• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

オーバシュート、アンダーシュート、サグ、リンギング

パルス波形の立ち上がり時間、立ち下り時間、遅延時間の一般的な定義をパルス波形を描いて示せ。また、実際のパルス波形は理想的な矩形波の波形からは相当に崩れる。オーバシュート、アンダーシュート、サグ、リンギングとは何か。やはり、波形を描いて示せ。 という問題なのですが、調べてみてもあまり波形図について説明しているものが無くて困っています。 分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。 お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数10761
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

オーバーシュート、アンダーシュートは 紹介ページの[図.13] フェライトビーズ使用例の(a)または(b)を ご覧下さい。 信号の立ち上がり部分が上に突出していますね。これがオーバー シュートです。また、逆に立ち下がりの部分が下に突出している のがアンダーシュートです。波形例(C)ではオーバーシュートは ほとんど見られませんが、アンダーシュートが少しあります。 立ち上がり時間は信号の立ち上がり部分の傾きが90度であれば、 立ち上がり時間は0(ゼロ)ですが、実際は例の波形写真のように 傾いています。信号がLowレベルからHighレベルまでになる時間を 立ち上がり時間、逆の場合が立ち下がり時間となります。 遅延時間は、回路に波形を入力し、その回路から出力される波形を 比べたときに入力に対して出力波形がどれくらい遅れているかを 示す時間です。 以上、おわかりいただけましたでしょうか? 比べて

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 説明を読んで図を見るととても分かりやすく理解できました。 丁寧に教えていただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • オーバーシュートの再現方法

    50~100Hz程度のデューティー比が50%では無い矩形波の立ち上がりに、わざとオーバーシュートを発生させたいと思います。 マイコンから出力される5Vの信号をトランジスタで12Vに増幅し、これをコイルなどに繋げて立ち上がりが12V以上になってしまうような波形が欲しいのです。 マイコン側の回路にダメージを与えず、単電源でこれを可能にする方法はありますか? コイルにこだわるわけではありません。 トランスなどを使う方法を考えましたが、電源としては交流としがたいものなので、初心者の自分には方法の検討がつきません。

  • MOS_FETの高電圧スイッチ動作におけるアンダーシュートについて

    日立のMOSFET 2SK3234を使って高電圧(300V)のスイッチを考えています。データシート http://documentation.renesas.com/jpn/products/transistor/rjj03g1069_2sk3234ds.pdf に載っているスイッチング時間測定回路を、配線ができるだけ短くなるように組んで、300Vの高速ONOFFスイッチを確かめました。ゲートへの入力パルスにはマイコンからの500us幅の5VTTLパルス(1Hz)を用いました。結果は、データシートのスペックにあるような高速なたち下がり・立ち上がり時間でドレインソース間電圧Vdsを300V->0V(500us)->300Vでスイッチングをすることができました。 ここから質問に関係することなのですが、Vdsが300Vから0Vに下がる際に、一旦0Vを通り越して-10Vぐらいまで下がり、時定数100usぐらいで徐々に0Vになるようなアンダーシュートが見られます。ゲート抵抗RGやロード抵抗RLをいろいろ変えてみたのですが、時定数はそれほど変わらず、アンダーシュートしてしまいます。このアンダーシュートをなくすにはどのようにしたらいいのでしょうか?いろいろ考えてみたのですがよくわかりません。経験のある方がいらっしゃいましたら、お教えください。よろしくお願いします。

  • モーダル解析における撃力入力立ち上がり時のアンダ…

    モーダル解析における撃力入力立ち上がり時のアンダーシュート モーダル解析ハンマリングの立ち上がり時に起こるアンダーシュートについて教えてください。 片持ち梁の固定端付近に歪みゲージを貼り付け、遠位端でハンマリングした時の歪の過渡応答を計測する際、立ち上がり時に印加方向と逆方向に小さなリップルが生じてから立ち上がることがあります。すなわち立ち上がり時のアンダーシュートですが、同様なご経験がある方はいらっしゃいますか。また、原理を説明できる方はいらっしゃいますか。再現性はあります。 歪ゲージ->計測アンプ->ADでPCに取り込んでいます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 サグとリンギングについては分かったのですが、オーバシュート、アンダーシュートと立ち上がり時間、立ち下り時間、遅延時間のパルス波形の波形図がまだ分からないのでお願いします。

関連するQ&A

  • 矩形波の角を取りたい

    表題の通り、矩形波の角を取る回路を教えてください。 現在、とあるセラミックスピーカーを±50Vの矩形波で駆動しています。この音を柔らかくするため、正弦波に近づけたいと考えています。しかし完全な正弦波ではなく、目指している波形は、高次高調波が失われた矩形波のような「角の取れた矩形波」です。 角をとる最も簡単な方法といえば、積分回路を使う方法だと思います。しかし、この方法ではパルスの立ち上がり部分が急峻になってしまいます。これだと柔らかい音にはなりませんでした。今度は、立ち上がり部分も滑らかにしたいと考えています。 発振回路などを増設方法ではなく、あくまで「パルスの角をとる方法」を教えてください。どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • トランジスタの過渡応答

    パルス発生器からパルス幅約5μS、繰り返し周波数50kHz~100kHzの負パルスを加えたんですが、これの波形の遅延時間td、立ち上がり時間tr、蓄積時間ts、下降時間tfを出したいんですがわかりません。          

  • オーバーシュート/アンダーシュートについて

    高速のバスラインにオーバーシュート、アンダーシュートの対策として ダンピング抵抗を入れる事をよく聞きます。 データバスやアドレスバスに入れているは見受けられますが、その他のライン はどうしたら良いのか困惑しています。 どのような思想で設計したら良いのか、アドバイス又は経験のある方ご教示をお願いします。

  • 情報通信における周波数スペクトルと伝送速度について

    情報通信に関する勉強をしていたのですが、ひとつ疑問に思う点があって、質問させていただきます。 周波数スペクトルの帯域幅が広ければ広いほど、高速な伝送が可能・・・という件があるのですが、伝送速度と周波数スペクトルの関係がわかりません。 資料では矩形パルスをフーリエ変換して、周波数スペクトルと伝送路(ブロードバンド・ナローバンド)についての説明があります。 具体的には、   v(t) = A (|τ| <= 2)       0 (|τ| > 2) という単一矩形パルスv(t)ををフーリエ変換して、   V(f) = Aτsinc(πfτ) という周波数スペクトルが得られ、これより、矩形パルスの時間幅を短くすれば、周波数スペクトルのグラフの広がりが大きくなるというのはわかります。 時間波形で考えると、単純に、高速な伝送をするには単位時間にどれだけ多くのパルスを伝送できるかを考えればいいと思いますし、その為にはパルスの時間幅を狭めればいいというのは何となく合点がいきます。 これを周波数スペクトルの面から考えるには、どういう風に考えればいいのでしょうか。 拙い質問で大変申し訳御座いませんが、宜しくお願い致します。

  • パルス波形の回路設計について

    こんばんは。 こちらで時々お世話になっている者です。 回路図は読めるのが、設計は一度もしたことがないという前提でお聞き下さい。 一定周期のパルス波形(矩形波)を出す回路を設計したいのですが、 まずは何から学べばよいでしょうか? 具体的にはL→5V,4msのH→616msのL→5V,4msのH→616msのL→・・・繰り返し (立ち上がりは0~1s程度の適当な時間)という波形です。 今、頭で思い浮かぶのは5V電源を使用して水晶とフリップフロップ何個かをつなぐというイメージしかありません。 ソフトは使わずにできる限りハードのみで設計する方向で実現したいと思っています。 なるべく初歩的なことからご教示頂けると幸いです。

  • 遅延時間とパルス幅。

    RC回路の応用で、作製したディジタル遅延回路から測定した結果をもとにパルスの遅延時間の概算値を計算で求めたいです。 また、ポジティブエッジ検出回路を作製し、その測定結果の検出パルスのパルス幅の概算値を計算で求めたいです。 オシロスコープでの波形をスケッチしたものから読み取って遅延時間、パルス幅共に求められたのですが、これを計算によって求めるやり方がわからないので、皆様のお知恵を拝借できたら、と思って投稿しました。 初心者なもので、いまいちなんと説明したらよいのかわからず、ご迷惑をおかけしてすみません・・・

  • パルス電離箱

    パルス電離箱の原理を勉強しているのですが、教科書に「時定数はτは一般に、電子はもとよりイオンの最大走行時間に比べて十分い長いので、パルス波形の主要部分(立ち上がりの部分)の解析はR→∞として準静電気学的に行うことができる。さらにイオンの量が少なく、電圧変化が小さいことも取り扱いの簡単化に役立つ」とあります。「時定数はτは一般に、電子はもとよりイオンの最大走行時間に比べて十分い長い」というのは理解できるのですが、その後の近似にどうつながるのかが理解できません。どなたか教えていただけないでしょうか?宜しくお願いします。

  • インピーダンスのマッチングとダンピング抵抗

    TTLの信号を1メートル程度ケーブルで延長して、ICと通信したいのですが、そのままでは、オーバーシュート、アンダーシュートが出てしまうので、出力側にダンピング抵抗100Ω程度を付けると、ある程度取れますが、電圧降下(Hiレベルが3.6V)します。終端抵抗のプルアップ+プルダウンで電圧降下を回復できるのでしょうか? その場合の抵抗は一般的には、どの程度の抵抗値が妥当なのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • オーバーシュートについて

    現在コペンに乗っています。先日回転数が5000rpm付近でプシューと音がでるのはなぜかという質問をさせていただきオーバーシュートではないかという回答をいただきました。テイクオフのブローオフバルブ(プッシュR SS)を装着しています。 質問なのですがオーバーシュートはそんなに起こることなのでしょうか?アクセルもそんなに踏み込んでいるわけではないですしブースト計をみても0.8くらいでした。めいっぱい踏み込むと0.95くらいになります。マフラーはフジツボのパワーゲッターに変えてあるので吹けは良くなっているとは思います。エアクリはノーマルです。 よろしくお願いします。

  • オーバーシュート

    射出成形で(スプリング内臓)良くオーバーシュート って言葉を聞きまます。 この現象を回避するには、どのような対応が必要なのでしょうか?