• 締切済み
  • 困ってます

ジャングルポケットの引退

ジャングルポケットの引退は種牡馬として働かしたほうが儲かると判断したためでしょうか?馬主が昨秋から変更されましたがあらかじめ引退・種牡馬入りを見込んでいたのでしょうか? 幸い軽度の故障ですし、春は適距離がないので宝塚記念を目標にして秋には天皇賞・JCで活躍すればいいとおもうのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 競馬
  • 回答数4
  • 閲覧数133
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4

トニービンの後継種牡馬ですから・・・仕方がないでしょう・・・皆さんも言っていますが・・・馬主も商売ですから・・・馬主の変更に関しては経緯は分かりませんが比率が変わっての処置ですから・・・いずれにしても親戚ですから・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • yaasan
  • ベストアンサー率21% (2188/10039)

みんなそれぞれ言い方は違いますが、理由の99%は種牡馬として働かせた方が儲かるので引退する、という事ですよ。gon1234さんの言う通りです。 ファンはロマンや夢だけを追っかけられますが、馬主は儲ける事も考えていかなければならないのです。 という当たり前の事は前提ですが、ジャングルポケットの場合は特に軽度の故障といっても昨春と同じ個所を故障したようですね。同じ個所に故障の癖がついてしまったのであれば、軽度であってもまた同じように故障して結局休養が長期に渡る可能性が高いと思われます。それならば、後継の少ないトニービンの仔、という事もあって引退を決断したのでしょう。種牡馬としての活躍を期待したいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • grtt
  • ベストアンサー率11% (58/498)

現在シンボリクリスエスという強い馬がいます。そしてファインモーションもいます。また他に多数有望な馬もいます。 現在ジャングルポケットの評価は高いです。 しかしこのまま現役を続行させて勝てる確率はどのくらいあるでしょうか? アグネスフライトのようにならないほうがいいと馬主・調教師が判断したのでしょうね・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

儲かるというより、トニービンの後継種牡馬として 早めに引退させたのではないでしょうか? (チケットくらいしかいない・・・) 近年の一流馬は5歳まで走らせるというのは少なくなってきていますし、強いインパクトがあるうちに種牡馬入りさせたほうが価値が高いです。 種牡馬で生産者に一番評価されるG1ダービーとJCを 勝ったのですから他にG1を勝ってもおまけ程度です。 ダラダラ走らせて引退時期を逃してしまったG1馬や、 レース中に予後不良になってしまう馬を考えると今回の引退もアリじゃないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ジャングルポケット・・・

    質問があるんですが、 種牡馬としてのジャングルポケットと お笑いコンビのジャングルポケット・・・ ブレイクするのってどっちが先だと思いますか!? 今年は、主戦騎手だった角田が鞭を置いたというのもあって、 ”ジャングルポケット”に関して、いやがおうでも注目せざるを得ない年に なりそうな気がして・・・ 今年は産駒のオウケンブルースリの年にならないか、つい期待してしまうんですが・・・ お笑いコンビの方も、土曜は面白かったし、ブレイクするなら今年か・・・!?

  • 馬たちの引退と馬主の関係

    素朴な疑問です。 各牧場などで生まれた仔馬を、各馬主が大枚をはたいて買ってきますよね。 そして何年か走ってからやがて引退していきます。 優秀な牡馬だった場合は種牡馬になるかと思うのですが、 馬主が牧場を持っていない個人だった時はどのような扱いになるんでしょうか? 種牡馬専用の牧場みたいなところへ預けたりするわけでしょうか。 同じように、優秀な牝馬だった場合も牧場へ繁殖牝馬として売却したり預けたりということになるんでしょうか? 牝馬の場合はあまり優秀でなくても繁殖にあげるのでしたっけ。

  • なぜ、近年高齢馬が活躍するようになったのか?

    なぜ、近年高齢馬が活躍するようになったのか? 高齢馬がよく活躍する時代となったと巷で言われますが、 その理由について、まとめてみました。 他にも理由が無いかについてご意見のほど、よろしくお願いいたします。 ・医療技術の向上により、脚部不安による引退が少なくなった。 ・長い不景気のため、馬主の経済事情により、名馬の名誉のための  引退が少なくなった。 ・ダートで突き抜けた実力を発揮する馬は、種牡馬価値が低いが  高齢になってもレースには勝てるという事情があるため引退できない  (障害戦では昔から同じことが言えるが、近年ダート戦線が   確立されたため、新たに生まれた事情でもある)。 ・以下のような勘違いにより、実際以上に高齢馬が引退しない  ように考える人が多い。 ----------------------------------------------------------------- 勘違い例(1) 今の若い人は、インターネットにより昔の競走成績データに簡単にアクセス できるものの、その競走馬について成績以外の情報を得にくいため、 以下のように勘違いする。 ・トウカイテイオーは5歳で有馬記念を勝った後すぐに引退した。 ・ミホノブルボンは3歳で菊花賞を勝った後すぐに引退した。 ・サニーブライアンは3歳でダービーを勝った後すぐに引退した。 実際には、現役を続行するために数ヶ月間も治療&調整を続けたが、 当時の技術では何とも出来ず、やむを得ず引退したということである。 ----------------------------------------------------------------- 勘違い例(2) 昔は現役で賞金を稼ぐより、種牡馬にした方が儲かったのでは ないかと勘違いする。 実際には、SS、BT、TBの仔たちが種牡馬入りする前は、内国産種牡馬として 活躍したのは、トウショウボーイ、マルゼンスキーなどごく一部であった。 そのため、内国産種牡馬の需要は現在よりも低かった。 社台がノーザンテースト最高傑作のアンバーシャダイを日高に売り払った ことがそれを象徴。 ----------------------------------------------------------------- 勘違い例(3) 昨年の天皇賞・有馬記念ではカンパニー、エアシェイディといった高齢馬が 活躍したため、実際以上に現役続行の高齢馬が多いかのように勘違いする。 -----------------------------------------------------------------

  • カンパニー、リンカーン、ヴィクトリー

    カンパニー、リンカーン、ヴィクトリー 近藤英子氏が所有していた活躍馬の中で種牡馬入り出来た 「カンパニー、リンカーン、ヴィクトリー」は、 全て社台スタリオンステーションにて繁用されています。 社台グループ生産馬を優先して種牡馬繁用することはない社台SSが、 一人の馬主の所有馬を三頭も繁用したのはなぜでしょうか。 上記三頭がノーザンファーム生産馬であることを加味しても 不思議に感じます。たまたまでしょうか。

  • 良血の行末

    三冠馬ナリタブライアンの全弟でビワタイテイという競走馬がかつて栗東に所属していましたが、大した成績も上げられず、引退してしまいました。でもブライアンの急逝と引退が重なって良血も買われ、種牡馬になれたと記憶していますが、現在彼はどうしているのでしょうか?本当に種牡馬といてかつやくしているのでしょうか?廃用になってしまったんでしょうか?もしかしたらとっくにしょぶんされてしまったんでしょうか?彼の引退後の消息を知る人がいればできれば現在のことも含めて教えてください。

  • ロックドゥカンブについて

    昨年引退したロックドゥカンブの近況をご存知のかたがいたら教えてください。種牡馬として頑張っているのでしょうか。以前は「2009年から種牡馬入りするが行き先は未定」という情報はありました。 大好きなお馬さんだったので気掛かりです。彼が無事でいてくれることを祈ってます。 よろしくお願いします。

  • スペシャルウィーク

    まだ産駒がデビューして1年ちょっとしか経っていないので結論はまだ出ていませんが、なぜスペシャルウィーク産駒は走ってこないのでしょうか? 同じ年に引退、種牡馬デビューを果たしたエルコンドルパサーはオープン勝ち馬も出し、クラシックにも産駒を進めました。 スペシャル、エルコンドルの翌年引退、今年産駒がデビューしているグラスワンダーは、例年になくレベルが高い新種牡馬の中でも比較的がんばっているほうだと思います。 一方スペシャルウィークは仕上がりが早いわけでもなく、ひと夏を越しての成長力が見られるわけでもなく、なんかこのまま忘れられてしまいそうなんですが、ダービーもジャパンカップも秋の天皇賞も勝った超一流馬。父はサンデーで母の父はマルゼンスキーでその母父はセントクレスピンで、、、と血統的にも非常に筋が通っていて、短いのも長いのも、早熟なのも晩成なのも出てきそうな雰囲気なのに、なんで走ってこないんでしょうか?血統が綺麗すぎて付けにくいんでしょうか? 金額の大きさで分かるものではないですが、種牡馬入りする際のシンジゲード額を見てもエルコンドル、グラスからは大きく下回っているし、近年のダービー馬と比べてもやや低め。確かにサンデーの後継種牡馬が毎年たくさん増えてきているとはいえ、最初から期待感も小さかった気が。 話が長くなってしまいましたが、なぜスペシャルウィーク産駒は走ってこないのでしょうか?種牡馬の出来って神のみぞ知るって部分なんでしょうけども、専門的なご回答であればあるほどありがたいです。

  • ポスト・サンデーサイレンス‥

     SS系の肌馬につけるのにうってつけ!とあなたが思う種牡馬を教えてください。まだ現役の馬とかでも構いません。ちなみにぼくはスウェプトオーバーボートあたりどうかな、と思ってます。ジャングルポケットも捨てがたい。  あと、ポストSSで中・長期的に見てどんな血統が出てくるかなど、ご意見ください。

  • 競馬界の秋元康さんにあてはまるのは??

    AKB48、おニャン子クラブ、とんねるず、野猿。はたまたや川の流れのようにやあずきちゃんで有名な秋元康さんですが、 その秋元康さんを競走馬(種牡馬も可)、または競馬関係者(馬主か調教師か騎手)に例えると誰(何)にあてはまるでしょうか。 現役引退は問いません。

  • 競馬の配合についての質問(ニックスインブリード

    ウイニングポストを始めてから競馬の配合について興味持ちました。 私が配合をするわけではないのですが、リアルの世界についての質問なんですが、インブリードやニックスは重視されているのでしょうか? インブリードは科学的にもある程度説明つきそうな気がするんですが、ニックスというのはなんか迷信のような気がするんですが、現場ではどのように捕らえてるんでしょうか。ニックスが認められたり衰退したりしているようですが。ま、ニックスが仮にあったとしても種牡馬がだいぶ前の世代になると影響力が落ちてきそうですが。 インブリードやニックス以外はどのような理論を用いてますか。 種牡馬のリーディングでサンデーサイレンスが全盛期は1/5の出走で勝利していた時期がありますが、年取ったら引退したのかさんくも少なくなったのはともかく、勝率は1/10まで下がってます。年取るとさんくがあまり活躍しなくなるんでしょうか?年々競走馬の能力が上がっている仮定すると同じ遺伝子でも古い種牡馬の能力では勝てなくなる?それとも種が同じ遺伝子でなくなっている? よろしくお願いします。