• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日焼け止めの数値について 

どの日焼け止めにも、SPFとPAの数値が記載されています。調べたところ、SPFは、日焼け止めを塗って紫外線に当たった時、15分~20分間は、肌が赤くならないように、UVBをカットする効果を「SPF1」として、この数値が大きくなるほど、肌を守る効果が長続きするということが分かり、PAはSPFと違い「+」~「+++」の三段階で表されています。「+」が多いほど、真皮層にダメージを与えるUVAのカット力が強いということが分かりました。 美容関係の雑誌を見ても、日焼け止めのコマーシャルを見ても、夏に山や海などの行楽に行く時は、SPF50の日焼け止めを勧めています。コマーシャルの影響を受け、海や山だと紫外線が激烈になるような気がし、SPF50だとSPF24よりもその紫外線を跳ね返す力が強いのかと思い、日常的にはSPF24 PA++の化粧下地にもなる日焼け止めジェルをつけて、行楽に行く時はSPF50の日焼け止めを付けていました。 私が日ごろ使っている日焼け止めジェルも含めて市販されている日焼け止めにはほとんど「水や汗・皮脂に強い」と書かれていますが、同時に注意書きを見ると、SPFの高い低いに関わらず、「汗をかいたら塗りなおして下さい」と書かれています。 塗りなおしが必要なら、SPF24も50も変わらないんじゃないでしょうか? ハワイに行った時、昼からビーチに出たのですが、ホテルを出る前に日焼け止め(SPF50)を付け4時間ほど友達と楽しみました。塗りなおしはしていません。「SPF1」で15分から20分もつのなら、「SPF24」だと15分×24で6時間もちます。 ということは、SPF24の日焼け止めジェルでもよかったということになります。 でも日ごろのコマーシャル等の影響を受け、ハワイのビーチに出る時は、たとえ1時間でもSPF50をつけたくなります。どうして行楽に行く時には、SPF50を勧められるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

いずれの数値の日焼け止めも、塗りなおしは必要です。 日焼け止めを塗った後、汗をかいたり、皮脂が分泌されて、肌に塗った日焼け止めはムラづき状態になります。 化粧くずれと同じということです。 No.1さんが、 >数年前までSPF150などという数字のモノも多く売られていました。最近は高くても50止まりです。 >これは消費者が賢くなってきたことの表れです。 と書かれていますが、これは誤りだと思います。 SPF表示が50以上だと、紫外線防御効果の測定結果に誤差がでやすいこと、 SPF表示が高ければ高いほど効果が高いという誤解を 消費者に与えないため、などの理由で 化粧品メーカーが自主規制をかけたものです。 よって、50以上の表記をしても違反ではありませんし、 日本内のみの自主規制なので、海外からの輸入物には この規制は適用されません。 なお、PAとSPFは化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値です。 ただ、これは薬事法で定められている測定方法ではなく、業界内で自主的に決めた基準ですので、 メーカーによってはさらに30分流水に浸したあとに測定しているところもあります。 また、たいがいの商品は、1平方センチメートル当たり2mg塗れば、かなり厚塗りになります。 実際は薄く薬剤は塗り延ばしてしまうでしょうし、汗や皮脂で薬剤が流れてしまうので、表示されている PA・SPF値はあくまで目安ということになります。 行楽地で50+が勧められる理由は、日常より日光をあび、水・汗や皮脂で日焼け止めがむらづき状態になりやすいからだと思われます。 ご参考になれば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すごく詳しいですね。大変参考になりました。ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>塗りなおしが必要なら、SPF24も50も変わらないんじゃないでしょうか? そうですよ。それが常識です。 数年前までSPF150などという数字のモノも多く売られていました。最近は高くても50止まりです。 これは消費者が賢くなってきたことの表れです。 ただ、落ちにくいと言うのも色々あって、簡単な水なら落ちないと言うのもあれば、本当に落ちにくく専用のクレンジング類を用いないとならないもの様々です。 クレンジングがいらないモノの多くが高数値のもので、数値の低いモノは日常生活に使う方が多く、簡単に落とせるようになっています。 塗り直しがしにくい外出時には必然的に落ちにくい物を選びますから、結果高数値になる、ただそれだけではないでしょうか。 ちなみにわたしは一年中24SPFくらいを利用しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日焼け止めについて

    みなさん、日焼け止めは年中同じ物を使ってますか? それとも、夏用、冬用とか、普段用、レジャー用とかで使い分けたりしてますか? 参考に教えてください。 あと、私は紫外線の強い時期はSPF30,PA++、冬など、紫外線の弱い時期はSPF20,PA++にしているのですが、 こんな感じの使い分けでいいのでしょうか? 日焼け止めのこととかまだまだ素人なのでよくわからないのです。 また、体はただぬればいいと思うのですが、顔につける場合はどのようにしたらいいのですか?私は高校生なので、まだファンデはつけないのですが、その場合は日焼け止めだけ塗ってもいいのでしょうか? あと、日焼け止めの塗りなおしの仕方とか教えてください。 とにかく、日焼け止めのことならどんなことでもいいので、何か情報をください。お願いします。

  • 日焼け止めの正しい塗りなおし方

    趣味がアウトドアスポーツのため、日頃、よくSPF50の日焼け止めを塗って活動しています。 紫外線対策等を調べていくと、よく「日焼け止めは塗りなおさなくてはいけない」とみかけますが、塗り直す正しい方法ってどのような手順で行うのでしょうか? ちなみに、私は、スポーツの関係上、塗りなおす時間が限られてしまうため、ファンデや汗でクチャクチャになった顔に、急いでそのまま日焼け止めを上塗りしてしまうのですが・・・(←逆効果でしょうか?) 本当は、化粧を落としたりとかしないといけないのでしょうか? 是非、短時間にできる塗りなおし方法などありましたら教えてください。 宜しくお願いします。

  • 無添加の日焼け止めについて教えてください。

    こんばんは。 そろそろ日焼け止めを使おうと思うのですが肌が弱いので ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)のもにしようと思っています。 そこでホームページなどで調べてみていくつか候補があります。 ・ユースキンの日焼け止めジェルローション 顔・全身用でSPF20 PA++です。また、無香料・無着色・弱酸性・ ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)と書いてありました。 ・パックスナチュロンUVクリーム SPF15 PA++です。こちらも合成の紫外線吸収剤、合成界面活性剤を 使っていないと書かれていました。 今のところはこの二つが候補の中にあるのですが SPFが15や20では本当に大丈夫なのでしょうか? 今までは夏だけの使用でSPFがもっと高い数値のを使用していました。 しかし塗っても自転車に乗ることが多いので膝が焼けてしまいます。 その部分も焼けることはないでしょうか? 上の商品を使用したことがある場合は感想も教えて欲しいです。 また、他に値段がお手頃でノンケミカルの日焼け止めはありますか? 最後に、日焼け止めを落とすのにはどのようなものがお勧めですか? 今までは石鹸でしたがきちんと落とすことが大事だと知りました。 無添加と言うと高いイメージがあるのですが学生の為あまり高いと 手が出せなくて困っています…。どうかご回答宜しくお願いします。

  • レジャーでの日焼け止めの塗り直し方教えてください

    来月バリ島に旅行に行くことになりました。 かなり紫外線が強いということで、帽子と日焼け止めは必須だと思っているのですが、実は日焼け止めの塗り直し方がわかりません。 普段は長時間外に出ることもあまりないので、 化粧水→乳液→日焼け止め(下地を兼ねる)→ルースパウダー・アイブロウ・時々マスカラ という順番で薄化粧程度です。日焼け止めの塗りなおしはしたことありません。 そこで質問なのですが、 (1)顔の日焼け止めはどうやって塗り直したらいいですか? 今のところソフィーナのパーフェクトUV(SPF50+・PA+++)を使用する予定ですが、非常に汗っかきなため、暑いところではしょっちゅうハンカチで顔の汗をぬぐいます(その段階である程度ルースパウダーは落ちてしまっているとは思うのですが…)。 塗り直しが必要だと思うのですが、そのまままた日焼け止めを塗るのは肌によくないでしょうか?ほぼ外に出かけっぱなしだと思うので、たくさんの化粧品を持ち歩くのも大変だし、外で化粧を一度落としてスキンケアから再び…というのも大変だと思っていて、悩んでいます。 UV効果のあるパウダーファンデを塗り直す、というのをよく見るのですが、汗でどろどろハゲハゲになってしまうので、ファンデはつけたくありません。 (2)体の日焼け止めと虫除けミストを併用する場合の塗り直しはどうしたらいいですか? 非常に虫に刺されやすい体質なため、虫除けをつけたいと思ってます。スプレーがよかったのですが、飛行機は預け入れでも不可のことがあるらしいので、ミストまたはジェルのようなものにしようと思っています。 日焼け止め→虫除け の順に使う予定ですが、日焼け止めを塗り直す場合、虫除けの上から再び日焼け止めを塗っても大丈夫ですか?でもそうしたら虫除けの効果がなくなりそうなので、その上にまた虫除け、という繰り返しになるのでしょうか? ちなみに使う日焼け止めは顔と同じソフィーナのパーフェクトUV(SPF50+・PA+++)の予定です。 無知でわがままな質問で申し訳ありませんが、どうか優しくわかりやすく教えていただけると非常に嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 日中、屋内で使う日焼け止めを探しています

    日中、屋内での紫外線防止に適した日焼け止めを探しています。 最近まで「ニベアサンプロテクトウォータージェル(SPF25、PA++)」を使ってました。 特にトラブルはなかったのですが、紫外線吸収剤が入ってるという事を知り、紫外線吸収剤無配合のキュレル薬用UVローション(SPF25、PA++)に変えてみたのですが・・・。 ちょっとべたつきが気になるし、黒い服やカバンにつくと白くなる事があり、またジェルに比べて落とすのが大変なので、このまま使い続けようか迷ってます。 そこで、日中屋内で十分効果を期待でき、紫外線吸収剤無配合であまり白くならない、お肌のために良い日焼け止めを教えて下さい。 とても我が儘なんですが(汗)、毎日使い続けこまめに塗り直すものなので、お肌に出来るだけ優しいものを探しています。 よろしくお願いします。

  • 日焼け止めについて

    こんにちは。PA+++、SPF50の日焼け止めを使っているんですが、やっぱり前より少し焼けたような気がします。塗る量が少ないのか、朝しか塗らないのがいけないのか分かりませんが、焼けない塗り方を教えていただきたいです。 それと、このくらいの日焼け止めではきちんと落とす専用のジェルなどを使わないといけないんでしょうか? 今は普通のボディ-ソ-プで洗っているだけなのできちんと落ちているかどうか心配です。

  • 日焼け止め

    SPF15・PA+++の日焼け止めと、 SPF30・PA+の日焼け止めを重ね塗りしたら SPF30・PA+++くらいの効果になるでしょうか? 紫外線吸収剤の入っていないものを使おうと思うと、どうしても効果が偏ってしまって・・・。 今夏はこのような使い方で乗り切ろうかと思っているのですが、どうでしょうか。教えてください!

  • 今の時期の日焼け止めってどれくらいの物がいいの?

    今週末、イベントで4時間ぐらい屋外にいないといけないので 日焼け止めを買おうと思っているのですが、 今の時期だと、SPF値やPA値はどれくらいのものがいいんでしょうか? 高ければ高いほど良いとは思いますが、SPF30くらいでも十分大丈夫でしょうか? (特に塗り直しをしないと考えずに) 教えて下さい!よろしくお願いします!!

  • 日焼け止めの塗り方について

    初めまして。この質問を見てくださってありがとうございます。 私は中学2年生です。 席替えでいつも窓側の席になるので、中2になってから毎日欠かさず日焼け止めをぬっています。 学校の体育がない日の日焼け止めは、 アネッサ「パーフェクトUV スキンケアミルクa」 のSPF50+、PA++++を使っています。私の場合、 朝6時30分に起きて塗って帰って来るまでの約10時間、塗り直しはしません。よく2時間おきに塗りなおしたほうが良いと聞くのですが、それは汗をかいて日焼け止めが流れて行ってしまうからだと思います。 私は、体育がない日は基本的に汗をかかないので、塗り直す必要はないと考えています。それに、SPF50+は16時間30分程効果が持続するようですし、帰ってくるまでに、効果が切れることはないと思います。 ①上記のことも含めて、私は日焼け止めは塗り直す必要があると思  いますか?また塗り直す場合、何時間おきに塗り直せばよいのでしょうか? あと、私が日焼け止めを塗るときは、ぬるぬるになるくらいに塗ります。しばらくして、肌を触ったときに、日焼け止めが手につかなくなっていたら、落ち着きません。 ②肌にふれたとき手になにもつかないのが普通なのでしょうか? ③ぬるぬるになるくらい日焼け止めを使うのは使いすぎですか? 以上、①から③までの質問のうち、分かる質問だけでもいいので、 どなたか教えてください。 長文失礼しました。よろしくお願いします。

  • 日焼け止めについての疑問をあれこれ・・・

    日焼け止めのSPFは、例えばSPF10なら10倍量の紫外線に耐える、つまり例えば日に当たって10分で日焼けする人の場合、SPF10で10倍の100分日焼けを防げるという数値、と10年くらい前ある学校で習いました。(実際には汗や皮脂によって崩れるのであれですが、まあ理論上は) ところで、この100分、というのは「日焼け止めを塗ってから100分後には効果がなくなる」という意味ですか? つまり、紫外線に当たっても、当たらなくても、塗った瞬間からカウントダウンが始まって、朝出勤時に塗った日焼け止めは昼食時にはもう効果はないんですかね? 私は、10分後だろうと2時間後だろうと、日焼け止めが落ちてなければ(実際には崩れますが理論上は)、「連続100分間日焼けを防ぐ」、つまり「100分以内の外出であれば何度してもOK」というふうに思っていたんです。 薄い布が紫外線でだんだん弱くなって100分後に穴が空くイメージ・・・? でも、なんか人によって言うことがいろいろあって・・・(^^; 一日の間で紫外線に当たってる時間のみを足して100分以内、ともとれますし。 2,3時間おきに塗りなおしが必要と言われるのも、単に汗や皮脂で崩れるからだと思ってましたが、日焼け止め自体の効果がなくなるからという意味なんですかね?それとも崩れる=効果がなくなる?だとしたらSPFは「崩れにくさ」の数値とも言える?ああ、なんだか分けわかんなくなってきました(><) すみませんが、どなたか教えてもらえませんか? また「去年の日焼け止めを使っても効果はない」と聞いたことがあるんですが、これは本当ですか? それは上記の「カウントダウン説」との関係でしょうか。(開けた瞬間から日焼け止め効果にカウントダウンが始まるの????それともたんに劣化の問題????)