• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

摩擦の問題を教えてください

「なめらかな水平面(摩擦が働かない水平面)上に質量Mの十分に長い板が,始めは静止した状態で置かれている.その上に質量mの物体があり,その物体だけに水平方向,速さvの速度を与えた.その物体は板の上を滑った後,板と共に速さv1で等速運動をした.重力加速度の大きさをg,物体と板の間の動摩擦係数をμとして次の問題に答えよ. (1)速さμを求めよ. (2)物体が板に対して静止するまでの時間を求めよ. (3)物体が板に対して静止するまでに滑った距離を求めよ.」 まず,動摩擦力f=μmg 動摩擦力f=物体の持つエネルギーになったときに,物体が板に対して静止する. だと思いましたが,この先がわかりません. どうやって求めればいいのでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数528
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

#2のものです。 >(1)は具体的には,どういう式で求められるのですか? 初めの状態で上の物体が持っている運動量:m*v 初めの状態で下の板が持っている運動量:M*0=0 両方がv1の状態で上の物体が持っている:m*v1 両方がv1の状態で下の板が持っている:M*v1 この和が保存していることから求めるといいでしょう。 ついでに言っておきますと#1の補足で >失ったエネルギーが板に与えられたエネルギーになるのですね. といっていますが、そうはなりません。 上の物体が失った運動エネルギー=(摩擦力)×(上の物体の移動距離) (A) 下の板が得た運動エネルギー=(摩擦力)×(下の板の移動距離) (B) となりますが、(A)と(B)では摩擦力の大きさは等しいのですが、移動距離が異なります。ですからこの二つの式の値は一致しません。 (A)と(B)の差は(摩擦力)×(移動距離の差) となりますが、移動距離の差とは問題でいうところの物体が板に対して滑った距離にあたります。つまり、滑った距離は運動エネルギーの和の減少分を摩擦力で割ることでも得ることができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます. ようやくわかりました. これからもよろしくお願いします.

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

質点系の重心の位置ベクトルを求める式を書き下し、それを時間で微分すれば速度についての関係式になります。 ちなみに、重心の速度に全質量をかけたものを全運動量と呼び、外力が働かない場合は全運動量が変化しないという運動量保存則が導かれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます. 微分が必要なんですか. これからもよろしくお願いします.

  • 回答No.3

2番さんと少しちがう視点で解いてみます。 (1) 物体と板を一つの系と見ると、摩擦力は内力で外力が働いていないから重心は等速直線運動をする。『物体が板に対して静止する』とは、物体と板が一体になって運動するということなので、その時の速さv1は重心の速度に等しいので、初期状態の重心の速度を求めることでv1を求めることができます。結局は2番さんの運動量保存と同じことなんですが。 (3) 広義のエネルギー保存則はいつでも成立するので、摩擦力のした仕事は運動エネルギーの差に等しくなります。移動距離をLとすると摩擦力のした仕事は-μmgLになるので、 -μmgL = (v1になったときの運動エネルギー)-(初期状態の運動エネルギー) で求めることができます。 (2)は普通に運動方程式を解いてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます. 物体が板に対して静止したときに,その2つを1つのものとして考えればいいのですね. では,式はどのようになるのでしょう?まだピンときません. これからもよろしくお願いします.

  • 回答No.2

摩擦が働いているとき、摩擦により運動エネルギーの一部が熱に変わってしまいますので運動エネルギーの和は保存しません。 この場合、もうひとつの保存量である運動量保存から式を立てればよいでしょう。 (1)求めるのは速さv1ですね。 これは上の物体だけが動いているときの運動量と、両方が同じ速度で動いているときの運動量から計算するのが速いでしょう。 もちろん、摩擦力から両方の物体の加速度を計算して、速度の時間変化から計算してもよいのですが、運動量保存kら計算するほうが易しそうです。 (2)下の板の加速度と初速(=0)と終速(=v1)がわかるのでそこから計算できます。もちろん、上の物体の加速度、初速、終速から計算してもOK。 (3)物体が一定速度になるまでの間に床に対して移動した距離と板が移動した距離を求めれば、後は引き算するだけ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます. (1)は具体的には,どういう式で求められるのですか? (2)と(3)は(1)がわかればできる気がします. これからもよろしくお願いします.

  • 回答No.1

物体が板に対して静止するのは、 動摩擦力f > 物体の持つエネルギーになったときです。 最初に与えられた、速さv が 徐々に遅くなって、・・・    動摩擦力f > 物体の持つエネルギー のような状態になるまでに失ったエネルギーが、・・・ 質量Mの十分に長い板に与えられたエネルギーです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます. 失ったエネルギーが板に与えられたエネルギーになるのですね. これからもよろしくお願いします.

関連するQ&A

  • 物理の摩擦力・・・

    1、水平とθの角をなす斜辺上に、質量m[kg]の物体を置いたら斜辺上で静止した。重力加速度をg[m/s^2]、物体と斜面との間の静止摩擦力係数をAとする。 物体に沿って上向きに力を加え、次第に大きくしていったところ、力の大きさF1[N]を超えたとき、物体は動き始めた。F1を求めよ。 2、水平なあらい面の上の物体に、水平右向きに力を加えた。物体の質量をm[kg]、静止摩擦力係数をA,動摩擦力係数をB、重力加速度をg[m/s^2]とする。 この物体が、F1を超えたとき、物体は静かに右向きに動き始めた。F1を求めよ。 この問題の答えは、1がF1>mg(Acosθ+sinθ)、2がF1=Amg になっています。 私は、2が、F1>Amgだと思ったのですが、1と2で何の違いがあるんですか? 教えてください。

  • 摩擦力について PART2 九州工大

    下図のように、質量Mの板、質量mの小物体がある。 ハンマーで小物体をたたいたら、小物体は初速vで板上を滑った。と同時に、板も床上をすべった。ただし、床はなめらかで、板と小物体の静止摩擦力係数をμ、重力加速度をgとする。 問2 その後、板と小物体は同一速度v1になった。v1を求めよ。 答えには mv=(m+M)v1 とありましたが、運動量保存は外部からの力が働かないときに成立するのであって、この場合、動摩擦力が働くのちにv1になり、おかしいかと・・・

  • 垂直抗力 静止摩擦力

    質量2.0kgの物体をあらい水平面上におき、水平から30°上方に力を加えて引っ張った。また、引く力の大きさがF=4.0のとき物体は静止したままでした。重力加速度を9.8m/s^2とするとき、この物体に働く垂直抗力と静止摩擦力の大きさを求めてください。 。

  • 高1の理科摩擦力、仕事率

    高校一年生のものです。 明日試験なのですが、どうしても分からないところがあります。もしよろしければアドバイスをお願いします。 ・静止摩擦力 粗い水平面上に置かれた質量20kgの物体に、水平方向へ40Nの力を加えたが、物体は動かなかった。重力加速度の大きさを9.8m/s^2とする。 (1)物体が面から受ける垂直抗力の大きさを求めよ。 (2)物体が面から受ける静止摩擦力の大きさを求めよ。 なんですけど、公式に当てはめるんですかね?その場合、摩擦係数というのはどういう風に求めるのでしょうか? ・運動エネルギー 質量2・4kgの物体が5.0m/sの速さで運動している。この物体の持つ運動エネルギーはいくらか。 全く分からなかったので、答えを見てみたのですが、 1/2×2.4×5.0^2=30〔J〕 わけが分かりません。1/2はどこから来たの? 5.0^2は何故二乗があるのかも分かりません。 お願いします。急を要してます! 勝手なお願いですが、お願いします

  • 静止摩擦、動摩擦

    物理の摩擦の問題なのですが、 [問題文] 水平なあらい面に質量m[kg]の物体を置き、水平右方向に力F0[N]を加える。 力F0[N]を徐々に大きくしていくと、力F1[N]で物体が滑り出し、F2[N]で物体は等速になる。 とあるのですが、こういう現象はあり得るのでしょうか。 まず上の文章からF0<F1<F2と仮定する。 m=20kg、重力加速度g=9.8m/s^2、静止摩擦係数μ=0.9、動摩擦係数μ’=0.8とすると、 F1で物体は滑り出すので、滑り出す直前の力をF1’(F0<F1’<F1<F2)とすると 最大静止摩擦力=F1’=μmg=0.9*20*9.8=176.4[N] また、F2は動摩擦力とつりあっているので F2=μ’mg=0.8*20*9.8=156.8[N] F0<F1’<F1<F2にならないといけないのに、数値を入れるとF1’>F2となってしまうので矛盾する。 ということは仮定が間違っていたことになって、物体が滑り出した後も力を増やし続けると、物体は等速になることはないのでしょうか?

  • 等価速度直線運動と動摩擦係数と加速度

    なめらかな水平面上を等価速度直線運動してきた質量0.5kgの物体が荒い水平面に進入した。初めの運動の向きを正とする。物体と荒い水平面との間の動摩擦係数を0.10とすると荒い水平面上で生じる加速度はどうなるでしょうか?(重力加速度は9.8m/s^2とする) できれば求め方も教えてください お願いします。

  • 受験物理の問題で質問です。

    摩擦のある水平面に質量2mの物体Aを置き、その上に質量mの物体Bを置いた。また、物体Aと物体Cを伸び縮みしない糸で繋ぎ、その糸を滑らかな滑車にかけ、物体Aを水平に引くようにする。ここで、重力加速度をg、物体Aと水平面間の静止摩擦係数をμ1、動摩擦係数をμ2、物体Aと物体B間の静止摩擦係数をμ3、動摩擦係数をμ4とする。 (1)物体Aの床に対する加速度の大きさは? (2)そのときの物体Bに働く摩擦力の大きさは? (3)さらに物体Cの質量を少しずつ大きくしながら同様の実験を繰り返したとき、物体Bが物体Aの上を滑り始めるのは物体Cの質量がいくらを超えたときか? (4)Bが滑り出した後のBの床に対する加速度の大きさは? という問題の解き方が全く分かりません。答えは自分の中では出ているのですが、選択肢と会いません。どのように解けば答えが出るのか教えて下さい。 出来るだけ詳しくお願いします…。

  • 摩擦力についてです

    物理1の摩擦についてです。 水平な台の上に20kgの物体が置かれている。 この物体と台の間の静止摩擦係数は0.6である。重力加速度は9.8とする。 1、水平方向に力を加えたとき、物体が動き出すときの力はいくらか 2、この物体に水平方向に80Nの力を加えても動かなかったとき、摩擦力の大きさを求めよ。 答えはそれぞれ117,6N、80Nで当たってますか?

  • 摩擦

    静止摩擦係数0.5 動摩擦係数0.2のあらい水平面上に質量50キログラムの物体を置き、次の力fで水平に引いたとき、物体に働く最大静止摩擦力Fmを求めて、各物体に働く摩擦力を求めよ。 (1)f=200Nのとき (2)f=400Nのとき

  • ふ物理の問題で、静止摩擦係数について

    物理の問題で、静止摩擦係数の求め方がわからないので、どなたか解説よろしくおねがいします。 水平面から角度θだけ傾いたあらい斜面上に、質量10kgの物体を置いたら静止した。 このときの摩擦力の大きさと静止摩擦係数の大きさはいくつか なお、重力加速度は、9.8m/ssで、サインθ=5分3、コサインθ=5分4