい、つまり夏季の太陽熱を遮断、冬季の太陽熱を取得するとより効果的に断熱性能が利用でき快適に過ごすことが可能です。 建物南側の窓には夏冬の太陽光の角度差を利用した軒の出寸法、庇の出寸法を検討するなど設計上の工夫をすべきです。 東西側は軒の出、庇の出では夏季の太陽熱遮断は困難ですので、垂直面での遮断を検討しなければなりません。簡易的なスダレなどでも良いのですがせっかくのLow-E仕様なので、ガラスのタイプを断熱型ではなく熱反射型を選択してみてはどうですか? やはり外張断熱ネオマフォームでは性能不足の提案になるでしょうね。 工務店側に悪意があるわけではありません。 断熱設計や施工の知識技術が不足していても外張断熱は比較的安全です。充填断熱は相応の知識技術がないと、構造的に短命になる可能性があります。知識技術といってもそんなに難しくはありません。質問者さんが知識について1日、技術について1日私の講義を聞けば、ご自身で施工できるくらいのものです。 断熱材メーカーの標準施工説明書や断熱マイスター制度など検索して、勉強してみると良いですよ。そして自分で現場の検査くらいはしてみてはどうですか? 断熱材についてですが、同じ断熱性能の厚みのものでのコスト比較です。m2当たりグラスウールは500円、スタイロフォームは1,000円、ネオマフォームは2,000円といったところです。 しかも外張は施工費が高くつきます。費用対効果はグラスウールが優れているのです。 私は3種の断熱材すべて施工した経験があります。ボード系の断熱材(スタイロとネオマ)ではカビの発生を確認しました。 改善するのに相当苦労しました。 現在では吸放湿性の高い(カビの発生しにくい)断熱材を選択するようにしています。その結果グラスウールが最適でした。 次に断熱工法と断熱材の選定についてです。 今回の3案の中では、外張断熱は性能不足、アイネシンは実績不足とコストという点で魅力を感じません。 グラスウールでの充填断熱が最も良い選択と言えます。しかし改良したほうが良さそうですね。 私の案です。 充填断熱工法を採用。 断熱材は旭ファイバー/アクリアネクスト(グラスウール)高性能防湿フィルム50ミクロン厚品を採用。 天井=高性能14K85mm厚×2重敷き=170mm厚 壁=高性能14K85mm厚 床=アクリアUボードピンレス24K80mm厚 外気に接する床=アクリアUボードピンレス24K80mm厚+32K35mm厚 上記仕様で次世代省エネ基準クリア=住宅エコポイント30万ポイント取得対象となります。 この案は、私も頻繁に採用して実績もありますし、建築士として品質、性能、コストなど自信を持ってお奨めできます。 この材料や施工方法の詳細は旭ファイバーのHPから検索して下さい。 資料請求でパンフレットも入手可能です。 パンフレットには施工方法(壁と床のみ)も掲載されています。 問題解決できそうですか? 何かありましたら、また協力させてもらいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

何度もご回答いただきまして本当に有難うございます。 吸放湿性の高い(カビの発生しにくい)断熱材としては、 グラスウールが最適だった・・・とお聞きして衝撃を受けております。 グラスウールが湿気を吸い込み縮み、 発生したカビで黒ずんでいる写真を見てから、 断熱材の検討を始めました。 ですので、 グラスウールが最適とは、 (申し訳ないのですが)なかなか信じがたいものがあります。 それ程驚いております。 ボード系の断熱材でもカビを確認したということですが、 現場発砲の吹き付け工法はどうでしょうか。 カビの発生し易い工法と言えるのでしょうか。 こちらの業者は施工した例がないと言ってましたので、 仰るとおり実績不足が心配なところではあるのですが、 心は「吹き付け断熱」の選択に傾いております。 それでもやはりカビに弱いということであれば、 ご提案下さったグラスウールの案を前向きに検討したいと思います。 よろしければ「吹き付け断熱」についても、 ひと言いただければと思うのですが、 何卒よろしくお願い致します。 厚かましいお願いばかりで恐縮なのですが、 どうかよろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • 床からのすきま風

     外壁側に接した床からわずかながらすきま風が出ています。これを止める良い方法はなんでしょうか?ちなみに自宅は在来工法での木造モルタル住宅で床下を覗いたところ20-30mmのプラスチック断熱材が入っていました。  自分で考えたのは外壁に沿って床下にグラスウール断熱材をタッカーで貼ることです。効果、問題ありますでしょうか?

  • 吹きつけの断熱の方法

    木造在来工法で家を建てます。 断熱は、内断熱、通気工法で硬質ウレタンフォームの吹きつけを考えています。 (1)吹く付けではない場合、外壁ー通気層ー透湿防水シートー合板ー防湿シートー内壁だと思うのですが、吹き付けの場合も、防湿シートは必要でしょうか? (2)屋根や床の断熱も(1)と同じでしょうか? (3)外張りシートをきちんと使う必要があると聞いたのですが、どういうもので、何のために必要なのでしょうか? (4)繊維系断熱材に比べて、吹き付けのほうが、気密性が上がるといわれました。C値で2ぐらいといわれたのですが、木造在来工法では、この数値が妥当なのでしょうか。 以前にも断熱のことでいろいろと教えていただいたのですが、より具体的にになり、詳しい事を知りたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

  • 既存の床に断熱材を入れたい

    中古戸建ての床下に自分で断熱材を入れることを検討 しています。できれば繊維系のものではなく、発砲スチロール系の断熱材を入れたいのですが、床を剥がさずに床下から施工できるものでしょうか?また繊維系の断熱材の止め方として、タッカーを使って止めるつもりですが、これで正しいのでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

再び回答します。 今回は壁断熱のみの説明とします。 貴方の持っている知識は断片的なもので、断熱や壁内結露について十分理解されていないようです。 壁内結露が発生すれば、断熱材の性能低下やカビ、構造材の腐朽の原因となることはご存知だと思います。 壁内結露は室内の湿気が壁体内に侵入して、壁体内に溜まった湿気を外部に排出できない状態、又は排出量より侵入量が多い状態の時発生しやすいのです。 壁内結露を防止する有効な手段は ・室内の湿気を壁体内(構造+断熱)に侵入させない ・湿気を侵入させない手段を講じても尚、少量に侵入してくる湿気を外部へ排出する です。 これを前提として 材料の選定基準と施工概要は ・断熱部室内側に透湿抵抗の高い(150以上)防湿シートを使用(断熱材被覆フィルムの中で性能を満たしているものは可)、柱部等の木部を含めて完全連続して覆い込み、コンセントボックス等の防湿処理を入念に行う ・充填断熱材は万一侵入した湿気を外部へ有効に排出できるよう、透湿性の高いもの(ボード系や発泡ウレタンでは透湿性が低いので湿気を外部に排出できない、したがって壁内結露の原因となる)を使用する。この性能に優れたものはセルロースファイバー、羊毛断熱材で、次いで軟質繊維(ポリエステル)、グラスウール、ロックウールとなる。この中から選定した断熱材を柱-間柱間に完全に連続して充填する。 ・壁体内に侵入した少量の湿気を断熱材と外壁防水シートを透過して外部へ有効に排出するため外壁部に通気胴縁等をを用い通気層を設ける。通気層として有効な厚みは15~20mmです。この時、外壁防水シートは湿気を透過する性質のものである必要があるため、透湿防水シートを使用するのです。 以上を説明とします。 質問の回答ですが グラスウール=カビ…防湿シート、通気層が有効に機能していないと断熱材の種類に関わらず、壁内結露は発生します。 現場発泡系…発泡系のほとんどは透湿性が低く、湿気を外部に排出する妨げとなってしまいます。 吹付け工法…これは多種類存在しています。この中で壁内結露防止に有効なものとしてセルロースファーバーや羊毛断熱材があります。発泡系の中にもアイネシンのように有効なものもあります。これらの断熱材の中には防湿シートを要しないと表示されたものがありますが、外壁通気層を設けるのであれば、防湿シートを張ったほうがより効果的です。 私がアクリアネクストを提案した理由は 上記の要素を満たしていることと、費用対効果、施工性、経年変化が少ない、リサイクル資源で環境面に良いなどです。 吹付け工法のメリットを優先するのであれば セルロースファイバーが筆頭候補でしょうか。メーカーの講習を受けた指定業者が専用吹付け機で施工していきます。施工不良を不安に思うことは激減します。コストは比較的高価です。天井=4,000円/m2、壁=2,000円/m2、床=3,000円/m2が相場でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が大変遅くなりましたこと申し訳ございませんでした。 ここまで専門的で細かい説明をしていただけるとは思っておりませんでした。 本当に有難うございました。 施工業者にもお伝えしましたが、 本当にここまで気を入れて施工して下さるかどうか・・・ 現場のことがわからないので、 後はそれが心配です。。。 御社のような専門業者に施工していただける方は幸せだと思います。 本当に有難うございました。

  • 回答No.1

木造住宅建築工事業の自営業者で住宅設計監理を主としています。 外張断熱工法で壁の材がネオマフォーム。厚みが重要なところですが質問内容にないので置いておきます。 床のみ充填ということは天井断熱ではなく屋根断熱ということですね。 屋根は壁の2倍近く断熱性能を求められます。厚みに注意して下さい。 在来軸組構法×外張り断熱工法ということはかなり寒冷地で建設する予定なのですね。でないと同等性能で敢えてコストアップする必要ないですからね。 床のみ充填→まったく問題ありません。断熱性能に外張、充填のどちらを選択するかは無関係と思ってください。 但し、どちらの工法も性能の限界というものがあります。 「外張り断熱の場合床下も含めてきっちり施工しなければならないと聞きます。」とありますが、これは充填も同様断熱材を使用する工法はすべてきっちりと施工する必要があります。 断熱性能がもたらす快適性と構造の寿命に直結しているからです。 断熱設計は (1)要求するライフスタイルに応じた断熱性能を満たしているか (2)構造的に壁内結露や湿気などの悪影響を与えないか (3)意匠的に悪影響を与えないか この3点が重要なポイントです。 今年は住宅エコポイント30万ポイント(30万円相当)を獲得を考えると、次世代省エネ基準を目指すのは当然だと思います。 旭化成フェノール樹脂系断熱材ネオマフォームの各部位ごとの必要厚さの検証。I地域(北海道、青森、岩手の一部)の場合。 (1)屋根=135mm厚以上 (2)天井=120mm厚以上 (3)壁=70mm厚以上 (4)床=70mm厚以上 (5)外気に接する床=110mm厚以上 壁以外の部位は特に問題ありませんが、壁について考えていくと。 下地ボード12ミリ+ネオマフォーム70mm+通気層15ミリ≒約100mmも外壁を支持する柱から持ち出して施工しなければなりません。 もし、実施するなら杉板などの可能な限り軽量な外壁材を使用すべきです。 サッシの取り付けも、構造部に取り付けられず持ち出しとなります。また、室内側に取り付く額縁(木製窓枠)の寸法も200ミリ程度のものを使用する計算になります。 他にも設計上の注意点が多数存在し、且つコストアップの要因となります。 同様にII地域以南の場合。 (1)屋根=95mm以上 (2)天井=85mm以上 (3)壁=45mm以上 (4)床=45mm以上 (5)外気に接する床=70mm以上 となり、設計上の問題もコストアップも軽減されます。 しかし、この数値は充填断熱(仮にグラスウール)のみで達成できることを意味します。 外張は充填より相当コストアップにはなりますが、他の材料、建材、設備等のグレードや仕様も満足いくもので予算に余裕がある場合は外張り断熱工法も選択肢として考えて見てもよいでしょう。 以上、回答は外張×充填の複合断熱工法は特殊なものではなく、設計上頻繁に行われる標準的な断熱工法の範囲内であり、問題や支障はない。 アドバイスとしては (1)ご自身が建設する地域での次世代省エネ基準を目標値とすること (2)断熱性能=設計目標値が達成できれば、断熱工法の選択は無関係であること (3)断熱工法の選択(外張or充填or外張+充填)は他の建設費とのバランスで決定すること 参考になりましたか?長寿命で美しい住宅が完成することを応援しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お伝えしなければならないことが不十分で申し訳ございませんでした。 こちらの地域は関西でIV地域になります。 現在、業者より指定されている断熱は標準で、 ■外壁・・・グラスウール75mm ■天井・・・グラスウール100mm ■1階床下・・・スタイロフォーム40mm 以上の通りなのですが、 外断熱を売りにしているハウスメーカーのモデルルームを見て、 「高気密高断熱」「エコ住宅」にかなり魅力を感じてしまいました。 それで業者に相談したところ、 以下の2つの案を提案してもらいました。 (1)外張り断熱(新省エネ基準とのことです) 屋根・・・ネオマフォーム 40ミリ 壁・・・ネオマフォーム 25ミリ 床充填・・・ネオマフォーム 20ミリ (2)内断熱(断熱材変更) 屋根、壁・・・アイシネン 床・・・スタイロフォーム ※厚さは次世代省エネ基準だそうです。 木造の場合は、 外断熱も内断熱もそれ程変わらないということもお聞きしておりますし、 また、 「吹付け断熱は結露により5~15年かけて壁の中がカビだらけになる」という書き込みを見たことがありまして、 結局のところはどうすべきなのか、 本当にわからなくなっており、かなり悩んでおります。 また、 きっちりとした施工こそが最も大事ということもお聞きするのですが、 その業者はきっちりと出来るのか、 それもなんとも言えません・・・。 サッシはトステムのデュオという製品、 ガラスはYKKのLow-E複層ガラス(断熱タイプ)とする予定です。 書き込みを拝見した限りでは、 業者が提案しているネオマフォームの厚さは、 次世代基準には全く届いていないようですので、 やはり不十分となるのでしょうか・・・ それとも関西ということもありますので、 過剰な対応となるのでしょうか・・・ よろしければお返事をお願い致します!

関連するQ&A

  • 断熱材について

    木造3階在来工法で建築中です。ただいま断熱材(グラスウール)を張っている最中ですが、ところどころ破けている箇所もあり、場所によっては隙間もみうけられます。狭所の部分は断熱材を切って入れているだけのようですが、このような状態で後々不具合が発生しないか心配です。よきアドバイスをお願いします。

  • 床の隙間風を防ぎたい

    築8年の在来工法の家です。1階の床に無垢材を使用したのですが、乾燥が不十分だったのか、材が引けてしまって隙間風が入るようになってしまいました。床材の下には構造用合板などは貼ってなく、断熱材があるのみです。 今は一部にカーペットを敷いて我慢していますが、床下から冷気が入ってこないようにしたいのです。 考えている案は次の二つあります。これらの効果があるか?どちらが良いか?他に良い方法があるか?などを教えてください。 1案:床下に透湿防水シートなどを貼る。機密性が保てるのか?本当に風が入ってこないようになるのか心配です。しかし、この方法なら自分でも出来そうです。 2案:吹きつけタイプの断熱材を使用する。吹きつけ材に追従性(柔らかさ)が無いと、材の膨張収縮などで結局隙間が開いて風が入ってくるような気がします。また、床下にもぐって施工してくれる業者があるかも心配です。 良い知恵を授けてください。よろしくお願いします。

  • 在来工法の家の施工は床から? 壁+屋根から?

    一条工務店で家を建てようと検討中ですが、家の施工の流れで教えてください。 「セゾンF+夢の家」で検討中ですが、カタログを見ると家の施工の流れが、 一階床→柱、壁と断熱材→二階床→屋根 の順番になっています。 (住友林業のマルチバランス工法も同様のようです) これって2×4工法の施工の流れと同じですよね? これだと、基本的には屋根が出来るまでの間に雨が降ると、床や断熱材がもろに雨の影響を受けますよね? 在来工法というと、一般的には 柱、壁→屋根(これで雨をしのげるようになってから)→床や断熱材 になるのではないでしょうか? 「夢の家」なので「在来工法+壁」となり、2×4工法に近いと言えば近いのかもしれませんが・・・。

  • 外張断熱の構造用合板について

    外張断熱の構造用合板について 現在、木造在来工法で外張断熱を考えてますが、断熱の内側に「構造用合板」を貼るべきか迷ってます。地元工務店では貼る必要ないとのことですが、もし貼るなら9mmの合板がオプションになるそうです。地域は青森県、構造用合板を壁面に貼るべきでしょうか?また、床下、屋根下にも構造用合板を貼るべきでしょうか?それから、輻射熱シートは貼るべきでしょうか?断熱材のあとに防湿シートのみのようなのですが・・

  • 床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間)

    床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間) 現在、次世代省エネ基準の仕様で新築中の者ですが、床下の断熱材の施工について疑問がありますので教えてください。 我家の床は、根太貼り工法です。この工法ならば、根太の間に断熱材が施工されるのが普通だと思うのですが、我家の場合は、大引の間に施工されています。そのため、床下地と断熱材との間に隙間(根太の幅55mm)が生じています。このような施工でも良いものなのでしょうか。 掲示板等を拝見しますと、床下地と断熱材は密着させるのが原則のようで、このような隙間は結露の原因となるとの記載もあります。 設計士に質問したところ、「空間が生じているが、断熱材と大引との間を密閉しており、気密性がとれているので問題はない。」とのことです。 現在、施工を中断しています。よろしくお願いします。    

  • 新築一戸建ての断熱材欠損について

    木造在来工法で新築、完成間近です。通気基礎パッキン、外壁も通気工法です。断熱材は4センチ厚のポリエチレンフォームですが、高気密高断熱ではなく埋め込み式エアコンの周りや壁と天井の境目、床下点検高の周りなど所々断熱材の小さな隙間はあります。ただ、工事中の写真を見返していたら4ヶ所、玄関床(板張り)、階段下(一坪)、二階の壁の一部(写真添付)に大きな断熱材の欠損があることがわかりました。薪ストーブの床下も入っていないと思います。 内壁も完成後のことなので今更ですし寒いのは諦めるしかないのかなと思いますが、 1、気温差による壁内や床下の結露など一部断熱材の欠損が家の耐久性に問題となることはないでしょうか? 2、階段下は板張りもなくいきなり基礎の床下空間です。そこだけは納戸の壁をくり抜いて入れば今からでも入れることは可能ですが、やってもらったほうがいいでしょうか?そのような要望をすることは可能でしょうか?

  • 断熱について

    木造在来工法で家を建てるのですが、断熱について教えて下さい。 (1)プラン内の断熱方法は「外壁通気工法」(断熱材はロックウール)ですが、寒いのが苦手だと相談した所、吹付けの断熱材を勧められたのですが、それは、工法は同じで、材料がロックウールから吹きつけ材に変わるということなのでしょうか?その場合、断熱効果はかなり違うのでしょうか?教えて下さい。(ちなみに吹き付けの材料はなにかはっきり分かりません)硬質ウレタン?とかなのかなと思ってます。 (2)外壁通気工法で、防水シートと断熱材の間に、構造用合板があるのとないのでは、どういう違いがあるのでしょうか?メーカーによって、板を入れたり入れなかったりするのは、なぜなのでしょうか? 基礎知識が乏しいので、変な質問になっているかもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 断熱材の厚さについて

    今新築打ち合わせ中なのですが 我が家はIV地域断熱材はグラスウールになります。 最近断熱材を100mm以上にしてる方を多く見かけ 少し不安になってきました。 天井は夏の暑さによって 新築後自分で厚さを足してもよいかなと思ってましたが 壁と床が後から調整は出来ませんから悩むところです。 やはり厚さを足した方が良いでしょうか? ちなみに気密住宅ではない在来工法です。

  • 床下断熱のない床暖房(施工済)をどうすればいいか?

    築25年 一戸建て 軸工法 断熱施工なしの、15畳リビング1階に 2か所 数年前、1日で床暖を施工する必要があったため、床下断熱材をせず温水式床暖設置しました。 当然、熱効率が悪く、真冬寒いです。壁からの冷気もあります。 再工事以外の方法で床暖の上 または下→床下には潜れますが、作業は床下の高さが低く大変です で何が対策をとれないでしょうか? 素人にできる方法 ここは専門業者に頼む所など教えて下さい。

  • 床下断熱について

    床下断熱について教えてください。 現在、IV地域で木造軸組工法による新築を考えています。一般的に床下の断熱はXPSやEPSもしくPEなどの発泡樹脂系の断熱材が使用されることが多いと思います(もちろんポリウレタンもあるかと思います) これら樹脂系断熱材の使用は床下の湿気対策、垂れ下がりなどからかなと思っています。 発泡系の断熱材を床下に用いる場合、一般的には根太間に施工することが多いかと思いますが、この場合、IV地域でも次世代エネルギー基準適合にするためにはXPSを90mm近く入れる必要があり、この場合根太を太くする必要があるとともに、XPSの価格もかなりするのではと思っています。 そこで、床下断熱に高性能グラスウールを少し考えています。高性能グラスウールを大引き間、根太間に施工すれば150mmくらいの施工が可能になるのではと考えています。そこで教えてください。 床下断熱に高性能グラスウールを用いる場合、断熱材受けはどのようにしたらよいのでしょうか?床下からの湿気対策及び床下へのグラスウールの垂れ下がり対策に、大引き下に防湿シートを敷いたベニヤを固定してその上に断熱材を敷き詰めていくという施工方法は間違っていますでしょうか? 北海道などでは床下もグラスウールで断熱しているようなことを聞いたこともあるのですが、その場合どのような施工をしているのでしょうか? タイベックを敷いてその上にグラスウールを敷いているのをどこかの写真で見たような気がしますが・・・タイベックは透湿ではないかと思うのですが・・・ それとも、やはり床下にはグラスウールは用いず、樹脂系断熱材で施工した方がよいのでしょうか? ご存知の方がお見えでしたらご教授お願いしたします。