• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

細胞の核の…

質問です。 核の体積(VN)を1として、核(VN)と細胞質(Vc)の体積の 関係から質問に答えなさい。 (半径が1のときのVcを1として考えなさい) 「細胞が大きくなったら2つの関係は…?」という観点で

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数134
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • SaySei
  • ベストアンサー率32% (528/1642)

No.2です。補足します。 円柱で考えても、体積比は同じになるので大丈夫だと思います。 これを言ってしまうと半分は答えを言ってしまうことになりますが、 いずれの場合でも、ar^3と表すことができ、 体積比を計算した際に係数aの部分が相殺されます。 ですので、円柱、立方体(正6面体)、球のどの場合でも、 体積比に影響を与えるのはrのみとなります。 ちなみに、高さは直径です。 あとは、核よりも細胞質が大きいか、小さいかにも注意した方が良いかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 細胞の核の…2

    質問です。 細胞の体積と表面積の関係(単位体積あたりの表面積(S/V)) から質問に答えなさい。 (半径が1のときV/Sを1として考えなさい) 「細胞が大きくなったら2つの関係は…?」という観点で まだ学校で習っていなくて、 終業式までの宿題なので困っています。

  • 細胞のこと…?

    細胞を球形として、半径(r)があたえられていて、 体積(Vc)と表面積(S)の求め方が分かりません。 まだ学校では習っていなくて、 終業式の宿題なので困っています。

  • 肝臓の肝細胞の核について

    先日、人間の肝臓のはたらきについてのビデオを見て、 肝臓は再生能力があり、それには肝細胞には核が2つある事が関係しているという事を知りました。 人間の1つの細胞の1つの核には46本の染色体があると聞きましたが、 核が2つある肝細胞では、1つの細胞に合計92本の染色体があると考えていいんですか? あと、核の中の染色体数が「2n=46」というのは、2対の常染色体が22本と、1対の性染色体が2本あるということでいいんですよね? バカな質問をしますがよろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • SaySei
  • ベストアンサー率32% (528/1642)

この問題設定ですと、球体の体積の求め方を知らなくても可能ですよ。 というか、球体の体積の求め方の公式を使うと、計算が合わなくなります。 体積が何倍になるかは、立方体で考えれて比較すれば良いかと思います。 (しかも、計算しやすいように、r=1の時にVc=1と設定してくれています。) 立方体の体積の求め方はご存知ですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

立方体ではなく、円柱ではないのでしょうか? 求め方は分かりますが、高さが分かりません。

  • 回答No.1

宿題はご自分でやらないと意味がないですよ。 ヒントだけ。 数学の問題です。 球の体積の公式を思い出してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 細胞の核を作っている細胞

    質問がすでに間違っているかもしれませんが、核を作っている細胞?ってどうなっているのでしょうか?あの表面がどうなっているのかが気になります。 あと電子の正体はなんですか?あれはどういう構造になっているのかわかりません。 高校で習った以上のことを知りたいのですが、どなたか回答お願いします。

  • 臨界核半径について

    大至急!臨界核半径に関して質問です。 (1)均質核形成のための臨界核半径は r*=–2γ/ΔGv で与えられ、臨界核形成に伴う自由エネルギーの値(自由エネルギーの最大値)は Δg*=4/3・πγ(r*)^2 で与えられることを示せ。ただし、ここでγは気液界面エネルギーでΔGvは単位体積当たりの自由エネルギーの変化である。 (2)臨界核半径の物理的意味について簡単に説明せよ。 分かるところだけでも結構ですので、以上2問をよろしくお願いします!!

  • 核発生

    相変態の核発生(Nucleation)において、 気体から液体が生じる場合を考えたとき、 エンブリオ(embryo)が核になるかどうかは、 エンブリオの持っているエネルギーの大きさに依存すると 教えられました。 E=Ve・ΔEv - Se・γ Ve:エンブリオの体積 ΔEv=Evl-Evg(単位体積あたりに持つ気相の体積エネルギー ― 単位体積あたりに持つ液相の体積エネルギー) γ:表面張力 Se:エンブリオの表面積とあり、 横軸がエンブリオの半径、縦軸がエネルギーEのグラフがのっていました。 そのぐらふでは、表面エネルギー項と体積エネルギー項と その和であるEが同じグラフがのっていました。 そこで疑問に思ったのですが、 表面エネルギーの項は半径r^2の形で常に正のグラフでした。 一方、体積エネルギー項はr^3の形で、常に負のグラフでした。 Eは正で増加し、途中から減少しはじめる山型のグラフでした。 Eの頂点が、エンブリオの臨界半径(消滅するか核になるか) になるというのは理解できるのですが、 どうして体積エネルギー項のエネルギーは負になるのですか? また負のエネルギーとは考えにくいのですが、どのような理解をすればよいでしょうか?

  • 生物 教えて下さい

    分裂後間もない細胞と 成熟した細胞の核の 大きさは変わらない しかし細胞の体積は 成長とともに 大きくなってゆく したがって細胞の体積が小さい 若い細胞では 核の体積 細胞の体積の比は大きい とあるのですが なぜなのかまったく意味がわかりません 1からこまかく教えて下さい

  • 均一核生成について

    純銅溶液を凝固させた結果1112Kで均一核精製した。このときの臨界核半径を求めよ。 γSL/ΔH=0.545×10(-8乗)(A/ρS)1/3 γSL:固・液界面エネルギー A:原子量=63.5 ΔH:単位体積あたりの溶融潜熱 ρS:密度=8.96 融点=1083.4 この問題がどうしても解けないのでどうか教えてください。

  • FACSを用いての細胞含有DNA量測定

    FACSを用いて、分裂酵母の温度感受性株の細胞の大きさおよびDNA含有量の測定を行いました。 細胞の状態が核分裂後で、細胞質分裂は起こっておらず隔壁が形成している時、DNA量は細胞あたり(つまり核2つ分)を測定しているのでしょうか?それとも核2つを別の細胞と認識して測定しているのでしょうか? 教えてください。

  • 細胞小器官の性質とはたらき、核のはたらき

    細胞小器官の各性質?(何からできているのか)とはたらきがわかりやすく記載されているHPや本などはないでしょうか? 特に表になってまとめられているものだとうれしいのですが。 また、基本的な質問で申し訳ありませんが,核のはたらきとはなんですか? よろしくお願いします.

  • 原核生物から真核生物への進化

    すいません質問させてもらいます。 原核生物から真核生物への進化の過程を「別系統の細胞の共生」の観点から説明をお願いします。

  • 体積と表面積

    このまえ授業で、「直径1μmの細菌と直径20μmの真核細胞の体積、表面積、表面積/体積を求めよ。単位はm単位で求めよ。」このような問題がでました。 直径1μmの細菌   1μm=10^-6m 半径 1/2×10^-6=2×10^-7m 体積 4Π×(2×10^-7)^3/3=32Π10^-21/3m^3 表面積 4Π×(2×10-^7)^2=16Π10^-14m^2 表面積/体積 16Π10^-14/(32Π10^-21/3)       =1.5×10^7 直径20μmの真核細胞 20μm=2×10μm=2×10^-5m  半径 1/2×2×10^-5=10^-5m 体積 4Π×(10^-5)^3/3=4π10^-15/3m^3 表面積 4π×(10^-5)^2=4Π10^-10m^2 表面積/体積 4π10^-10/(4π10^-15/3)       =3×10^5 私はこうやったのですが、あってるかどうか自信がありません。これはあってるでしょうか?また、間違っている場合、どこが間違っているのかを指摘してください。お願いします。

  • 原核細胞

    原核細胞は核を持たないが、DNAが凝縮した「核様体」なるものを持つ…ということですが、これに関していくつか質問があります。 (1)原核生物は全て、もしくはその多くが核様体を持つという認識で合っているのでしょうか?ミトコンドリアや葉緑体も核様体を持つようですが、大腸菌なども核様体を持つのでしょうか? (2)真核細胞では分裂前期に染色質の凝縮が起こりますね?この核様体が存在する時期というのは、やはり原核細胞の分裂期になるのでしょうか? 原核細胞のDNAからタンパク質が生合成される仕組みについてはおおよそのことは知っています。RNAポリメラーゼによって転写合成されたmRNAを伝って、いくつものリボソーム(ポリソーム)が順次コドンをタンパク質へ翻訳しますね。この様の図解や、その手の電子顕微鏡写真も見たことがあります。 (3)この原核細胞内でのタンパク質の生合成は、核様体という凝縮した状態でも行われているものでしょうか?真核細胞ではDNAが凝縮した状態というのは、基本的に転写が不活性化している状態だったはずですが。 (4)大腸菌などは、本来のDNA以外にもプラスミドと呼ばれる環状DNAも持っています。核様体はプラスミドもその中に含むものなのでしょうか? (5)核様体はDNAが凝縮したものであるとはいうものの、ヒストンは含まないようです。真核細胞の染色体はヒストン以外にも、非ヒストンタンパクと呼ばれる、転写調節タンパクやDNA修復酵素などを含むようです。核様体はタンパク質など、DNA以外のものを含むのでしょうか? 以上5点、すこし長くなってしまいましたが、いずれも ●核様体は原核生物に共通する構造なのか? ●核様体を持つ原核細胞のDNAが常に核様体という姿でいるのかどうか? という疑問がそもそもの発端です。 よろしくお願いします。