• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:【日焼け止めの効果】)

日焼け止めの効果とは?

このQ&Aのポイント
  • 日焼け止めの効果は数値で表される
  • SPFとPAの数値が大きいほど効果が高い
  • 一番上に塗った日焼け止めの効果が現れる

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • koma24
  • ベストアンサー率56% (1976/3487)
回答No.1

勘違いされている方が多いのですが、SPFで表される数値は、日焼け止めの紫外線カットの効果の高さを示すのではなくて、紫外線をカットしている(つまり紫外線にあたってから皮膚に影響を与えるまでの時間)の長さを示しているものです。 たしか、1SPFあたり20分だかそんな感じの時間で(詳細はわすれましたが)すから、50SPFだとすると20×50で1000分の効果ということ。計算上、日にあたるのはせいぜい10時間ほどですから、数値が必要以上の高くても意味がないということになります。 ただ、数値が高いものは、数値の高さと同時に、日焼け止めの落ちにくさなどモチがよいものも多い気がします。日焼け止めと言うのは肌にとっては異物ですから、落ちにくい=肌に負担ということになりがち。そのあたりのバランスをとってメーカーさんは、日々開発にいそしんでいるわけで、同じ、数値でもメーカーブランドによって使用感や効果にかなり違いがあるようです。極論をいえば、同じ数値でも実際の効果に関してはかなり差があるということもあります。このあたりは、口コミサイトなどを参考に実際に使った人の意見をみるしかないようです。 それとこらも勘違いされているようですが、シミやそばかすのもとになるメラニンを増やす紫外線はSPF値で防ぐ紫外線ではありませんから、SPF値がいくら高くてもあまり関係ありません。PA値といって+~+++の数値であらわすもの。まあ、これもだいたいSPF値が高いものほど+++も高くなっている傾向があるので混同されている人も多いですが、まったく別物です。 はっきりいって、一番確実なのは、30SPFくらいを目安に、パウダーや日焼け止めをこまめに塗りなおすのが一番です。もちろん、下地、ファンデ、パウダーとも紫外線防止タイプを使うも効果的だと思います。ただ、それぞれの数値をすべて足した数値にはなりません。 あと、いくら効果の高いものでも塗りっぱなしでは効果は半減。特にメラニンを防ぐのはパウダータイプのものが効果的なようですよ。(粉で物理的にカットできるため)通常の日焼け止めと合わせてフェイスパウダーも紫外線防止タイプにしてやると効果的と思います。 http://bken.net/sigaisen.htm http://www.kagaku21.net/livingland/cosme/sigaisen/

Hemingway
質問者

お礼

ご丁寧な回答を有難うございます。お話を参考にさせて頂き、これからに役立てたいと思います。本当にありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (3)

noname#106605
noname#106605
回答No.4

重ねて使った方が単体での使用に比べれば効果は高くなりますが、1+1が2になるわけではありません。 通常1平方cm辺り2mgずつ塗った時に15~20分間保護できる数値がSPF1とされています。(紫外線に過敏な人や環境変化によっても変わるのであくまで目安です) 塗り重ねればそれだけ厚塗りになるのでそれだけでも意味があると言えますが、基本的には数値が高い物が有効になると思っていれば間違いありません。 また、SPF10以上は単純に時間係数が等倍になるわけではありません。せいぜい20までで30以上はさして変わりありません。 さらに紫外線吸収剤の場合は紫外線を吸収して熱に分解する化学変化を繰り返していますので、この分子構造が元に戻らず壊れてしまう場合があるという欠点があります。 (肌に塗布した瞬間から徐々に効果は落ち続けるという説もあります) お使いの日焼け止めもそうですが、SPFが高いものは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を混ぜたりして効果を高くしていたり、使用感を良くしていたりします。 こういった日焼け止めは肌への負担も大きい、つまり正常なターンオーバーを阻害してしまいます。 メラニン色素は肌の新陳代謝により基底層から表層まで日々浮かび上がって最終的にアカとして排除されるわけですが、紫外線などの刺激によって新陳代謝が早まると正常な細胞が作られ分裂していく速度が間に合わずに、色素沈着してシミ・ソバカスの原因になります。 つまり、日焼けして黒くなることそのものが悪いのではなく、メラニン色素が紫外線を吸収出来る容量を超えてしまうことと、古いメラニン色素が角質層に留まり続けてしまうことが悪いわけです。 日焼け止めをしていてもシミ・ソバカスが増えるのは肌へのダメージが大きすぎているということ。 もっと低い数値の物に変えて(通勤程度ならSPF10~20・PA+で十分)こまめに塗りなおすことで効果を持続させてください。 良質なタンパク質やビタミンなどを摂取して、健康な肌を作ることにも気をつけてみてください。

Hemingway
質問者

お礼

ご回答を有難うございます。詳しいご回答を頂き、拝読させていただきました。とても参考になるご意見を頂き、これからに役立てたいと思います。本当にありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.3

SPFは高ければ高いほどいいわけじゃないですよ。 ほかの方もおっしゃっていますようにSPF1は20分効果が あるということらしいです。 普通に暮らしている分には日が沈むまでと考えても SPF25とか30とかで十分だと思います。 SPFは高ければ高いほどお肌に負担になるものが多いと思った方が いいと思います。 ニキビやできものはできていたりすると特にシミになりやすいです。 SPFの高いものは荒れたり吹き出物ができることもあるので 気をつけた方がいいと思います。 あとは生理中はシミになりやすいと聞いたことがあります。

Hemingway
質問者

お礼

ご回答を有難うございます。生理中がシミになりやすいとは始めて知りました。肌を守ることと肌の負担。なかなかそのバランスが難しいですね。SPFの数値を下げてまずは少し肌の負担を減らそうと思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • ku300
  • ベストアンサー率0% (0/1)
回答No.2

紫外線は日焼け止めクリームだけではカバーしきれない といわれています。 日焼けとはヤケドの一種なので、体の自然治癒力が重要です。 それとビタミンもお肌には大切です。 この両方を効率よく摂るのはなかなか難しいので サプリメントを飲まれてみてはいかがですか?

Hemingway
質問者

お礼

ご回答を有難うございます。サプリメント、早速試してみました。“ビタミンC”のサプリが良いと言うので飲んでます。効果があると良いですが・・・。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 日焼け止めについて

    前々から疑問に思っていたことがあるのですが…。 日焼け止め(UVカットのファンデーション等も含む)には必ず 「SPF50+ PA+++」 という風に、どの程度の効果(?)があるのか明記してありますよね。確か「SPF」って、紫外線を浴びて肌が赤くなり始めるまでの時間、だったと思うのですが、 例えば、 「SPF20 PA++の乳液→SPF30 PA++の化粧下地→SPF30 PA+++のファンデーション」 の順で肌につけた場合、単純計算して「SPF80」の効果があるものなのでしょうか? それとも、最後につけたファンデーションの「SPF30」の効果しかないのでしょうか? それとも…??? もし「SPF20」のものと「SPF30」のものを重ねてつけると「SPF50」になるのなら、「SPF50」のものを2度づけすると「SPF100」ってことになるから、そんなことはあり得ない!とも思うし、 でも、重ねた分だけ強力に紫外線ブロックしてくれそうだし…。 実際はどうなんでしょうね? ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 お願いします。

  • 日焼け止めについて

    私は,化粧水→乳液→下地(日焼け止め用乳液)→ファンデーションの順にしているのですが 日焼け止めは,つけた方がいいでしょうか? 下地はSPF50+ PA+++のものを使用しています。 日焼け止め用乳液には,日焼け止めの効果はあるのでしょうか? 回答宜しくお願い致します。

  • 日焼け止めの使い方と効果について教えて下さ

    過去の回答に「複数のUV効果のある製品を一度に使用した時のSPF値は単純に足し算になるのではなく最も高い数値のものが適用される」とありました。 現在下地クリーム(SPF35 PH++)、ファンデーション(SPF22 PH++)、UVパウダー(SPF22 PH++)を使用していますが下地クリームとUVパウダーだけにしても日焼け止めの効果はかわらないのでしょうか?

  • 日焼け止めについて

    メイクをするときにいつも疑問に思っていることがあります。 日焼けどめとか、日焼け止め効果のある下地をまず塗るとしますよね。そして、次にリキッドファンデーションを重ねるとき、さきに塗っていた日焼け止めはリキッドファンデーションを塗ることにより落ちないのでしょうか?私が愛用する化粧品は下地にのみ日焼け止め効果があり、ファンデーションにはその効果がなくいつも疑問です。この場合やはり危ういですよね??

  • 日焼け止めの数値について 

    どの日焼け止めにも、SPFとPAの数値が記載されています。調べたところ、SPFは、日焼け止めを塗って紫外線に当たった時、15分~20分間は、肌が赤くならないように、UVBをカットする効果を「SPF1」として、この数値が大きくなるほど、肌を守る効果が長続きするということが分かり、PAはSPFと違い「+」~「+++」の三段階で表されています。「+」が多いほど、真皮層にダメージを与えるUVAのカット力が強いということが分かりました。 美容関係の雑誌を見ても、日焼け止めのコマーシャルを見ても、夏に山や海などの行楽に行く時は、SPF50の日焼け止めを勧めています。コマーシャルの影響を受け、海や山だと紫外線が激烈になるような気がし、SPF50だとSPF24よりもその紫外線を跳ね返す力が強いのかと思い、日常的にはSPF24 PA++の化粧下地にもなる日焼け止めジェルをつけて、行楽に行く時はSPF50の日焼け止めを付けていました。 私が日ごろ使っている日焼け止めジェルも含めて市販されている日焼け止めにはほとんど「水や汗・皮脂に強い」と書かれていますが、同時に注意書きを見ると、SPFの高い低いに関わらず、「汗をかいたら塗りなおして下さい」と書かれています。 塗りなおしが必要なら、SPF24も50も変わらないんじゃないでしょうか? ハワイに行った時、昼からビーチに出たのですが、ホテルを出る前に日焼け止め(SPF50)を付け4時間ほど友達と楽しみました。塗りなおしはしていません。「SPF1」で15分から20分もつのなら、「SPF24」だと15分×24で6時間もちます。 ということは、SPF24の日焼け止めジェルでもよかったということになります。 でも日ごろのコマーシャル等の影響を受け、ハワイのビーチに出る時は、たとえ1時間でもSPF50をつけたくなります。どうして行楽に行く時には、SPF50を勧められるのでしょうか?

  • ファンデーションと日焼け止め

    お化粧されている方に質問です。 外での長時間外出(海やキャンプなど)の時、顔の日焼け対策 どうされていますか? 今週末ディズニーシーに行くのですが天気予報は曇り。 だけど紫外線は油断できません。 最近のファンデーションって日焼け止め効果がありますよね。 私の使っているのはソフィーナで普段は以下の通りに行っています。 化粧水→化粧下地→下地ファンデーション→仕上げファンデーション どちらのファンデーションもUV効果があるようです。 (下地→SPF23、PA++ 仕上げ→SPF21、PA++) これにプラスして日焼け止めを塗る必要ありますか? その場合どのタイミングで塗ればいいでしょう? 今回買った日焼け止めは乳液のようなリキッドタイプです。 顔にも使えるようです。 化粧下地の代わりにはなるのでしょうか? サラサラタイプとは書いてありますが なんか色々顔に塗ると白くなったりベタベタしそう。 考えてみたら化粧するようになってから夏の昼間に 長時間出かけることなんてなかったので、 綺麗にお化粧されているみなさんは どうしているのだろう?と疑問に思ってしまいました。 他にもレジャーでの日焼け対策で気を付けていることが ありましたら教えて下さい!!

  • 日焼け止めにあるふたつを買いました。ひとつはメンソレータム『スキンアク

    日焼け止めにあるふたつを買いました。ひとつはメンソレータム『スキンアクア』SPF27PA++です。泡で落ちると表記されてただけあってジェルタイプで化粧水のように軽いです。しかし、翌朝鏡をみると気のせいか日焼けしているように思います。ジェルタイプだからでしょうか?SPF・PA値が低いからでしょうか? もうひとつはケシミンの日焼け止めです。SPF50PA++こちらはしっかり防いでくれてるようです。 どちらにももUV効果ありのファンデーションを使ってます。そるに帽子必須です。 普段は朝8時、昼2時に外に出るのですがケシミンの日焼け止めを使うほうがいいのでしょうか? 数値の大きいものは肌に負担なのでメンソレータムの方を使ったほうがいいのでしょうか。でも日焼けは嫌です。。

  • 日焼け止めと日焼け止め効果のあるファンデーション

    日焼け止め効果のあるファンデーション(SPF30 / PA+++)をつけている場合、日焼け止めは塗るべきでしょうか? 真夏も日中はほとんどに外に出ません。 夕方から外出し、比較的屋内にいることが多いです。

  • 今の時期に必要な日焼け止め効果のレベル

    私は今ファンデーションにレヴューのエッセンスインパクト(SPF20・PA++)を使用しています。 夏の間はUV効果のある下地+このファンデを使っていました。 ちなみに使っていた下地は↓ ・アシュエフEXのホワイトアロマデイプロテクターUV(SPF29・PA++)もしくは ・リサージのUVプロテクトヴェイル(SPF26・PA++)を日によって使い分け。 秋冬に向けて乾燥対策の下地を買おうと思い、ファンデと同ラインのエッセンスインモイスチャーフィックスを検討しているのですが日焼け止め効果のまったく入って無いタイプなのです。 シミ等を防ぎたいし日焼けもしたくありません。そこで質問なのですが秋冬のお肌にはどれくらいのSPF、PAが必要なのでしょうか?出来れば顔に、日焼け止めは塗りたくないので、ファンデのUV効果だけで秋冬は十分ならこのUV効果無しの下地とUV効果有りのファンデだけで済ませたいです。 もしファンデのUVだけでは足りなければこちらも同ラインのエッセンスイン ミルキィフィックス(SPF16・PA++)を購入しようかと思っています。 ではご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

  • 日焼け止め化粧品について

    日焼け止め化粧品についてですが、SPF50のリキッドファンデーションのみ塗るのと、SPF34の下地+SPF25のパウダーファンデーションを塗るのとどちらの方がいいのでしょうか。化粧に関してズブの素人なので、効果的な方法を教えて頂きたいと思います。宜しくお願い致します!

このQ&Aのポイント
  • MFC-J855DNを使用していて、フォルダ保存時に「!接続を確認してください」というエラーメッセージが表示される場合の対処方法を解説します。
  • Windows11を使用している場合、無線LAN接続でMFC-J855DNを使用している場合にスキャンできない問題が発生する可能性があります。
  • ひかり回線を使用している場合、MFC-J855DNのスキャン機能を正常に使用するためには、セキュリティ設定やルーターの設定に注意する必要があります。
回答を見る