• ベストアンサー
  • 困ってます

WindowsXP(SP2)の共有フォルダのアクセス権設定に関して

WindowsXP(SP2)の共有フォルダのアクセス権設定に関して 上記の設定に関して、参考書やネットで調べているのですが どうもまとまった情報が得られないので質問させて下さい。 1.「共有のプロパティ」画面にて共有とセキュリティという2つのタブがありますが、どちらにも該当ユーザ(もしくはEveryone)を追加しないといけない。 ⇒ 実際には、「共有」タブにユーザを追加するだけでアクセスできてしまいますが、どういうことなのでしょうか? ちなみに「セキュリティ」タブには共有フォルダを作成した時点でデフォルトにユーザが5つ入っています (Administrator,CREATE OWNER,SYSTEM,USERS,ログイン中のユーザ) が、アクセスさせたいPCのユーザ名は入っていない状態。 2.共有フォルダのアクセス設定を行った後は、アクセスする側、される側のどちらのPCも再起動しなければ反映されない。 ⇒ これはネットで入手した情報ですが、実際には再起動しなければ反映されない時もあるし再起動しなくても即時反映される場合もあります。これは何か条件があるのでしょうか? アクセス権限追加の度にサーバを再起動するのは面倒くさいと思うのですが・・・ 初歩的な質問ですが、よろしくご教示願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • cerafim
  • ベストアンサー率56% (27/48)

1.USERSが入っていますが、これはグループですね。   そのグループに該当ユーザは登録されていませんか? 2.必要ありません。そんな事してたらファイルサーバなどは運用に耐えられません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

USERSがグループだという認識が抜けておりました;; USERSに該当ユーザが登録されておりました。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • WindowsXPのPCでフォルダを共有したいと思っています。

    WindowsXPのPCでフォルダを共有したいと思っています。 以下の設定をしたのですが、共有ができません。 ◆パソコンAはユーザーAでログインしています。 ◆「簡易ファイルの共有を使用する」はチェックをはずしています。 ◆共有フォルダを作成後、右クリックして「共有とセキュリティ」を選択して、「このフォルダを共有する」を選択しました。 →「アクセス許可」ボタンをクリック→Everyoneがあるので削除後、追加ボタンからユーザーAを追加。 →ユーザー名の一覧にA(コンピュータ名¥A)が追加されます。 →アクセス権はフルコントロールにします。 →パソコンBでユーザーAを作成します。(というよりもともと同じユーザー名で使っていましたので元々あったものです) →パソコンBはユーザーAでログインしているのにも関わらずパソコンAの共有フォルダを開こうとするとアクセス権がないので開けない旨のメッセージが表示されて開けません。 →今気づきましたが、ただ単に新しいフォルダを作成→共有をしてもパソコンBから開けません。 Everyoneにアクセス権があるので開けると思っていたのですが・・ ◆簡易ファイルの共有を使用するにチェックが入っていた時に作った共有フォルダは問題なく開けるようです。 これは何がいけないのでしょうか?? 設定をどこかしないといけないのでしょうか?? 困っています。 お願いします。

  • フォルダー共有について

    共有するフォルダーのプロパティを表示 ↓ 「共有」タブで[詳細な共有]ボタンをクリック ↓ 『フォルダーを共有する』にチェック。 ↓ [アクセス許可]ボタンをクリック ↓ [追加]ボタンを押し、許可する為に「Domain Users」を追加 ↓ 「セキュリティ」タブで確認すると「Dimain Users」は追加されていませんでした。 Domain Usersであるユーザーで対象フォルダーにアクセウしようとしても見れませんでした。 「セキュリティ」タブ内でDomain Usersに権限を与えたら見えるようにはなりましたが・・・ 「共有」タブの[詳細な共有]で設定する意味は何かあるのでしょうか?

  • 共有フォルダの設定(XP)

    サーバ:Win2000 クライアント:WinXP(Pro) アクセス拒否をされてしまう共有フォルダがあるため、セキュリティの設定を行い、 everyoneユーザーがアクセスできる設定にしようと思っています。 しかし、プロパティに[セキュリティ]タブが表示されません。フォルダオプションで [簡易ファイルの共有を使用する]のチェックを外しても同様でした。 [セキュリティ]タブが表示される条件には、どのようなものがあるのでしょうか。 なお、当該フォルダは【C:\Documents And Settings】下にあります。それ以外の 場所にあるフォルダは、セキュリティの設定を行なわない状態でも、他クライアント からアクセスができました。 ワークグループ環境における、共有フォルダ設定で気をつける点がありましたら、 あわせてご教示ください。

  • WIndows7のアクセス権・フォルダ共有設定

    Windows7 ultimateのPC2台を家庭でLAN接続しています。 それぞれのPC間でファイルやフォルダの共有を行いたいのですが、ユーザー別に アクセス制御することができません。具体的には、 ・フォルダやファイルのプロパティからセキュリティか共有TABを開き、グループ名または ユーザー名を追加する際、LAN上の異なるPCに登録されているユーザー名を指定する ことができません。 「場所」をクリックしてもPCを変更することができません。 Everyoneにアクセス権を与えて、ユーザー全員がそれぞれのPCにアクセスすることは既に できています。 上記のように異なるコンピューター上のユーザーを個々にアクセス制御するにはどのように したらよいのでしょうか?

  • 共有フォルダへのアクセス権について

    よろしくお願いします。 すみません、結構な長文になってしまいました。 Windows Server 2008で作成した共有フォルダへのアクセスについて、 どうしても上手くいかない点があり質問させていただきます。 (1)Windows Server 2008 R2 Standardをインストールしました。  ※正確には、購入したハード業者にキッティングしていただきました。 (2)ワークグループでユーザを作成しました。  ※アクティブディレクトリやドメインは使用していません。 (3)任意のフォルダを作成して、共有設定をしました。  ※具体的には、フォルダのプロパティで、以下を実施しました。    ・「共有」タブを開き、「詳細な共有」で、Everyoneにフルコントロールを    設定しました。    ・「セキュリティ」タブを開き、「詳細設定」で、(2)で作成したユーザに    フルコントロールのアクセス許可を設定しました。    ・「監査」タブを開き、Everyoneにフルコントロールを設定しました。 この状態で、ユーザさんに共有フォルダにアクセスしてもらったのですが、 以下の事象が発生しました。 ・ユーザさんのPCのログインユーザがサーバのユーザと一致していると  アクセスできます。これはOK。 ・ユーザさんのPCのログインユーザがサーバのユーザと一致していないとき、  私の想像ではログインパスワードを入力する確認ダイアログが出て、  サーバのユーザとパスワードを入力できると思っていました。が、  いきなり「アクセス拒否」されてしまいます。  ユーザさんのPCのOSは様々です。  すくなくとも、XP、Vista、7では駄目でした。  2003 Serverではこのようなことはなかったと思うのですが。。。 ユーザさんがアクセスできないのは困るので、いまのところ以下の方法で 代用しています。  (1)ユーザさんのPCのログインユーザをサーバに登録する。   ※サーバ側のユーザ名には付与規則を決めているので、    イレギュラーなユーザが増えて管理が煩雑になっています。  (2)ネットワークドライブの割り当て→異なるユーザで接続してもらう。   ※共有フォルダの数だけネットワークドライブを作成しなければならない    のでユーザさんがかなり面倒。 上記のような状況で、ログインパスワードの確認ダイアログを表示させるため には何をすればよいのでしょうか? どこかの設定だと思うのですが、いろいろ調べてもよくわかりません。 皆様、何卒、ご教示いただきたくお願いいたします。

  • 共有フォルダへのアクセスについて

    MacからWindowsに切り替えた大学生です。 非常に初歩的な質問をこちらでさせてもらってよいのかどうか、自信がないのですが、宜しくお願いいたします。 母艦であるデスクトップ(WindowsPro)のフォルダを共有設定し、ノートPC(WindowsPro)のマシンでアクセスしようとしておりますが、「アクセス許可がない可能性がある」というばかりで、全く中がみれません。 以下のような設定・確認は済ませているのですが、このほかに原因となるようなところがあれば、教えていただけないでしょうか? ・母艦となるデスクトップ側にユーザー追加している。 ・共有するフォルダの共有設定で、アクセス許可、セキュリティいずれも、ログオンするユーザ名の追加はすませてある。 ・ノートPC側から、母艦の共有フォルダは見えている ・母艦のデスクトップからは、ノートPCの共有フォルダの中身が見れる ここ1ヵ月、この設定に苦しんでおります。 大変、恐れ入りますが、お助けくださいませんでしょうか。 宜しくお願いいたします。

  • フォルダのセキュリティ設定について

    フォルダのセキュリティ設定に悩んでいます。 OSはWindows7ProSP2です。 (1)フォルダのプロパティを開くと表示されるタブ"共有"から"詳細な共有"をクリックすると ユーザの追加とユーザごとのアクセス許可設定をすることが出来ます。 (2)また、"セキュリティ"タブからも同様にユーザを追加し、さらに細かいアクセス許可設定を 行うことが出来ます。 一般に、共有フォルダにアクセスしてくるユーザのアクセス範囲を制限するには (1)だけで良いのでしょうか?だとした場合、(2)の使い道は何なのでしょう? ご存知の方、教えて頂けると幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

  • Win2008サーバー共有フォルダへのアクセス制限

    お世話になります。 前回も似たような質問をさせていただきましたが、また別件での質問となります。 WindowsXP(SP3)のhogeというユーザーがいます。 このユーザーからWindows2008R2サーバーのDドライブ直下にある「データ」というフォルダにアクセスさせるために、サーバー側で以下の作業をしました。 (1)「データ」フォルダの上で右クリック→プロパティ→「共有」タグ→「共有」→Everyoneを追加 (2)「管理ツール」→「ローカルセキュリティポリシー」→「セキュリティオプション」→「Everyoneのアクセス許可を匿名ユーザーに適用する」を有効にする これでhogeからサーバー側の「データ」フォルダにアクセスできるようになりましたが、この設定のだと「誰でも」アクセスできるようになってしまいます。 hogeというユーザーだけ「データ」フォルダにアクセス出来る様にするにはどのように設定すれば良いのでしょうか? 当方が素人で何度も似たような質問で大変恐縮ですがご教授いただけませんでしょうか? よろしくお願い致します。

  • フォルダーへのセキュリティ設定について

    現在、Win2kServer(DC)を導入して、 それに対してFileServerも兼ねたく、 フォルダーの共有設定を試みているのですが、 特定の人(グループ)だけにアクセスさせたく、 デフォルトのEveryoneを削除して、 独自に作成したグループを代わりに追加してみたのですが、 クライアントからのアクセスが出来ず、何が悪いのかが見当がつきません。 どなたかご存じの方がおられましたら、お教え願えると幸いです。 もしくは、そんなことは出来ないのでしょうか? 作りたいフォルダー構成は、 1階層目では、   ・誰でも自由にアクセスできるEveryoneの状態。共有フォルダー。 2階層目からは、   ・誰でも自由にアクセスできるEveryoneの状態のフォルダーや、    特定のグループに属した人だけにしかアクセス出来ないフォルダーを    共有ではなく、セキュリティの設定で制限をしたいのです。 グループとしては試しに、 ユニバーサル/グローバル/ドメインローカルの全種類を作成して、 該当フォルダーに同じユーザーを追加。 そして、フォルダーのセキュリティ設定のアクセス許可に 3つのグループをすべて追加してみましたがそれでも出来ませんでした。 ちなみに、アクセス権に直接ユーザを追加した場合には、 クライアントから参照出来ますが、 共有フォルダーすべてにユーザを直接追加するのは、 現実的ではないので、 何か良きアドバイスが頂ければとここにUPさせて頂きました。

  • 共有設定について

     こんにちわ。WindowsXP-Proのフォルダ共有についてご質問させてください。  今使用している母艦(XP-PRO)内のフォルダを共有設定し、ノートPC(XP-Pro)からアクセスしているのですが、「アクセス許可がない可能性がある」と出るばかりで、アクセスできません。確かに、母艦の方には、ノート側のユーザ登録もパスワード設定もしてあります。  フォルダの共有設定では、共有のアクセス許可も、セキュリティにも、ノート側のユーザを追加してあります。勿論ですが、この場合、アクセス許可を「Everyone」にすると、アクセスが可能になります。  全てのPCが、この母艦PCにアクセスできないというわけでなく、もう一台のPC(XP-Home)は何なくアクセスすることができるんです。  何か、原因となるものがあるのでしょうか?昨年までMacがメインのPCユーザで、あまり知識がございません。どうか、ご教示お願いいたします。 以上