• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ、近年高齢馬が活躍するようになったのか?

なぜ、近年高齢馬が活躍するようになったのか? 高齢馬がよく活躍する時代となったと巷で言われますが、 その理由について、まとめてみました。 他にも理由が無いかについてご意見のほど、よろしくお願いいたします。 ・医療技術の向上により、脚部不安による引退が少なくなった。 ・長い不景気のため、馬主の経済事情により、名馬の名誉のための  引退が少なくなった。 ・ダートで突き抜けた実力を発揮する馬は、種牡馬価値が低いが  高齢になってもレースには勝てるという事情があるため引退できない  (障害戦では昔から同じことが言えるが、近年ダート戦線が   確立されたため、新たに生まれた事情でもある)。 ・以下のような勘違いにより、実際以上に高齢馬が引退しない  ように考える人が多い。 ----------------------------------------------------------------- 勘違い例(1) 今の若い人は、インターネットにより昔の競走成績データに簡単にアクセス できるものの、その競走馬について成績以外の情報を得にくいため、 以下のように勘違いする。 ・トウカイテイオーは5歳で有馬記念を勝った後すぐに引退した。 ・ミホノブルボンは3歳で菊花賞を勝った後すぐに引退した。 ・サニーブライアンは3歳でダービーを勝った後すぐに引退した。 実際には、現役を続行するために数ヶ月間も治療&調整を続けたが、 当時の技術では何とも出来ず、やむを得ず引退したということである。 ----------------------------------------------------------------- 勘違い例(2) 昔は現役で賞金を稼ぐより、種牡馬にした方が儲かったのでは ないかと勘違いする。 実際には、SS、BT、TBの仔たちが種牡馬入りする前は、内国産種牡馬として 活躍したのは、トウショウボーイ、マルゼンスキーなどごく一部であった。 そのため、内国産種牡馬の需要は現在よりも低かった。 社台がノーザンテースト最高傑作のアンバーシャダイを日高に売り払った ことがそれを象徴。 ----------------------------------------------------------------- 勘違い例(3) 昨年の天皇賞・有馬記念ではカンパニー、エアシェイディといった高齢馬が 活躍したため、実際以上に現役続行の高齢馬が多いかのように勘違いする。 -----------------------------------------------------------------

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 競馬
  • 回答数2
  • 閲覧数477
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • potachie
  • ベストアンサー率31% (1065/3387)

以前より、高齢馬の走った回数が減ったのでは? 以前は、ダービーから菊花賞に出るまでにそれこそ数回もレースをさせていましたが、ステップレースの考え方が変わり、可能ならぶっつけ本番でも勝ち負けができるようになったように思います。 あとは、蹄鉄の技術の向上。 ミスターシービーは、シンボリルドルフに古馬になってから大敗をしますが、シービーは爪が薄く欠けやすいため4歳馬(いまだと3歳かな)の時点ですでにレースを走らせるのがやっとの状態だったようで、古馬になってからまともな状況ではなかったようですね。今では接着剤なども使えるようになっていると聞いています。(昔は、通気性が悪くて壊死が怖くてよほどの時以外は使わなかったようです) あと、削蹄の技術向上はかなりのもののようですね。 育成技術の向上。 以前は、今の足の骨をコンクリートのように硬くするように調教を積み、結果、質問にも書かれているように「治らない足」にせざるを得なかったようです。 この辺の考え方も少し変わったようですね。 馬場の向上で、あまり高速にするより、馬の負担を減らすという方向に技術の余裕ができてきたというのもあるのでは? 以前は、ジャパンカップにきた外国馬がレース後けがをしているというのがよくありましたが。 あとは、種牡馬のシンジケートが組みにくいなど、経済環境の状況もあるのでしょうが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >ダービーから菊花賞に出るまでにそれこそ数回もレースを >させていましたが、ステップレースの考え方が変わり、 栗東馬が増えて、皐月賞、ダービー間の連戦を行う馬が 少なくなったことと、神戸新聞杯⇒京都新聞杯⇒菊花賞という ローテーションが不可能になったことも原因なのでしょうか…。 古馬になってからのスケジュールということで言えば、スケジュール カンパニーは8才まで走って、30戦あまりですが、 イクノディクタスは6歳まで走って50戦超。 昔の方がタイトなスケジュールで走らされていそうですね。 (マンハッタンスカイは現在の馬ですが高齢で 過密スケジュールですけどね…。) >あとは、蹄鉄の技術の向上。 >シービーは爪が薄く欠けやすいため 同じく爪の薄いディープインパクトは,エクイロックスという 接着剤固定により、爪の問題を克服したといいますね。 サクラローレルは海外遠征で満足な装蹄を受けられなかったため、 競走能力喪失してしまいました。 この要素は大きそうですね。 >以前は、今の足の骨をコンクリートのように硬く >するように調教を積み 坂路調教は、骨硬化を減らしつつ心肺機能を高める 調教だと聞きます。調教技術向上は重要ですね。 >馬場の向上で、あまり高速にするより、馬の負担を減らす >という方向に技術の余裕ができてきたというのもあるのでは? これについては、ちょっとわかりにくかったので 説明を追加いただけると助かります。 >種牡馬のシンジケートが組みにくいなど、経済環境の状況も >あるのでしょうが。 2000年以降、人気種牡馬の種付け頭数上限が倍になり、 それと同時に生産頭数も漸減しているため、 新種牡馬の需要は昔より厳しくなっている状況がありますね。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • yaasan
  • ベストアンサー率21% (2187/10035)

高齢馬の活躍で一番の要因は斤量体系の変更でしょう。 たくさん賞金を稼いでもハンデ戦では59.5kgまでに抑えられる、別定も増えにくくなった。 交流に至っては勝ち鞍別定ですから、走れる舞台が増えましたね。 それともう一つはレースに対する回避や早期引退、全体の早熟傾向で残っている高齢馬の実力の順位が上位でいられる事が想像できます。 他にもあると思いますが、大きな所はこの辺りかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 >たくさん賞金を稼いでもハンデ戦では59.5kgまでに抑えられる、 >別定も増えにくくなった。 ナリタトップロードは京都記念を60kgを背負って勝ちましたが、 現在の条件だと59kgで出走できますね。 おっしゃるとおりだと思います。 >全体の早熟傾向 この根拠となる資料がございましたら、 ご提示いただけるとありがたいです。

関連するQ&A

  • 良血の行末

    三冠馬ナリタブライアンの全弟でビワタイテイという競走馬がかつて栗東に所属していましたが、大した成績も上げられず、引退してしまいました。でもブライアンの急逝と引退が重なって良血も買われ、種牡馬になれたと記憶していますが、現在彼はどうしているのでしょうか?本当に種牡馬といてかつやくしているのでしょうか?廃用になってしまったんでしょうか?もしかしたらとっくにしょぶんされてしまったんでしょうか?彼の引退後の消息を知る人がいればできれば現在のことも含めて教えてください。

  • 早すぎる引退

    有馬記念でレコード勝ちしたシンボリクリスエスですが4歳とまだまだ若いから、来年もお金を稼いでくれそうな感じがしますが、なぜ引退するんでしょうか? 実績のある馬は、競走馬としての1年よりも、種牡馬の方が、お金になるんですか

  • なぜ引退しないと種牡馬になれないのか?

    今回ディープインパクトが引退して種牡馬になる事が決まり、非難の声も多いようですね。 それで前から疑問だったんですが、競走馬って現役でいながら種牡馬になる事は出来ないのでしょうか? ついでにもうひとつ、人工授精も駄目なんでしょうか? サイレンススズカが安楽死したときもそうだったんですけど、精子を冷凍保存しておいて人工授精すれば?と思いました。

  • 競馬界の秋元康さんにあてはまるのは??

    AKB48、おニャン子クラブ、とんねるず、野猿。はたまたや川の流れのようにやあずきちゃんで有名な秋元康さんですが、 その秋元康さんを競走馬(種牡馬も可)、または競馬関係者(馬主か調教師か騎手)に例えると誰(何)にあてはまるでしょうか。 現役引退は問いません。

  • 研究馬って・・・。

    競走馬は、引退後に種牡馬・繁殖牝馬・乗馬の他に研究馬というものになるそうですが、どういう研究に使われるのでしょうか?? まさか、研究に使われた後は処分されちゃうのでしょうか??

  • ジャングルポケットの引退

    ジャングルポケットの引退は種牡馬として働かしたほうが儲かると判断したためでしょうか?馬主が昨秋から変更されましたがあらかじめ引退・種牡馬入りを見込んでいたのでしょうか? 幸い軽度の故障ですし、春は適距離がないので宝塚記念を目標にして秋には天皇賞・JCで活躍すればいいとおもうのですが。

  • 競馬の配合についての質問(ニックスインブリード

    ウイニングポストを始めてから競馬の配合について興味持ちました。 私が配合をするわけではないのですが、リアルの世界についての質問なんですが、インブリードやニックスは重視されているのでしょうか? インブリードは科学的にもある程度説明つきそうな気がするんですが、ニックスというのはなんか迷信のような気がするんですが、現場ではどのように捕らえてるんでしょうか。ニックスが認められたり衰退したりしているようですが。ま、ニックスが仮にあったとしても種牡馬がだいぶ前の世代になると影響力が落ちてきそうですが。 インブリードやニックス以外はどのような理論を用いてますか。 種牡馬のリーディングでサンデーサイレンスが全盛期は1/5の出走で勝利していた時期がありますが、年取ったら引退したのかさんくも少なくなったのはともかく、勝率は1/10まで下がってます。年取るとさんくがあまり活躍しなくなるんでしょうか?年々競走馬の能力が上がっている仮定すると同じ遺伝子でも古い種牡馬の能力では勝てなくなる?それとも種が同じ遺伝子でなくなっている? よろしくお願いします。

  • スターホースプログレスの継承引退

    男の子で一頭駄馬がおります。全く勝てません。生涯競走成績の勝利欄はずっと「4」のままで、やたらに3着が多い。しかもほとんどがG3。残り40週を切って、とりあえずどうしようかと思っています。 他方でG1を勝って継承引退した女の子がいるのですが、この子と掛け合わせるのと、COM指定の種牡馬と掛け合わせるのと、どっちが効果的でしょうか?御存知の方、教えて下さい。

  • 競争馬のあれこれ 教えてください

    競馬初心者です。 先日 テレビで ディープインパクトの 特集を見ました。 馬って可愛いですネ ところで 競走馬の一生ってどんなふうなんでしょう? 何歳くらいが 1番活躍する時期なのか、成績のいい馬は引退して 種馬になるとか聞いたことがありますが、雌馬は種?では無く、 引退してから 出産するんでしょうか? その他 へぇ~というような 情報あったら 教えてください

  • ディープインパクトの敗戦理由について

    題名の通りです。なぜ負けたと思いますか? またディープは来年も現役でいるんでしょうか? 僕はディープが負けた理由はいつもの後方待機 でなく先行したがために馬が戸惑いそれで負けたと思います。 どれと豊さんが言うようになんかいつもとは違って伸びなかった。やはりぶっつけ本番が効いたのかなぁって思いました。 みなさんはどう思いますか? あと来年はディープにどうしてほしいですか? 現役でいたら日本にいてほしいですか? エルコンドルパサーのように長期で欧州に滞在してほしいと思いますか? 僕としては日本でつよいのは十分分かったから、来年も現役を続行して、ハーツクライと共に海外に専念してほしいです。 そして来年のジャパンカップか、有馬記念で引退してほしいですね。 みなさんの意見も聞いてみたいので質問してみました。