-PR-
解決済み

ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンの作品個数

  • すぐに回答を!
  • 質問No.49500
  • 閲覧数434
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 57% (11/19)

ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンの生きた時代の音楽の変遷について研究中ですが、これを定量的に議論するため
に、この3人の協奏曲・弦楽四重奏曲・ピアノソナタの作品の「個数」を調べたいのですが今手元に資料が無いため解りませ
ん。交響曲に関しては、ハイドン108曲、モーツァルト41曲、ベートーヴェン9曲で、またベートーヴェンのピアノソナタは
32曲と記憶しています(これに間違いがあれば御指摘お願いします)。また関係するURLなどもあれば教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 41% (24/58)

ハイドン:
協奏曲→資料なし(チェンバロ、ヴァイオリン、チェロ、トランペット、ホルン、リラなど)
弦楽四重奏曲→83曲
ピアノソナタ→52曲
モーツァルト:
協奏曲→ピアノ27曲、ヴァイオリン7曲、その他2台ピアノ、3台ピアノ、フルート2、フルートとハープ、クラリネット、ファゴット、ホルン4など。
弦楽四重奏曲→23曲。
ピアノソナタ→18曲。
ベートーヴェン:
協奏曲→ピアノ5曲、ヴァイオリン、ヴァイオリンとチェロとピアノ。
弦楽四重奏曲→16曲。
ピアノソナタ→32曲。

手元の資料ではこんなところです。
若干の違いはあるかもしれません。
お礼コメント
alien55

お礼率 57% (11/19)

有難うございました。参考にします。すみません、協奏曲は数えにくいですね。しかしながら、交響曲と弦楽四重奏はハイドン→モーツァルト→ベートーヴェンと時代が進むにつれ作品数が減少していることから、作曲の方法、それぞれの楽曲編成の作品としての重みなどが徐々に変化したことを客観的データとして提示できそうです。非常に助かりました。有難うございました。
投稿日時 - 2001-03-12 00:10:09
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 39% (276/696)

全然素人なんですけど、以下のリソース集で、或いはお役に立つものがあるかと思います。
お礼コメント
alien55

お礼率 57% (11/19)

教えて頂いたサイトに行きました。目的のものを見つけることは出来ませんでしたが、このような資料集があったとは知りませんでした。有難うございました。
投稿日時 - 2001-03-12 00:08:54


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ