• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

指揮者って必要なんでしょうか

  • 質問No.5613434
  • 閲覧数177
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 89% (545/609)

オーケストラなどの演奏の指揮者って最初の出だしは
どこで入るか知るために必要だと思うのですが
演奏が始まっちゃえば、ほとんどの人が楽譜を見ていて
指揮者をあまり見ていないですよね。指揮者って必要なんでしょうか?

あと
クラッシック演奏には指揮者が居るのに
ギター、ドラム、キーボードなどのバンドには
指揮者が居ないのは何故でしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 55% (213/384)

こんにちは、指揮者が必要か否か??

(1) オーケストラなどの大編成
  と、
(2)バンドに近い室内楽(室内楽団や重奏団)
  で、
 考えて見ましょう。

>オーケストラなどの演奏の指揮者って最初の出だしは
>どこで入るか知るために必要だと思うのですが
>演奏が始まっちゃえば、ほとんどの人が楽譜を見ていて
>指揮者をあまり見ていないですよね。指揮者って必要なんでしょうか?
指揮者の役目として一番重要なものは、質問者様の仰せの通り
(A)演奏者に音の「入る切っ掛け」と「終わるタイミング」の指示を行う事です。
(B)次に、オーケストラ全体の音のバランスを聞き、曲をまとめあげる指導をするのが指揮者の役目です。特に現代曲などには曲の途中のテンポの変わる作品も沢山有り、そんな時には指揮者の指示が大変重要になります
(C)更には、その音楽の持つ構成や作曲家の意図を把握して、音楽を盛り上げたり、抑えたりするなど、表現や曲の流れをオーケストラに意識させるのも指揮者の重要な役目です。この指揮者の指示に因って、演奏のスタイルや曲のイメージが大きく変わるので、指示の違いがそのまま指揮者の個性となり、同じ曲であっても指揮者が違う事で訴求力にも影響します。そして、その指揮者が常任などであるならば、そのオーケストラの評価にも繋がります。
 この為に指揮者はスコアーに記述されている事を分析し、そこから書表わせなかっただろう作曲家の深層意図を汲み取り、それを繰り返す楽団との練習にて、各楽器のパートに周知させ、その結果として指揮者毎で違えど洗練された乱れの無いアンサンブルが生まれる訳です。
 この点を見れば、指揮者の最も重要なのは、練習の中で如何に指揮者の想いを伝え切るかに掛かっているとも申せましょう。言い換えればゲネプロまでに9割がたの役目は終っていると言っても良いかも知れません。
 しかし、
(D)指揮者の役目はこの様な物理的なことだけではなく、指揮者は演奏者に対し心理的な影響を及ぼす事も有ります。演奏中の指揮者の気迫や表情、棒捌きに因って奏者が刺激を受け、指揮者の目指す音楽に引き込まれて練習以上の音楽性を発揮する事も有ります。
 例えば、客演指揮者として招かれた指揮者で演奏会までの練習時間が満足に取れない場合も有るでしょうが、それでも時として思いもしない程の好演になる事も有ります。カリスマと言われる指揮者はその様な人達かも知れませんね!?

 ここで、2曲の第一楽章のみでは有りますが、良く行われる聴き比べを質問者様も少しお付き合い下さい。
 上記四項目の絡み合った結果が少しは感じられるのではないかと思います。
 試聴出来る演奏全てをお聴き頂くと指揮者の違いによる曲の訴求力の変化がよりはっきりお解かり頂けると思いますが、お時間が無い様でしたら、間引いても結構ですので、冒頭部分だけでも聴き比べて下さい。
 但し、録音された時代や録音条件に因って音質の差がかなり有りますので、その辺に尽きましてはお含み頂きつつお聴き下さい。

●ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調Op.67 から 第一楽章
  【海外】
・アルトゥール・ニキッシュ指揮/ベルリン・フィル(1913年録音)http://www.youtube.com/watch?v=SFY1s6y6r5M&feature=related
・トスカニーニ指揮/NBC交響楽団(1952年録音)http://www.youtube.com/watch?v=N6K_IuBsRM4&feature=related
・フルト・ヴェングラー指揮/ベルリン・フィル(1954年録音)http://www.youtube.com/watch?v=AXbm-w8jdm4&feature=related
・カラヤン指揮/ベルリン・フィル(1966年録音) http://www.youtube.com/watch?v=zhcR1ZS2hVo
・カラヤン指揮/ベルリン・フィル(録音データー不明) http://www.youtube.com/watch?v=67_cS1xlrYA
・カラヤン指揮/ウィーン・フィル(録音データー不明) http://www.youtube.com/watch?v=by7H2uT52MA
・バーンスタイン指揮/バイエルン放送交響楽団(1976年録音)http://www.youtube.com/watch?v=ivvn04Zdxt4&feature=related
・バーンスタイン指揮/ウィーン・フィル(1977年録音)http://www.youtube.com/watch?v=NAm4e45Z25k&feature=related
・ベーム指揮/ウィーン・フィル(1977年録音) http://www.youtube.com/watch?v=r32QPNdopVg
・ジュリーニ指揮/???(録音データー不明) http://www.youtube.com/watch?v=HuQYV6rpW3I&feature=related
・バレンボイム指揮/ベルリン・フィル(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=VHAaVVytQF0&feature=related
・アバド指揮/ベルリン・フィル(2001年録音) http://www.youtube.com/watch?v=SExR2h20HlQ&feature=related
・林克昌指揮/長榮交響樂團(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=DuvIiteKIg4&feature=related
・ブロムシュテット指揮/ゲヴァントハウス管弦楽団(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=cO2bp7hSYHI
  【国内】 国内外不明のものも、此処に載せました。
・全てのデーター不明 http://www.youtube.com/watch?v=_4IRMYuE1hI&feature=related
・全てのデーター不明 http://www.youtube.com/watch?v=evr7pgSsVoo&feature=related
・全てのデーター不明 http://www.youtube.com/watch?v=zI_3nDnWwmo
・宇宿允人指揮/フロイデフィルハーモニー(2005年 東京芸術劇場大ホール)http://www.youtube.com/watch?v=pZETc2uprBY&feature=related
・古谷誠一指揮/中部フィルハーモニー交響楽団(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=rccdbLWOdPU
・???/高津市民オーケストラ(2007年)http://www.youtube.com/watch?v=VvIJksNlfjE
・???/洗足学園音楽大学ポップスオーケストラ(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=IWw6Q9pu8TE
・なかむらゆういち指揮/???(2009年5月)http://www.youtube.com/watch?v=Jrf5YFg7ctc
  【参考】下記は、DL試聴が前提ですが、比較するのには便利ですので載せておきます。お時間が有ればどうぞ!
・パブリックドメインの歴史的音源 http://freeclassicmusicmp3.blog23.fc2.com/blog-entry-645.html
・パブリックドメイン・クラシック http://public-domain-archive.com/classic/composition.php?album_no=12

●ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68 から 第一楽章
  【海外】
・トスカニーニ指揮/NBC交響楽団(多分1950年代?)http://www.youtube.com/watch?v=PvvNFD1uLtI
・ブルーノ・ワルター指揮/ニューヨークフィル(多分1950年代?)http://www.youtube.com/watch?v=eTll47U6FVc&feature=related
・クレンペラー指揮/フィルハーモニア管弦楽団(1958年録音)http://www.youtube.com/watch?v=HkgiwJTXHlE&feature=related
・カラヤン指揮/???(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=he41HHCjMWM&feature=related
・カラヤン&ベルリ ン・フィル7度目の来日(1981年 東京) http://www.youtube.com/watch?v=hCo1iBkcta0
・オットマール・スウィトナー指揮/ベルリン国立歌劇場管弦楽団(1988年録音)http://www.youtube.com/watch?v=VY2-EP2QNs8&feature=PlayList&p=5981DBC5A27A37CE&playnext=1&playnext_from=PL&index=8
・Hirofumi Inoue (Japan)指揮/サンクト・ペテルブルグ国立交響楽団(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=2fFgDlS05Ss&feature=related
・ロバート・Debbaut指揮/???(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=OlrazikpaJo&feature=related
・テオ・アルカンタラ指揮/プエリトルコ交響楽団(2005年録音)http://www.youtube.com/watch?v=S_BVvT_P880&feature=related
  【国内】
・なかむらゆういち指揮/???(2009年録音) http://www.youtube.com/watch?v=qes7tNw5Meg
  【参考】下記は、DL試聴が前提ですが、比較するのには便利ですので載せておきます。お時間が有ればどうぞ!
・パブリックドメインの歴史的音源 http://freeclassicmusicmp3.blog23.fc2.com/blog-entry-549.html
・パブリックドメイン・クラシック http://public-domain-archive.com/classic/composition.php?album_no=158

 これで納得が得られるかどうかは解りませんが、多少のニュアンスはお解かり頂けるのではないかと思います。


 次に
>クラッシック演奏には指揮者が居るのに
>ギター、ドラム、キーボードなどのバンドには
>指揮者が居ないのは何故でしょうか?

 クラシックでも普通のオーケストラに比べ小編成の室内管弦楽団や更に少ない人数の場合は指揮者が居ない事の方が普通です。
 当然普段の練習にて、曲のテンポや強弱に対する阿吽の呼吸が合わせられるまで、そして解釈や訴求力が自分達の思い通りになるまで努力する事は当然ですが、人数が少ないメリットしてお互いの音を聴き合い、その場の雰囲気で瞬間的な音の会話が出来易くなります。(ジャズなどのアドリブと言える程の自由は有りませんが、それでも、その場の熱気に相応しいテンポや強弱の差はオーケストラよりも出易くなります。それが一期一会でしか得られない感動的な演奏に廻りあうかも知れない醍醐味とも言えましょう。)
 何となく聴いていたら、同じ曲を同じ様な演奏で何度聴いても唯のコピーとしか聞えなかった曲も、少し注意して耳を傾けると、演奏家が違えば当然こと、同じ演奏家であっても日時や場所、そして観客の違いで、演奏が違ってきます。
 小編成はお互いの音の会話がし易い事で、演奏が無秩序にならずに、そのメリットを生かしやすいのです。
 ここで、室内楽団や重奏団の演奏風景を見て頂きましょう。
http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%A4%E5%86%85%E6%A5%BD&search_type=&aq=f

 蛇足です。
 日本人にも優れた重奏団が無い訳では有りませんが、文化の違いからか交響曲や管弦楽曲に比べ室内楽曲への関心が低くニーズが少ないので、後継者が中々育たない土壌があります。その点で言えばヨーロッパでは、幼稚園前位の子供さえもクラシックアーティストの評価をしたりオペラの出来不出来を語るのが特別な事ではない風土にて、その様な環境からは、指揮者が居なくてもお互いの呼吸を知り尽くした公私の別無く四六時中の付き合い(それ程に練習時間を要し、世界を駆け巡る演奏スケジュールに因り個々のプライベイトタイムは極端に少ない)を要して完熟して行く重奏団も取り組む意義を見出し易いのでしょう。その様な風土の違いに因って、日本でのクラシックは、一般の方が室内楽に接する事が稀有なため、クラシックと言えば全て指揮者がセットの様に思って居る方も居られるかも知れませんね。
 説明が下手で、ご理解頂けたか不安ですが、様はクラシックでも小編成では指揮者が居ないのが一般的です。そう言う意味からすれば、自由なアドリブや掛け合いを楽しむバンドには指揮者が居る事の方が邪魔だと思います。

 以上ですが、長文になってしまい御免なさい。
お礼コメント
bantyou18

お礼率 89% (545/609)

有難うございました
投稿日時:2010/04/22 18:49

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 39% (10265/25670)

http://okwave.jp/qa/q4151921.html?order=&by=
「敢えて言えば本番は練習通りじゃつまらない。例えば練習のテンポと全く違うテンポでいきなり指揮者が振り始め、コンサートマスターが「やりやがったな」と目で各パートに合図し、指示と違ったテンポで弾き初め、「ほほ」と指揮者が応じる。こんなことだってあるんですよ・・・」


上のサイトを抜粋しましたが、アドリブも含め、具体的で興味深い回答です。
お礼コメント
bantyou18

お礼率 89% (545/609)

有難うございました
投稿日時:2010/04/22 18:48
  • 回答No.3

ベストアンサー率 60% (45/74)

指揮者の仕事は、本場で指揮棒を振るだけではなくて、
練習中に「この部分は大きく弾いて」とか、「ここで、徐々にテンポを遅く」などの
曲想(音量やテンポなどの表情)を決めて、演奏者に指示する仕事があります.
オーケストラでは、演奏者が何十人もいるので、曲に対する解釈が人それぞれあるでしょう.
でも、それでは演奏が1つにまとまらないので、曲の理解度が一番高い人に任せる…
つまり、それが指揮者です.

バンドには指揮者がいません.
…が、クラシック音楽でも、少人数の形態では指揮者はいません.
これは、単純に人数の問題ではないでしょうか.
1パートを1~2人で担当するような小規模の演奏なら、メンバー間で話し合えば十分でしょうし.
ただ、演奏者が指揮を兼任する場合もあります.
(バロック時代の協奏曲では、チェンバロが指揮も担当することが多いようです)
お礼コメント
bantyou18

お礼率 89% (545/609)

有難うございました
投稿日時:2010/04/22 18:49
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (1855/6063)

曲の頭から終わりまで一定のテンポの音楽も世の中にはありますが
テンポや音量の緩急や抑揚をつけて演奏する音楽には指揮者あるいはバンドマスターが必要です。

少人数のバンドの場合はプレイヤー同士で息を読みあって演奏することもします。というか、それがバンドの醍醐味なんですが、指揮専任はいなくても誰かがそのバンドのリズムなり勢いの上げ下げなりをひっぱっていたりするもんです。

たいていの場合はドラムかベースですが、ローリングストーンズのようにアクの強いリズムを奏でるギタリストがいたりするとバンドはそのプレイヤーに合わせて演奏したりします。

ソウル系だとThe JB'sなんかはボーカリストでリーダーで雇い主であるジェームス・ブラウンの意のままに演奏しています。

ジャズのビッグバンドにもたいていはドラマーだったりピアニストだったりクラリネット吹きだったりプレイヤー兼任の指揮者がいますね。

メンバーが二桁になるようなバンドの場合はロック系でもはっきりとそれぞれのプレイヤーに指示を出すバンドマスターなり指揮者なりがいます。
Frank・Zappa、The Grateful Deadなんかをキーワードに映像検索すればそういうものの具体例を見ることができます。
お礼コメント
bantyou18

お礼率 89% (545/609)

有難うございました
投稿日時:2010/04/22 18:48
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ